SBI証券

最大25万円!SBI証券の個人向け国債キャッシュバックキャンペーン【2017年6月】

最大50万円!SBI証券の個人向け国債キャッシュバックキャンペーン【2016年11月】

参考 最新の個人向け国債キャンペーン情報は、以下をご参照ください。

SBI証券の個人向け国債キャッシュバックキャンペーン【最新版】

現在、SBI証券では個人向け国債キャッシュバックキャンペーンを開催しています。マイナス金利導入以降、相対的に高金利な運用先として注目を浴びている個人向け国債をお得に購入することができます。

本記事では、SBI証券の個人向け国債キャッシュバックキャンペーンについて紹介・解説します。キャンペーンの内容、他証券会社の同様のキャンペーンとの比較なども行います。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大2ヶ月間、現物株式の買付手数料が無料になります。(1月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

個人向け国債について

はじめに、個人向け国債の特徴や2017年6月の募集内容を簡単に復習します。すでに、ご存知の方は読み飛ばしていただいて構いません。

個人向け国債とは?

個人向け国債は、個人が国にお金を貸して、金利を年2回もらえる金融商品です。満期には元本が返ってきます。また、最低利回り0.05%が保証されており、マイナス金利導入後、預金金利が大幅に下がる中、利回りの確保できる運用先として注目を集めています。

個人向け国債の特徴

  • 一万円単位で投資可能
  • 満期前でも、購入から1年後以降、過去1年分の利子を払うことで元本で償還可能
  • 毎月購入可能 → 積立に便利
  • 金利の下限:0.05%

また、個人向け国債には、金利や期限によって3種類あります。

個人向け国債の種類:

  • 個人向け利付国庫債券(変動・10年)
  • 個人向け利付国庫債券(固定・5年)
  • 個人向け利付国庫債券(固定・3年)

2017年6月の募集内容

2017年6月の国債募集は、以下のような内容になっています。利率は、変動10年%、固定5年・固定3年ともに0.05%となっています。

項目 変動10年 固定5年 固定3年
募集期間 2018年4月5日~27日
発行日 2018年5月15日
利払い日 年2回(5月15日・11月15日)
償還日 2028年5月15日 2023年5月15日 2021年5月15日
利率 0.05%
申込み単位 額面1万円単位

現在募集中の個人向け国債|財務省

ゆうちょ銀行やメガバンク、ネット銀行までも、普通預金金利を0.001%の水準にする中、個人向け国債であれば0.05%の金利が確保できます。また、以下紹介するキャンペーンを利用すれば、さらにお得に国債を購入することができます。

参考 イオン銀行では普通預金金利を年率0.12%にすることができます。詳しい情報は、以下の記事をご参照ください。

イオン銀行の普通預金金利を0.12%にする方法!驚きのイオンカードセレクトとは?

個人向け国債キャンペーン・他証券との比較

SBI証券の個人向け国債キャンペーンは、個人向け国債の購入額に応じて、500円から最大25万円の現金がもらえるキャンペーンです。低金利世界の中、0.05%の利回りを確保しつつ、キャンペーンでお得に現金をもらうことができます。(6月29日まで)

キャンペーン概要

項目 内容
対象期間 2018/5/30(水)
対象者 対象期間中に、対象債券を合計100万円以上(約定金額)購入した方
対象債券 個人向け国債 変動10年(第98回)
個人向け国債 固定5年(第86回)
プレゼント日 2018年8月2日(予定)

SBI証券公式ページ

また、本キャンペーンは、個人向け国債の購入額によって、もらえる現金の額が変わります。下表は、SBI証券同様、個人向け国債の購入キャンペーンを行っているネット証券(SMBC日興証券楽天証券)のキャッシュバック額の比較です。(*マネックス証券は無し)

購入額 SBI証券 SMBC日興証券 楽天証券
10万円 適用外 適用外 購入額×0.10%
例:10万円→100pt
50万円→500pt
50万円〜99万円 500円 適用外
100万円〜199万円 1,000円 2,000円 購入額×0.20%
例:100万円→2000pt
250万円→5,000pt
200万円〜299万円 2,000円 4,000円
300万円〜399万円 3,000円 6,000円
400万円〜499万円 4,000円 8,000円
500万円〜599万円 5,000円 15,000円 購入額×0.30%(10年債)
500万円→15,000pt

購入金額×0.20%(3・5年債)
500万円→10,000pt

600万円〜699万円 6,000円 18,000円
700万円〜799万円 7,000円 21,000円
800万円〜899万円 8,000円 24,000円
900万円〜999万円 9,000円 27,000円
1000万円以上 10,000円 変動10年:40,000円
固定5年:30,000円
以降、購入額が100万円増える毎に+1,000円(上限:25万円) 以降、購入額が100万円増額ごとに+4,000円(変動10年)、+3,000円(固定5年)(上限:なし) プレゼント上限なし

個人向け国債キャンペーンネット証券比較・まとめ

還元率で見た場合、基本的に楽天証券がおトクになります(例外:5年債を100万円以上購入する場合はSMBC日興証券がおトク)。還元方法も購入額に対しての倍率となっているので、SBI証券やSMBC日興証券と比べて、端数の無駄を無くすことができます。

例えば、10年債を115万円購入する場合、SMBC日興証券は2,000円(100〜200万円の購入額で一律)のキャッシュバックですが、楽天証券は2,300pt(=115万円×0.3%)がもらえます。

ただし、楽天証券でもらえるのは楽天ポイントなので、ポイントでなく現金が欲しい場合は、SBI証券かSMBC日興証券が良いでしょう。50万円以上100万円未満の購入の場合SBI証券がお得ですが、100万円以上の購入資金になると、SMBC日興証券がおトクになります。

参考 各証券口座の詳細確認や口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。

また、各証券会社のキャンペーン詳細は、以下をご参照ください。

まとめ

SBI証券では、個人向け国債を購入する方へお得なキャンペーンを開催しています。50万円以上の購入から現金キャッシュバックがもらえます。50万円〜100万円の購入金額で、現金をもらいたい方は、お得なキャンペーンとなっています。

ただし、50万円以下の場合はキャンペーン適用外なので、50万円以下の金額で個人向け国債を購入する場合、楽天証券がおトクになります。逆に、100万円以上の購入資金で、現金がもらいたい場合は、SMBC日興証券がおトクになります。

参考 本記事で紹介した証券口座の詳細確認や口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。

SBI証券は、個人向け国債の他、投資信託米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(5月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券の詳細やキャンペーン情報は、以下をご参照ください。