中小型株が崩れる中ひふみプラス・投信はプラス!組入上位のコスモス薬品が躍進

中小型株が崩れる中ひふみプラス・投信はプラス!組入上位のコスモス薬品が躍進
中小型株が崩れる中ひふみプラス・投信はプラス!組入上位のコスモス薬品が躍進中小型株が崩れる中ひふみプラス・投信はプラス!組入上位のコスモス薬品が躍進


2月からの調整局面で、値上がりした持株の売却や12月決算の配当金などで、ひふみプラスを、ちょくちょく購入しています。そのため、ひふみプラスの値動きや月次レポートなどをチェックしています。

本日は、シリアの空爆明けの週ということもあり、中小型株を中心に大きく下落しましたが、ひふみプラスは、むしろ前日比プラスとなりました。中でも、「コスモス薬品(3349)」が大きく上昇するなど、組み入れ上位銘柄が非常に堅調な動きとなったことが要因と思われます。

参考 組入上位銘柄の特徴や値動きは、その投資信託の傾向を掴むのに良い開示情報の一つですので、私自身も購入の際など、上位銘柄の値動きをチェックしています。

ひふみプラスの買い時(目安)は上位10銘柄の値動き(チャート)でわかる?
ひふみプラス・投信の買い時(目安)は上位10銘柄の値動き(チャート)でわかる?投資信託を購入する際に迷う事柄の一つに「いつ?どのタイミングで購入するか?」というものがあります。基本的に、中長期の投資であれば、数日の...

コスモス薬品(3349)が第三四半期決算で上昇

組み入れ上位銘柄の一つである「コスモス薬品(3349)」が、上昇しました。

2018年4月3日の引け後に、第三四半期の決算を発表し、売上高は二桁成長を遂げたものの減益となりました。しかしながら、大幅上昇を見せました。

コスモス薬品の場合、過去の進捗率よりも良いこと、また大幅下落した第二四半期の決算時の減益幅よりも低くなっていることのプラスの方が、市場は評価したということですね。実際、出店も九州からじわりじわりと広がっているので、そういった点も評価された要因だと思われます。

九州の友達に聞いて見た所、結構店舗が多く馴染みが深いドラッグストアのようで、価格も安いため重宝しているとのことでした。関東にいると、コスモス薬品の成長を感じることができないので、近くも出店されるのが楽しみです!

参考 コスモス薬品は株主優待を導入しています。詳細は、以下をご参照ください。

最新の月次レポートを見ると、現金比率も高めになっているので、そのことにより防御力も上がっていることも考えられますが、決算シーズンに入ると、値上がり株が多い点もひふみの特徴といえます。

参考 ひふみの最新レポートに関する記事は、以下をご参照ください。

ひふみプラス月次速報・レポート【2017年7月次】
ひふみプラス速報・月次レポート【2018年11月公開分】米国ハイテク株を売却!2018年11月8日にひふみプラスの月次レポートとアカデミーの動画資料が公表されましたので、今月もパフォーマンスや上位銘柄、またアカデミ...

ひふみプラスは、カンブリア宮殿にも出演した敏腕ファンドマネジャー藤野氏率いる、レオスキャピタルワークスが運用する投資信託です。日本の株式市場を投資対象としており、TOPIXを参考指標とするアクティブファンドです。

ファンドの特徴の一つが、手数料の安さです。購入・売却時の手数料が無料なうえ、ファンド保有時にかかる手数料「信託報酬」が年率0.98%(純資産が500億円を超えたため0.88%)となっており、アクティブファンドとしては破格です。

信託報酬などの投資コストは、我々投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させます。そのため、本ファンドのように、コストの安いファンドを選ぶことが、パフォーマンス向上のために重要です。

また、2017年からアマゾンマイクロソフトなど米国株を組み入れる他、バイオベンチャー企業「テラ」の第三者割当増資を引き受けるなど、新たな試みにより収益機会を増やしています。

参考 ひふみプラスに関する記事は、以下をご参照ください。

ひふみプラスとは?口コミ等で評判の投資信託の手数料や分配金など解説
ひふみプラスの評価は?口コミで評判の投資信託の手数料や分配金など解説ひふみプラスは、日本の株式市場への投資を目的とした投資信託です。設定以来、日本の代表的な株価指数である東証株価指数(TOPIX)を上回る...
ひふみプラスはSBI証券での購入・保有がおトク!低コストファンドがさらにお得に!
ひふみプラスはSBI証券での購入・保有がおトク!?買い方なども解説なぜ、SBI証券でひふみプラスの購入・積立がお得な理由について解説していきます。また、SBI証券での実際の買い方・流れなども解説していきます。...
ひふみプラスの申し込み・購入・積立方法を画像つきで解説【SBI証券】
ひふみプラスの申し込み・購入・積立方法を画像つきで解説【SBI証券】ひふみプラスは、日本の株式市場への投資を目的としたアクティブファンドです。アクティブファンドとしては驚きの1%台以下の手数料と高パフォー...