AOI TYOホールディングス(3975)の株主優待は?配当・優待利回り、到着時期など解説

AOI TYOホールディングス(3975)の株主優待は?配当・優待利回り、到着時期など解説
AOI TYOホールディングス(3975)の株主優待は?配当・優待利回り、到着時期など解説AOI TYOホールディングス(3975)の株主優待は?配当・優待利回り、到着時期など解説


AOI TYOホールディングス(3975)の株主優待は、3,000円〜分クオカード(500株以上)です。年1回(権利月:6月)の高額のクオカードに加えて、撮影付きオリジナル写真集(抽選で40名)がプレゼントされる点も、人気の秘密です。

本ページでは、AOI TYOホールディングス(証券コード:3975)の株主優待について詳しく紹介していきます。優待の内容や配当金・利回り、ビジネスについても解説します。(2017年5月26日のデータを基に作成)

AOI TYOホールディングス(3975)の株主優待

AOT TYOホールディングスのビジネスや株主優待内容、利回り等を解説します。

AOI TYOホールディングスとは?企業解説

AOI TYOホールディングスは、AOI Pro.グループとTYOグループが経営統合した持ち株会社です。主力事業のテレビ制作のほか、広告・CM制作なども行っています。CM制作は、受注も順調に伸びています。(参考:グループ企業・ブランド|AOI TYOホールディングス)

優待内容:クオカード

AOI TYOホールディングスの株主優待は、3,000円〜分のクオカードです。クオカードは、ファミレスやコンビニ、ドラッグストアなど様々な店舗で、ほぼ現金同様に利用できるので、株主優待として人気のジャンルに入ります。

クオカードの賢い使い道とは?購入法や使い方(コンビニ、書店、ドラッグストア等)解説

もらえるクオカードの金額は、下表のように保有株数によって変わります。クオカードをもらうには500株以上の保有が必要である点にご注意ください。

保有株数金額
500株3,000円分
1,000株5,000円分
2,000株10,000円分

また、500株以上保有の方から抽選で40名の方に、オリジナル写真集の作成が当たります。撮影を行って、ファッション誌のような写真集が作成してもらえるようで、人気が集まっています。40名だけなので、競争率が高いかもしれませんが、私も狙ってみようと思っています。

株価・優待のデータ:

  • 優待時期:年1回(6月末)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:90,600円
  • 購入手数料:証券会社による(詳細)
  • PER:15.89倍
  • PBR:-倍

参考 本優待の他、6月の注目の株主優待は、以下をご参照ください。

権利月と権利確定日、到着時期

AOT TYOホールディングスの株主優待は、年1回(権利月:6月)もらえます。本優待が欲しい方は、6月の権利付き最終日までに株式を購入する必要があります。2017年6月の権利付き最終日は6月27日(火)です。また、クオカードは9月中旬の送付予定です。(参照)

参考 権利日の解説や各月の権利日は、以下からご確認ください。

優待・配当利回り

AOI TYOホールディングスの配当金は、1株あたり28円(会社予想)です。配当利回りは3.09%と配当金だけでも、高水準の利回りです。

また、クオカードと合わせた利回りは、500株保有で3.75%と金券系優待としては、利回りが高い部類に入ります。

参考 利回りが高い人気・注目の金券系優待は、以下をご参照ください。

おすすめ証券会社は?AOI TYO株を安く購入する方法

AOI TYOホールディングスのための最低必要金額は90,700円です。10万円以下の株式を購入する場合、手数料最安は松井証券です。一日の取引額の合計が10万円以下であれば、手数料無料で株式を購入できます。

株式売買手数料の比較(証券会社毎)

証券会社 \ 約定代金〜10万円10〜20万円〜50万円〜100万円
岡三オンライン証券無料無料350円600円
SBI証券無料105円250円487円
楽天証券無料105円250円487円
むさし証券トレジャーネット75円95円175円320円
ライブスター証券80円97円180円340円
GMOクリック証券88円98円241円436円
松井証券無料300円500円1,000円
マネックス証券95円140円190円355円
カブドットコム証券90円180円250円990円
SMBC日興証券125円180円400円800円

株式売買手数料は、最安値(税抜)表示

参考 証券会社の手数料の比較は、以下をご参照ください。

ただし、GMOインターネットGMOクリックHDの株主優待を使うと、GMOクリック証券での売買手数料が実質無料になるので、個人的にはGMOクリック証券がオススメです。ちなみに、私はメイン口座としてGMOクリック証券を利用しています。

株主優待でGMOクリック証券の売買手数料を実質無料(0円)にする方法

参考 GMOクリック証券・ライブスター証券の詳細確認・無料口座開設は、以下からの公式ページから行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

また、株主優待の検索や売買向けの証券会社の比較・解説は、以下をご参照ください。

まとめ

AOI TYOホールディングス(3975)の株主優待は、年1回、高額のクオカードがもらえる優待です。配当+優待利回りが3%以上と金券優待としては、利回りが高いうえ、抽選でオリジナル写真集が作ってもらえます。

AOI TYOホールディングスの株主優待

  • 3,000円〜分のクオカード、およびオリジナル写真集(抽選)
  • 権利日は6月末(年1回)
  • 優待+配当利回りは、最大3.75%
  • 手数料最安は松井証券、ただし、優待を利用すればGMOクリック証券で手数料実質無料

参考 本記事で紹介した証券口座は、以下から無料で口座開設が行えます。投資コスト削減のため、ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。