楽天証券が楽天スーパーポイントで投資信託の購入可能に(最低1,000円から)

楽天証券が楽天スーパーポイントで投資信託の購入可能に(最低1,000円から)

楽天証券が楽天スーパーポイントで投資信託の購入可能に(最低1,000円から)

楽天証券が楽天スーパーポイントで投資信託の購入可能に(最低1,000円から)



2017年8月26日より、楽天証券で、楽天スーパーポイントを利用して投資信託の購入が可能になります。楽天カードや楽天モバイル、楽天市場など、様々な場面で貯まるポイントで、1,000pt(1,000円分)から購入できます。

超小額から楽天ポイントが利用できるため、若年層を中心に、楽天証券に人気が出そうです。そこで、本記事では、今回のポイントを利用した投信購入のサービスの詳細、また楽天証券の特徴を他社と比較していきます。

参考 楽天証券の詳細確認・口座開設は、以下から行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大13万円相当のポイントがもらえます(8月31日まで)

楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)

スポンサーリンク

楽天ポイントで投資信託が購入可能に

2017年8月26日より、楽天証券の投資信託が、楽天スーパーポイント・楽天証券ポイントで購入できるようになります。

投資信託保有時に貯まる楽天証券ポイントだけでなく、楽天カードを利用した買物や楽天モバイル、楽天市場など様々な場面で獲得できる楽天スーパーポイントも利用できるので、結構なポイントで投資信託の購入が可能になります。

サービスの概要

今回のサービスの概要をまとめると下表のようになります。基本的には、楽天証券で取り扱っている投資信託を金額指定で通常購入(最低1,000円から)する場合、楽天スーパーポイントや楽天証券ポイントが利用できます。

項目内容
概要投資信託の買付代金の一部、または全てに楽天証券ポイントや楽天スーパーポイントの利用が可能
対象ポイント楽天証券ポイント・楽天スーパーポイント
*期間限定ポイントや他ポイントから交換したもの不可
利用上限1注文につき3万ポイントまで
1ヶ月に10万ポイントまで
対象商品楽天証券が取り扱う投資信託
対象サービス通常買付(金額指定)
⇒ 積立買付・口数指定買付・ジュニアNISA口座での買付は対象外

楽天証券公式ページ

注意点

便利で画期的なサービスですが、以下のような注意点があります。

  • 利用可能なポイントに上限がある。
  • 金額指定の通常買付のみ
  • NISA・ジュニアNISA口座は利用不可

月々の楽天カード利用分のポイント等の利用する限り、なかなか上限額いっぱいまでポイントを利用する機会は少ないと思われますが、ポイント購入の対象取引が金額指定の通常購入のみである点に注意が必要です。

1000ptから投信が購入可能

楽天証券で投資信託を通常購入する場合の最低必要資金は1,000円です。そのため、今回のサービスにより、1,000ポイントから投資信託の購入を行なうことができます。

SBI証券などの他ネット証券は、通常購入の最低資金が1万円と若干高いので、楽天証券で1,000ポイントから投資信託を購入できるのは、楽天証券のかなりの強みとなります。

そのため、投資を始めてたい方、また楽天ポイントの利用先を迷っている方などは、このサービスを利用することで、資産の形成が行なえます。

参考 楽天証券の詳細確認・口座開設は、以下から行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大13万円相当のポイントがもらえます(8月31日まで)

楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)

楽天証券で投資信託を購入するメリット・デメリット

次に、楽天証券で投資信託の購入・保有・取引などを行なう特徴(メリット・デメリット)などを解説していきます。今回のポイントでの購入サービスとの併用で、かなりのメリットが出ると思われます。

メリット

楽天証券は、SBI証券と並び、業界最高水準の投資信託(ファンド)の品揃えがあります。他にも、以下にあげるようなメリットがあり、コスト・利便性いずれをとっても大変魅力的な内容となっています。

  • 購入手数料無料(ノーロード)投信の品揃えが豊富
  • ポイント還元で投信の保有がおトク!
  • たった100円から毎月自動積立が可能
  • 楽天ポイントで投信が購入可能 ← 今回新たに追加!

購入手数料無料(ノーロード)の投資信託の品揃えも業界最高水準となっています。また、投資信託保有時に、その保有額に応じてポイントがもらえる点も、楽天証券のメリットです。

また、投資信託を購入するための最小資金が業界でダントツの最安水準で、積立であれば100円、通常買付であれば1,000円からできるため、小資金から投資をはじめる方にオススメです。

今回、始まったポイント購入のサービスと合わせて、うまく利用すれば、毎月のポイントを上手に資産に替えることができます。

参考 楽天証券で投信を購入するメリット等の詳細は、以下をご参照ください。

楽天証券で投資信託を購入するメリット・デメリット(積立、ポイント還元、NISAなど)
楽天証券は、業界トップクラスの投資信託の品揃えを誇る証券会社です。お得なポイント還元や最低1,000円から毎月自動積立ができ...

デメリット

ここまで紹介してきたように、楽天証券は投資信託を購入・保有する上でオススメできる証券会社です。高い利便性とファンドの品揃え、そして今回導入されたポイントを利用してのファンド購入で、投資信託用の証券口座としては、No.1になり得る存在です。

そのため、デメリットを上げるのが難しいですが、敢えてあげるとすれば、ファンド保有時のポイント還元率が低い点です。ポイント還元サービスは、楽天証券の他に、SBI証券・マネックス証券・カブドットコム証券が導入していますが、楽天証券の還元率は、SBI証券の投信マイレージと比べて、低めです。

下表は、SBI証券と楽天証券のポイント還元率を比べて表ですが、最大還元率はSBI証券が0.2%とかなり高いことがわかります。

証券会社SBI証券楽天証券
還元率年率0.1%
(最大:年率0.24%)
残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
特徴
  • ポイント除外ファンドが少ない
  • 還元率は少ない

私自身は、このポイント還元率の高さから、SBI証券を利用して投資信託の購入を行なっています。

参考 お得な投信マイレージプログラムを行なっているSBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行なえます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(8月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券で投信を購入するメリット等の詳細は、以下をご参照ください。

SBI証券で投資信託を購入するメリット・デメリット(手数料、積立、NISA、ポイント還元など)
SBI証券は、業界トップクラスの投資信託の品揃えを誇る証券会社です。投信マイレージや最低500円からの毎月自動積立などの独自...

まとめ

ここまで、紹介してきたように、楽天証券はファンドの品揃えや利便性などで投資信託の取引に適した証券会社と言えます。上述のように、ファンド保有時のポイント還元率はSBI証券に負けるものの、今回のポイントによる購入サービス、また積立・購入の最低必要資金の低さは、他社と比べて圧倒的なメリットです。

そのため、ポイントなどを利用して、毎月小額を積み立てたい方などは、楽天証券が投資信託購入のための有力な証券会社となります。

私自身、SBI証券で投資信託を購入していますが、楽天カードでポイントが結構貯まるし、マネーブリッジがお得なため楽天銀行がメイン口座となっていることから、今後は楽天証券の購入も考えてみようと思います。

参考 楽天証券の詳細確認・口座開設は、以下から行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大13万円相当のポイントがもらえます(8月31日まで)

楽天証券の詳細確認・口座開設(無料)

楽天証券は、お得なポイント還元で投資信託が保有できたり、マネーブリッジで普通預金金利が0.1%になったり、豊富な外国株・海外ETFの品揃え、ステージ制IPO、また日経新聞を無料で読めるなど数多くのメリットがあります。

楽天証券の特徴

楽天証券公式ページ
  • 投資信託の保有中にポイント還元
  • 全6カ国の外国株・海外ETFが取引可能
  • 日経新聞が無料で読める
  • マネーブリッジで普通預金金利が0.1%へ

口座開設費・維持費は無料なので、口座をお持ちで無い方は、この機会に口座を開設してみると良いでしょう。

参考 楽天証券の詳細確認・口座開設は、以下から行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大13万円相当のポイントがもらえます(8月31日まで)

また、楽天証券の詳細、キャンペーン情報は、以下をご参照ください。

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

楽天証券が楽天スーパーポイントで投資信託の購入可能に(最低1,000円から)
マネーの研究室をいいねすると、最新記事や株式取引情報、節約・投資の最新ニュースなどが確認できます!