SBIポイントとは?おトクな貯め方、交換法、プログラムなど徹底解説

SBIポイントとは?おトクな貯め方、交換法、プログラムなど徹底解説
SBIポイントとは?おトクな貯め方、交換法、プログラムなど徹底解説SBIポイントとは?おトクな貯め方、交換法、プログラムなど徹底解説


SBIポイントは、保険・カード・投資などSBIグループの各種サービスを利用することで、貯めることができるポイントです。貯めたポイントは、現金やマイル、Tポイントなどの各種電子マネーに交換することができます。

本記事では、SBIポイントの貯め方や使い方を解説していきます。SBIグループの保険やクレジットカード、証券会社、住宅ローンは利便性が高いお得な商品となっているの、おトクなポイントプログラムと合わせて利用することで、かなりの節約効果です。

SBIポイントとは?プログラム内容

SBIポイントとは、インターネットを基盤として金融グループ「SBIグループ」のポイントプログラムです。SBIポイントモールでの買物の他、SBIグループが提供する投資・クレジットカード・保険、住宅ローンサービスを利用することで、ポイントを貯めることができます。

SBIポイントの特徴は、高い還元率多様な使い方(利用方法)ができる点です。以下、SBIポイントのおトクな貯め方や使い方などを解説していきます。

SBIポイントのお得な貯め方

まず、はじめにSBIポイントの貯め方について解説していきます。

SBIポイントモール経由のお買い物

インターネットで買物を行う場合、SBIポイントモールを経由することで、SBIポイントを貯めることができます。楽天市場やYahooショッピング、じゃらん、くまポン、ベルメゾンなどほとんどの大手サイトで利用できます。

ただし、AmazonだけはSBIモールを経由してもSBIポイントは付かないので注意が必要です。Amazonポイントはつきます。

SBI証券を利用した投資

SBIグループの証券会社「SBI証券」で投資を行う場合、国内株式の売買や投資信託の購入・保有で、おトクにSBIポイントを貯めることができます。

SBIポイントが貯まるSBI証券の取引:

投信マイレージでは、投資信託の保有額に応じて年率0.1〜0.2%相当のポイント還元がもらえます。例えば、1000万円を投資信託として保有している場合、2万円相当のポイントが毎年もらえます。

参考 SBI証券で投資信託を購入するメリットは?(手数料、積立、NISA、ポイント還元など)

また、国内株式の売買手数料の1.1%がポイント還元されます。スタンダードプラン、またPTS(夜間取引)がポイント還元の対象となります。

参考 SBI証券の株式売買手数料(NISAは無料)と他ネット証券との比較

参考 SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券でのSBIポイントの貯め方の詳細は、以下をご参照ください。

SBIポイントのお得な使い方・交換方法

次に、SBIポイントのおトクな利用方法や交換方法について解説します。

現金への交換

私がいつも行っているのが、SBIポイントを現金に交換する方法です。なぜ、現金に交換するかというと、条件が揃えば、各種電子マネーやポイントと交換するよりも還元率が高くおトクになるためです。

電子マネーへの交換は還元率1倍が最高ですが、現金交換の場合は最大1.2倍となります。最大1.2倍の還元率にするためには、以下の3つの条件が必要です。

1.2倍の還元率で現金にするための条件:

  1. SBIカード(SBIのクレジットカード)の所有
  2. 住信SBIネット銀行の口座開設(現金の着金先)
  3. 1万ポイント分の交換

少なくとも住信SBIネット銀行口座とSBIカードの所有が条件となっています。全ての条件が揃わなくても、1つの条件などで還元率が優遇されます。下表は、各条件での還元率をまとめたものです。

出金先交換レート
住信SBIネット銀行
(SBIカード保有)
10000ポイント→12000円
(交換レート:1.2倍)
5000ポイント→5000円
(交換レート:1倍)
住信SBIネット銀行500ポイント→425円
(交換レート:0.85倍)
他金融機関500ポイント→400円
(交換レート:0.8倍)

住信SBIネット銀行を利用するだけでも、還元率がアップします。住信SBIネット銀行は、口座開設費・維持費全て無料なので、SBIポイントを現金に交換する方は、口座開設をしておくことをオススメします。

参考 住信SBIネット銀行の解説・評価は、以下をご参照ください。

その他電子マネーへの交換

Tポイント・Suica(スイカ)ポイント・マイル・nanaco(ナナコ)ポイントなど各種電子マネーに交換できます。各ポイントへの交換レートは、下表のようになっています。Suicaポイント、Tポイント、nanacoポイントの還元率が高くなっています。

ポイント名交換レート
Tポイント500ポイント→500Tポイント
nanacoポイント500ポイント→500nanacoポイント
Suicaポイント500ポイント→500Suicaポイント
ANAマイル700ポイント→200マイル
JALマイル900ポイント→300JALマイル
JTBトラベルポイント500ポイント→400JTBとラベルポイント
PeXポイント500ポイント→400PeXポイント
ポイントオンのポイント500ポイント→1000ポイントオンのポイント

商品にも交換できる

貯まったSBIポイントは、SBIポイントパークで、商品にも交換することもできます。必要ポイント数や交換できる商品に関しては、以下のページをご参照ください。

SBIポイントパーク