10万円以下の株主優待はSBI証券での購入がお得!?

10万円以下の株主優待はSBI証券での購入がお得!?

10万円以下の株主優待はSBI証券での購入がお得!?

10万円以下の株主優待はSBI証券での購入がお得!?



昨今、人気を集めている株主優待銘柄もですが、5万円程度や10万円以下など小額資金で、お得な優待をもらうことができます。その小額取引可能な株式ですが、SBI証券では、なんと手数料で無料で購入できることができます。

本記事では、SBI証券の小額取引の手数料無料化の詳細、また株主優待投資家がSBI証券を利用する理由、メリットなどを解説していきます。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(9月30日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

SBI証券なら小額取引の手数料が無料

10万円以下の株主優待銘柄を購入する場合、SBI証券がオススメです。SBI証券の場合、1日の約定代金(購入株式の金額)が10万円以下の場合、手数料が、なんと0円(無料)になります。

上場企業の約3割の株式が、1口(1単位)あたり10万円以下で購入できるので、株主優待も10万円以下の場合、SBI証券で購入するのが良いでしょう。

また、同様のサービスを松井証券楽天証券も導入していますが、株主優待検索ツールの使いやすさ、また他の機能面を考えると個人的にSBI証券がオススメです。

SBI証券公式ページ

参考 SBI証券の小額取引の無料化については、以下をご参照ください。

SBI証券が国内株式の小額取引の手数料無料へ!松井証券を抜き全価格帯制覇?
2017年9月4日(月)から、SBI証券の国内株式手数料プランが変更され、小額取引(1日の約定代金の合計が10万円以下)の手...

SBI証券が株主優待投資家に人気の理由

SBI証券は、大手ネット証券会社として多くの投資家に利用されている証券会社です。口座開設数は、ネット証券でダントツの1位です。また、2016年のオリコンの顧客満足度口座総合ランキングで1位(9度目)となっています。

個人投資家が行う取引が、ほぼ全て可能なので、SBI証券さえ口座開設しておけば、十分とも言えます。実際、私もSBI証券で、NISA口座の取引、立会外分売PTS(夜間取引)などの取引を行っています。PTSができるのは、SBI証券のみなので大変貴重です。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

また、SBI証券は株主優待銘柄の取引としても人気の証券会社です。人気の理由は、以下にあげるように、手数料の安さや利便性などがあります。

SBI証券で株主優待取引を行うメリット

  • 大手ネット証券として最安水準の手数料
  • 優待検索ツールが充実していて、自分にあった銘柄が探しやすい
  • 一般信用取引銘柄の充実
    → 株価下落を抑えた優待取りができる(つなぎ売り・クロス取引)

以下、それぞれのメリット・特徴を解説していきます。

手数料が安い

先ほど紹介したように、SBI証券での少額取引の手数料は無料です。株式の検索ツールで見つけた銘柄を実際に売買する場合、手数料がかかります。SBI証券は、この株式売買手数料が大手ネット証券の中で最安の水準となっています。

大手ネット4社の株式売買手数料比較:

証券会社 \ 約定代金〜20万円〜50万円〜100万円
SBI証券185円272円487円
マネックス証券180円450円1500円
楽天証券185円341円609円
カブドットコム証券180円250円990円
松井証券300円
(*無料)
500円1000円

約定代金が100万円未満の場合、カブドットコム証券の手数料が最安ですが、SBI証券もそれにせまる水準です。また、NISA口座であればSBI証券での売買手数料は無料になります。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

参考 SBI証券のNISA口座についての詳細は、以下をご参照ください。

SBI証券NISA口座の特徴は?手数料・キャンペーン・口座開設(住民票代行サービス)など解説!
SBI証券は、業界トップクラスの金融商品の品揃えや手数料の安さから、高い人気を誇る証券会社です。NISA口座においてもコスト...

優待検索ツールが高機能

SBI証券の大きな売りの1つが「株主優待検索ツール」です。下図が実際の検索ツールの画像ですが、優待の種類、権利確定月、最低購入価格などから銘柄を探すことができます。また、こだわり検索で、信用取引の種類やPER、PBR、自己資本比率などの条件も加えることができます。

SBI証券の株主優待検索ツール画面

SBI証券の株主優待検索ツール画面
参照:SBI証券



参考 SBI証券の優待検索ツールの詳しい使い方は、以下をご参照ください。

SBI証券の株主優待検索ツールの解説・使い方
株主優待は、個人投資家にとってうれしい特典です。使い方次第で生活費の節約や普段買えないようものを手にいれることができます。私...

このように、検索ツールを使うことで、簡単に自分に合った優待銘柄を探すことができます。ちなみに、この検索ツールは、SBI証券の口座開設者であれば誰でも無料で利用できます。

口座開設費・維持費も無料なので、検索ツールを使うために口座開設をするのも良いですね!

参考 本記事で紹介するSBI証券の詳細確認、口座開設(無料)は以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(9月30日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

一般信用売りでつなぎ売り(クロス取引)が可能

上級者向けですが、SBI証券であれば、一般信用売りという方法を用いて、株価変動リスクや逆日歩を抑えて株主優待をもらうこと(つなぎ売り・クロス取引)ができます。

逆日歩の無い一般信用売りは、SBI証券の他、楽天証券カブドットコム証券松井証券と、可能な証券が限られますが、SBI証券を利用すれば、一般信用売りを行なうこともできます。

一般信用取引で空売りができる証券会社の比較ポイントは?おすすめは?

また、SBI証券では、先ほど紹介した優待検索ツールを利用して、一般信用取引や制度信用取引が可能な銘柄の絞り込みもでくるので、クロス取引したい銘柄が探しやすい点もメリットです(下図参照)。

つなぎ売り:制度信用取引または一般信用取引銘柄を絞り込み検索できる

つなぎ売り:制度信用取引または一般信用取引銘柄を絞り込み検索できる
参照:SBI証券



まとめ

このように、ネット証券No.1の人気を誇るSBI証券は、株主優待投資の分野においても、コスト・利便性の両面で非常に抜き出た存在となっています。

特に、小額取引の手数料が無料である点、また検索ツールの使い勝手の良さから、私自身もメイン口座としてSBI証券を利用しています。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(9月30日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券のキャンペーンの詳細は、以下をご参照ください。

SBI証券の口座開設キャンペーンで現金10万円ゲットするお得な方法とは?
SBI証券では、これから口座開設する方に、おトクなキャンペーンを行っています。新規口座開設やNISA口座開設、また各種取引で...

SBI証券は、本ページで紹介した株主優待の他、投資信託の品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTS投信マイレージなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2016年オリコン:ネット証券部門で第1位!
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(9月30日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本ブログでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。お友達にシェアや拡散していただけると嬉しいです。

フォローする。ブログ更新情報が受け取れます。

10万円以下の株主優待はSBI証券での購入がお得!?
マネーの研究室をいいねすると、最新記事や株式取引情報、節約・投資の最新ニュースなどが確認できます!