株主優待

2018年(平成30年)権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日一覧【カレンダー】

2018年(平成30年)権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日一覧【カレンダー】

株主優待を獲得するには、ある決まった日に、優待銘柄を保有していなくてはいけません。その決まった日というのが権利日と言われるものです。権利日は、月毎に日付が決まっていますので、確認しておく必要があります。

本記事では、2018年の各月の権利日(権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日)をまとめます。権利日をよく確認して、優待銘柄を購入・保有しましょう。

次回(5月)の権利付き最終日は「5月28日(火)」です。5月の株主優待の権利を得たい方は28日までに保有しましょう。また、次回5月の注目優待銘柄は、以下をご参照ください。

権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日とは?【用語解説】

株主優待や配当金を受け取る条件は、企業の決算日までその株式を保有していることです。以下の用語と意味をしっかりと抑えて、確実に優待と配当金を獲得しましょう。

権利付最終日

権利付最終日は、株主優待・配当を獲得するために、最も重要な日です。この日の株式市場の取引終了(大引け)までに、お目当ての株式を保有していれば、配当金と株主優待を受けることができます。

例えば、2018年のイオンの権利付き最終日は、2月23日(金)と8月28日(火)です。その日の大引けに株式を保有していれば、イオンの株主優待、および配当金をもらうことができます。

権利落ち日

権利落ち日は、権利付最終日の翌営業日です。この日に株式を購入・買付けしても、その期間の株主優待・配当金受け取れません。また、配当金の分だけ株価が目張りしたり、株主優待目的の投資家が株式を売却したりするため株価が下落しやすくなっています。

権利確定日

権利確定日は、権利付最終日から4営業日目の日となっています。この日に、正式に株主名簿に名前が掲載され、正式な株主となります。ちなみに、ほとんどの日本企業が、3月末・9月末に権利確定日を迎えます。年度を一つの区切りとしているためです。

権利日のまとめ

ここまでをまとめると、株主優待をもらうためには、権利付き最終日の大引けまでに、欲しい優待銘柄を所有していることが条件となります。極端な話、権利付最終日の取引時間中に購入し、そのまま大引けまで保有し続ければ、配当金や優待をもらうできます。

購入後、一度も株式を売却しなければ、毎年(もしくは毎期)株主優待をもらうことができます。売却した場合は、また権利付き最終日までに銘柄を購入しておく必要があります。

2018年(平成30年)の権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日一覧

権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日の中で最も重要ななのが「権利付き最終日」です。なぜなら、株主優待や配当が欲しい場合、この日までに優待株を購入しなければいけない期限日だからです。

以下の表は、2018年の各月末が権利日となってる銘柄の、権利付き最終日・権利落ち日をまとめたカレンダーです。皆様の欲しい銘柄の権利日をご確認ください。

権利月 権利日付き最終日
(保有日)
権利落ち日
(売っても良い日)
2018年1月末 1月26日(金) 1月29日(月)
2018年2月末 2月23日(金) 2月26日(月)
2018年3月末 3月27日(火) 3月28日(水)
2018年4月末 4月24日(火) 4月25日(水)
2018年5月末 5月28日(月) 5月29日(火)
2018年6月末 6月26日(火) 6月27日(水)
2018年7月末 7月26日(木) 7月27日(金)
2018年8月末 8月28日(火) 8月29日(水)
2018年9月末 9月25日(火) 9月26日(水)
2018年10月末 10月26日(金) 10月29日(月)
2018年11月末 11月27日(火) 11月28日(水)
2018年12月末 12月25日(火) 12月26日(水)

ほとんどの優待銘柄が月末を権利日としていますが、一部の優待銘柄は、月の20日を権利確定日としています。以下は、20日を権利確定日とする銘柄の権利付き最終日と権利落ち日をまとめた表です。

権利月 権利日付き最終日
(保有日)
権利落ち日
(売っても良い日)
2018年1月20日 1月16日(火) 1月17日(水)
2018年2月20日 2月15日(木) 2月16日(金)
2018年3月20日 3月15日(木) 3月16日(金)
2018年4月20日 4月17日(火) 4月18日(水)
2018年5月20日 5月15日(火) 5月16日(水)
2018年6月20日 6月15日(金) 6月18日(月)
2018年7月20日 7月17日(火) 7月18日(水)
2018年8月20日 8月15日(水) 8月16日(木)
2018年9月20日 9月14日(金) 9月17日(月)
2018年10月20日 10月16日(火) 10月17日(水)
2018年11月20日 11月15日(木) 11月16日(金)
2018年12月20日 12月17日(月) 12月18日(火)

翌年(2019年)の権利日カレンダーは、以下の記事をご参考ください。

あわせて読みたい
2017年(平成29年)権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日一覧【カレンダー】
2019年(平成31年)権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日一覧【カレンダー】株主優待を獲得するには、ある決まった日に、優待銘柄を保有していなくてはいけません。その決まった日というのが権利日と言われるものです。権利...

株主優待の権利月をチェックする便利なおすすめツール

現在、株主優待は1,200社を超える企業(銘柄)が行っています。そのため、自分にあった優待やその権利月を調べることは、非常に大変です。そこで便利なのが、SBI証券の株主優待優待検索ツールです。

以下の図は、SBI証券の株主優待検索ツールです。優待の種類、権利確定月、最低購入価格、優待利回りなどから銘柄を探すことができます。また、こだわり検索で、PER、PBR、自己資本比率などの条件も加えることができます。

SBI証券の株主優待検索ツール画面SBI証券の株主優待検索ツール画面


SBI証券で株主優待の取引を行うメリット

私もこの検索ツールを使って、権利月毎の優待を探したりしています。株主優待検索ツールは、SBI証券の口座開設を行っている方であれば、誰でも無料で利用することができます。SBI証券の口座開設費・維持費は、がいずれも無料なので、検索ツール目的で口座開設を行っておいても良いでしょう。

SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(5月31日まで)

SBI証券は、投資信託、米国株・海外ETFの品揃えが良く、コストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(5月31日まで)

SBI証券の詳細公式ページ