キャッシュレス

リクルートカードの評判は?メリット・デメリット、ポイント還元率の上げ方、キャンペーン等を解説

リクルートカードの評判は?メリット・デメリット、ポイント還元率の上げ方、キャンペーン等を解説

リクルートカードは、年会費無料でポイント還元率1.2%が魅力のクレジットカードです。

還元率の高さで有名な「楽天カード」や「ヤフーカード」の1.0%よりも高還元であるため、通常の買い物だけでなく、nanaco・スマホ決済(〇〇ペイ)等のチャージにピッタリのカードです。

高還元!キャンペーンで6,000円相当のポイント!

本記事では、リクルートカードの特徴やメリット、また利用上の注意点やデメリットについて比較・解説していきます。また、お得なキャンペーン情報、ポイント活用法についても解説していきます。

リクルートカードとは?【基礎】

リクルートカードは、リクルート社が発行している「年会費無料」のクレジットカードです。

年会費は、dカードなど他のクレジットカードの場合、2年目以降支払いが無い場合「有料」になる事がありますが、リクルートカードの年会費は「永久無料」です。

手数料

リクルートカードでは、年会費だけでなく、事務手数料・解約手数料など全ての手数料が「無料」になります。

手数料一覧
  • 年会費:無料
  • 入会・発行費:無料
  • 事務手続き:無料
  • 解約手数料:無料

このように、リクルートカードは無料(0円)で入会し、その後も継続費用も0円で使い続ける事が可能なため、クレジットカードの継続費用を払いたくない方でも、安心して発行・入会ができます。

高還元!キャンペーンで6,000円相当のポイント!

リクルートカードのメリット

次に、リクルートカードの入会・保有するメリットについて解説していきます。主に、リクルートカードには、以下のような5つの魅力・メリットがあります。

以下、各メリットについて詳しく解説していきます。

最大の魅力はポイント還元率

リクルートカードの最大の魅力は、ポイント還元率です。

一般的なクレジットカードの還元率は「0.5%」ですが、リクルートカードでは還元率「1.2%」と2倍以上の還元率があります。

還元率の高さで有名な「楽天カード」や「ヤフーカード」でも還元率は1.0%なので、リクルートカードの還元率1.2%は、年会費無料のクレカとしては、驚異的な水準と言えます。

  • リクルートカードは、ポイント還元率1.2%が最大の魅力
  • 一般のカードの2.4倍の還元率
  • 高還元カード(楽天・Yahoo!)の1.2倍

参考:リクルートカード|公式ページ

このように、リクルートカードは還元率が高いため、通常の買い物だけでなく、nanacoへのチャージ、スマホ決済のチャージ・支払いの利用等がオススメです。

特に、nanacoは、ゼブンイレブンで税金の支払い等に利用できるため、高額になりがちな税金・公共料金を、実質的にリクルートカードの還元率1.2%で支払う事ができます。

また、現在開催中のJCBスマホ決済(QUICPay)キャンペーンでも、リクルートカード|(JCB)が利用できるため、JCBのキャンペーン分と合わせると、21.2%の還元率でお買い物が行えます。

JCB CARD Wの評判は?メリット・デメリット、プラスLとの違いを比較・解説 JCB CARD Wは、年会費無料で、ポイント還元率が通常のJCBカードの2倍となる魅力的なクレジットカードです。 ...

Pontaポイントに交換可能

リクルートカードの支払いで貰える(還元される)ポイントは「リクルートポイント」ですが、利用範囲が広い「Pontaポイント」に交換可能です。

Pontaポイントは、ローソンやJAL、大戸屋など有名な各カテゴリーの店舗やサービスで利用できます。

Pontaポイントの主な利用先
  • ローソン
  • 大戸屋
  • コジマ
  • ゲオ
  • AOKI
  • ケンタッキーフライドチキン
  • JAL

参考:提携店・サービス|Ponta Web

リクルート系のサービス利用で還元率が最大4.2%

リクルートカードは、HotPapperやポンパレモールなど、リクルート関連のサービスの決済時に利用する事で、トータルの還元率を最大4.2%までアップする事が可能です。

リクルート関連サービスの還元率
サービス リクルートカード
と合わせた還元率
Hot Papperグルメ 3.2%
(=1.2%+2.0%)
Hot Papper Beauty 3.2%
(=1.2%+2.0%)
じゃらん 3.2%
(=1.2%+2.0%)
ポンパレモール 4.2%
(=1.2%+3.0%)

この他に、各サービスでボーナスポイントが貰えるため、旅行やお食事などで上記のサービスを利用する方は、リクルートカードで、さらにお得になります。

付帯保険が充実

リクルートカードは、年会費無料のクレカにも関わらず、付帯保険が充実している点も、大きな魅力・メリットです。国内・海外の旅行傷害保険、ショッピング保険が付帯されています。

付帯保険(利用付帯)
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円
  • ショッピング保険:年間200万円

年会費無料のクレカで、ここまでの付帯保険を揃えているカードは中々無いので、付帯保険目当てでリクルートカードを発行するのも、十分アリなレベルと言えます。

キャンペーンでお得にカード発行できる

注意点・デメリット

ここまで解説してきたように「リクルートカード」は、メリットの大きいクレジットカードですが、以下のような注意点・デメリットもあるため、入会・カード発行前に確認しておきましょう。

ポイントが若干使いにくい

リクルートカードの注意点として、ポイント還元で付与される「リクルートポイント」の使い道が余り多く無い点にあります。

楽天ポイントTポイントと比較すると、利用できるサービスや店舗が少なく、基本的にはPontaポイントに交換して利用する事になると思います。交換レートは「1pt → 1Pontaポイント」の等価交換で良心的です。

期間限定はPontaポイントに交換不可

Pontaポイントに交換可能なリクルートポイントですが、期間限定ポイントやキャンペーンで獲得したサイト限定ポイント等は、Pontaポイントに交換できない点に注意しましょう。

VISA・MasterCardとJCBで発行会社が違う

私自身、リクルートカードをVISAとJCBブランドの両方でカード発行したため気づきましたが、ブランドよりカード発行会社が変わります。

ブランド毎の発行会社
  • VISA・MasterCard:三菱UFJニコス
  • JCB:JCB

私自身、発行会社が違う事による「不便さ」を感じた事はありませんが、ETCカードを発行する場合、JCBは無料なのに対し、VISAやMasterでは、発行費がかかるため注意が必要です。

そのため、JCBの20%還元キャンペーンと合わせて利用予定の方・ETCカードを発行予定の方は「JCBブランド」でのリクルートカードの発行が良いでしょう。

また、海外を主軸に利用される方は「MasterCard」でリクルートカードを発行すると良いでしょう。

高還元!キャンペーンで6,000円相当のポイント!

口コミ・評価

リクルートカードの口コミ等を調査してみましたが、やはり年会費無料な上に、還元率が1.2%である点に魅力を感じる方が多いようです。

また、還元率2.0%のKyashに紐づけする事で、実質3.2%の還元を得られる点を評価する口コミもありました。

まとめ

ここまで解説してきたように、リクルートカードは、年会費が永久無料な上に、還元率1.2%と超高還元のクレジットカードです。

現在、開催中のカード発行キャンペーンやJCBの20%還元キャンペーンで最大1万円!と合わせて、高額の現金やポイントが貰えるため、この機会にカードを発行し利用すると良いでしょう。

高還元!キャンペーンで6,000円相当のポイント!
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です