楽天証券で投資信託を購入するメリット・デメリット(積立、ポイント還元、NISAなど)

楽天証券で投資信託を購入するメリット・デメリット(積立、ポイント還元、NISAなど)

楽天証券で投資信託を購入するメリット・デメリット(積立、ポイント還元、NISAなど)

楽天証券で投資信託を購入するメリット・デメリット(積立、ポイント還元、NISAなど)



楽天証券は、業界トップクラスの投資信託の品揃えを誇る証券会社です。お得なポイント還元や最低1,000円から毎月自動積立ができるなど、おトクで便利に投資信託の購入・保有ができます。投資信託用の証券口座としてはオススメの証券会社の1つです。

本記事では、楽天証券で投資信託を購入・保有するメリットやデメリットを解説していきます。特徴を理解し、おトクに投資信託の購入・保有を行いましょう。

スポンサーリンク

楽天証券で投資信託を購入するメリット

楽天証券で投資信託を購入するメリットは、主に以下のようなものがあります。コスト・利便性いずれをとっても大変魅力的な内容となっています。

  • ノーロード投信の品揃えが豊富
  • ポイント還元で投信の保有がおトク!
  • たった100円から毎月自動積立が可能(楽天ポイントも使える)
  • お得なキャンペーンで最大7万円相当がもらえる!

以下、それぞれの項目について解説していきます。

購入手数料無料(ノーロード)投資信託の品揃え

投資信託の品揃えは、証券会社を選ぶ上で非常に重要です。口座の開設後「欲しい投信が無かった!」なんてことになったら大変ですよね。

楽天証券の投資信託の取り扱い本数は、2,280本とSBI証券と並び業界トップクラスです。また、購入手数料が無料(ノーロード)の投資信託も1,072本とこちらも業界最高水準です。
(投資信託の本数は2016年10月3日現在。楽天証券公式ページ

そのため、楽天証券であれば欲しい投資信託が基本的に、購入することができます。また、ほぼ全ての投資信託がNISAで購入可能なので、非課税メリットの恩恵も十分に受けられます。

参考 楽天証券の無料口座開設は、以下から行えます。今なら投資信託の購入で最大110,000円相当がもらえるキャンペーンが行われています。(3月31日まで)

楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)

ポイント還元で投信保有が超トク!

楽天証券で投資信託を保有するメリットは、ポイント還元サービスです。

ポイント還元は、投資信託の保有時に、保有額に応じて楽天スーパーポイントが貰えるサービスです。ポイントは、楽天市場などの楽天サービスで1ポイント=1円として利用することができます。ポイント還元率は、保有額の年率0.048%(最大)です。

投信のポイント還元サービスは他社でも行っており、下表のような特徴を持っています。表を見るとわかるように、ポイント還元率はSBI証券投信マイレージサービスです。

証券会社還元率特徴
SBI証券年率0.1%
(最大:年率0.24%)
楽天証券残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
  • ポイント除外ファンドが少ない
  • 還元率は少ない
マネックス証券月平均保有額の年率0.08%
(最大:年率0.08%)
  • 低コストのインデックスファンドはポイント除外
カブドットコム証券月平均保有額100万円につき1ポイント
(最大:年率0.24%)

楽天証券のポイント還元率は他社と比べて低いものの、ほぼ全てのファンドで適用可能です。例えば、低コストインデックスファンドシリーズのiFreeたわらノーロードニッセイインデックスなどの全ファンドでポイント適用が可能なのは楽天証券のみとなっています。

そのため、インデックスファンドで投資・資産運用を行う方には、楽天証券はオススメとなります。その他のファンドを運用する場合は、ポイント還元率の高いSBI証券が良いでしょう。

参考 楽天証券・SBI証券の資料請求・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、SBI証券で最大10万円の現金、楽天証券で最大110,000円相当のポイントがもらえます(3月31日まで)

また、ポイント還元の解説、各証券会社との比較は、以下をご参照ください。

投資信託の保有でポイントが貯まるネット証券の比較(SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券)
SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券では、投資信託(投信)の保有額に応じてポイント還元をしてくれる、お得...

最低1000円から毎月自動積立ができる

楽天証券には、毎月自動積立サービスがあります。毎月の積立日と金額、投資信託を選ぶことがで、自動的に毎月の積立ができます。忙しいビジネスパーソンに嬉しいサービスです。

積立金額は、1,000円以上であれば自由に選べます。毎月1,000円からでも積立投資を行うことで、将来の資金をコツコツ貯めることができる良いシステムです。

同様のサービスは、SBI証券・マネックス証券・カブドットコム証券が行っています。ちなみに、SBI証券・カブドットコム証券では、最低500円から積立が可能です。

充実のキャンペーン

楽天証券では、随時おトクなキャンペーンを行っています。現在は、投資信託の買付金額に応じて最大7万円の楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンが行われています。購入手数料無料(ノーロード)の投資信託も対象となっているので、大変おトクです。

楽天証券の投信購入キャンペーン

投資信託の購入金額に応じて楽天ポイントがもらえます。

購入金額プレゼントポイント
1万円〜499,999円100ポイント
5万円〜999,999円250ポイント
10万円〜199,999円500ポイント
20万円〜399,999円1000ポイント
40万円〜999,999円2000ポイント
100万円〜4999,999円5000ポイント
500万円〜9999,999円30,000ポイント
100万円以上70,000ポイント

楽天証券公式ページ

口座開設キャンペーンの他の取引と合わせると、ナント最大110,000円相当がもらえる大盤振る舞いです。口座開設キャンペーンは3月31日までなので、楽天証券の口座開設を行っていない方は、この機会に口座開設を行ってみると良いでしょう。

楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

参考 楽天証券の口座開設キャンペーンの詳細は、以下をご参照ください。

楽天証券の口座開設キャンペーンで11万円相当の楽天ポイントをゲットする方法
楽天証券では、現在お得な口座開設キャンペーンを開催しています。口座開設や各種取引で最大110,000円相当の楽天ポイントがも...

デメリット

ここまで紹介してきたように、楽天証券は投資信託を購入・保有する上でオススメできる証券会社です。高い利便性、ポイント・キャンペーンなどのお得なサービス、どれをとっても業界トップクラスです。

そのため、デメリットを上げるのが難しいですが、敢えてあげるとすれば「」でも解説したように、ポイント還元率が低い点です。そのため、基本的にはSBI証券の投信マイレージを利用して投資信託を購入・保有するのがお得です。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

ただし、以下のような低コストインデックスファンドは、他ネット証券でポイント還元対象外となっていますので、これらのファンドを購入する場合は、楽天証券で購入・保有するのが最もおトクになります。

SBI証券など他ネット証券でポイント付与除外ファンド:

ポイント還元率が低い点はデメリットですが、低コストインデックスファンドを利用した運用を行う方にとっては、ほぼ全てのファンドでポイント還元が適用されるので逆にメリットとなります。

まとめ

ここまで解説してきたように、楽天証券は、投資信託を購入・保有する上で優秀な証券会社です。様々なサービス等により、コスト面・利便性ともに魅力的です。

特に、低コストインデックスファンドの保有時にも、おトクなポイント還元が受けられるので、インデックス投資家にオススメです!

楽天証券の特徴・まとめ:

  • ノーロード投信の品揃えが豊富
  • ポイント還元で投信の保有がおトク!
  • 最低1,000円から毎月自動積立が可能
  • お得なキャンペーンで最大7万円相当がもらえる!

楽天証券は、投資信託の他、豊富な外国株・海外ETFの品揃え、マネーブリッジで普通預金金利が0.1%、また日経新聞を無料で読めるなど数多くのメリットがあります。口座開設費・維持費は無料なので、口座をお持ちで無い方は、この機会に口座を開設してみると良いでしょう。

楽天証券の特徴

楽天証券公式ページ
  • 投資信託の保有中にポイント還元
  • 全6カ国の外国株・海外ETFが取引可能
  • 日経新聞が無料で読める
  • マネーブリッジで普通預金金利が0.1%へ

参考 楽天証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大110,000円相当のポイントがもらえます(3月31日まで)

楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本ブログでの楽天証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

楽天証券口座開設のメリットは?手数料やNISA、確定拠出年金、IPO、キャンペーンなど解説!
楽天証券 は、国内外の株式・ETF、投資信託、債券、IPO(新規公開株)、FX、確定拠出年金(iDeCo)など多様な金融商品...

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

楽天証券で投資信託を購入するメリット・デメリット(積立、ポイント還元、NISAなど)
マネーの研究室をいいねすると、最新記事や株式取引情報、節約・投資の最新ニュースなどが確認できます!