PayPay証券キャンペーンコード

リクルートカードの評判は?メリット・デメリット、ポイント還元率の上げ方、キャンペーン等を解説

リクルートカードの評判は?メリット・デメリット、ポイント還元率の上げ方、キャンペーン等を解説

リクルートカードは、年会費無料でポイント還元率1.2%が魅力のクレジットカードです。

還元率の高さで有名な「楽天カード」や「ヤフーカード」の1.0%よりも高還元であるため、通常の買い物だけでなく、nanaco・スマホ決済(〇〇ペイ)等のチャージにピッタリのカードです。

[box06 title=”リクルートカードの特徴”]

  • 年会費無料
  • 還元率1.2%
  • Pontaポイントに交換可能
  • 6,000ポイント貰えるキャンペーン開催中
  • 結論:年会費無料の高還元カードでオススメ!

参考:リクルートカード|公式ページ
[/box06]

[jin-fusen3 text=”高還元!キャンペーンで6,000円相当のポイント!”]

本記事では、リクルートカードの特徴やメリット、また利用上の注意点やデメリットについて比較・解説していきます。また、お得なキャンペーン情報、ポイント活用法についても解説していきます。

目次

リクルートカードとは?【基礎】

リクルートカードは、リクルート社が発行している「年会費無料」のクレジットカードです。

年会費は、dカードなど他のクレジットカードの場合、2年目以降支払いが無い場合「有料」になる事がありますが、リクルートカードの年会費は「永久無料」です。

手数料

リクルートカードでは、年会費だけでなく、事務手数料・解約手数料など全ての手数料が「無料」になります。

[jin-fusen3 text=”手数料一覧”]

  • 年会費:無料
  • 入会・発行費:無料
  • 事務手続き:無料
  • 解約手数料:無料

このように、リクルートカードは無料(0円)で入会し、その後も継続費用も0円で使い続ける事が可能なため、クレジットカードの継続費用を払いたくない方でも、安心して発行・入会ができます。

[jin-fusen3 text=”高還元!キャンペーンで6,000円相当のポイント!”]

リクルートカードのメリット

次に、リクルートカードの入会・保有するメリットについて解説していきます。主に、リクルートカードには、以下のような5つの魅力・メリットがあります。

[box06 title=”魅力・メリット”]

  • 最大のメリット:還元率1.2%
  • Pontaポイントに交換可能
  • 付帯保険が充実
  • リクルートサービスの利用が最大4.2%還元
  • 6,000ポイント貰えるキャンペーン開催中

参考:リクルートカード|公式ページ
[/box06]

以下、各メリットについて詳しく解説していきます。

最大の魅力はポイント還元率

リクルートカードの最大の魅力は、ポイント還元率です。

一般的なクレジットカードの還元率は「0.5%」ですが、リクルートカードでは還元率「1.2%」と2倍以上の還元率があります。

還元率の高さで有名な「楽天カード」や「ヤフーカード」でも還元率は1.0%なので、リクルートカードの還元率1.2%は、年会費無料のクレカとしては、驚異的な水準と言えます。

  • リクルートカードは、ポイント還元率1.2%が最大の魅力
  • 一般のカードの2.4倍の還元率
  • 高還元カード(楽天・Yahoo!)の1.2倍

参考:リクルートカード|公式ページ

このように、リクルートカードは還元率が高いため、通常の買い物だけでなく、nanacoへのチャージ、スマホ決済のチャージ・支払いの利用等がオススメです。

[jin-iconbox08]スマホ決済に必須・おすすめのクレジットカード【2019年】[/jin-iconbox08]

特に、nanacoは、ゼブンイレブンで税金の支払い等に利用できるため、高額になりがちな税金・公共料金を、実質的にリクルートカードの還元率1.2%で支払う事ができます。

また、現在開催中のJCBスマホ決済(QUICPay)キャンペーンでも、リクルートカード|(JCB)が利用できるため、JCBのキャンペーン分と合わせると、21.2%の還元率でお買い物が行えます。

https://money-laboratory-ryoma.net/jcb-card-w/#campaign

Pontaポイントに交換可能

リクルートカードの支払いで貰える(還元される)ポイントは「リクルートポイント」ですが、利用範囲が広い「Pontaポイント」に交換可能です。

Pontaポイントは、ローソンやJAL、大戸屋など有名な各カテゴリーの店舗やサービスで利用できます。

[box05 title=”Pontaポイントの主な利用先”]

  • ローソン
  • 大戸屋
  • コジマ
  • ゲオ
  • AOKI
  • ケンタッキーフライドチキン
  • JAL

参考:提携店・サービス|Ponta Web
[/box05]

リクルート系のサービス利用で還元率が最大4.2%

リクルートカードは、HotPapperやポンパレモールなど、リクルート関連のサービスの決済時に利用する事で、トータルの還元率を最大4.2%までアップする事が可能です。

[jin-fusen3 text=”リクルート関連サービスの還元率”]

サービスリクルートカード
と合わせた還元率
Hot Papperグルメ3.2%
(=1.2%+2.0%)
Hot Papper Beauty3.2%
(=1.2%+2.0%)
じゃらん3.2%
(=1.2%+2.0%)
ポンパレモール4.2%
(=1.2%+3.0%)

この他に、各サービスでボーナスポイントが貰えるため、旅行やお食事などで上記のサービスを利用する方は、リクルートカードで、さらにお得になります。

付帯保険が充実

リクルートカードは、年会費無料のクレカにも関わらず、付帯保険が充実している点も、大きな魅力・メリットです。国内・海外の旅行傷害保険、ショッピング保険が付帯されています。

[box05 title=”付帯保険(利用付帯)”]

  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高1,000万円
  • ショッピング保険:年間200万円

[/box05]

年会費無料のクレカで、ここまでの付帯保険を揃えているカードは中々無いので、付帯保険目当てでリクルートカードを発行するのも、十分アリなレベルと言えます。

キャンペーンでお得にカード発行できる

注意点・デメリット

ここまで解説してきたように「リクルートカード」は、メリットの大きいクレジットカードですが、以下のような注意点・デメリットもあるため、入会・カード発行前に確認しておきましょう。

[box06 title=”注意点・デメリット”]

  • 付与ポイントが若干使い難い
  • 期間限定はPontaポイントに交換不可
  • ブランドによって発行会社が違う

[/box06]

ポイントが若干使いにくい

リクルートカードの注意点として、ポイント還元で付与される「リクルートポイント」の使い道が余り多く無い点にあります。

楽天ポイントTポイントと比較すると、利用できるサービスや店舗が少なく、基本的にはPontaポイントに交換して利用する事になると思います。交換レートは「1pt → 1Pontaポイント」の等価交換で良心的です。

[box04 title=”関連記事”]

[/box04]

期間限定はPontaポイントに交換不可

Pontaポイントに交換可能なリクルートポイントですが、期間限定ポイントやキャンペーンで獲得したサイト限定ポイント等は、Pontaポイントに交換できない点に注意しましょう。

VISA・MasterCardとJCBで発行会社が違う

私自身、リクルートカードをVISAとJCBブランドの両方でカード発行したため気づきましたが、ブランドよりカード発行会社が変わります。

[box05 title=”ブランド毎の発行会社”]

  • VISA・MasterCard:三菱UFJニコス
  • JCB:JCB

[/box05]

私自身、発行会社が違う事による「不便さ」を感じた事はありませんが、ETCカードを発行する場合、JCBは無料なのに対し、VISAやMasterでは、発行費がかかるため注意が必要です。

そのため、JCBの20%還元キャンペーンと合わせて利用予定の方・ETCカードを発行予定の方は「JCBブランド」でのリクルートカードの発行が良いでしょう。

また、海外を主軸に利用される方は「MasterCard」でリクルートカードを発行すると良いでしょう。

[jin-fusen3 text=”高還元!キャンペーンで6,000円相当のポイント!”]

口コミ・評価

リクルートカードの口コミ等を調査してみましたが、やはり年会費無料な上に、還元率が1.2%である点に魅力を感じる方が多いようです。

また、還元率2.0%のKyashに紐づけする事で、実質3.2%の還元を得られる点を評価する口コミもありました。

まとめ

ここまで解説してきたように、リクルートカードは、年会費が永久無料な上に、還元率1.2%と超高還元のクレジットカードです。

[box06 title=”リクルートカードの特徴”]

  • 年会費無料
  • 還元率1.2%
  • Pontaポイントに交換可能
  • 6,000ポイント貰えるキャンペーン開催中
  • 結論:年会費無料の高還元カードでオススメ!

参考:リクルートカード|公式ページ
[/box06]

現在、開催中のカード発行キャンペーンやJCBの20%還元キャンペーンで最大1万円!と合わせて、高額の現金やポイントが貰えるため、この機会にカードを発行し利用すると良いでしょう。

[jin-fusen3 text=”高還元!キャンペーンで6,000円相当のポイント!”]

[box04 title=”合わせて読みたい【関連記事】”]

[/box04]

リクルートカードの評判は?メリット・デメリット、ポイント還元率の上げ方、キャンペーン等を解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次
閉じる