サカタのタネ(1377)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説

サカタのタネ(1377)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説
サカタのタネ(1377)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説サカタのタネ(1377)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説


サカタのタネ(証券コード:1377)の株主優待は、株主優待カタログギフトです。保有株数によって選べる内容が違う優待を、年1回(権利月:5月)もらえます。

本ページでは、サカタのタネの株主優待について詳しく紹介していきます。優待の内容や配当金・利回り、ビジネスについても解説します。(2018年4月24日のデータを基に作成)

参考 権利月毎に優待利回りなど、優待検索にはSBI証券の検索ツールが便利です。SBI証券の口座開設(無料)を行えば無料で利用できますので、ぜひお試しください。

サカタのタネ(1377)の株主優待

サカタのタネのビジネスや株主優待内容、利回り等を解説します。

サカタのタネとは?企業紹介

サカタのタネは、種や苗で国内最大級の東証1部上場企業です。世界展開しており、ブロッコリー種のシェアは、なんと世界6位の規模となっています。(参考:サカタのタネの仕事|サカタのタネ)

優待内容:カタログギフト

サカタのタネの株主優待はカタログギフトです。サカタのタネならではの植物(チューリップ)、またお米や洋菓子など、様々な種類の商品から好きなものが選べます。また、保有株数によって、優待のクオリティが上がる点も特徴です(参照)。

株価・優待のデータ:

  • 優待時期:年1回(5月末)
  • 優待獲得のための最低必要株数:100株
  • 優待獲得のための最低購入金額:392,500円
  • 購入手数料:証券会社による(詳細)
  • PER:35.2倍
  • PBR:1.79倍

参考 サカタのタネの他、5月権利の優待は、以下をご参照ください。

20万円以下で買える5月のおすすめ株主優待銘柄は?
20万円以下で買える5月のおすすめ株主優待銘柄は?本記事では、5月の株主優待の中から20万円未満で購入可能なもの、そして人気・注目を集めている銘柄をピックアップして行きます。 5月...
5月株主優待のおすすめは?権利確定日や配当、注目の優待内容を解説
5月株主優待のおすすめは?権利確定日や配当、注目の優待内容を解説5月の株主優待は30銘柄程度と少ないですが、配当・優待利回りの高い銘柄が多い点が特徴です。クォカードなど金券系の優待もあり、意外に質の高...

権利月と権利確定日、到着時期

宝印刷の株主優待は、年1回(権利月:5月)もらえます。5月の権利付き最終日までに株式を購入しましょう。2018年5月の権利付き最終日は5月28日(月)です。また、優待は、8月下旬頃に届く予定となっています。(参照)

参考 権利日の解説や各月の権利日は、以下からご確認ください。

2018年(平成30年)権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日一覧【カレンダー】
2018年(平成30年)権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日一覧【カレンダー】株主優待を獲得するには、ある決まった日に、優待銘柄を保有していなくてはいけません。その決まった日というのが権利日と言われるものです。権利...

優待・配当利回り

サカタのタネの配当金は、1株あたり25円(会社予想)です。配当利回りは0.63%です。優待利回りに関しては、優待品の値段がわからないため算出できませんが、そこまで高い利回りとは言えなそうです。

参考 サカタのタネと同様にカタログギフトの優待銘柄や、利回りが高い人気優待は、以下をご参照ください。

クオカード優待の利回りランキング【12ヶ月分の権利月・まとめ】
クオカード優待の利回りランキング【12ヶ月分の権利月・まとめ】 クオカードは、コンビニやファミレス等でほぼ現金同様に利用できるため、株主優待として人気の優待品です。そのため、多数の企業がクオカード...
カタログギフトがもらえる人気の株主優待は?おすすめ優待銘柄、注目ランキングなど
カタログギフトがもらえる人気の株主優待は?おすすめ優待銘柄、注目ランキングなど カタログギフトがもらえる株主優待は、日用品や食材、お酒、また普段買わないような高級品など生活スタイルや好みに合わせて様々...

おすすめ証券会社は?サカタのタネを安く購入する方法

サカタのタネの優待獲得のための最低必要金額は392,500円です。20万円以上の株式を購入する場合、手数料最安はむさし証券(トレジャーネット)です。投資コストの節約は、パフォーマンス向上のため重要なので、手数料の安い証券会社で取引しましょう。

むさし証券(トレジャーネット)の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラ

株式売買手数料の比較(証券会社毎)

証券会社 \ 約定代金〜10万円10〜20万円〜50万円〜100万円
岡三オンライン証券無料無料350円600円
SBI証券無料191円429円762円
楽天証券無料191円429円858円
むさし証券トレジャーネット75円95円175円320円
ライブスター証券80円97円180円340円
GMOクリック証券88円98円241円436円
松井証券無料300円500円1,000円
マネックス証券95円140円190円355円
カブドットコム証券90円180円250円990円
SMBC日興証券125円180円400円800円

株式売買手数料は、最安値(税抜)表示

参考 証券会社の手数料の比較は、以下をご参照ください。

ただし、GMOインターネットGMOクリックHDの株主優待を使うと、GMOクリック証券での売買手数料が実質無料になるので、個人的には、GMOクリック証券がオススメです。ちなみに、私はメイン口座としてGMOクリック証券を利用しています。

株主優待でGMOクリック証券の売買手数料を実質無料(0円)にする方法

参考 GMOクリック証券・むさし証券の詳細確認・無料口座開設は、以下からの公式ページから行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

また、株主優待の検索や売買向けの証券会社の比較・解説は、以下をご参照ください。

参考 本記事で紹介した証券口座は、以下から無料で口座開設が行えます。投資コスト削減のため、ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。