ひふみプラス・投信の藤野英人氏の著書「投資バカの思考法」を読んで・書評

ひふみプラス・投信の藤野英人氏の著書「投資バカの思考法」を読んで・書評
ひふみプラス・投信の藤野英人氏の著書「投資バカの思考法」を読んで・書評ひふみプラス・投信の藤野英人氏の著書「投資バカの思考法」を読んで・書評


近年、人気を集めており、私自身も積立を行っている「ひふみプラス・投信」のファンドマネージャー・藤野英人氏の著書「投資バカの思考法」を拝読させていただきましたので、レビューしてみようと思います。

投資バカの思考法のレビュー・書評

さっそく「投資バカの思考法」のレビューを行って行きます。本書籍を購入した理由、また本の構成や感想などをまとめていきます。

購入した理由

私自身、ひふみを運用するレオス社の藤野氏は、投資家としても起業家としても非常に尊敬している方です。ひふみの運用報告会や月次レポートは毎回投資の参考にしており、ひふみプラスの積立も行っています。

その藤野氏が、「投資バカの思考法」で、投資の指針や考えた方を様々な観点から綴っているということで、思考法に触れて見たく、本書籍を購入しました。

目次・構成

本書籍の構成は、以下のようになっています。序章以降の本文ももちろん重要なのですが、「はじめに」の部分も読み応えがあり、現在の日本の環境と投資の重要性、また藤野さんの思考の基礎となる部分などが書かれおり、参考になりました。

  • はじめに
  • 序章:そもそも「投資」とは?何なのか?
  • 第1章:洞察力
  • 第2章:決断力
  • 第3章:リスクマネジメント
  • 第4章:損切り
  • 第5章:時間
  • 第6章:増やす力
  • 第7章:選択力

本文では、序章部分で、投資やマーケットについての本質や利益をあげるための課題などをあげています。そして、第1章以降で、課題を克服し投資で利益をあげるために必要な要素が、一つ一つ解説されています。

藤野さんの鋭い視点で、過去の出来事や選んだ銘柄の具体例を交えて、各ポイントを解説しています。そして「終わり」では、「運」の重要性などについても言及しており、最後まで藤野さんらしい、オリジナリティ溢れる内容となっています。

感想:投資家だけでなくビジネスパーソンにもおすすめ!

まず言えるのは、この書籍は、投資家のみならず、ビジネスをやる方にも参考になる本だという事です。

投資に関する考え方は、ビジネスを成功する上でも重要です。また、藤野さんがレオス社を起業し成果を出していく様はまさに起業家で、その過程や考え方は、ビジネスパーソン、そして起業家の方に大変参考になると思います。

藤野氏が運用する投資信託「ひふみプラス」とは?

最後に、本著者の藤野さん率いるレオス・キャピタルワークスが運用し、私自身も積立・購入を行なっている「ひふみプラス」について簡単に解説します。ご興味のある方は、ご覧になってみてください。

ひふみプラスの特徴・運用方針

ひふみプラスは、日本や米国の株式市場を投資対象としており、TOPIX(配当込み)を参考指標とするアクティブファンドです。

ひふみプラスは「守りながら増やす」という投資理念のもと、日本の未来に貢献すべく主に日本企業(国内株式)に投資しています。財務諸表や株価などを基にした定量分析、また経営方針や戦略などを基にした定量分析の両面から組み入れ銘柄を選定しています。

定量分析もさることながら、藤野氏率いる運用チームの定性分析が本ファンドの魅力の1つです。地方企業であっても実際に足を運び、経営者の人柄やビジョン、働く方などを徹底分析しています。

参考 ひふみプラスに関しては、以下の記事もご参照ください。

組み入れ銘柄・業種は?

ひふみプラスの気になる「ひふみプラス」の組み入れ銘柄(上位10銘柄)は、下表のようになっています。2017年より米国株の組み入れも開始し、現在、上位10銘柄に、アマゾンVISAマイクロソフトの3銘柄が組み入れられています。

銘柄名比率業種特徴
アマゾン1.8%米国株世界中で展開するネット通販。書籍・家電・食品なんでも揃う
VISA1.8%米国株世界最大のクレジットカード会社。様々な電子決済を人、企業、政府へ提供
東京センチュリー1.8%その他金融業みずほFG、伊藤忠商事などが母体のリース会社
マイクロソフト1.7%米国株Windowsなど有名。クラウド事業も。IoTのキー企業
協和エクシオ1.7%建設光ファイバーケーブルなど電気通信設備工事を行う企業
光通信1.6%情報通信インターネットや保険など複数の収益をもつ
コスモス薬品1.5%小売業出店を拡大するドラッグストアチェーン。九州が地盤
ショーボンドHD1.5%建設トンネルなどのインフラ建設を行う企業。日本の老朽化する交通インフラ整備で需要に期待
SGホールディングス1.4%陸運佐川急便発の持株会社。2017年にIPOし、今後のEコマース需要・人手不足解消に向けて成長できるか
GMOペイメント・ゲートウェイ1.4%情報通信ネットショッピングなど決済処理サービスを手がける企業。

参考 最新の組み入れ銘柄や運用方針は、以下をご参照ください

ひふみプラス月次速報・レポート【2017年7月次】
ひふみプラス速報・月次レポート【2018年11月公開分】米国ハイテク株を売却!2018年11月8日にひふみプラスの月次レポートとアカデミーの動画資料が公表されましたので、今月もパフォーマンスや上位銘柄、またアカデミ...

つみたてNISAでも運用可能

本ファンドは、2018年1月からスタートした新たな小額非課税制度「つみたてNISA」でも運用可能です。非課税期間が現行NISAと比べて4倍の20年間となるので、本ファンドの積立を長期投資で行なう方には、嬉しい新制度です。

参考 積立NISAに関しては、以下をご参照ください。

ひふみプラスのお得な購入先

ひふみプラスは、SBI証券楽天証券カブドットコム証券マネックス証券ライブスター証券など多くのネット証券や銀行から購入可能です。

各ネット証券とも購入手数料無料(ノーロード)なので、どこで本ファンドを購入しても差がつきません。しかし、各ネット証券の「ポイント還元プログラム」の違いがあります。

ポイント還元プログラムとは、投資信託(ファンド)の保有額に応じてポイント還元されるサービスです。ポイントは、現金などに交換できるため、ポイント還元率の高いネット証券でファンドを購入することで、お得にファンドを保有することができます。

以下の表は、ネット証券のポイントプログラムの比較を行ったものです。結論から言うと、SBI証券の投信マイレージが還元率が良く利便性が高いと言えます。

証券会社還元率特徴
SBI証券年率0.1%
(最大:年率0.24%)
SMBC日興証券キャンペーンでANAマイルやdポイント
楽天証券残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
  • ポイント除外ファンドが少ない
  • 還元率は少ない
マネックス証券月平均保有額の年率0.08%
(最大:年率0.08%)
  • 低コストのインデックスファンドはポイント除外
カブドットコム証券月平均保有額100万円につき1ポイント
(最大:年率0.24%)

投資信託の保有でポイントが貯まるネット証券の比較

SBI証券であれば、最大0.24%(年率)のポイント還元が受けられます。条件を満たさない場合でも年率0.1%は確保できます。最大還元率やそれを達成するためのハードルはSBI証券が最も高くなっており、本ファンドを購入する場合、SBI証券がお得になります。

参考 SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(4月30日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

SBI証券は、お得な投資信託の他にも、米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます。(4月30日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券の詳細やキャンペーン情報は、以下をご参照ください。