関門海(3372)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説

関門海(3372)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説

関門海(3372)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説

関門海(3372)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説



関門海(証券コード:3372)の株主優待は、年間2,000円〜相当の株主優待飲食券です。5万円以下の小資金で、年2回(権利月:3月・9月)食事券がもらえるうえ、利回りも高いため、人気の部類に入ります。

本ページでは、関門海の株主優待について詳しく紹介していきます。優待の内容や配当金・利回り、ビジネスについても解説します。(2017年9月27日のデータを基に作成)

スポンサーリンク

関門海(3372)の株主優待

関門海のビジネスや株主優待内容、利回り等を解説します。

関門海とは?企業紹介

関門海は、格安フグ料理店「玄品ふぐ」を展開する企業です。ふぐ料理店の他に、かに料理店も展開しています。フグ料理が主力ということで、冬場が搔き入れ時のようです。(参考:株式会社関門海

優待内容:食事券

関門海の株主優待は、年間2,000円相当の食事券、および優待券です。100株以上の保有で、「玄品ふぐ」などの店舗で利用できる食事券が年2回(権利月:3月・9月)もらえるうえ、保有株数によって、3,980円の相当のコース優待券がもらえます(下表参照)

関門海の株主優待(保有株数別):

保有株数内容
100株1,000円分の食事券(×年2回)
300株「玄コース(3,980円相当)」優待券1枚(×年2回)
600株「玄コース(3,980円相当)」優待券2枚(×年2回)
1,000株「玄コース(3,980円相当)」優待券3枚(×年2回)

株価・優待のデータ:

  • 優待時期:年2回(3月末・9月末)
  • 優待獲得のための最低必要株数:100株
  • 優待獲得のための最低購入金額:46,800円
  • 購入手数料:証券会社による(詳細)
  • PER:51.43倍
  • PBR:6.64倍

参考 本優待の他、3月・9月の注目・人気優待は、以下をご参照ください。

権利月と権利確定日、到着時期

関門海の株主優待は、年2回(権利月:3月・9月)もらえます。本優待が欲しい方は、3月および9月の権利付き最終日までに株式を購入する必要があります。2018年3月の権利付き最終日は3月27日(火)、2018年9月の権利付き最終日は9月25日(火)です。

また、食事券は、3月権利分は6月下旬頃、9月権利分は12月下旬頃の発送予定となっています(参照元)。

参考 権利日の解説や各月の権利日は、以下からご確認ください。

2018年(平成30年)権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日一覧【カレンダー】
株主優待を獲得するには、ある決まった日に、優待銘柄を保有していなくてはいけません。その決まった日というのが権利日と言われるも...

優待・配当利回り

関門海の配当金は、1株あたり0円(無配:会社予想)ですが、優待利回りは、100株保有で4.27%です。5万円以下から投資ができるうえ、利回りが高いので、お得度の高い優待の部類に入ります。

参考 関門海の他、10万円以下で購入できる高利回り優待は、以下をご参照ください。

10万円以下のおすすめ株主優待は?利回りランキングの解説
株式に投資するには数十万円程度の資金が必要と思われる方もいるかもしれませんが、10万円以下や5万円程度で購入できる株式銘柄も...

おすすめ証券会社は?関門海を安く購入する方法

関門海の優待獲得のための最低必要金額は46,800円です。10万円以下の株式を購入する場合、

10万円以下の株主優待銘柄を購入する場合、SBI証券がオススメです。SBI証券の場合、1日の約定代金(購入株式の金額)が10万円以下の場合、手数料が無料になります。

株式売買手数料の比較(証券会社毎)

証券会社 \ 約定代金〜10万円10〜20万円〜50万円〜100万円
むさし証券
トレジャーネット
75円95円175円320円
ライブスター証券80円97円180円340円
GMOクリック証券
株主優待で実質無料
88円98円241円436円
SBI証券無料(*)185円272円487円
マネックス証券100円180円450円1500円
楽天証券無料(*)185円341円609円
松井証券無料(*)300円500円1,000円
カブドットコム証券90円180円250円990円
SMBC日興証券125円180円400円800円

証券会社の手数料の比較

松井証券楽天証券も1日の約定代金が10万円以下の場合、手数料が無料ですが、株主優待検索ツールの使いやすさ、また他の機能面を考えるとSBI証券がオススメです。

参考 SBI証券の詳細確認や口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(10月31日まで)。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

SBI証券は、株主優待の他にも、米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2016年オリコン:ネット証券部門で第1位!
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本ブログでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

まとめ

関門海の株主優待は、優待利回りが4%を超える魅力的な優待です。10万円以下と比較的小資金で投資を行なうことができることもあり、3月・9月権利の優待としては、人気が高い部類に入ります。

関門海の株主優待

  • 2,000円〜分の食事券、および優待券
  • 権利日は3月末・9月末(年2回)
  • 配当+優待利回りは4.27%
  • SBI証券ならNISA口座で無料、また1日の約定代金が10万円以下ならNISA以外でも無料

参考 本記事で紹介した証券口座は、以下から無料で口座開設が行えます。投資コスト削減のため、ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

関門海(3372)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説
マネーの研究室をいいねすると、最新記事や株式取引情報、節約・投資の最新ニュースなどが確認できます!