最大「5万円分」プレゼント!

【評判は?】auカブコム証券で米国株スタート!メリット・デメリットは?

【評判は?】auカブコム証券で米国株スタート!メリット・デメリットは?

なんと!auカブコム証券が、米国株取引スタートすることを発表しました!

auカブコム証券「米国株」の主な特徴
  • 手数料は業界最安水準
  • 自動売買対応
  • 豊富な投資情報とコンテンツ
  • 取り扱い銘柄数は約350
    →随時追加!
サイト管理人

自動売買に対応するなど、auカブコム証券オリジナルのサービスも興味深いですね!

本記事では、今回auカブコム証券から発表された米国株取引に関する内容を詳しくみていきます!

目次

auカブコム証券「米国株」取引の特徴

今回発表された「auカブコム証券」の米国株取引の特徴をまとめると、以下の5点が挙げられます。

auカブコム証券「米国株」の特徴
  • 手数料は業界最安水準
  • 自動売買対応
  • 豊富な投資情報とコンテンツ
  • 取り扱い銘柄数は約350
  • 円決済で取引がカンタン!
サイト管理人

以下、各項目について詳しく解説していきます。

手数料は業界最安水準

米国株の取引には、「売買手数料・為替手数料(スプレッド)」の2種類のコストがかかりますが、
auカブコム証券のそれぞれの手数料は、下表のようになっています。

項目内容
売買手数料約定代金の
0.495%(税込)
為替手数料1ドルあたり20銭
auカブコム証券の米国株取引手数料

売買手数料に関しては、SBI証券や楽天証券、マネックス証券など他の米国株取引が可能なネット証券と同水準の安さです。

さらに、為替手数料(スプレッド)に関しては、「1ドルあたり20銭」と、他のネット証券の「1ドルあたり25銭」よりも割安な水準となっています。

サイト管理人

為替スプレッドが安いの、次に解説する「円決済」で米国株取引をする方に、オススメの証券会社と言えます!

円決済でカンタン取引!

米国株式市場に上場する株(米国株)は、米ドル決済が一般的です。

しかし、auカブコム証券では、米国株取引時に円貨決済が可能。
外国株預り金に日本円の資金があれば、事前に外貨を準備せずに取引が可能できます。

サイト管理人

自分で、日本円を米ドルへ両替する手間が省けます!

また、取引内容(約定金額・受渡金額など)も日本円で表示されるので、自分で為替レートを勘案して計算する手間が省けます!

ちなみに、外貨決済(米ドル決済)機能は、2022年度内に導入予定とのことです。

取り扱い銘柄数は約360

auカブコム証券では、米国株取引スタートに合わせて、米国株式市場(NYSE・NYSE Arca・NYSE American・NASDAQ)に上場している約360銘柄が取引可能になります。

内訳は、個別株式200銘柄・ETF162銘柄とのことです。

auカブコム証券が導入予定の「約360銘柄」で、米国市場売買代金の60%程度をカバーするとのこと。

サイト管理人

リクエストを基に順次拡充とのことなので、どんどんリクエストしましょう!

ちなみに、他のネット証券と米国株の取り扱い銘柄数を比較すると、下表のようになります。

証券会社取り扱い銘柄数
SBI証券##
楽天証券
マネックス証券
DMM株
auカブコム証券
PayPay証券
米国株の取引数の比較

マネック証券など、既に米国株取引が行われているネット証券と比較すると「まだまだ少ない」ので、今後の追加情報に期待したいです!

サイト管理人

とは言え、日本で有名な米国株や米国ETFは取引可能なので、米国株初心者の方には十分な内容です!

自動売買に対応

auカブコム証券では、米国株の取引でも、国内株と同じような取引・注文方法が利用できます。

他のネット証券の場合、米国株取引の注文・取引方法は限られるので、auカブコム証券の大きなメリット!

他のネット証券で利用可能な「指値」「成行」注文などはもちろん、以下のような高機能の注文を出すことも可能です。

注文方法内容
逆指値以下のような注文方法

①株価が、指定の価格まで下落したら売り
(→損失の拡大を防ぐためのロスカットに便利)

②株価が、指定の価格まで上昇したら買い
(→相場上昇時の一定の値段を超えた際のトレンドフォローの買い注文に便利)
トレーリングストップ株価の変動に合わせて、一定の値幅で逆指値の価格を自動的に修正することができる。

例)売り注文の場合、
「高値-○円」を逆指値として、高値の更新に合わせて逆指値の価格が引き上げられ、株価の値上がりに追従し、反落し始めたところで売り発注。ということができる。
Uターン注文買い注文と同時に売り注文の予約を行う注文方法。
auカブコム証券の取引・注文方法

豊富な投資情報・オリジナルコンテンツ

他のネット証券でも確認できる株価などの基本情報や財務情報、投資指標などに加え、auカブコム証券独自の豊富な投資情報・コンテンツも魅力的です。

投資情報サービス
  1. ビジュアル決算:決算発表内容をAIで瞬時に分析し、決算情報を見える化
  2. 株価分析:割安・割高なのか診断
  3. 投資テーマ検索:幅広い投資テーマに基づいて個別銘柄を検索


また、2022年春からは、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の投資研究員が作成する海外株式レポートも無料で配信予定とのことです!

サイト管理人

「三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)」の質の高い投資情報に期待ですね!

米国株式サービス開始記念キャンペーン

まだ、詳細は発表されていませんが、1月24日のサービスに開始に向けて、キャンペーンが準備されているようです。

2022年1月24日のサービス提供開始に向けて、各種キャンペーンの発表を予定しています。詳細につきましては、WEBページ等で発表いたしますのでご確認ください

引用元:auカブコム証券 米国株式サービス提供開始予定 2022/1/24(月)

auカブコム証券の口コミ・評判は?

次に、今回の発表に関する他の投資家の方の口コミや評価を見ていきます。

https://twitter.com/ba_nyai/status/1475906960088535040

auカブコム証券の独自サービスに期待する声や、他のau経済圏のサービスとの相乗効果を期待する声など、期待感があります。

https://twitter.com/mac7hiji/status/1475852983959433217

また、上記のツイートにもあるように、楽天証券やSBI証券、マネックス証券、DMM株など、既に米国株取引に参入しているネット証券との競争で、サービスがよりよくなることも期待したいです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次
閉じる