コスモス薬品(3349)の株主優待は?配当・優待利回り、到着時期など解説

コスモス薬品(3349)の株主優待は?配当・優待利回り、到着時期など解説
コスモス薬品(3349)の株主優待は?配当・優待利回り、到着時期など解説コスモス薬品(3349)の株主優待は?配当・優待利回り、到着時期など解説


コスモス薬品(証券コード:3349)の株主優待は、1万円相当(年間)の株主優待券です。ディスカウントドラッグ・コスモスで利用できる優待券が、年2回(権利月:5月・11月)もらえます。

本ページでは、コスモス薬品の株主優待について詳しく紹介していきます。優待の内容や配当金・利回り、ビジネスについても解説します。
(2018年4月9日のデータを基に作成)

参考 権利月毎に優待利回りなど、優待検索にはSBI証券の検索ツールが便利です。SBI証券の口座開設(無料)を行えば無料で利用できますので、ぜひお試しください。

コスモス薬品(3349)の株主優待

コスモス薬品(3349)のビジネスや株主優待内容、利回り等を解説します。

コスモス薬品とは?企業紹介

コスモス薬品は、九州を地盤とするドラッグストアチェーンです。九州だけでなく、四国・中国・関西・中部地方にも出店を拡大しており、2018年3月現在、888の店舗網を築いています。

東証1部上場企業の全株式から構成させる「TOPIX(東証株価指数)」だけでなく、JPX400(JPX日経インデックス400)にも採用されています。

優待内容:金券・お米券

コスモス薬品の株主優待は、全国の「ディスカウントドラッグ・コスモス」で利用できる株主優待券です。年2回(権利月:5月・11月)、5,000円分ずつで、年間1万円分の優待券がもらえます。

また、優待券の他に、お米券(20kg分)を選ぶこともできるので、お近くに店舗がない方やお米券の方が嬉しい方は、こちらを選ぶと良いでしょう。

株価・優待のデータ:

  • 優待時期:年2回(5月・11月)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:209,500円
  • 購入手数料:証券会社による(詳細)
  • PER:27.39倍
  • PBR:4.15倍

参考 コスモス薬品の他、5月・11月の人気・注目優待は、以下をご参照ください。

11月株主優待のおすすめは?権利確定日や配当、注目の優待内容を解説
11月株主優待のおすすめは?権利確定日や配当、注目の優待内容を解説 11月の株主優待は30銘柄程度で、10月に引き続き、優待銘柄が少ない月です。しかし、利回りが高い銘柄や優待内容が優れた銘...

権利月と権利確定日、到着時期

コスモス薬局の株主優待は、年2回(権利月:5月・11月)もらえます。本優待が欲しい方は、5月または11月の権利付き最終日までに株式を購入しましょう。2018年5月の権利付き最終日は5月28日(月)、2018年11月の権利付き最終日は11月27日(火)となっています。

優待券の到着時期は、5月権利が8月中旬、11月権利が翌年の2月中旬頃です(参照)。

参考 権利日の解説や各月の権利日は、以下からご確認ください。

優待・配当利回り

コスモス薬品の配当金は、1株あたり90円(会社予想)です。配当利回りは0.43%です。また、優待と配当を合わせた利回りは、100株保有で0.91%となっています。

配当・優待利回り自体はそこまで高くありませんが、ドラッグストアは薬や生活用品・食品が安く購入できるので、生活費の節約効果が高い優待と言えそうです。

参考 クオカードがもらえる高利回り優待や他のドラッグストアの株主優待については、以下をご参照ください。

ドラッグストアでの節約に有効な株主優待は?優待券の内容や利回りなど解説
ドラッグストアでの節約に便利でお得な株主優待は?優待券の内容・利回りなど解説 ドラッグストアは、風邪薬や頭痛薬などのお薬だけでなく、生活用品などが比較的安く購入できるため、生活費の節約に大変役立ちま...

おすすめ証券会社は?コスモス薬品を安く購入する方法

コスモス薬品の優待獲得のための最低必要金額は2,095,000円です。下表のように100万円以上の株式を購入する場合、手数料最安はむさし証券(トレジャーネット)です。投資コストの節約は、パフォーマンス向上のため重要です。

むさし証券(トレジャーネット)の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

主要ネット証券との手数料比較(1,000万円以下):

証券会社 \ 約定代金200万円300万円500万円1,000万円
トレジャーネット440円440円750円1760円
ライブスター証券600円800円800円800円
GMOクリック証券
株主優待で実質無料
833円833円833円833円
SBI証券921円921円921円921円
マネックス証券
()内はPC指値
200円
(300円)
300円
(450円)
500円
(750円)
1000円
(1,500円)
楽天証券921円921円921円921円
SMBC日興証券1,500円2,000円3,000円4,500円
カブドットコム証券1,890円1,890円3,690円3,690円

また、以下は100万円以下の株式購入する際の手数料比較表ですが、20万円以上の株式を購入する場合、やはりむさし証券(トレジャーネット)が最安の手数料となっています。

主要ネット証券との手数料比較(100万円以下):

証券会社 \ 約定代金~10万円〜20万円〜50万円〜100万円
トレジャーネット75円95円175円320円
岡三オンライン証券無料無料350円600円
SBI証券無料185円272円487円
楽天証券無料185円341円609円
GMOクリック証券
株主優待で実質無料
88円98円241円436円
ライブスター証券80円97円180円340円
マネックス証券100円180円450円1500円
カブドットコム証券90円180円250円990円
SMBC日興証券125円180円400円800円

表中の手数料は全て税抜き表示

証券会社の株式売買手数料を比較!NISAや株主優待で無料にする方法も解説

ちなみに、20万円以下の株式を購入する場合は、岡三オンライン証券が最安です。一日の取引額の合計が20万円以下であれば、手数料無料で株式を購入できます。

SBI証券や楽天証券、松井証券も1日の取引額が10万円以下の場合、手数料無料になります。しかし、20万円以下で無料なのは、岡三オンライン証券のみとなっています。手数料は、投資の確実なマイナスリターンとなるので、できるだけ安い証券会社で取引を行いましょう。

参考 岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設は、以下の公式ページから行なえます。

岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、岡三オンライン証券の手数料に関しては、以下をご参照ください。

まとめ

コスモス薬品(3349)の株主優待は、自社店舗で利用できる優待券です。年2回5,000円ずつで、年間1万円分がもらえます。また、お米券も選べるため、お近くに店舗がない方は、こちらを選ぶと良いでしょう。

コスモス薬品の株主優待

  • 年間10,000円分の優待券、または20kg分のお米券
  • 権利日は5月末・11月末(年2回)
  • 配当+優待利回りは、最大0.91%
  • 手数料最安はむさし証券

参考 本記事で紹介した証券口座は、以下から無料で口座開設が行えます。投資コスト削減のため、ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。