インデックスeシリーズとは?ファンドの特徴や比較・コスト一覧

インデックスeシリーズとは?ファンドの特徴や比較・コスト一覧

インデックスeシリーズとは?ファンドの特徴や比較・コスト一覧

インデックスeシリーズとは?ファンドの特徴や比較・コスト一覧



インデックスeシリーズとは、国内外の株式・債券市場に、低コストで投資できるインデックスファンドシリーズです。信託報酬0.1%(税抜)台のインデックスファンドもあります。

本ページでは、インデックスeシリーズの特徴を解説します。本シリーズの全インデックスファンドの紹介や比較、またコストを削減し、お得に投資信託(ファンド)を購入できる購入先(証券会社)も紹介していきます。

スポンサーリンク

インデックスeシリーズとは?

インデックスeシリーズは、SMTインデックスシリーズと同様、三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用するインデックスファンドシリーズです。本シリーズを利用することで、日本・先進国の株式・債券市場にに低コスト分散投資が行えます。

ファンドの購入手数料は、SBI証券などのネット証券で無料(ノーロード)です。また、ファンド保有時にかかる手数料(信託報酬)は年率0.1~0.5%台の低水準となっています。以下、インデックスeシリーズのインデックスファンドを紹介していきます。

インデックスeシリーズのファンド一覧

下表は、インデックスeの投資先別のファンド名、また保有時にかかる手数料「信託報酬」の一覧です。日本や先進国の株式や債券への投資が、低コストで行えることがわかります。

インデックスeシリーズのファンド一覧:

ファンド名投資クラス信託報酬
(税抜)
ベンチマーク
日経225インデックスe国内株式0.19%日経平均株価
日本株式インデックスe0.37%TOPIX(東証株価指数)
日本債券インデックスe国内債券0.37%NOMURA-BPI指数
外国株式インデックスe先進国株式0.50%MSCIコクサイ
外国債券インデックスe先進国債券0.50%シティ世界国債インデックス(除く日本)

信託報酬が0.1%〜0.5%台と比較的低めです。特に、日経225インデックスeは、日経平均株価(日経225)をベンチマークとするインデックスファンドとしては、国内最安水準です。

他シリーズとの比較

インデックスファンドのシリーズには、インデックスeの他にも多数のシリーズがあります。下表は、各ファンドシリーズ・投資クラス毎の手数料を比較したものです。

各シリーズのインデックスファンド手数料・比較

ファンドシリーズ日本株先進国株新興国株先進国債券国内リート海外リート
ニッセイインデックス0.18%0.20%-0.17%0.25%0.29%
eMAXIS Slim0.18%0.20%-0.17%--
iFree0.205%0.23%0.37%0.18%0.31%0.33%
たわらノーロード0.211%0.24%0.53%0.21%0.32%0.38%
三井住友DC0.205%
*TOPIX型
0.27%0.60%0.22%0.26%0.30%
EXE-iシリーズ-0.32%0.39%0.42%-0.36%
FUNDS-i0.43%0.59%0.65%0.59%0.43%0.59%
eMAXIS0.43%0.65%0.65%0.65%0.43%0.65%
SMT0.40%0.54%0.65%0.54%0.43%0.59%
i-mizuho0.41%0.62%0.63%0.63%0.42%0.64%
インデックスe0.205%0.54%-0.54%--

参照:ダイヤモンドZAI2017年02月号p.71

参考 各資産クラスのファンド一覧は、以下をご参照ください。
低コストインデックスファンドの比較・一覧。投資先別のおすすめ等

残念ながら、ニッセイインデックスiFreeたわらノーロード三井住友DCなどのシリーズと比べると、インデックスeシリーズの手数料は割高となっています。実際、私もニッセイインデックスシリーズを利用しています。

お得な購入先(証券会社)

インデックスeは、SBI証券楽天証券松井証券マネックス証券(一部)・カブドットコム証券(一部)のネット証券で購入ができます。

どのネット証券でも購入手数料は無料(ノーロード)ですが、ファンド保有時のポイント還元サービスのため、SBI証券が最もお得な購入先となります。(ただし、日経225インデックスeはポイント付与対象外となるため楽天証券がお得)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

4つのネット証券で、下表のように、ファンド保有時のポイント還元サービスを行っていますが、ポイント還元率が高く、利便性が高い証券会社は、SBI証券(投信マイレージ)となっています。例えば、1,000万円分ファンドを保有している場合、最大2万円以上のポイント還元を受けることができます。

各証券会社のポイント還元サービス・まとめ

証券会社還元率特徴
SBI証券年率0.1%
(最大:年率0.24%)
楽天証券残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
  • ポイント除外ファンドが少ない
  • 還元率は少ない
マネックス証券月平均保有額の年率0.08%
(最大:年率0.08%)
  • 低コストのインデックスファンドはポイント除外
カブドットコム証券月平均保有額100万円につき1ポイント
(最大:年率0.24%)

投資信託の保有でポイントが貯まるネット証券の比較

SBI証券は、投信マイレージの他に、投資信託や米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2016年オリコン:ネット証券部門で第1位!
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券の詳細やキャンペーン情報は、以下をご参照ください。

 

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

インデックスeシリーズとは?ファンドの特徴や比較・コスト一覧
マネーの研究室をいいねすると、最新記事や株式取引情報、節約・投資の最新ニュースなどが確認できます!