投資信託とは?特徴や仕組み、メリット・デメリット等を解説

投資信託とは?特徴や仕組み、メリット・デメリット等を解説

投資信託とは?特徴や仕組み、メリット・デメリット等を解説

投資信託とは?特徴や仕組み、メリット・デメリット等を解説



投資信託とは、投資・資産運用の専門家が、我々に代わって株式や債券などを運用してくる投資商品です。投資の経験がなくても始めやすく、毎月500円など小額から分散投資が行えるので、初心者の方や投資を始めたばかりの方に、注目されている商品です。

そこで、本記事では、投資信託の仕組みや商品のメリット・デメリット等を解説していきます。また上手な投資信託の選び方のポイントや注目の投資信託なども解説していきます。

参考 投資信託のお得な購入先(証券会社)については、以下をご参照ください。

投資信託購入のオススメ証券会社は?選ぶポイントや比較ランキングを解説!

投資信託の基本

はじめに、投資信託の仕組みや特徴、メリット・デメリット等を解説していきます。

仕組み・特徴

投資信託とは、投資・運用の専門家(運用会社等)が、我々個人に代わって、株式や債券、また不動産などを運用してくれる金融商品です。専門家に運用を任せることができるので、我々は投資の経験・知識がそれほど無くても、比較的スムーズに投資を始めることができます。

もう少し具体的に言うと、運用会社が、我々から集めたお金を資金に投資信託の組成・運用を行います。たくさんの方から集めたお金を資金としているので、我々一人一人の購入額が500円など小額であっても運用が行えます。

メリット

ここまで解説してきたように、投資信託は、我々が預けた資金をそのような仕組み・特徴があるため、投資信託には、主に以下の2つのメリットがあります。

投資信託のメリット:

  • 小額から投資が可能
  • リスクを抑えた分散投資が可能

以下、それぞれのメリットを詳しく見ていきます。

小額から投資ができる

投資信託の第一のメリットは「小額から投資ができる」点です。多数の方から集めた資金で運用を行うため、一人の投資額は小さくて済みます。

株式の個別銘柄に投資する場合、最低でも10〜100万円程度の資金が必要となりますが、投資信託なら1万円から、また証券会社によっては、500円から積立が行えます。

リスクを抑えた分散投資が可能

投資・資産運用の基本は「分散投資」です。1つの株式(企業)に資産の全てを集中投資した場合、その企業に悪いニュースがあれば、株価が一気に下がり、資産も大きく減りますが、何社にも分散投資を行えば、一銘柄あたりの下落の影響は、少なくなります。

投資信託は、多くの方から集めた資金で、たくさんの株式や債券に分散投資しています。そのため、投資信託を1本購入するだけでも、株式を1銘柄購入する場合と比べて、圧倒的な分散効果が期待でき、資産変動リスクを抑えることができます。

このように、投資信託を利用することで、運用の専門家に投資を任せることができるだけでなく、小額の投資から分散投資が行えます。投資信託を利用することで、株式などを自分で一銘柄ずつ購入するよりも、資金・運用の面で大きくハードルを下げて、投資行うことができます。

デメリット

ここまで解説してきたように、非常に便利で、初心者の方であっても投資が始めやすい投資信託ですが、商品のデメリットは無いのでしょうか?

商品の仕組みは理にかなっていますが、敢えてデメリットを挙げるとすれば、手数料がかかる点です。株式の個別銘柄を保有する場合、保有中に手数料はかかりませんが、投資信託は保有中に信託報酬(管理費など)が発生します。

ただし、投資信託は、株式と違い、購入手数料無料(ノーロード)のものも多く、信託報酬が年率換算で0.1%台と超低コストのものもあるので、選び方次第では、そこまで手数料は気にならなくなります。

投資信託の選び方

次に、投資信託の選び方や注目商品などについて解説していきます。投資信託は、2,500本以上の商品があり、選ぶのが中々大変ですが、以下を参考にしてみてください。

投資方針と手数料

投資信託は、運用方針の違いで「インデックスファンド」と「アクティブファンド」の2種類に分類することができます。

日経平均株価やTOPIX、S&P500などの株価指数に連動する投資成果を目指す投資信託のことを「インデックスファンド」、株価指数などの市場平均よりも高い投資パフォーマンスを目指す投資信託を「アクティブファンド」と言います。

インデックスファンドとアクティブファンドの比較・違い

インデックスファンドとアクティブファンドの違いは、下表にまとめたように、「運用方針」と「手数料」です。インデックスファンドは、指数に連動する投資成果が目的であるため、指数の構成銘柄を機械的に売買すれば、運用が行えるため手数料が安くなります。

一方、アクティブファンドは、指数を上回る投資成果を挙げるために、運用会社の独自の調査・分析などが必要となるため、調査費や人件費など余分なコストがかかります。そのため、インデックスファンドと比べた場合、手数料が割高になります。

項目インデックスファンドアクティブファンド
特徴市場平均(TOPIXなどの株価指数)と同等のパフォーマンスを上げる独自の調査・分析などにより、市場平均を上回るパフォーマンスを目指す
手数料割安。購入手数料無料がほとどんど、信託報酬が0.1%台も多数調査・分析費用などの余分なコストにより割高

手数料が高い分、アクティブファンドが高いパフォーマンスを挙げてくれれば、何も文句がありません。しかし、過去のパフォーマンスにおいては、ほとんどのアクティブファンドが市場平均(インデックスファンド)に勝てていない現実があります。

参考 各ファンドの特徴や詳細は、以下をご参照ください。

注目の投資信託(ファンド)は?

以下では、低コスト商品として注目されているインデックスファンド、また国内外の株式・債券・不動産などに分散投資が可能なバランスファンドを中心に解説していきいます。

まずはインデックスファンド?

インデックスファンドを利用することで、日本だけでなく、海外(先進国・新興国)の株式や債券、不動産に低コスト分散投資を行うことができます。様々な運用会社からたくさんのインデックスファンドが出ています。

下表は、各運用会社の投資先(資産クラス毎)のインデックスファンドの手数料を比較したものです。ニッセイインデックスiFreeシリーズたわらノーロード三井住友DCのファンドが手数料が安いことがわかります。

手数料・コストは、投資家への確実なマイナスリターンとなるため、投資先やベンチマークが同じ場合、基本的には、手数料の安い商品を選ぶことが重要となってきます。

各シリーズのインデックスファンド手数料・比較

ファンドシリーズ日本株先進国株新興国株先進国債券国内リート海外リート
ニッセイインデックス0.18%0.20%-0.17%0.25%0.29%
eMAXIS Slim0.18%0.20%-0.17%--
iFree0.205%0.23%0.37%0.18%0.31%0.33%
たわらノーロード0.211%0.24%0.53%0.21%0.32%0.38%
三井住友DC0.205%
*TOPIX型
0.27%0.60%0.22%0.26%0.30%
EXE-iシリーズ-0.32%0.39%0.42%-0.36%
FUNDS-i0.43%0.59%0.65%0.59%0.43%0.59%
eMAXIS0.43%0.65%0.65%0.65%0.43%0.65%
SMT0.40%0.54%0.65%0.54%0.43%0.59%
i-mizuho0.41%0.62%0.63%0.63%0.42%0.64%
インデックスe0.205%0.54%-0.54%--

参照:ダイヤモンドZAI2017年02月号p.71

また、各投資先の低コスト上位3ファンドは、下表のようになっています。新興国株式を除いて、ニッセイインデックスシリーズのファンドが最安コストとなっていることがわかります。ニッセイ外国株式インデックスファンドニッセイTOPIXインデックスファンドは信託報酬0.1~0.2%台で投資が行えます。

低コストインデックスファンド一覧:

ファンド名1番目に安い2番目に安い3番目に安い
日本株式ニッセイTOPIXインデックスファンド
eMAXIS Slim国内株式インデックス
たわらノーロードTOPIX
iFree TOPIXインデックス三井住友DC日本株式インデックスファンドS
先進国株式ニッセイ外国株式インデックスファンド
eMAXIS Slim先進国株式インデックス
iFree外国株式インデックスたわらノーロード先進国株式
新興国株式iFree新興国株式インデックスEXE-i新興国株式ファンドたわらノーロード新興国株式
外国債券ニッセイ外国債券インデックスファンド
eMAXIS Slim先進国債券インデックス
iFree外国債券インデックスたわらノーロード先進国債券
国内リートニッセイJリートインデックスファンド三井住友・DC日本リートインデックスファンドiFree J-REITインデックス
外国リートニッセイグローバルリートインデックスファンド三井住友・DC外国リートインデックスファンドiFree外国REITインデックス

このように、同様の投資先ファンドであっても信託報酬に大きな差が出てきます。コストは投資家への確実なマイナスリターンとなり投資パフォーマンスを悪化させるので、インデックスファンドの場合、資産クラスでより安い商品が基本的な選択肢となります。

参考 各資産クラスのファンドの比較・詳細は、以下をご参照ください。

低コストインデックスファンドの比較・一覧。投資先(先進国・新興国株式など)別のおすすめ等
インデックスファンドは、日経平均株価(日経225)やTOPIXなどの指数(インデックス)と同等の投資パフォーマンスを目指す投...

便利なバランスファンド

様々な資産クラスへ分散投資できる投資信託が「バランスファンド」です。ファンド1本だけで、国内外の株式や債券、不動産に一括で分散投資ができる便利な商品です。

下表は、主なバランスファンドの手数料と投資先(資産クラス)を比較した表です。お好みの資産クラスが入ったバランスファンドを選ぶことが優先となりますが、手数料はeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)iFree 8資産バランスが安くなっています。個人的には、GDP比で資産配分が決定する世界経済インデックスファンドも注目しています。

ファンド名信託報酬(税抜)資産配分
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)0.22%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国の株式、債券の計8資産を均等(12.5%づつ)配分
iFree 8資産バランス0.23%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国の株式、債券の計8資産を均等(12.5%づつ)配分
ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)0.34%国内の株式・債券、先進国の株式・債券の計4資産を均等(25%づつ)配分
世界経済インデックスファンド0.50%国内の株式・債券、先進国の株式・債券、新興国の株式、債券の計6資産をGDPベースで配分(株式・債券は50%ずつ)
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド0.69%国内の株式・債券、先進国の株式・債券、新興国株式の計5資産を時価総額ベースで配分(株式・債券は50%ずつ)
eMAXISバランス(8資産均等型)0.50%国内の株式・債券・REIT、先進国の株式・債券・REIT、新興国の株式、債券の計8資産を均等(12.5%づつ)配分

参考 バランスファンドの特徴や注目ファンドは、以下をご参照ください。

バランスファンドとは?ファンドの比較・一覧やメリット・デメリット、注目・おすすめなど解説
バランスファンドとは、全世界の株式・債券・不動産などの投資対象(資産クラス)に投資できる投資信託です。ファンド1本で、多様な...

優秀なアクティブファンドは無いの?

手数料が割高で、なかなか市場平均(インデックスファンド)に勝てことが多いアクティブファンドですが、中には優秀なファンドや手数料が安いファンドがあります。下表は、手数料やファンドの投資パフォーマンスで注目されているアクティブファンドです。

ファンド名信託報酬(税抜)投資先
ひふみ投信0.58%〜0.98%日本株
ひふみプラス0.78%〜0.98%日本株
セゾン資産形成の達人ファンド1.35%全世界株
ひとくふう日本株式ファンド0.25%日本株
ひとくふう世界国債ファンド
(為替ヘッジあり)
0.25%外国債券
ひとくふう先進国株式ファンド0.30%先進国株式
ひとくふう新興国株式ファンド0.43〜%新興国株式
ひとくふう先進国リートファンド0.30%先進国リート
たわらノーロードplus
国内株式高配当最小分散戦略
0.70%日本株
たわらノーロードplus
先進国株式低ボラティリティ高配当戦略
0.85%先進国株
たわらノーロードplus
新興国株式低ボラティリティ高配当戦略
0.90%新興国株
iTrust世界株式0.89%全世界株
iTrust日本株式0.89%日本株式
iTrust新興国株式1.125%新興国株式
iTrustバイオ1.33%バイオ株
iTrustロボ1.33%ロボティクス

様々なファンドがありますが、ここ最近特に注目が高いファンドは「ひふみ投信」です。敏腕ファンドマネージャーの藤野氏率いるレオス社の人気ファンドで、直販のひふみ投信、またネット証券などから購入可能なひふみプラスの2種類のファンドがあります。購入先に違いがあるものの、いずれのファンドも基本的に同じものです。

TV番組「カンブリア宮殿」など様々なメディアに取り上げられており、驚異的なパフォーマンスを上げています。購入手数料は無料で、信託報酬が1%を切るなど手数料の安さも魅力です。

参考 ひふみ投信の詳細や口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。

ひふみ投信の詳細・口座開設(無料)

お得なサービス・購入先(証券会社)は?

以上紹介した投資信託は、SBI証券楽天証券マネックス証券などのネット証券で手数料無料で購入できます。

手数料無料なので、どこで投資信託を購入しても差がつきませんが、各ネット証券で行われている「ポイント還元プログラム」の違いにより、お得度に差がつきます

ポイント還元プログラムとは、投資信託(ファンド)の保有額に応じてポイント還元されるサービスです。ポイントは、現金などに交換できるため、ポイント還元率の高いネット証券でファンドを購入することで、お得にファンドを保有することができます。

以下の表は、ネット証券のポイントプログラムの比較を行ったものです。結論から言うと、SBI証券の投信マイレージが還元率が良く利便性が高いと言えます。

証券会社還元率特徴
SBI証券年率0.1%
(最大:年率0.24%)
楽天証券残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
  • ポイント除外ファンドが少ない
  • 還元率は少ない
マネックス証券月平均保有額の年率0.08%
(最大:年率0.08%)
  • 低コストのインデックスファンドはポイント除外
t-kabucom-c月平均保有額100万円につき1ポイント
(最大:年率0.24%)

投資信託の保有でポイントが貯まるネット証券の比較

SBI証券であれば、最大0.24%(年率)のポイント還元が受けられます。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(4月30日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

SBI証券は、お得な投資信託の他にも、米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2016年オリコン:ネット証券部門で第1位!
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます

参考 本サイトでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。