ネットフリックスの好決算が転換点!?アマゾンの大幅高でひふみプラスも大きく上昇

ネットフリックスの好決算が転換点!?アマゾンの大幅高でひふみプラスも大きく上昇
ネットフリックスの好決算が転換点!?アマゾンの大幅高でひふみプラスも大きく上昇ネットフリックスの好決算が転換点!?アマゾンの大幅高でひふみプラスも大きく上昇


本日は、米国市場が堅調だったことや、日米首脳会談を無事通過しそうなこと、また北朝鮮とのハイレベル会談など懸念材料の払拭向けて明るいニュースが多く、久々の大幅高となりました。

特に、ネットフリックスの好決算などもあり、FANGなど米国新興市場などを中心に、日米の株式市場が堅調に推移し、持株やひふみプラスも上昇となりました。

ネットフリックスやアマゾンなど米国新興株が上昇

ネットフリックスの決算を受け、ネットフリックス・アマゾンフェイスブックアルファベットのFANG銘柄などを中心に米国株が大きく上昇しました。

ネットフリックスの決算では、好調な売上(+40%)、純利益(+50%)を受け、そして予想を大きく上回るサービス加入者数を受け、止まることを知らない成長株への期待感膨らみ、他のFANG銘柄に波及し、アマゾンなどが大きく上昇しました。

それを日米とも株式市場は堅調に推移し、日米首脳会談など懸念材料が無事通過しそうな気配を受け、日本市場は後場さらに伸び率をあげていきました。

参考 FANG銘柄については、以下もご参照ください。

FANG(ファング)銘柄とは?米国株式市場を牽引する新興ネット企業を解説
FANG(ファング)銘柄とは?米国株式市場を牽引する新興ネット企業を解説FANG(読み方:ファング)とは、米国株式市場におけるハイテク企業群の呼び名です。Facebook・Amazon・Net Flix・Go...

ひふみプラスも大きく上昇

私自身が保有している「ひふみプラス」も本日は、大幅高となりました。米国株はもちろんのこと、好決算を出したばかりの「コスモス薬品」など国内の組入上位銘柄が大きく上昇したことが要因と思われます。

ひふみプラスの本日の組入れ上位10銘柄のそれぞれの上昇率は、以下のようになっており、アマゾンやコスモス薬品が大きな上昇率となりました。

銘柄名4/18(米国株は前日)
の変動率
アマゾン4.32%
VISA1.58%
東京センチュリー1.37%
マイクロソフト2.02%
協和エクシオ0.28%
光通信2.70%
コスモス薬品4.69%
ショーボンドHD2.41%
SGホールディングス1.39%
GMOペイメント・ゲートウェイ2.92%

ただ、組み入れ上位銘柄の値上がり率に比べて、ひふみプラス全体の値上がり率が低く感じます。これは、他の銘柄の動き、または現金比率を高くしている点が関係していると思われます。個人的には、後者の影響が強いかな?と思っております。

参考 組み入れ上位銘柄と投信の値動き、また最新の現金比率などについては、以下もご参照ください。

ひふみプラス月次速報・レポート【2017年7月次】
ひふみプラス速報・月次レポート【2018年11月公開分】米国ハイテク株を売却!2018年11月8日にひふみプラスの月次レポートとアカデミーの動画資料が公表されましたので、今月もパフォーマンスや上位銘柄、またアカデミ...
ひふみプラスの買い時(目安)は上位10銘柄の値動き(チャート)でわかる?
ひふみプラス・投信の買い時(目安)は上位10銘柄の値動き(チャート)でわかる?投資信託を購入する際に迷う事柄の一つに「いつ?どのタイミングで購入するか?」というものがあります。基本的に、中長期の投資であれば、数日の...

ひふみプラスは、カンブリア宮殿にも出演した敏腕ファンドマネジャー藤野氏率いる、レオスキャピタルワークスが運用する投資信託です。日本の株式市場を投資対象としており、TOPIXを参考指標とするアクティブファンドです。

ファンドの特徴の一つが、手数料の安さです。購入・売却時の手数料が無料なうえ、ファンド保有時にかかる手数料「信託報酬」が年率0.98%(純資産が500億円を超えたため0.88%)となっており、アクティブファンドとしては破格です。

信託報酬などの投資コストは、我々投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させます。そのため、本ファンドのように、コストの安いファンドを選ぶことが、パフォーマンス向上のために重要です。

また、2017年からアマゾンマイクロソフトなど米国株を組み入れる他、バイオベンチャー企業「テラ」の第三者割当増資を引き受けるなど、新たな試みにより収益機会を増やしています。

参考 ひふみプラスに関する記事は、以下をご参照ください。

ひふみプラスとは?口コミ等で評判の投資信託の手数料や分配金など解説
ひふみプラスの評価は?口コミで評判の投資信託の手数料や分配金など解説ひふみプラスは、日本の株式市場への投資を目的とした投資信託です。設定以来、日本の代表的な株価指数である東証株価指数(TOPIX)を上回る...
ひふみプラスはSBI証券での購入・保有がおトク!低コストファンドがさらにお得に!
ひふみプラスはSBI証券での購入・保有がおトク!?買い方なども解説なぜ、SBI証券でひふみプラスの購入・積立がお得な理由について解説していきます。また、SBI証券での実際の買い方・流れなども解説していきます。...
ひふみプラスの申し込み・購入・積立方法を画像つきで解説【SBI証券】
ひふみプラスの申し込み・購入・積立方法を画像つきで解説【SBI証券】ひふみプラスは、日本の株式市場への投資を目的としたアクティブファンドです。アクティブファンドとしては驚きの1%台以下の手数料と高パフォー...