低コストインデックスファンドの比較・一覧。投資先(先進国・新興国株式など)別のおすすめ等

低コストインデックスファンドの比較・一覧。投資先(先進国・新興国株式など)別のおすすめ等

低コストインデックスファンドの比較・一覧。投資先(先進国・新興国株式など)別のおすすめ等

低コストインデックスファンドの比較・一覧。投資先(先進国・新興国株式など)別のおすすめ等



インデックスファンドは、日経平均株価(日経225)TOPIXなどの指数(インデックス)と同等の投資パフォーマンスを目指す投資信託(ファンド)です。手数料の安さ、利便性の高さ等から注目されている投資・運用商品です。

一方、多くのインデックスファンドがあるため、自分にあったものを探すのは少々大変です。そこで、本ページでは、各投資先(国内外の株式・債券・リートなど)別のインデックスファンドを比較します。ファンドを選ぶ際に重要な手数料を中心に解説していきます。

皆様の投資スタイルにあったインデックスファンドが見つかればと思います。

スポンサーリンク

インデックスファンドとは?復習

はじめに、インデックスファンドについて簡単に解説します。すでにご存知の方は、読み飛ばしていただいて構いm選。

インデックスファンドとは、日経平均株価(日経225)やTOPIX、S&P500などの指数(インデックス)に連動したパフォーマンスをあげることを目的とした投資商品です。インデックスファンドの特徴は「コストの安さ」と「利便性の高さ」です。

インデックスファンドの特徴・メリット:

  • ほぼ全ての商品が、購入手数料無料(ノーロード)
  • 管理手数料も安い
  • 小額から投資ができる(1万円から購入可能。SBI証券なら毎月500円から自動積立可能)
  • 金額指定で売買可能(株式は株数指定の購入)
  • 分配金の再投資や自動積立が可能。

コストは投資家への確実なマイナスリターンとなるため、低コスト投資商品を選ぶことが重要です。確実に、相対的なパフォーマンスの向上が狙えます。利便性も、手間を極力省いて投資を行う上で重要です。

参考 インデックスファンドについては、以下もご参照ください。

インデックスファンドとは?メリット・デメリット、ETFとの違い、おすすめファンドなど解説
インデックスファンドとは、日経平均株価(日経225)やTOPIX、S&P500などの指数(インデックス)と同等の投資パフォー...

インデックスファンドの比較・一覧(資産クラス別)

それでは、いよいよ各資産クラス別のインデックスファンドを比較していきます。後述するネット証券を利用すれば、購入手数料は無料(ノーロード)になるので、保有時にかかる手数料「信託報酬」および連動する指数「ベンチマーク」を比較していきます。

ベンチマークは、同じ指数を採用している場合でも、指数構成銘柄の配当金を再投資したベンチマーク(以下、配当含む)と配当金を再投資しない(以下、配当除く)ものの2種類があります。個人的には「配当含む」の方が、パフォーマンスがわかりやすいので良いと感じています。

日本株式

国内株式市場の8割以上を占める、東証1部上場の全ての銘柄から構成される株価指数が「東証株価指数(TOPIX)」です。国内株式の株価指数の中で、最も構成銘柄数が多く分散性が高い指数です。

TOPIX連動型のインデックスファンドのコストやパフォーマンスの比較が下表です。表からわかるように、日本株式クラスに分散投資できる最安ファンドはニッセイTOPIXインデックスファンドeMAXIS Slim国内株式インデックスたわらノーロードTOPIXです。

TOPIX連動型インデックスファンドの比較:

ファンド名信託報酬(税抜)ベンチマーク
ニッセイTOPIXインデックスファンド0.18%TOPIX(配当込み)
eMAXIS Slim国内株式インデックス0.18%TOPIX(配当除く)
たわらノーロードTOPIX0.18%TOPIX
iFree TOPIXインデックス0.19%TOPIX(配当除く)
三井住友DC日本株式インデックスファンドS0.19%TOPIX(配当込み)
日本株式インデックスe0.37%TOPIX(配当込み)
SMT TOPIXインデックス・オープン0.37%TOPIX(配当除く)
eMAXIS TOPIXインデックスファンド0.40%TOPIX(配当除く)
野村インデックスファンド・TOPIX0.40%TOPIX(配当除く)

運用期間は、ニッセイTOPIXインデックスファンドの方が、eMAXIS Slim国内株式インデックスよりも長くなっています。

参考 日本株式ファンドの比較・詳細は、以下をご参照ください。

国内・日本株式が投資対象のETFやインデックスファンドの比較一覧。おすすめ・注目商品を解説
国内の株式市場を投資対象とする金融商品には、たくさんのETFやインデックスファンドがあります。手数料やベンチマーク(TOPI...

先進国株式

先進国株式市場への投資を目的としたインデックスファンドには、下表のようなものがあります。MSCIコクサイなどの株価指数に連動するファンドとなっており、アメリカやヨーロッパなど20カ国以上の先進国に超低コストで分散投資ができます。

先進国株インデックスファンドの手数料比較:

ファンド名信託報酬
(税抜)
ベンチマーク
ニッセイ外国株式インデックスファンド0.20%MSCIコクサイ(配当含む)
eMAXIS Slim先進国株式インデックス0.20%MSCIコクサイ(配当除く)
iFree外国株式インデックス0.21%MSCIコクサイ(配当除く)
たわらノーロード先進国株式0.225%MSCIコクサイ(配当含む)
たわらノーロード先進国株式(為替ヘッジあり)0.225%MSCIコクサイ(配当含む、円ヘッジ)
EXE-i先進国株式ファンド0.346%FTSE Kaigai(カイガイ)
外国株式インデックスe0.50%MSCIコクサイ(配当含む)
SMTグローバル株式インデックス・オープン0.50%MSCIコクサイ(配当除く)
野村インデックスファンド・外国株式0.55%MSCIコクサイ(配当含む)
野村インデックスファンド・外国株式(為替ヘッジあり)0.55%MSCIコクサイ(配当含む、為替ヘッジ)
i-mizuho先進国株式インデックス(為替ヘッジ無)0.57%MSCIコクサイ(配当除く)
i-mizuho先進国株式インデックス(為替ヘッジ有)0.57%MSCIコクサイ(配当除く、円ヘッジ)
eMAXIS先進国株式インデックスファンド0.60%MSCIコクサイ(配当除く)
インデックスファンド海外株式(ヘッジ無)0.84%MSCIコクサイ(配当除く)

EXE-i先進国株式ファンドFTSE Kaigai(カイガイ)をベンチマークとして採用している以外は、全てのファンドがMSCIコクサイをベンチマークとしています。MSCIコクサイには韓国は含まれていませんが、FTSE・kaigaiでは、それらの国が含まれています。

最安ファンドはニッセイ外国株式インデックスファンド」です。2016年11月の料金引き下げで、たわらノーロード先進国株式iFree外国株式インデックスよりも安くなりました。ベンチマークが「配当込み」である点もわかりやすいです。

また、2017年2月末から運用が始まったeMAXIS Slim先進国株式インデックスもニッセイ外国株式インデックスと並ぶ安さとなっており、今後の動向に注目です。

参考 先進国株式インデックスファンドの比較・詳細は、以下もご参照ください。

先進国株式が投資対象のETFやインデックスファンドの比較・一覧。おすすめ・注目商品を解説
世界経済を牽引するアメリカやヨーロッパの株式市場への投資を目的とした投資商品には、たくさんのETFやインデックスファンドがあ...

新興国株式

新興国株式市場への投資を目的としたインデックスファンドには、下表のようなものがあります。MSCIエマージング・インデックスなどの株価指数に連動するファンドとなっており、中国やインド、東南アジアなど20カ国以上の新興国に低コストで分散投資ができます。

新興国株インデックスファンドの手数料比較:

ファンド名信託報酬(税抜)ベンチマーク
ニッセイ新興国株式インデックスファンド0.339%MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み)
eMAXIS Slim新興国株式インデックス0.34%MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み)
iFree新興国株式インデックス0.34%FTSE RAFIエマージングインデックス(配当除く)
EXE-i新興国株式ファンド0.39%FTSEエマージング・インデックス
たわらノーロード新興国株式0.50%MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み)
三井住友・DC新興国株式インデックスファンド0.56%MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み)
i-mizuho新興国株式インデックス0.58%MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当除く)
野村インデックスファンド・新興国株式0.60%MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み)
eMAXIS新興国株式インデックス0.60%MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当除く)
SMT新興国株式インデックス・オープン0.60%MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当除く)

新興国株式ETF・インデックスファンドの比較・一覧

EXE-i新興国株式ファンドが「FTSEエマージング」、iFree新興国株式インデックスが「FTSE RAFIエマージングインデックス」をベンチマークとして採用している以外は、全てのファンドが「MSCIエマージング」をベンチマークとしています。

FTSE RAFIエマージングインデックスは、構成国や構成銘柄数が他と比べて少なくなっています。また、FTSEエマージングとMSCIエマージングの違いは、MSCIが構成国に韓国を含む(構成比率10%以上)のに対して、FTSEが韓国を含まない指数となっています。

最安ファンドはiFree新興国株式インデックスファンドです。ただし、構成銘柄数が少ないので分散性に疑問がある方は、たわらノーロード新興国株式を利用すると良いかもしれません。韓国を構成国から外したい方は、EXE-i新興国株式ファンドが良いでしょう。

参考 新興国株式ファンドの比較・一覧は、以下をご参照ください。

新興国株式が投資対象のETFやインデックスファンドの比較・一覧。おすすめ・注目商品を解説
新興国市場は、米国や欧州などの先進国と比べて経済成長率が高い市場です。その新興国株式市場への投資を目的とした投資商品には、た...

外国債券

外国市場への投資を目的としたインデックスファンドには、下表のようなものがあります。シティ世界国債インデックス(除く日本)などの指数に連動するファンドとなっており、20カ国以上の先進国・新興国に低コストで分散投資ができます。

外国債券インデックスファンドの手数料比較:

ファンド名信託報酬
(税抜)
ベンチマーク
ニッセイ外国債券インデックスファンド0.17%シティ世界国債インデックス
(除く日本)
eMAXIS Slim先進国債券インデックス0.17%シティ世界国債インデックス
(除く日本)
iFree外国債券インデックス0.18%シティ世界国債インデックス
(除く日本)
たわらノーロード先進国債券0.20%シティ世界国債インデックス
(除く日本)
たわらノーロード先進国債券(為替ヘッジあり)0.20%シティ世界国債インデックス
(除く日本、為替ヘッジ)
三井住友・DC外国債券インデックスファンド0.21%シティ世界国債インデックス
(除く日本)
EXE-i先進国債券ファンド0.44%シティグループ世界BIG債券
インデックス
外国債券インデックスe0.50%シティ世界国債インデックス
(除く日本)
SMTグローバル債券インデックス・オープン0.50%シティ世界国債インデックス
(除く日本)
野村インデックスファンド・外国債券0.55%シティ世界国債インデックス
(除く日本)
eMAXIS先進国債券インデックスファンド0.60%シティ世界国債インデックス
(除く日本)

EXE-i先進国債券ファンドが「シティグループ世界BIG債券インデックス」ですが、それ以外の全ファンドが「シティ世界国債インデックス(除く日本)」をベンチマークとしています。シティグループ世界BIG債券インデックスには、日本債券が約10%弱程度含まれています。

最も安いインデックスファンドはニッセイ外国債券インデックスファンドです。iFree外国債券インデックス等がそれに続いています。

参考 先進国債券ファンドの比較・一覧は、以下をご参照ください。

先進国(外国・海外)債券が投資対象のETFやインデックスファンドの比較・一覧。おすすめ・注目商品を解説
アメリカやヨーロッパなど海外の債券市場への投資を目的とした商品には、たくさんのETFやインデックスファンドがあり、手数料やベ...

国内REIT(リート)

国内不動産市場(国内REIT)への投資を目的としたインデックスファンドには、下表のようなものがあります。全てのファンドが「東証REIT指数(配当込み)」をベンチマークとしています。東証REIT指数とは、東証に上場する全REIT銘柄から構成される指数(インデックス)です。

国内REITインデックスファンドの手数料比較:

ファンド名信託報酬
(税抜)
ベンチマーク
ニッセイJリートインデックスファンド0.25%東証REIT指数(配当込み)
三井住友・DC日本リートインデックスファンド0.26%東証REIT指数(配当込み)
iFree J-REITインデックス0.29%東証REIT指数(配当込み)
たわらノーロード国内リート0.30%東証REIT指数(配当込み)
i-mizuho国内リートインデックス0.39%東証REIT指数(配当込み)
野村インデックスファンド・J-REIT0.40%東証REIT指数(配当込み)
SMT J-REITインデックス・オープン0.40%東証REIT指数(配当込み)
eMAXIS国内リートインデックスファンド0.40%東証REIT指数(配当込み)

最も安いインデックスファンドはニッセイJリートインデックスファンドです。三井住友・DC日本リートインデックスファンド等も肉薄するコストとなっています。

参考 国内REIT市場への投資を目的としたファンド比較などは、以下をご参照ください。

国内REIT(リート)が投資対象のETFやインデックスファンの比較・一覧。おすすめ・注目商品は?
日本国内の不動産市場への投資を目的とした投資商品には、たくさんのETFやインデックスファンドがあります。手数料やベンチマーク...

外国REIT(リート)

外国REITへの投資を目的としたインデックスファンドは、下表のようなものがあります。

ニッセイグローバルリートインデックスファンドが「S&Pグローバルリート指数(除く日本)」、EXE-iグローバルREITファンドが「S&Pグローバルリート指数(日本含む)」、その他のファンドが「S&P先進国リート指数(除く日本)」をベンチマークとしています。

外国REITインデックスファンドの手数料比較:

ファンド名信託報酬
(税抜)
ベンチマーク
ニッセイグローバルリートインデックスファンド0.27%S&Pグローバルリート指数
三井住友・DC外国リートインデックスファンド0.29%S&P先進国リート指数
iFree外国REITインデックス0.31%S&P先進国リート指数
たわらノーロード先進国リート0.32%S&P先進国リート指数
たわらノーロード先進国リート
<為替ヘッジあり>
0.32%S&P先進国リート指数
(為替ヘッジ)
EXE-iグローバルREITファンド0.33%S&Pグローバルリート指数
野村インデックスファンド・外国REIT0.50%S&P先進国リート指数
SMTグローバルREITインデックス・オープン0.50%S&P先進国リート指数
eMAXIS先進国リートインデックス0.60%S&P先進国リート指数
i-mizuho先進国リートインデックス0.59%S&P先進国リート指数

最も安いインデックスファンドはニッセイグローバルリートインデックスファンドです。ただし、先進国の不動産市場だけが良いという方は、三井住友・DC外国リートインデックスファンド等のS&P先進国REIT指数(除く日本)に連動するファンドが良いでしょう。

参考 外国REIT市場への投資を目的としたファンド比較などは、以下をご参照ください。

海外・外国REIT(リート)が投資対象のETFやインデックスファンの比較・一覧。おすすめ・注目商品は?
海外の不動産市場への投資を目的とした投資商品には、たくさんのETFやインデックスファンドがあります。手数料やベンチマークの違...

まとめ

最後に、各資産クラス別のファンド手数料ランキングを下表にまとめます。表を見るとわかるように、ほとんどの資産クラスで「ニッセイインデックスシリーズ」が最安手数料のファンドとなっています。次いで、iFreeシリーズたわらノーロード三井住友DCシリーズなどが低コストの座を争っています。

低コストインデックスファンド一覧:

ファンド名1番目に安い2番目に安い3番目に安い
日本株式ニッセイTOPIXインデックスファンド
eMAXIS Slim国内株式インデックス
たわらノーロードTOPIX
iFree TOPIXインデックス三井住友DC日本株式インデックスファンドS
先進国株式ニッセイ外国株式インデックスファンド
eMAXIS Slim先進国株式インデックス
iFree外国株式インデックスたわらノーロード先進国株式
新興国株式iFree新興国株式インデックスEXE-i新興国株式ファンドたわらノーロード新興国株式
外国債券ニッセイ外国債券インデックスファンド
eMAXIS Slim先進国債券インデックス
iFree外国債券インデックスたわらノーロード先進国債券
国内リートニッセイJリートインデックスファンド三井住友・DC日本リートインデックスファンドiFree J-REITインデックス
外国リートニッセイグローバルリートインデックスファンド三井住友・DC外国リートインデックスファンドiFree外国REITインデックス

ここまで紹介してきたような手数料の安いファンドを選ぶことで、相対的に投資パフォーマンスを上げることが期待できます。以下、ファンドを購入する際、お得な購入先を解説します。ファンドの手数料とお得な証券会社をW(ダブル)で利用することでパフォーマンスの向上が期待できます。

お得なオススメ購入先:証券会社選び

最後に、インデックスファンドを購入・保有する際に、お得となる証券会社を解説していきます。ファンドの手数料と同様に、最初にお得なネット証券を選ぶことで、相対的にパフォーマンスを上げることができます。

購入手数料無料(ノーロード)のインデックスファンドを数多く取り揃えているのが、SBI証券楽天証券カブドットコム証券マネックス証券です。これらのネット証券からファンドの購入先を選ぶ場合に重要となるのがファンド保有時に付与されるポイント還元率です。

各ネット証券では、ファンドの保有額に応じてポイント還元が受けられます(下表参照)。証券会社によって還元率が違います。還元率の高い証券会社でファンドを保有することで、ファンドの実質コストを下げることができ、投資パフォーマンスを相対的に上げることができます。

各証券会社のポイント還元サービス・まとめ

証券会社還元率特徴
SBI証券年率0.1%
(最大:年率0.24%)
楽天証券残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
  • ポイント除外ファンドが少ない
  • 還元率は少ない
マネックス証券月平均保有額の年率0.08%
(最大:年率0.08%)
  • 低コストのインデックスファンドはポイント除外
カブドットコム証券月平均保有額100万円につき1ポイント
(最大:年率0.24%)

投資信託の保有でポイントが貯まるネット証券の比較

SBI証券のポイント還元サービス「投信マイレージ」がポイント還元率・利便性で優れています。例えば、SBI証券で1,000万円分の投資信託を持っている場合、毎年(最大で)24,000円分のキャッシュバックを受けることができるので、かなりおトクです。実際、私もこのメリットのため、SBI証券を利用することが多くなっています。

参考 SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券での投資信託購入やキャンペーンの詳細は、以下をご参照ください。

ただし、インデックスファンドの中には、SBI証券や他の証券会社でポイント還元対象外の投資信託があります。そのため、そのようなファンドの場合、ほとんどのファンドがポイント還元の対象となる楽天証券を利用すると良いでしょう。

参考 楽天証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大110,000円相当のポイントがもらえます(3月31日まで)

楽天証券の詳細確認・無料口座開設

また、楽天証券での投資信託の購入やキャンペーンの詳細は、以下をご参照ください。

このように、中長期で投資信託への投資を行う場合、ポイント還元は、大きな節約(おトク)効果があるので、私はこの点を重視して証券会社を選んでおり、SBI証券をメイン口座に、SBI証券でポイント付与がされないものは楽天証券で運用を行っています。

参考 本ページで紹介した証券会社は、以下の公式ページから詳細の確認、また口座開設(無料)が行えます。今なら口座開設キャンペーンで現金やポイントなどがもらえます。

 

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

低コストインデックスファンドの比較・一覧。投資先(先進国・新興国株式など)別のおすすめ等
マネーの研究室をいいねすると、最新記事や株式取引情報、節約・投資の最新ニュースなどが確認できます!