アクティブファンド

ひふみ投信とは?口コミ等で評判の投資信託の手数料や分配金など解説

ひふみ投信とは?口コミ等で評判の投資信託を徹底解説
ひふみ投信とは?口コミ等で評判の投資信託を徹底解説ひふみ投信とは?口コミ等で評判の投資信託の手数料や分配金など解説


ひふみ投信は、日本の株式市場への投資を目的とした投資信託です。設定以来、日本の代表的な株価指数である東証株価指数(TOPIX)を上回る優秀な投信です。また、アクティブファンドとしては、手数料が安い点が魅力の1つです。

本ページでは、昨今、カンブリア宮殿などのメディアで話題の「ひふみ投信」について解説していきます。投資方針や銘柄選定・構成比、手数料、また購入先(NISAなど)を見ていきます。

参考 ひふみ投信の詳細や資料請求は、以下の公式ページから行えます。

ひふみ投信の詳細確認・資料請求(無料)★コチラ★

ひふみ投信の特徴・メリット

さっそく、ひふみ投信の特徴を解説していきます。投資信託(ファンド)の投資方針や組み入れ銘柄、手数料やパフォーマンス等々を順番に見ていきます。

投資方針・哲学

ひふみ投信は、カンブリア宮殿にも出演した敏腕ファンドマネジャー藤野氏率いる、レオスキャピタルワークスが運用する投資信託です。日本の株式市場を投資対象としており、TOPIX(配当込み)を参考指標とするアクティブファンドです。

ひふみ投信は「守りながら増やす」という投資理念のもと、日本の未来に貢献すべく主に日本企業(国内株式)に投資しています。財務諸表や株価などを基にした定量分析、また経営方針や戦略などを基にした定量分析の両面から組み入れ銘柄を選定しています。

ひふみ投信の運用方針など

定量分析もさることながら、藤野氏率いる運用チームの定性分析が本ファンドの魅力の1つです。地方企業であっても実際に足を運び、経営者の人柄やビジョン、働く方などを徹底分析しています。

組み入れ銘柄・業種は?

気になるひふみ投信の組み入れ銘柄(上位10銘柄)は、下表のようになっています。銘柄名を見てわかるように、トヨタやソフトバンクなどTOPIXに多く含まれる有名大型株は、いっさい登場しません。業種別で見た場合、サービス業が多い点も特徴的です。

銘柄名 比率 業種 特徴
アマゾン 1.8% 米国株 世界中で展開するネット通販。書籍・家電・食品なんでも揃う
VISA 1.8% 米国株 世界最大のクレジットカード会社。様々な電子決済を人、企業、政府へ提供
東京センチュリー 1.8% その他金融業 みずほFG、伊藤忠商事などが母体のリース会社
マイクロソフト 1.7% 米国株 Windowsなど有名。クラウド事業も。IoTのキー企業
協和エクシオ 1.7% 建設 光ファイバーケーブルなど電気通信設備工事を行う企業
光通信 1.6% 情報通信 インターネットや保険など複数の収益をもつ
コスモス薬品 1.5% 小売業 出店を拡大するドラッグストアチェーン。九州が地盤
ショーボンドHD 1.5% 建設 トンネルなどのインフラ建設を行う企業。日本の老朽化する交通インフラ整備で需要に期待
SGホールディングス 1.4% 陸運 佐川急便発の持株会社。2017年にIPOし、今後のEコマース需要・人手不足解消に向けて成長できるか
GMOペイメント・ゲートウェイ 1.4% 情報通信 ネットショッピングなど決済処理サービスを手がける企業。

参考:ひふみ投信月次データ

手数料:購入手数料・信託報酬など

ひふみ投信は、購入時・売却時の手数料は無料です。また、ファンド保有時にかかる手数料「信託報酬」は、年率0.98%(税抜)と、アクティブファンドとしては格安です。一般的に、アクティブファンドの信託報酬は2~3%程度ですが、ひふみ投信は1%を切る水準です。

ひふみ投信の手数料・コスト:

  • 購入手数料(買付時):無料
  • 信託報酬(税抜):年率0.98%
  • 信託財産留保額(解約時):無料

また、ひふみ投信には「資産形成応援団」という仕組みもあり、5年以上の保有で信託報酬の0.2%還元、10年以上の保有で信託報酬の0.4%が還元されます。

つまり、中長期で保有される予定の方は、かなりお得になります。保有期間が10年以上となれば0.4%も還元されて、信託報酬が0.58%(税抜)まで下がり、インデックスファンド並の低コストで運用することができます。

コストは投資家への確実なマイナスリターンとなりパフォーマンスを悪化させますので、本ファンドのようにアクティブファンドとして高いパフォーマンスをあげながら、低コストで運用できるファンドは、かなり貴重ですね。

手数料など投信データ

次に手数料の他、ひふみ投信の決算日や設定日など各種データをまとめます。下表をご覧ください。ひふみ投信は1万円以上の金額であれば、1円単位で購入金額を指定できます(毎月自動積立も可能)。また分配金はファンド内で再投資されます。

項目 内容
ベンチマーク(参考指標) TOPIX(東証株価指数)
購入手数料 無料(ノーロード)
信託報酬(税抜) 年率0.98%
信託財産留保額 無料
販売会社 レオスキャピタルワークス
購入単位 1万円以上1円単位
設定日 2008年10月1日
償還日 無期限
決算 年1回(9月30日)
*休日の場合、翌営業日

また、ファンドの償還日も無期限となっているので、基本的には我々が保有し続けたい限りひふみ投信を保有し続けることができます。

パフォーマンスや利回りは?チャート

次に、ひふみ投信のパフォーマンスを見ていきます。下表は、ひふみ投信の設定来のパフォーマンスを日本の代表的な株価指数であるTOPIXと比較したグラフ(チャート)です。本ファンドが高いパフォーマンスを上げていることがわかります。

ひふみ投信のパフォーマンス(TOPIXと比較)

ひふみ投信とTOPIXのパフォーマンス比較(設定以来)ひふみ投信とTOPIXのパフォーマンス比較(設定以来)
参照:ひふみ投信月次レポート

今後もひふみ投信のパフォーマンスがTOPIXを上回るという保証はありませんが、少なくとも過去の成績はひふみ投信がTOPIXを圧倒していたことがわかります。

月次速報・レポート

過去3ヶ月の月次速報・レポート、またセミナー内容などについて解説します。

2017年9月5日発表分

2017年8月分の月次速報は、9/5に発表されました。以下の1ヶ月の推移をみるとわかるように、8月もTOPIXを大きく上回りました。

ひふみとTOPIXの月次パフォーマンス比較ひふみとTOPIXの月次パフォーマンス比較


北朝鮮などの地政学リスクやなどで、トランプ大統領の人種差別発言、債務問題などで相場が崩れ、TOPIXがマイナスとなった中、ひふみ投信は+2%以上と驚異的なパフォーマンスとなりました。

相場環境に左右されず、自立的な業績を伸ばす企業の選別が重要なこと、また相場に合わせて業者や現金比率のリバランスなどをする重要性が改めてわかりますね。

参考 月次レポート・セミナーの詳細は、以下をご参照ください。

2017年8月8日発表分

月次速報は、2017年7月分が8/8に発表されました。以下の1ヶ月の推移をみるとわかるように、月のほとんどの期間で、TOPIX(配当込み)を上回りました。

TOPIXとひふみプラス・投信のパフォーマンス比較【2017年7月】TOPIXとひふみプラス・投信のパフォーマンス比較【2017年7月】


セミナーの説明によると、前半は日経平均株価TOPIXなどの指数と同じように推移したものの、金利水準の変化により、後半は、ひふみに組み入れられている中小型の成長株に投資資金が回ったとのことでした。

また、ここ最近の知名度アップもあり、ひふみ投信やプラス・年金を合わせた運用資産の総額が4,000億円となったそうです。セミナーでも、藤野さんが話されていましたが、2010年3月時点では、運用資産が1.5倍の5億円になったと喜んだそうで、その頃と比べて驚異的な成長を遂げました。

参考 月次レポート・セミナーの詳細は、以下をご参照ください。

2017年7月4日発表分

月次速報は、2017年6月分が7/4に発表されました。以下の1ヶ月の推移をみるとわかるように、TOPIXには及ばなかったものの、プラス圏で推移したようです。

TOPIXとひふみプラス・投信のパフォーマンス比較【2017年6月】TOPIXとひふみプラス・投信のパフォーマンス比較【2017年6月】


また、今月の大きな運用内容の変更に、米国株の組み入れがあります。第1段としてマイクロソフト・アマゾンを組み入れました。今後は、Facebookアルファベット(旧グーグル)、また金融セクターや中堅企業の取り込みを考えているようです。米国株市場へは、1年前からアナリストが入り調査を入念に行っていそうです。

また、中国など他の地域へもアナリストを送りこんでいるようです、中長期では他の国々への投資も行われるかもしれません。ちなみに、中国の調査で気づいたこととしては、日本の良い部材(コイル・コンデンサー等)の需要が高まっているそうです。

参考 月次レポート・セミナーの詳細は、以下をご参照ください。

2017年6月6日発表分

月次速報は、2017年5月分が6/6に発表されました。上表でも示したように、TOPIXを大きく上回った月となったようです。

TOPIXとひふみプラスのパフォーマンス比較【2017年5月】TOPIXとひふみプラスのパフォーマンス比較【2017年5月】
参照:ひふみアカデミー2017年6月の運用報告

上のグラフは、5月のひふみとTOPIXのパフォーマンス推移です。月前半(マクロンの勝ちが確実となって相場が上昇した期間)はTOPIXに若干負けていてそうですが、後半の相場の方向感を欠いた場面で、ひふみ投信が上昇したようです。相場や為替などに関係なく、自立的に強い銘柄の選定が重要だなと再認識できます。また、決算発表シーズンに上昇するということは、保有銘柄が業績が良いということの現れだとも思います。

参考 月次レポート・セミナーの詳細は、以下をご参照ください。

ひふみ投信の購入先

ひふみ投信は、直販型の投資信託(ファンド)であるため、本ファンドの運用会社であるレオスキャピタルワークスからのみ購入可能です。

ひふみ投信の購入・口座開設(無料)は★コチラ★

買い方(NISAや積立、いくらから購入可能か?)

ひふみ投信の購入方法は、「振込購入」と「定期定額引落し購入」の2種類があります。いずれか片方、または両方の方法を使ってひふみ投信の購入が行えます。

振込購入は、我々が好きな日(都合の良い日)にファンドを購入する方法で、1万円以上の金額で1円単位で金額を指定できます。一方、定期定額引落し購入は、毎月5日(休業日の場合、翌営業日)に我々が決めか金額(1万円以上1円単位)で、ファンドを積み立てる方法です。

ひふみ投信の購入方法:

  • 振込購入:都合の良い日に1万円以上1円単位で購入する方法
  • 定期定額引落し購入:毎月5日に、設定金額(1万円以上1円単位)で積立する方法

以上のような方法で、ひふみ投信が購入できます。例えば、定期定額引落し購入を利用すれば、毎月1万円から自動で積立投資ができるので、便利ですね、もちろん、ひふみ投信の購入はNISA口座も利用できます

参考 ひふみ投信の購入は、ひふみ投信用の口座開設(無料)が必要です。口座開設は、以下の公式ページから行えますので、ご興味をもたれた方は、ご覧になってみてください。

ひふみ投信の購入・口座開設(無料)

SBI証券などネット証券からの購入方法は?

ひふみ投信は、レオスキャピタルワークスのみで購入可能ですが、姉妹ファンドである「ひふみプラス」は、SBI証券など手数料の安いお得なインターネット証券から購入できます。

ひふみ投信とひふみプラスは、運用の内容・中身(ひふみマザーファンド)は全く同じです。そのため、投信マイレージなどお得なポイント還元を利用したい場合は、ネット証券で「ひふみプラス」を購入する方が良いかもしれません。

ひふみプラスはSBI証券での購入・保有がおトク!?

以下は、ひふみプラスが購入できるネット証券です。購入手数料はどこも無料ですが、投信保有時にもらえるポイントの割合が変わってきます。ポイントは、商品や現金などに交換できるので、かなりお得です。

ネット証券ポイント還元サービスの比較:

証券会社 還元率 特徴
SBI証券 年率0.1%
(最大:年率0.24%)
楽天証券 残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
  • ポイント除外ファンドが少ない
  • 還元率は少ない
マネックス証券 月平均保有額の年率0.08%
(最大:年率0.08%)
  • 低コストのインデックスファンドはポイント除外
カブドットコム証券 月平均保有額100万円につき1ポイント
(最大:年率0.24%)

投資信託購入のオススメ証券会社は?選ぶポイントや比較ランキングを解説

最もお得なポイント還元サービスは、SBI証券の投信マイレージです・上表のようにポイント還元率が0.1%で、他ネット証券と比べてNo.1の水準です。しかも、合計保有額が1,000万円以上であれば、還元率が0.2%に倍増されます。

投信マイレージとは?SBI証券が投資信託(ファンド)を保有するのに一番おトクな秘密

例えば、SBI証券で1,000万円を投資信託として保有している場合、最大で24,000円の現金が毎年もらえることになります。毎年これだけのポイント(キャッシュ)バックがあるので、投資信託をSBI証券以外で保有するのが、もったいないですね。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、口座開設キャンペーンの詳細は、以下をご参照ください。

SBI証券は、投資信託、米国株・海外ETFの品揃えが良く、コストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本ブログでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。