クオカード優待の利回りランキング【8月権利の株主優待】

クオカード優待の利回りランキング【8月権利の株主優待】

クオカード優待の利回りランキング【8月権利の株主優待】

クオカード優待の利回りランキング【8月権利の株主優待】



クオカードは、コンビニやファミレス等でほぼ現金同様に利用できるため、株主優待として人気の優待品です。そのため、多数の企業がクオカードを株主優待として導入しています。

そこで、本ページでは、配当金とクオカードを合わせた利回りが高い、8月権利の株主優待をピックアップして紹介していきます。もらえるクオカード額や利回り、また優待獲得のための必要資金なども合わせて紹介していきます。

参考 年間を通してのクオカード優待利回りランキングは、以下をご参照ください。

クオカード優待の利回りランキング【12ヶ月分の権利月・まとめ】
クオカードは、コンビニやファミレス等でほぼ現金同様に利用できるため、株主優待として人気の優待品です。そのため、多数の企業がク...

スポンサーリンク

利回りの高いクオカード優待は?

それではさっそく、株主優待でクオカードがもらえる銘柄を紹介していきます。

優待・配当利回りランキング

はじめに、8月の株主優待の中から、配当金とクオカードの金額を合わせた利回りが高い5銘柄をピックアップします。下表に、それらの銘柄、また利回りや購入のための必要資金をまとめました。

銘柄(証券コード)配当+優待
利回り
クオカードの
金額(年間)
優待獲得のための
最低必要金額
トライステージ(2178)3.77%2,000円265,600円
明光ネットワークジャパン(4668)3.48%
(4.88%)
1,000円〜
(+3,000円)
143,400円
ソバール(2186)3.32%500円〜150,600円
キャリアリンク(6070)2.47%500円〜60,700円
フロイント産業(6312)2.01%
(2.68%)
1,000円
(+1,000円)
149,400円

*利回りは6月6日現在。()内の数字は長期保有者特典

配当金とクオカードの金額を合わせた利回りが3%を超える銘柄もあります。明光ネットワークジャパン(4668)は、3年以上継続保有した株主優待の方がもらえるクオカードが通常+2,000円(100株の場合、合計3,000円)分がもらえるので、中長期で継続保有される予定の方は、かなりの高利回りとなります。

フロイント産業(6312)も同様に、3年以上の長期保有者特典で+1,000円となります。大体の銘柄が10万円台と比較的小額から投資できる点が特徴で、キャリアリンク(6070)は6万円台で投資ができます。

まだまだあるクオカード優待

以上のクオカード優待の他にも、8月権利の優待でクオカードがもらえます。10万円台で購入できる銘柄も多く、黒谷(3168)は7万円台で投資が行えます。

銘柄(証券コード)配当+優待
利回り
クオカードの
金額(年間)
優待獲得のための
最低必要金額
ディップ(2379)1.96%1,000円150,000円
黒谷(3168)1.92%500円〜78,000円
マニー(7730)1.45%3,000円912,000円
マルマエ(6268)1.24%1,000円144,700円

*利回りは6月6日現在

マニー(7730)は、3,000円分と高額のクオカードがもらえますが、クオカードをもらうための必要額が90万円台と高額になるため、注意が必要です。

ここまで紹介してきたように、8月権利のクオカード優待は、全体的な傾向として10万円台と比較的小資金で購入できる銘柄が多いようです。また、長期保有で優待利回りが5%近くまでアップする銘柄もあります。

8月の株主優待というと、イオン(8267)吉野家ホールディングス(9861)のような、飲食・小売り系の優待のイメージがありますが、クオカード優待も利回りの高い銘柄が多いですね。

参考 8月の人気・注目優待(全ジャンル)は、以下をご参照ください。

8月株主優待のおすすめは?権利確定日や配当、注目の優待内容を解説
8月の株主優待は、イオンやコメダ、吉野家など人気の優待銘柄が多い月です。飲食や小売り系の優良優待が多いため、優待を活用するこ...

それでは、最後に、株主優待銘柄を取引するお得な証券会社を紹介していきます。手数料を少しでも安くして、優待のお得度をアップさせましょう。

株主優待のお得なオススメ購入先(証券会社)は?

株主優待向けの証券会社を選ぶ場合、以下の3点がポイントになります。売買手数料の安さは、どの投資においても重要ですが、2番目・3番目は株主優待特有のポイントとなります。

株主優待向けの証券会社を選ぶポイント

  • 売買手数料の安さ
  • 株主優待の検索しやすさ・選びやすさ
  • 一般信用取引銘柄の取り扱い数(クロス取引を行う上級者向け)

それぞれの観点でオススメの証券会社を紹介すると、以下の表にまとめたようになります。

項目コストの安さ優待の検索つなぎ売り
証券会社
特徴
    SBI証券の優待検索ツールなら、優待の種類、権利月、PERなどの指標から優待銘柄を選ぶことができる
    つなぎ売り・クロス取引を行う場合は、一般信用売りができる銘柄がある証券会社が便利
詳細情報売買手数料の比較優待検索ツール一般信用売りができる証券会社の比較・解説

参考 優待向け証券会社の選び方やオススメ証券会社の詳しい情報は、以下をご参照ください。

株主優待のおすすめ証券会社。手数料・利便性別に複数解説!
証券会社を選ぶポイントは「株式売買の手数料の安さ」や「使いやすさ」です。また、株主優待を購入する場合、自分にあった「優待銘柄...

どれか一社だけ選ぶとすると、コスト・利便性全てのバランスがとれたSBI証券が最有力です。検索ツールの使い安さはバツグンで、売買手数料も十分割安です。NISAであれば、売買手数料無料で優待株が購入できるので、この点も魅力的です。

参考 SBI証券の詳細確認や口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(3月31日まで)。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

SBI証券は、株主優待の他にも、米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2016年オリコン:ネット証券部門で第1位!
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本ブログでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

クオカード優待の利回りランキング【8月権利の株主優待】
マネーの研究室をいいねすると、最新記事や株式取引情報、節約・投資の最新ニュースなどが確認できます!