株主優待

プロパティエージェント(7883)の株主優待は?配当・優待利回り、到着時期など

プロパティエージェント(7883)の株主優待は?配当・優待利回り、到着時期など
プロパティエージェント(7883)の株主優待は?配当・優待利回り、到着時期などプロパティエージェント(7883)の株主優待は?配当・優待利回り、到着時期など


プロパティエージェント(証券コード:7883)の株主優待は、3,000円〜相当のクオカードです。比較的少ない投資資金で、便利なクオカードを高利回りでもらえるお得な優待です。2018年3月は、東証2部記念優待として、追加で1,000円分のクオカードがもらえます。

本ページでは、プロパティエージェント(以下、プロパティA)の株主優待について詳しく紹介していきます。優待の内容や配当金・利回り、ビジネスについても解説します。
(2018年3月11日のデータを基に作成)

参考 プロパティAなど、最低購入金額が20万円以下の株式は、岡三オンライン証券での購入がお得です。1日の取引額の合計が20万円以下で手数料無料になります。

プロパティA(7883)の株主優待

プロパティA(7883)のビジネスや株主優待内容、利回り等を解説します。

プロパティエージェントとは?企業紹介

プロパティAは、首都圏を中心に、不動産の開発、販売と不動産管理などを行う企業です。賃貸管理や仲介業なども行っており、2017年12月には東証2部への昇格を果たしました。(参考:事業内容|プロパティエージェント)

優待内容:クオカード

プロパティAの株主優待は、3,000円〜相当のクオカードです。クオカードは、全国のファミレスやコンビニ、ドラッグストアで利用できるので金券系の優待として人気があります。

クオカードの賢い使い道とは?購入法や使い方(コンビニ、書店、ドラッグストア等)解説

また、2018年3月は、東証2部上場記念優待として、追加で1,000円分のクオカードがもらえます。9月にもらえる3,000円分と合わせて、2018年は年間4,000円分のクオカードがもらえることになります。

プロパティAの株主優待:

権利月 優待内容
3月 1,000円分のクオカード
(東証2部上場記念)
9月 3,000円分のクオカード

株価・優待のデータ:

  • 優待時期:年2回(3月末・9月末)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:122,800円
  • 購入手数料:証券会社による(詳細)
  • PER:12.83倍
  • PBR:2.50倍

参考 プロパティAの他、3月・9月の人気・注目株主優待は、以下をご参照ください。

権利月と権利確定日、到着時期

プロパティAの株主優待は、年2回(権利月:3月・9月)もらえます。本優待が欲しい方は、3月および9月の権利付き最終日までに株式を購入する必要があります。2018年3月の権利付き最終日は3月27日(火)、2018年9月の権利付き最終日は9月25日(火)です。

また、優待品(クオカード)は、3月権利分が6月下旬頃、9月権利分が12月下旬の発送予定となっています(参照元)。

参考 権利日の解説や各月の権利日は、以下からご確認ください。

優待・配当利回り

プロパティAの配当金は、1株あたり10円(会社予想)です。配当利回りは0.79%です。また、優待と合わせた利回りは、100株保有で4.07%です。

金券系の優待として利便性の高いクオカードが優待でありながら、4%程度の利回りがあるので、魅力的です。また、投資資金も10万円程度と少ない点も魅力の1つです。

参考 優待利回りの高い金券優待は、以下をご参照ください。

おすすめ証券会社は?プロパティA株を安く購入する方法

プロパティA株の優待獲得のための最低必要金額は122,800円です。20万円以下の株式を購入する場合、手数料最安は岡三オンライン証券です。一日の取引額の合計が20万円以下であれば、手数料無料で株式を購入できます。

株式売買手数料の比較(証券会社毎)

証券会社 \ 約定代金 〜10万円 10〜20万円 〜50万円 〜100万円
岡三オンライン証券 無料 無料 350円 600円
SBI証券 無料 105円 250円 487円
楽天証券 無料 105円 250円 487円
むさし証券トレジャーネット 75円 95円 175円 320円
ライブスター証券 80円 97円 180円 340円
GMOクリック証券 88円 98円 241円 436円
松井証券 無料 300円 500円 1,000円
マネックス証券 100円 180円 450円 1500円
カブドットコム証券 90円 180円 250円 990円
SMBC日興証券 125円 180円 400円 800円

株式売買手数料は、最安値(税抜)表示

証券会社の株式売買手数料比較の詳細

SBI証券や楽天証券、松井証券も1日の取引額が10万円以下の場合、手数料無料になります。しかし、20万円以下で無料なのは、岡三オンライン証券のみとなっています。手数料は、投資の確実なマイナスリターンとなるので、できるだけ安い証券会社で取引を行いましょう。

参考 岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設は、以下の公式ページから行なえます。

岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、岡三オンライン証券の手数料に関しては、以下をご参照ください。

まとめ

プロパティエージェント(3464)の株主優待は、利回りが高く、コンビニやファミレスなどで利用できるクオカードがもらえる点が魅力です。投資資金が10万円程度と比較的小資金であり、株式購入のハードルが比較的低い点も魅力の1つです。

プロパティAの株主優待

  • 3,000円分のクオカード(2018年3月は+1,000円で年間4,000円分)
  • 権利日は3月末・9月末(年2回)
  • 配当+優待利回りは、最大4.1%
  • 手数料最安は岡三オンライン証券。1日20万円以下なら手数料無料

岡三オンライン証券は、手数料の安さの他にも、100%完全平等抽選のIPOや投資信託、また様々な投資ツールや情報提供番組で人気の証券会社です。情報や番組は、口座開設(無料)を行なえば、誰でも見れるので、この機会に口座開設をしてみても良いかもしれません。

岡三オンライン証券のメリット・特徴

岡三オンライン証券
  • 投信の保有額に応じてお得な特典
  • 100%完全平等抽選のIPO
    ⇒小資金の方でも比較的当選しやすい
  • 口座開設&入金だけで現金がもらえる

参考 岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設は、以下の公式ページから行なえます。

岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、岡三オンライン証券の各サービスの詳細は、以下をご参照ください。