岡三オンライン証券の信用取引手数料は安い?金利や大口優待特典なども解説

岡三オンライン証券の信用取引手数料は安い?金利や大口優待特典なども解説

岡三オンライン証券では、日本株の信用取引が、業界最安水準の手数料で行えます。1日の取引額が20万円以下の場合、また大口優遇の適用で、手数料が無料になります。

本記事では、岡三オンライン証券の信用取引の手数料について、他の証券会社との比較や大口優待の適用条件・攻略法など、様々な観点から徹底解説していきます。

岡三オンライン証券公式ページ

岡三オンライン証券の信用取引手数料

さっそく、岡三オンライン証券の信用取引の手数料について解説していきます。

岡三オンライン証券での信用取引の手数料体系は、現物株取引と同様に、以下2種類の料金プランがあります。

2種類の料金体系・プラン
  • ワンショット:取引(売買)を行う事に手数料が決まる。
  • 定額プラン:1日の取引額の合計で手数料が決まる。オススメ!

ワンショットは、約定毎(1回の取引毎)に手数料が決まる料金体系です。一方、定額プランは、取引の回数は関係なく、1日の取引額の合計で手数料が決まる料金体系です。

ズバリ!オススメの料金プランは「定額プラン」です。

以下、詳しく解説してきますが、1日の取引額が20万円分(現物と合わせると40万円分)まで、手数料が無料になります。また、大口優待が適用されれば、取引額に関係なく手数料が全て無料になります。

ここまでのまとめ
  • 岡三オンライン証券の信用取引は2種類の料金プラン
  • 定額プランがオススメ!
    →1日の取引額が20万円以下の場合、手数料無料
  • 大口優待で取引額に関係なく手数料無料

定額プランなら20万円(現物と合わせて40万円)まで手数料無料

岡三オンライン証券の信用取引手数料は、それぞれの料金プランで、下表のようになっています。1日の取引額が20万円以下の場合、手数料無料になる定額プランの方が、お得感があります。

取引額定額プランワンショット
〜10万円0円99円
〜20万円0円150円
〜30万円300円300円
〜50万円500円
〜100万円700円500円
〜200万円1,000円1,000円
200万円超100万円増加毎に
+300円ずつ増加
1,200円

価格帯だけで見ると、ワンショットの方が安い価格帯もありますが、1回の約定だけで手数料が発生してしまうので、1日に2回以上取引する方は、定額プランの方が安くなることが多いと思われます。

また、岡三オンライン証券の定額プランは、他の証券会社と比較しても安く、さらに大口優遇により、手数料が完全無料になる場合もあります。

>>> 岡三オンライン証券公式ページ

他ネット証券との比較

次に、信用取引の手数料を他のネット証券と比較していきます。

ワンショット

ワンショット
1回の約定代金
手数料(税抜)
〜10万円99円
〜20万円150円
〜50万円300円
〜100万円500円
〜150万円700円
〜300万円1,000円
300万円超1,200円

定額プラン

証券会社 \ 約定代金~10万円〜20万円〜50万円〜100万円
岡三オンライン証券99円150円300円500円
SMBC日興証券0円0円0円0円
むさし証券(トレジャーネット)75円95円175円320円
ライブスター証券80円80円80円80円
GMOクリック証券89円130円170円240円
SBI証券143円143円191円360円
マネックス証券95円140円190円355円
楽天証券250円250円450円450円
カブドットコム証券99円179円449円760円

信用取引手数料は「税抜」表示

実は、上の表を見ていただけるとわかるように、常に手数料無料(0円)で取引が行なえるSMBC日興証券の手数料が、ダントツに安くなっています。

そのため、国内株式で信用取引がメインの方は、SMBC日興証券での手数料が、かなりお得になります。

SMBC日興証券公式ページ

ただし、SMBC日興証券の現物取引手数料は、他社と比べてかなり割高なので、現物取引も合わせて取引を行う場合は、岡三オンライン証券の方が良いでしょう。

また、以下、解説していくように、大口優遇が適用されれば、岡三オンライン証券でも手数料無料で取引が行えるうえ、IPOの当選確率が劇的にアップします。

岡三オンライン証券公式ページ

大口優遇の特典で手数料無料

岡三オンライン証券の信用取引(定額プラン)では、年間の売買代金や投資信託の保有金額に応じてランクが決められ、そのランクに応じて手数料が決まる仕組みがあります。

通常ランクとプレミアゼロ、プラチナの信用取引手数料は、下表のようになっており、ランクが上がる毎に手数料が劇的に安くなります。

定額プラン
1日の売買代金
通常プラチナプレミアムゼロ
10万円0円0円0円
20万円0円0円
30万円300円200円
50万円500円
100万円700円300円
200万円1,000円
200万円超100万円増加毎に
+300円ずつ増加
200万円増加毎に
+300円ずつ増加

プレミアゼロ・プラチナの達成条件

プラチナ・プレミアゼロのランクは、投資信託の保有額や株式の売買代金に応じて、下表の条件で決まっていきます。

手数料コースと条件

コース条件
プレミアゼロ日本株売買代金が累計20億円以上、または
投資信託の平均残高が3,000万円以上
プラチナ日本株売買代金が累計5億円以上、または
投資信託の平均残高が1,000万円以上

合計の売買金額の判定期間は、前月21日〜判定月の20日となっており、判定期間の累計売買金額で決定したランク(通常・プラチナ・プレミアゼロ)は、 翌月の第1営業日の取引から適用されます。

手数料無料になる方法は?

プレミアゼロが適用されることで、信用取引の手数料が売買代金にかかわらず無料(0円)になりますが、その達成条件は、以下のいずれかになります。

手数料無料(プレミアゼロ)の条件

いずれかの条件を満たすことで手数料無料

  • 日本株売買代金が累計20億円以上
  • 投資信託の平均残高が3,000万円以上

いずれの条件も資金力が無いとハードルが高い条件ですが、デイトレーダー以外の個人投資家の方は、投資信託の保有額で、プレミアゼロを狙って行くのが良いでしょう。

投資信託の保有額の場合、一度条件を達成してしまえば、売却や暴落が無い限り、適用条件を達成し続けられます。それに対して、売買代金の累計の場合、毎月基準をクリアしなくてはいけないので、常日ごろトレードを行う方以外は、物理的(時間的)に達成が難しいと思われます。

IPOの当選確率も上がる

実は、信用取引の大口優遇(プラチナ、またはプレミアゼロ)が適用されると、岡三オンライン証券でのIPOの当選確率が、通常時の約10倍にアップします。

岡三オンライン証券では、2017年以降、IPOの取扱実績を劇的に増やしており、2018年には業界トップクラスの取扱数を誇ります。

事前入金なし(資金0円)でIPO抽選に参加できるなど、他の証券会社には無いサービスも行っており、IPO投資に必須の証券会社となっています。

岡三オンライン証券公式ページ

岡三オンライン証券IPOの特徴・メリットなど、詳細は以下の記事をご参考ください。

金利や諸経費は?

信用取引にかかるコストは、取引手数料の他に、「金利」および「貸株料」がかかります。

金利は、信用取引で株式を買った際にかかる費用です。一方、貸株料は、売り注文から信用取引を始めた際にかかる費用です。それぞれの手数料は、下表のようになっており、約定代金に対して年率数%の費用がかかります。

項目制度信用取引一般信用取引
金利買方:2.60%買方:2.80%
貸株料売方:2.00%なし

また、以下解説するように、岡三オンライン証券の信用取引では、証券会社独自の一般信用取引が行え、通常の制度信用取引と合わせて利用できます。

一般信用取引なら無期限トレード

岡三オンライン証券では、通常の信用取引(制度信用取引)のほかに、証券会社が個別に行っている一般信用取引のサービスも行っています。

以下、制度信用取引と一般信用取引の違いを復習しつつ、岡三オンライン証券の一般信用取引サービスについて、詳しく解説していきます。

通常(制度信用取引)と一般信用取引の違い

信用取引には、銘柄や取引期限等を取引所が決める「制度信用取引」と、信用取引の銘柄や取引期限等を証券会社が独自に決める「一般信用取引」の2種類があります。それぞれ、以下のような違いがあります。

項目制度信用取引一般信用取引
銘柄取引所が決める
⇒ どの証券会社でも取引可能
証券会社が決める
⇒ 一般信用取引で売買可能な銘柄数は各証券会社で異なる
期限6ヶ月〜無期限
逆日歩の
可能性
有り無し

大きな違いとして返済期限があります。制度信用取引は6ヶ月ですが、一般信用取引の返済期限は最大無期限となっています。

また、制度信用取引は、東京証券取引所など取引所が信用銘柄を決めるので、どの証券会社でも信用取引ができる銘柄は同じですが、一般信用取引は証券会社が銘柄を独自に決めるので、証券会社によって一般信用取引ができる銘柄が違います。

特徴、手数料・金利など

岡三オンライン証券の一般信用取引の特徴は、返済期限が無期限である点です。

制度信用取引の場合、6ヶ月が返済期間となっているため、満足いかない所で取引を終了(返済)しなくてはいけない場面が出てくる可能性がありますが、岡三オンライン証券の一般信用取引であれば、いつでも自分の好きなタイミングで返済売りが行えます。

一般信用売りは?

岡三オンライン証券では、買い注文(一般信用買い)からしか一般信用取引が始められせん。

価格変動を抑えて、株主優待の取引を行う「優待クロス(つなぎ売り)」を行うため、売り注文(一般信用売り)から一般信用取引を始められるサービスの開始が待たれます。

また、手数料は、制度信用取引と同じ手数料体系となっています(制度信用取引の手数料に戻る)。

まとめ・評価

岡三オンライン証券の信用取引手数料は、他ネット証券と比べても安く、現物・信用を合わせて取引する方は、必須の証券口座と言えます。

オススメな理由
  • 1日の取引額が20万円(現物と合わせると40万円)まで手数料無料
  • プレミアゼロなら常に売買手数料無料
  • 取引額に応じて、IPOの当選確率が劇的に上がる

特に、手数料の安さが魅力で、1日の取引額の合計が20万円以下の場合、その日の売買手数料が無料になります。現物取引でも同様の無料枠があるため、現物・信用合わせて、1日40万円分の取引が手数料無料になります。

手数料は、投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させるので、岡三オンライン証券を利用して、手数料を抑えた取引を行うことで、相対的なパフォーマンスの向上が行えます。

岡三オンライン証券公式ページ

また、大口優遇(プラチナ・プレミアゼロ)が適用されれば、手数料が大幅に安くなるだけでなく、新規公開株(IPO)の当選確率までアップしてしまうので、信用取引を行う場合、岡三オンライン証券を使わない手はないと思います。

岡三オンライン証券公式ページ

岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設は、以下の公式ページから行なえます。今なら口座開設キャンペーンで、最大3ヶ月間、手数料が全額キャッシュバックされます。

岡三オンライン証券公式ページ

口座開設キャンペーンの詳細は、以下の記事をご参照ください。

岡三オンライン証券は、株式取引の手数料の他にも、資金無しIPO抽選に参加できるサービスや、購入手数料が全て無料の投資信託、また様々な投資ツールや情報提供番組で人気の証券会社です。

今なら口座開設キャンペーンで、最大3ヶ月間手数料が全額キャッシュバックされるので、口座をお持ちでない方は、この機会に口座開設を行うと良いでしょう。口座開設費・維持費は全て無料です。

>>> 岡三オンライン証券 口座開設(無料)