東京ドーム(9681)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説

東京ドーム(9681)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説

東京ドーム(9681)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説

東京ドーム(9681)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説



東京ドーム(証券コード:9681)の株主優待は、優待券や株主優待チケット、野球観戦証など豊富な優待です。東京ドームの他、東京ドームシティの施設をお得に利用できます。優待は年1回(権利月:1月)もらえます。

本ページでは、東京ドームの株主優待について詳しく紹介していきます。優待の内容や配当金・利回り、ビジネスについても解説します。(2017年1月4日のデータを基に作成)

自分にピッタリの株主優待がみつかるSBI証券の株主優待検索ツール!

スポンサーリンク

東京ドーム(9681)の株主優待

東京ドームのビジネスや株主優待内容、利回り等を解説します。

東京ドームとは?企業紹介

東京ドームは、皆様ご存知のプロ野球球団「読売巨人軍」の本拠地であるドーム球場を保有する企業です。東京ドームの周辺では、東京ドームシティとして遊園地やホテルを運営しています。(参考:東京ドーム公式サイト

優待内容:優待券、チケット、観戦証

東京ドームの株主優待は、(1)優待チケット、(2)優待券、(3)野球観戦証の3つです。いずれの優待も年1回(権利月:1月)もらえます。以下、それぞれの優待に関して詳しく見ていきます。

(1)優待チケット

「株主優待得10チケット」がもらえます。「東京ドームシティアトラクションズ」や「ラクーア」、「ホテルスーパーダイニング」などの東京ドームシティの施設をお得に利用することができます。

得10チケット利用対象施設・必要ポイント一覧

保有株数に応じてポイントがもらえ(下表参照)、各施設の必要ポイントに応じて利用できます。例えば、東京ドームシティアトラクションズの利用は10ポイント必要で、ラクーアの入場には7ポイント必要となっています。

優待チケットの獲得ポイント(保有株数別):

保有株数得10チケットのポイント数
500株以上10ポイント
2,000株以上20ポイント
10,000株以上30ポイント

(2)優待券

東京ドームグループの店舗で1枚500円分として利用できます。もらえる優待券の枚数は、下表のように保有か部数によって変わります。

優待券の枚数(保有株数別):

保有株数優待券の枚数
(1枚500円相当)
500株以上6枚(3,000円相当)
2,000株以上12枚(6,000円相当)
10,000株以上24枚(12,000円相当)
30,000株以上30枚(15,000円相当)

(3)野球観戦証

2,000株以上保有し、かつ3年以上の継続保有をされている方に「野球観戦証」が贈呈されます。保有期間や株数に応じて、観戦できる試合数や座席のグレードが変わります。

の枚数(保有株数別):

保有株数3年以上5年未満5年以上7年未満7年以上
2,000株以上巨人戦指定C席2枚、または日本ハム指定席1枚
⇒計8試合
10,000株以上巨人戦指定C席2枚、または日本ハム指定席1枚
⇒計12試合
30,000株以上巨人戦指定C席2枚、または日本ハム指定席1枚
⇒計16試合
巨人戦指定B席2枚、または日本ハム指定席1枚
⇒計16試合
巨人戦指定A席2枚、または日本ハム指定席1枚
⇒計16試合

株価・優待のデータ:

  • 優待時期:年1回(1月末)
  • 最低単位元:500株
  • 優待獲得のための最低購入金額:584,000円
  • 購入手数料:証券会社による(詳細)
  • PER:17.78倍
  • PBR:1.24倍

権利月と権利確定日、到着時期

東京ドームの株主優待は、年1回(権利月:1月)もらえます。本優待が欲しい方は、1月の権利付き最終日までに株式を購入する必要があります。2017年1月の権利付き最終日は1月26日(木)です。また、優待品のクオカードは、3月中旬の送付予定となっています。(参照)

参考 権利日の解説や各月の権利日は、以下からご確認ください。

2017年(平成29年)権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日一覧【カレンダー】
株主優待を獲得するには、ある決まった日に、優待銘柄を保有していなくてはいけません。その決まった日というのが権利日と言われるも...

優待・配当利回り

東京ドームの配当金は、1株あたり12円(会社予想)です。配当利回りは1.03%です。優待利回りは、様々なサービスがあるため算出が難しいですが、500株の保有でも3,000円の割引や東京ドームシティ無料入場など、お得な内容となっています。

参考 東京ドームの他、1月注目の優待銘柄は、以下をご参照ください。

1月株主優待のおすすめは?権利確定日や配当、注目の優待内容を解説
1月の株主優待は、優待銘柄が約30銘柄程度と比較的少ない月ですが、高級お菓子や飲食系などの優待が充実しています。 本ペ...

おすすめ証券会社は?東京ドームを安く購入する方法

東京ドームの優待獲得のための最低必要金額は584,000円です。10万円以上の株式を購入する場合、手数料最安はむさし証券(トレジャーネット)です。10~20万円の株式を95円(税抜)で売買できます。投資コストの節約は、パフォーマンス向上のため重要です。

むさし証券(トレジャーネット)の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラ

株式売買手数料の比較(証券会社毎)

証券会社 \ 約定代金〜10万円10〜20万円〜50万円〜100万円
むさし証券
トレジャーネット
75円95円175円320円
ライブスター証券80円97円180円340円
GMOクリック証券
株主優待で実質無料
88円98円241円436円
SBI証券無料(*)185円272円487円
マネックス証券100円180円450円1500円
楽天証券無料(*)185円341円609円
松井証券無料(*)300円500円1,000円
カブドットコム証券90円180円250円990円
SMBC日興証券125円180円400円800円

参考 証券会社の手数料の比較は、以下をご参照ください。

証券会社の株式売買手数料を比較!NISAや株主優待で無料にする方法も解説
株式の売買手数料の安さは、株式投資を行うための証券会社を選ぶ上で、重要となるポイントがです。投資コストは、確実なマイナスリタ...

ただし、GMOインターネットGMOクリックHDの株主優待を使うと、GMOクリック証券での売買手数料が実質無料になるので、個人的には、GMOクリック証券がオススメです。ちなみに、私はメイン口座としてGMOクリック証券を利用しています。

株主優待でGMOクリック証券の売買手数料を実質無料(0円)にする方法

参考 GMOクリック証券・むさし証券の詳細確認・無料口座開設は、以下からの公式ページから行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

また、株主優待の検索や売買向けの証券会社の比較・解説は、以下をご参照ください。

株主優待のおすすめ証券会社。手数料・利便性別に複数解説!
証券会社を選ぶポイントは「株式売買の手数料の安さ」や「使いやすさ」です。また、株主優待を購入する場合、自分にあった「優待銘柄...

まとめ

東京ドーム(9681)の株主優待は、東京ドームシティをお得に楽しむことができる優待です。野球観戦だけでなく、ホテルや遊園地、ラクーアなどの施設をお得に利用することができます。ただし、優待獲得のための必要単位数が500株である点に注意が必要です。

東京ドームの株主優待

  • 得10チケット、割引券、野球観戦証など
  • 権利日は1月末(年1回)
  • 配当利回りは1.03%
  • 手数料最安はむさし証券、ただし、優待を利用すればGMOクリック証券で手数料実質無料

参考 本記事で紹介した証券口座は、以下から無料で口座開設が行えます。投資コスト削減のため、ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

東京ドーム(9681)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説
マネーの研究室をいいねすると、最新記事や株式取引情報、節約・投資の最新ニュースなどが確認できます!