証券会社

証券会社の株式売買手数料を比較!NISAや株主優待で無料にする方法も解説

証券会社の株式売買手数料を比較!NISAや株主優待で無料にする方法も解説

株式の売買手数料の安さは、株式投資を行うための証券会社を選ぶ上で、重要となるポイントがです。投資コストは、確実なマイナスリターンとなるので、手数料の安い証券会社を選ぶことが、投資パフォーマンス向上に重要です。

本ページでは、低コストインターネット証券(ネット証券)の手数料、また手数料無料で株式を売買する方法などを解説していきます。コストの安い証券会社を選び、投資パフォーマンスの確実な向上を行いましょう。

手数料比較

早速、手数料の安いネット証券の株式売買手数料を比較していきます。

株式売買手数料

各ネット証券の手数料(1回の取引あたり)は、下表のようになっています。むさし証券(トレジャーネット)の手数料が他社と比べて安いことがわかります。

証券会社 \ 約定代金 〜10万円 10〜20万円 〜50万円 〜100万円
岡三オンライン証券 無料 無料 350円 600円
SBI証券 無料 105円 250円 487円
楽天証券 無料 105円 250円 487円
むさし証券トレジャーネット 75円 95円 175円 320円
ライブスター証券 80円 97円 180円 340円
GMOクリック証券 88円 98円 241円 436円
松井証券 無料 300円 500円 1,000円
マネックス証券 100円 180円 450円 1500円
カブドットコム証券 90円 180円 250円 990円
SMBC日興証券 125円 180円 400円 800円

株式売買手数料は、最安値(税抜)表示

(*)は、一日の売買代金の合計額で決まる(定額制)手数料

一日の取引金額の合計が10万円未満の場合に限って松井証券の手数料が無料となりますが、その他の取引金額帯を見ると、むさし証券の安さがNo.1となっています。

参考 むさし証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。

むさし証券(トレジャーネット)の詳細確認・口座開設(無料)

また、本サイトでのむさし証券の解説や評価は、以下をご参照ください。

信用取引手数料

次に信用取引の手数料を比較します。信用取引を行う予定のある方は、ご参考ください。

証券会社 \ 約定代金 ~10万円 〜20万円 〜50万円 〜100万円
SMBC日興証券 0円 0円 0円 0円
ライブスター証券 80円 80円 80円 80円
GMOクリック証券
株主優待で実質無料
89円 130円 170円 240円
SBI証券 90円 135円 180円 350円
マネックス証券 100円 180円 450円 1500円
楽天証券 250円 250円 450円 450円
カブドットコム証券 99円 179円 449円 760円
松井証券 無料(*) 300円 500円 1,000円

ネット証券の信用取引手数料(税抜)比較

信用取引向け証券会社の選び方・比較。おすすめ証券会社は?

手数料最安はSMBC日興証券です。どのような金額で取引を行っても手数料無料です。上で紹介したむさし証券やライブスター証券も安いのですが、SMBC日興証券には及びません。信用取引の場合、SMBC日興証券が第一の選択肢となりますね。

参考 SMBC日興証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。

SMBC日興証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本サイトでのSMBC日興証券の解説や評価は、以下をご参照ください。

手数料無料の証券会社は?

最後に、株式売買の手数料を無料にする方法を2つ紹介します。

NISA口座で手数料無料

以下の証券会社では、NISA口座での国内株式売買の手数料が無料になります。NISA口座で株式取引を行う方は、積極的に利用しましょう。

NISA口座での株式売買手数料が無料になる証券会社:

ほぼ全ての証券会社のNISA口座で手数料が無料になる。私自身は、ほぼ全ての投資商品が揃い、海外ETFの買付手数料無料など多くのNISA向けキャンペーンのあるSBI証券でNISA口座を開設しました。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、NISA口座向け証券会社の選び方やおトクなキャンペーンは、以下をご参照ください。

株主優待を使う

GMOクリック証券の場合、株主優待を利用することで、株式売買手数料をキャッシュバック(実質無料)にすることができます。実際、私もこの方法を使って株式売買を行っています。

例えば、GMOインターネット(9449)の株式を購入・保有すれば、株主優待によって年間1万円分まで売買手数料がキャッシュバックされます。

参考 GMOクリック証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。

GMOクリック証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、GMOクリック証券で株式売買を手数料を無料にする方法は、以下をご参照ください。

まとめ

ここまで紹介してきたように、証券会社の料金体系やサービスによって、投資にかかるコスト「株式売買手数料」が大きく違ってきます。数百円と思うかもしれませんが、何度か売買をすることで、その差は大きくなります。

投資コストは、投資パフォーマンスを悪化させるので、コストの安い証券会社で株式売買を行うことが、パフォーマンス向上のために重要になってきます。

株式売買手数料はライブスター証券、信用取引手数料はSMBC日興証券が最も安い料金体系となっています。また、証券会社によっては、株主優待やNISA口座で取引を行うことで手数料が無料になる場合があるので、積極的に活用すると良いでしょう。

手数料の安い証券会社:

私自身は、全ての口座をもっていますが、株式投資として利用しているのはSBI証券GMOクリック証券です。NISA口座、夜間取引、地方市場への投資はSBI証券で、その他の株式投資はGMOクリック証券で行っています。もちろん優待キャッシュバックをもらっています。

参考 本ページで紹介した証券会社の詳細確認・口座開設(無料)、以下の公式ページから行えます。今ならSBI証券の口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(3月31日まで)