つみたてNISAの運用はSBI証券がオススメ!お得にポイントが貯まる制度に注目

つみたてNISAの運用はSBI証券がオススメ!お得にポイントが貯まる制度に注目

つみたてNISAの運用はSBI証券がオススメ!お得にポイントが貯まる制度に注目

つみたてNISAの運用はSBI証券がオススメ!お得にポイントが貯まる制度に注目



SBI証券は、業界トップクラスの投資信託の品揃えを誇る証券会社です。投信マイレージや最低500円からの毎月自動積立などの独自サービスで、おトクで便利に投資信託の購入・保有ができます。投資信託用の証券口座としては、大変オススメです。

本ページでは、つみたてNISAの制度を振り返りつつ、SBI証券で積立NISAを行なうメリットを解説していきます。ポイントを理解し、2018年から始まる積立NISAでお得に投資信託の購入・保有・運用を行っていきましょう。

参考 本記事で紹介するSBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページからも行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(11月30日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

つみたてNISAとは?

はじめに、積立NISAについて簡単に解説します。すでに、ご存知の方は、読み飛ばしていただいて構いません。

つみたてNISAとは、2018年からスタートする新たな小額投資非課税制度です。現行のNISA同様、金融商品の値上がり益や分配金など投資益が非課税になる制度です。

日本在住の20歳以上の方が対象で、年間の利用限度額(投資上限)は40万円となっています。現行NISAの年間限度額120万円よりも小額ですが、その分、非課税期間が20年間と長期で非課税メリットを受けられる点が特徴です。

積立NISAの概要

  • 対象者:20歳以上(日本在住)
  • 利用限度額:40万円
  • 非課税期間:20年
    ⇒累計非課税限度額:800万円(=40万円×20年)

現行NISAとの違い・比較

現行NISAとの大きな違いは「非課税期間」と「年間の非課税枠(投資限度額)」です。

非課税期間は、現行NISAが5年であるのに対し、積立NISAは20年間も非課税メリットを受けられます。その分、積立NISAの年間の非課税枠は40万円と少なくなる点が両者n違いです。

項目積立NISA現行NISA
対象者20歳以上(日本人)20歳以上(日本人)
利用限度額年間40万円年間120万円
非課税期間20年5年
運用できる商品金融庁が認める投資信託・ETF国内外の個別株・ETF・REIT、および投資信託

また、利用できる金融商品にも違いがあります。現行NISAは、ほとんどの金融商品が利用可能でしたが、積立NISAは、金融庁が認めた投資信託ETFのみが対象商品となっています。

積立NISAは運用期間が20年と長期になるため、利用できる金融商品も金融庁のチェックが入り、認められた商品のみが対象となるようです。「」で詳しく説明しますが、手数料の安いインデックスファンドアクティブファンドが対象となっている点が特徴です。

参考 つみたてNISAの概要・他制度との比較・詳細は、以下をご参照ください。

積立(つみたて)NISAとは?メリット・デメリット、現行NISAとの比較など
積立NISA(つみたてニーサ)とは、2018年1月から始まる新たな小額投資非課税制度です。現行NISAの非課税期間が5年間で...

なぜSBI証券で積立NISAを行なうと、おトクなのか?

なぜ、積立NISAをSBI証券で行なうと、お得なのか?その理由を解説していきます。SBI証券の利便性、またポイント還元サービスによるコスト面について解説していきます。

SBI証券とは?積立NISA枠の投信の購入・保有のメリット

SBI証券は、投資信託、国内・海外株式(ETF含む)、FX、CFD、保険や確定拠出年金(DC)など、多くの金融商品を扱っている総合証券です。格安の取引コスト(売買手数料)、取引の利便性、また独自のサービス等から人気の高い証券口座です。

実際、大手ネット証券会社として多くの投資家に使われ続けており、人気のバロメーターとも言える口座開設数(シェア)は、ネット証券でダントツの1位です。

SBI証券公式ページ

積立NISAで運用対象となる投資信託のサービスも充実しており、以下のような独自メリットがあります。コスト・利便性、いずれをとっても魅力的な内容です。

  • ノーロード投信の品揃えが豊富
  • 最低100円から毎月自動積立が可能
  • 定期売却サービスもある
  • 充実のキャンペーン
  • 投信マイレージでお得に投信保有(最大:年率0.24%還元!

参考 SBI証券で投資信託を購入するメリット・デメリット!手数料、積立、NISA、ポイント

積立NISAの場合、対象商品がすでに購入手数料無料(ノーロード)な投信なので他社との違いはありませんが、最後に上げた「投信マイレージ」によるポイント還元により、他社よりもお得に、積立NISAで商品の保有を行なうことができます。>

投信マイレージのポイント還元がお得!

SBI証券で投資信託を購入・保有する最大のメリットは「投信マイレージ」と呼ばれるポイント還元サービスがある点です。ポイント還元により、投信保有時の実質的なコストを下げることができます。

投信マイレージとは、投資信託の保有時に、その保有額に応じてSBIポイントが貰えるサービスです。SBIポイントは、高還元率(最大1.2倍)で現金に交換できる他、マイルやnanaco、suica、Tポイントなどにも交換できるポイントです。

投信マイレージの最大の魅力は、ポイント還元率の高さです。下表のようにポイント還元率0.1%は、他ネット証券と比べてNo.1の水準です。しかも、合計保有額が1,000万円以上であれば、還元率が0.2%に倍増されます。

証券会社還元率特徴
SBI証券年率0.1%
(最大:年率0.24%)
楽天証券残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
  • ポイント除外ファンドが少ない
  • 還元率は少ない
マネックス証券月平均保有額の年率0.08%
(最大:年率0.08%)
  • 低コストのインデックスファンドはポイント除外
カブドットコム証券月平均保有額100万円につき1ポイント
(最大:年率0.24%)

投資信託購入のオススメ証券会社は?選ぶポイントや比較ランキングを解説

例えば、SBI証券で、積立NISA枠で100万円分の投資信託として保有している場合、1,000円の現金(ポイントから交換可能)が毎年もらえることになります。毎年これだけのポイント(キャッシュ)バックがあるので、投資信託をSBI証券以外で保有するのが、もったいないですね。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

このように、積立NISAで投資信託を積立予定の場合、SBI証券でお得に保有することができます。SBI証券は、投信の品揃えや利便性も良いので、個人的には、積立NISA以外の投資信託の運用にも、最有力だと思っています。

参考 本ファンドをお得に保有できるSBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(11月30日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券で投信を購入・保有するメリット等は、以下をご参照ください。

SBI証券で投資信託を購入するメリット・デメリット(手数料、積立、NISA、ポイント還元など)
SBI証券は、業界トップクラスの投資信託の品揃えを誇る証券会社です。投信マイレージや最低500円からの毎月自動積立などの独自...

今ならSBI証券の口座開設で最大10万円がもらえる

積立NISAで購入・保有ができるインデックスファンドアクティブファンドなど投資信託がお得に購入・保有できるSBI証券では、現在おトクな口座開設キャンペーンを行っています。口座開設および各種取引で最大10万円がもらえます。口座開設費や維持費は無料なので、この機会に口座開設をすると良いでしょう。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(11月30日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、口座開設キャンペーンの詳細は、以下をご参照ください。

SBI証券の口座開設キャンペーンで現金10万円ゲットするお得な方法とは?
SBI証券では、これから口座開設する方に、おトクなキャンペーンを行っています。新規口座開設やNISA口座開設、また各種取引で...

SBI証券は、投資信託、米国株・海外ETFの品揃えが良く、コストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2016年オリコン:ネット証券部門で第1位!
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(11月30日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本ブログでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

つみたてNISAの運用はSBI証券がオススメ!お得にポイントが貯まる制度に注目
マネーの研究室をいいねすると、最新記事や株式取引情報、節約・投資の最新ニュースなどが確認できます!