株主優待のおすすめ証券会社。手数料・利便性別に複数解説!

株主優待のおすすめ証券会社。手数料・利便性別に複数解説!

株主優待のおすすめ証券会社。手数料・利便性別に複数解説!

株主優待のおすすめ証券会社。手数料・利便性別に複数解説!



証券会社を選ぶポイントは「株式売買の手数料の安さ」や「使いやすさ」です。また、株主優待を購入する場合、自分にあった「優待銘柄の探しやすさ」も重要なポイントとなります。

本記事では、株主優待に特化したオススメ証券会社を紹介します。株主優待銘柄の探しやすさや手数料の安さ、また「つなぎ売り・クロス取引(上級者向け)」向けのオススメ証券会社についても解説していきます。皆様の投資スタイルにあった証券会社をお選びください。

スポンサーリンク

株主優待向けの証券口座を選ぶポイント

株主優待銘柄の売買のための証券会社を選ぶポイントは、以下の点があげられます。

  • 株主優待の検索しやすさ・選びやすさ
  • 売買手数料の安さ
  • 一般信用取引銘柄の取り扱い数(クロス取引を行う上級者向け)

株主優待の検索のしやすさ、また売買手数料の安さは、初心者の方にとって重要です。以下、それぞれのポイントについて、解説しています。

株主優待の検索しやすさ・選びやすさ

株主優待は、現在1,200社を超える企業が採用をしています。たくさんの優待銘柄があり嬉しいと思いますが、自分に合った株主優待を探すのが大変です。

優待の種類(自社商品か?カードか?など)、優待や配当の利回り、銘柄自体の指標(PERやPBR)など、優待銘柄を選ぶ基準は、人それぞれですが、自分の希望の優待を1,200銘柄以上から探すのは至難の技です。

そこで、便利なのが、各証券会社が用意している優待検索ツールです。口座開設(無料)を行っていれば、誰でも使えるツールですので、優待本などをわざわざ買う必要もありません。

しかし、優待検索ツールの使いやすさは、証券会社によってマチマチですので、検索ツールの使いやすさ、わかり安さが証券口座を選ぶ際のはじめのポイントとなります。

自分に合った株主優待を探すならSBI証券の検索ツールがオススメです!

売買手数料の安さ

優待株を購入する際の手数料も証券口座選びのポイントとなります。コストは、投資家への確実なマイナスリターンとなるので、投資費用を抑えた投資が重要となります。

一般信用取引の銘柄数や信用取引の手数料

上級者向けの優待株売買テクニックに「つなぎ売り・クロス取引」があります。信用取引を利用して、株価下落を抑えて優待株を売買するテクニックです。

この取引で信用取引を利用する場合、逆日歩がつかない一般信用取引銘柄が好まれます。一般信用取引銘柄の数や種類は、証券会社によって違うので、つなぎ売り・クロス取引を行う方は、このポイントも重要となります。

おすすめ証券会社

ここまで解説してきたポイントに沿って、株主優待向けの証券会社を紹介していきます。

株主優待の検索ならSBI証券

株主優待検索ツールが群を抜いて使いやすいのが、SBI証券の「株主優待検索ツール」です。下図のような、ビジュアル的に分かりやすく使いやすいツールで、圧倒的な人気を誇ります。私も当然使っています!

SBI証券の株主優待検索ツール画面

SBI証券の株主優待検索ツール画面
参照:SBI証券



上図は、実際のSBI証券の株主優待検索ツールの実際の画面です。優待の種類、権利確定月、最低購入価格などから銘柄を探すことができます。また、こだわり検索で、信用取引の種類やPER、PBR、自己資本比率などの条件も加えることができます。

SBI証券の株主優待検索ツールの解説・使い方

SBI証券の検索ツールを活用することで、誰でも簡単に、自分に合った株主優待銘柄を探すことができます。この検索ツールは、SBI証券の口座開設者であれば、誰でも無料で利用できますので、優待検索のために口座開設を行うのも良いでしょう。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(9月30日)。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

参考 株主優待向けのSBI証券の詳しい情報は、以下をご参照ください。

SBI証券で株主優待投資をするメリット・デメリット
皆様は、株主優待への投資を行う際、どのような金融機関を利用しているでしょうか?どこでも一緒じゃない?と思っている方は、売買コ...

コストで選ぶならこの3社

売買手数料の安さは、株式の約定代金によって違います。下表は、売買手数料の安い証券(+SBI証券)の株式約定代金(株式を購入する際の株式の金額)毎の手数料比較です。

証券会社の手数料比較(税抜)

証券会社~10万円~20万円~50万円~100万円
GMOクリック証券88円
(0円)
98円
(0円)
241円
(0円)
436円
(0円)
ライブスター証券80円97円180円340円
松井証券0円(無料)300円500円1000円
SBI証券139円185円272円487円

1日の合計約定代金10万円以下の取引であれば、松井証券で無料売買できます。そのため、10万円以下で株式を売買する場合、松井証券が最もオススメとなります。

松井証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

また、10万円以上の取引を行う場合は、ライブスター証券の手数料が最も安くなります。ただし、GMOkクリック証券もオススメです。GMOインターネットなどGMO系列の株主優待で、実質手数料が無料となります。

GMOクリック証券の売買手数料を株主優待で無料にする方法

私の場合、株主優待の検索用にSBI証券を利用し、実際の株式売買はGMOクリック証券をメインに行っています(SBI証券のNISA口座を手数料無料)。

参考 各証券会社は、以下の公式ページから詳細確認・無料口座開設が行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がSBI証券でもらえます(9月30日まで)

クロス取引・つなぎ売りなら

クロス取引・つなぎ売りをやる方は、以下の3証券会社の口座を開設しておくと良いでしょう。取り扱い銘柄数は、カブドットコム証券が圧倒的に多いですが、SBI証券や松井証券でしか扱っていない銘柄もあります。

また、信用売りで証券会社が貸す株は在庫切れを起こす可能性もありますので、3社とも口座開設しておくことで、優待株を取り逃すリスクを軽減できます

証券会社銘柄数
(2016年2月現在)
貸株料手数料
カブドットコム証券2,100銘柄長期:1.5%
短期:3.9%
現物は割安だが、
信用売りはSBI証券より割高。
松井証券836銘柄2.0%10万円未満なら無料
10万円以上は割高。
SBI証券280銘柄3.9%全体的に割安水準。

ちなみに、制度信用取引で空売りをする場合、手数料無料のSMBC日興証券がオススメです。

SMBC日興証券の詳細確認・無料口座開設は、コチラから行えます。

参考 一般信用取引で空売りができる証券会社の比較・詳細は、以下をご参照ください。

一般信用取引で空売りができる証券会社の比較ポイントは?おすすめは?
信用売り(空売り)には「制度信用取引」と「一般信用取引」の2種類があります。一般信用取引は、逆日歩などのリスクを回避できるた...

まとめ

ここまで解説してきた、株主優待銘柄取引向けの証券会社の選び方、またオススメの証券会社をまとめます。

ちなみに、私はSBI証券GMOクリック証券をメインとして利用していますが、様々な取引に対応するため、全口座の口座開設を行っています。口座開設費・維持費は無料なので、いくつかの口座を利用し、自分の好みのもを見つけても良いでしょう。

参考 本記事で紹介した証券会社の口座開設(無料)は、以下のリンクから行えます。

 

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

株主優待のおすすめ証券会社。手数料・利便性別に複数解説!
マネーの研究室をいいねすると、最新記事や株式取引情報、節約・投資の最新ニュースなどが確認できます!