楽天ポイントでの投資信託の買い方は?積立や買い方の手順・流れを画像付き解説

楽天ポイントで投資信託を買う方法は?買い方や積立の手順を画像付き解説

楽天証券では、楽天カードや楽天市場などの利用で貯まる楽天スーパーポイント(以下、楽天ポイント)で投資信託の購入が行えます。

楽天ポイントは還元率の高さで節約に欠かせない存在ですが、投資信託のポイント購入サービスの開始により、投資としても利用できる画期的なサービスに生まれ変わりました。

そこで、本記事では、楽天ポイントでの投資信託の買い方を図解付きで解説していきます。楽天ポイント投資に興味のある方、また実際のやり方を知りたい方は、ぜひご覧ください。

楽天証券 公式ページ

楽天ポイントで投資信託を買う手順・流れ

はじめに、楽天ポイントで投資信託を購入する大まかな流れを見ていきます。

投資信託のポイント購入の流れ
  1. 楽天証券の口座開設を行う(口座を持ってない人)
  2. 楽天証券で投資信託の購入画面へ
  3. 楽天スーパーポイントの利用設定
  4. 投資信託のポイント購入

楽天証券 公式ページ

まず大前提として楽天ポイントでの投資信託の購入は楽天証券でのみ行えます。

そのため、楽天証券の口座を持ってない方は、楽天証券の口座開設を行いましょう。楽天証券の口座開設費・維持費は無料です。また、今なら口座開設キャンペーンで最大25,000円相当のポイントがもらえます。

楽天証券 口座開設【公式】

楽天証券の口座開設後は、楽天証券で投資信託の購入画面へ移動し、楽天ポイントでの購入設定を行った後、実際に投資信託を購入する流れとなります。

以下、投資信託の買い方を、この手順・流れに沿って1つずつ解説していきます。

楽天ポイントでの投資信託の買い方【図解付き】

以下の流れに沿って、楽天ポイントでの投資信託の買い方を図解付きで、なるべくわかりやすく解説していきます。

投資信託のポイント購入の流れ
  1. 楽天証券の口座開設を行う(口座を持ってない人)
  2. 楽天証券で投資信託の購入画面へ
  3. 楽天スーパーポイントの利用設定
  4. 投資信託のポイント購入

楽天証券の口座開設(持ってない人)

はじめに、楽天証券の口座開設を行います。すでに、楽天証券の口座をお持ちの方は、読み飛ばしていただいて構いません(⇒ 読み飛ばして次へ)。

楽天証券の口座開設の手順は、以下のような流れになっています。

口座開設の流れ・日数
  1. 口座開設申し込みページへ進む(→ 楽天証券 公式
  2. 基本情報(住所・氏名など)を入力
  3. 本人確認書類(免許証・マイナンバー等)提出
  4. 口座開設完了
    → 数日後パスワードが届く

はじめに、口座開設の申し込みページで、住所や氏名などの基本情報を登録します。その後、免許証などの本人確認書類の提出を行います。本人確認書類はウェブアップロードも可能なので、その場合、数分程度で、基本情報の登録と本人確認が完了します。

数日後、登録した住所にログインIDやパスワードなどが送られてくるので、そこから楽天証券でログイン・取引が行えます。

本人確認書類を郵送で送る場合、郵送の日数分、口座開設までに時間がかかりますが、スマホやPCで本人確認書類をアップロードすれば、数営業日で口座開設が完了します。

楽天証券 公式ページ

楽天証券で投資信託の購入画面へ

楽天証券の口座開設ができたら(または既にお持ちの方は)、楽天証券の公式ページからログインします。ログインは、下図のように、楽天証券の公式ページから行えます。

楽天証券へログインする方法ログインIDとパスワードで楽天証券にログイン

楽天証券にログインすると、以下のようなマイページへ移動しますので、ここから投資信託の購入画面へ移動します。投資信託の購入画面へは、ページ上部の「投信」タブから移動できます。

楽天証券の投資信託ページへ楽天証券の投資信託ページへ

楽天スーパーポイントの利用設定

以下の図は、楽天証券の「投信」タブをクリックしたい後に移動する、投資信託の購入ページです。楽天ポイントで投資信託を購入するには、まず「楽天ポイントの利用設定」を行います。

楽天証券の投資信託専用ページ楽天証券の投資信託専用ページ:楽天ポイントの利用設定を行う

上の図にあるように、楽天証券の投資信託専用ページの右側の方にある「ポイント利用設定」をクリックし設定することで、楽天ポイントで投資信託が買えるようになります。

「ポイント利用設定」をクリックすると、下図のように、楽天会員のログイン画面へ移動します。ここで、楽天市場や楽天ポイントの利用の際に使っている「ユーザーID」と「パスワード」を入力し、ログインしましょう。

楽天会員ページへログイン楽天会員ページへログイン

上の画面でIDとパスワードを利用しログインすると、下図のように、楽天会員のユーザーIDで楽天証券へログインすることへの同意画面出てきます。ここで「同意する」をクリック・タップすることで、ポイント利用設定が完了します。

楽天会員のユーザーIDで楽天証券へログインすることへの同意画面楽天会員のユーザーIDで楽天証券へログインすることへの同意画面

同意をクリック・タップすると、下図のように、楽天証券で楽天スーパーポイントが利用できることになった旨を伝える確認画面ができています。

楽天証券で楽天スーパーポイントが利用できることになった旨を伝える確認画面楽天証券で楽天スーパーポイントが利用できることの確認画面

ここまでで楽天証券で楽天ポイントを利用する準備が整いましたので、いよいよ楽天ポイントで投資信託を買う方法を解説していきます。

楽天ポイントでの投資信託の買い方

次に、楽天ポイントで投資信託を購入する方法を解説していきます。楽天ポイントの利用設定が完了したら、楽天証券の投資信託専用ページに戻ります。

ここまで解説してきたようにポイントの利用設定を行った後、投資信託のページに戻ると、先ほど「ポイント利用設定」となっていた箇所が、下図のように「最新残高取得」となっています。

投資信託の購入に使えるポイント数がチェックできる投資信託の購入に使えるポイント数がチェックできる

この最新残高取得をクリックすると、下図のように投資信託の購入に利用できる楽天ポイント残高がわかります。ちなみに、期間限定ポイントは投資信託の購入に利用できないため、残高に反映されていない点にご注意ください。

投資信託の購入に利用できる楽天ポイント残高を確認投資信託の購入に利用できる楽天ポイント残高を確認

確認したポイント残高が100ポイント以上であれば、投資信託の購入が可能なので、投資信託の注文画面へ移動します。以下のように「通常注文」をクリックすることで、投資信託の注文・購入画面へ移動できます。

投資信託の注文画面へ投資信託の注文画面へ

ちなみに、毎月の自動積立設定を行いたい方は、通常注文ではなく「積立注文」をクリックしてください。私自身は、毎月もらえる楽天ポイントが一定というわけではないので、通常注文を利用しています。

投資信託(ファンド名)を検索する投資信託(ファンド名)を検索する

通常注文または積立注文をクリックすると、上のような画面へ移動しますので、この画面で購入したい投資信託を選びます。すでに、購入する投資信託が決まっている方は、検索することで直接、検索した投資信託(ファンド)の注文画面へ移動できます。

今回は、私が楽天ポイントで購入しているひふみプラスを例に投資信託を楽天ポイントで買うやり方を解説していきます。

投資信託を検索すると、以下の図のように、検索した投資信託の注文画面が現れます。初めて購入する場合や久しぶりに購入する場合は、目論見書の確認が必須となりますので、下図のように「閲覧」をクリックして、確認・同意をしてください。

最新の目論見書の閲覧・確認最新の目論見書の閲覧・確認

「閲覧」をクリックすると、以下のような画面になりますので、同意にチェックを入れて「完了」をクリックすると注文に進めます。同意にチェックを入れないと「完了」ボタンがクリックできないので、ご注意ください。

目論見書の同意・確認目論見書の同意・確認

目論見書の確認が終わると、以下のように、投資信託の注文画面になります。ここで、投資信託の購入額や買付に利用するポイント数などを入力します。

投資信託の注文:金額・ポイント・分配金・口座などを選択投資信託の注文:金額・ポイント・分配金・口座などを選択

購入に利用する楽天ポイントは、購入額に対して、一部使う・すべて使う・使わないの3種類の中から選べます。楽天ポイントでの購入が目的の場合「すべて使う」がオススメです。

また、分配金に関しては効率的な運用が見込める再投資型、口座区分に関しては確定申告時に便利な特定口座(特定口座の源泉徴収ありを選ベば原則確定深刻の必要がない)を選んでいます。

これらの金額指定やポイントの利用、口座区分など入力し終わったら、ページの下部までスクロールし「確認」ボタンをクリックし先に進みます(下図参照)。

入力が終わったら「確認」ボタンをクリック入力が終わったら「確認」ボタンをクリック

確認ボタンをクリックすると、下図のように、入力事項の確認画面へ移動します。購入金額やポイント利用分、口座区分などを確認したら、パスワードを入力し「注文」をクリックすることで、楽天ポイントの投資信託の注文が完了します。

投資信託の注文事項の確認と注文注文事項の確認が終わったらパスワードを入れて「注文」完了

これで、楽天ポイントで投資信託を購入・注文まで完了しました。投資信託の注文は、営業日の15:00より前であれば、その日の投資信託の価格で約定が行われ、翌営業日に保有資産として反映されます。また、休業日や営業日の15:00以降に注文した場合は、翌々営業日に保有資産に反映されます。

楽天ポイントで買付した投資信託の確認

保有資産は、以下のように、ログイン後の「保有商品一覧」から確認できます。

注目・約定した投資信託の確認注目・約定した投資信託の確認

保有商品の一覧から、下図のように、ポイント購入した投資信託の銘柄が確認できます。ここで、現在の評価額や損益なども確認できます。

ポイント購入した投資信託の評価額の確認ポイント購入した投資信託の評価額が確認できる

このように、楽天証券を利用することで、楽天カードや楽天市場などでお得に貯まる楽天スーパーポイントを投資・資産運用に回すことができます。

資産の形成には、収入を増やす・支出を減らす・運用利回りをあげるの三種類がありますが、楽天ポイントで投資信託を購入することで、この3つを全て実現することができます。

今なら口座開設キャンペーンで、楽天ポイントが最大25,000pt貯まるので、この機会に楽天証券の口座開設を行い、ポイント運用をしてみると良いでしょう。

楽天証券 公式ページ

楽天ポイント投資を実際に行ってみて感想や評価、運用実績などは、以下の記事をご参考ください。

楽天ポイントで投資信託を買うメリットは?おすすめ銘柄や運用実績・やり方も解説
楽天ポイントで投資信託を買うメリットは?おすすめ銘柄や運用実績・やり方も解説楽天証券では、楽天カードや楽天市場などの利用で貯まる楽天スーパーポイント(以下、楽天ポイント)で投資信託の購入が行えます。 高還元...

楽天証券は、お得なポイント還元で投資信託が保有できたり、マネーブリッジで普通預金金利が0.1%になったり、豊富な外国株・海外ETFの品揃え、ステージ制IPO、また日経新聞を無料で読めるなど数多くのメリットがあります。

楽天証券の特徴

楽天証券公式ページ
  • 楽天ポイントで投資信託が買える
  • 全6カ国の外国株・海外ETFが取引可能
  • 日経新聞が無料で読める
  • マネーブリッジで普通預金金利が0.1%へ

口座開設費・維持費は無料なので、口座をお持ちで無い方は、この機会に口座を開設してみると良いでしょう。

楽天証券の詳細確認・口座開設は、以下から行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大25,000円相当のポイントがもらえます(7月31日まで)

楽天証券 公式ページ

また、楽天証券の詳細、キャンペーン情報は、以下をご参照ください。