SBI証券

SBI証券口座開設の流れ・日数は?必要書類や口座開設の手順など解説【画像付き】

SBI証券口座開設の流れ。日数・時間・本人確認種類など画像付きで解説

SBI証券は、多くの投資家が利用している老舗の証券会社です。口座開設数はネット証券の中でダントツの1位で、最新のオリコン日本顧客満足度ランキングで1位を獲得しています。

金融商品の豊富さ、取引の利便性、また割安なコストや独自のサービスなどの様々なメリットがあるため、私も投資・資産運用のためのメイン口座として、SBI証券を利用しています。

本記事では、SBI証券の口座開設方法を解説します。口座開設の流れや手順、申込時に迷いがちな選択項目や必要書類など、画像付きで解説していきます。本記事を参考に、SBI証券の口座開設をお試しください。

SBI証券 公式ページ

口座開設の流れ・日数(時間)は?

はじめに、SBI証券の口座開設の流れを確認した後、それぞれの過程を画像を用いて詳しく説明して行きます。

SBI証券の口座開設の流れは、以下のようになっています。

口座開設の流れ・日数
  1. 口座開設申し込みページへ進む(→ 口座開設ページ【公式】
  2. 本人確認書類の提出方法を選ぶ
    (Webアップロード・書面郵送・メールから選択)
  3. 基本情報(住所・氏名など)を入力
  4. 口座申し込み
  5. 当日または翌営業日後に本人限定受取郵便が届く
    (ログインIDやパスワードが届く)
  6. 口座開設完了
    → パスワードでログイン・取引へ

はじめに、口座開設の申し込みページに移動し、免許やマイナンバーカードなどの本人確認書類の提出方法を選びます。その後、名前や住所などの基本情報を登録し、口座開設申し込みを行います。

その後、当日または翌営業日後に「本人限定受取郵便」にて、ログインIDやパスワードが届き、実際の取引が開始できる流れとなります。

SBI証券 公式ページ

郵送だと遅い

本人確認書類を郵送で送る場合、郵送の日数分、口座開設までに時間がかかりますので、口座開設にかかる時間を短くしたい方は、本人確認書類の提出はWebアップロードがオススメです。

手数料は無料

以下、それぞれの過程を画像付きで詳しく解説していきます。

SBI証券口座開設の手順・流れの画像付き解説

次に、SBI証券の口座開設方法を画像つきで順を追って解説していきます。

SBI証券の口座開設申込ページ(公式)へ

まずはじめに、SBI証券の口座開設申込みページに移動します。以下のリンクから移動できるので、口座開設を行う方はクリック・タップをしてみてください。公式ページでの手順や流れの解説も確認できます。

SBI証券の口座開設申込みページ

上記のリンクをクリックすると、下図のような画面となりますので、画面下の「口座開設はこちら」をクリックし、口座開設申込を開始しましょう。口座開設の流れも下部のリンクから確認できます。

SBI証券の口座申込みページへSBI証券の口座申込みページへ
参考:SBI証券


本人確認書類(必要書類)の提出方法を選択

ここまでの操作を行う(上述のリンク「口座開設はこちら」をクリックする)と、以下のような口座開設申込みページへ移動します。ここで、本人確認書類の提出方法や名前や住所などの必要事項の記入をします。

本人確認書類の提出方法を選ぶ本人確認書類の提出方法を選ぶ


はじめに、本人確認書類の提出方法を選択します。郵便やメールでマイナンバーや免許などを提出する方法もありますが、最も手軽で口座開設までの日数が早いのが「WEBアップロード」です。私自身もこの方法でやりましたが、オススメです。

WEBアップロードを選択すると、下図のような本人確認書類の提出(アップロード)画面が自動的に出てきます。運転免許などをスマホなどで撮影し、画像ファイルをアップロードしましょう。

本人確認書類のアップロード画面本人確認書類のアップロード画面


ちなみに、本人確認書類の提出方法として、書面やEメールを選んだ場合、特に新しい画面は現れません。Eマールの方は、7日以内の提出となります。7日以内にできない場合は、書面での提出となります。

申込みフォームの入力

本人確認書類の提出方法が決まったら(WEBアップロードの方はアップロードが完了したら)、名前や住所など基本事項の入力を行います。

名前・住所など基本情報の入力名前・住所など基本情報の入力


特定口座・NISA・住信SBIネット銀行の同時口座開設

名前や住所など基本事項の入力が終わると、次に特定口座やNISA、住信SBIネット銀行とのハイブリッド預金などの設定を行います(下図参照)。

まず特定口座の設定ですが、画面に記載されているように、「特定口座(源泉徴収あり)」を設定することで、確定申告を不要にすることができるので、初心者の方にオススメです。私も損益通算など面倒なので「特定口座(源泉徴収あり)」にしています。

ちなみに、特定口座とは、株式・投資信託などの金融商品の売買内容の記録・損益の計算を証券会社が、我々投資家に代わって行ってくれる口座のことです。源泉徴収ありを我々が選択すれば、証券会社が納税し、我々得て口座を使う投資家は確定申告不要とすることも可能です。

特定口座・NISA・住信SBIネット銀行ハイブリッド預金などの設定特定口座・NISA・住信SBIネット銀行ハイブリッド預金などの設定


次はNISA口座の設定です。NISA口座とは年間100万円まで非課税で投資が行える口座のことです。通常20%程度かかる税金を非課税にできます。SBI証券のNISA口座は、口座内の国内株式の売買手数料、海外ETFの買付手数料が無料になるので、私もNISA口座を開設しています。

SBI証券のNISA口座の詳細・解説は、以下をご参照ください。

あわせて読みたい
SBI証券NISA口座の特徴は?手数料・キャンペーン・口座開設(住民票代行サービス)など解説!
SBI証券NISA口座の特徴は?手数料・キャンペーン・口座開設(住民票代行サービス)など解説! SBI証券は、業界トップクラスの金融商品の品揃えや手数料の安さから、高い人気を誇る証券会社です。NISA口座においてもコ...

最後に住信SBIネット銀行ですが、こちらも同時口座開設がオススメです。同時に口座開設することで、ハイブリッド預金という証券口座と連携した預金管理が可能となり、金利も普通預金金利の0.001%から0.01%(10倍)にアップします。

あわせて読みたい
SBI証券と住信SBIネット銀行の同時口座開設の方法
SBI証券と住信SBIネット銀行の口座を同時に開設する方法SBI証券・住信SBIネット銀行は、いずれもトップクラスの人気を誇る金融機関です。二つの金融機関を連携して利用することで、便利かつ超低コ...

以上、全ての項目の入力が完了すると、下図のように「次へ」へ進むことができます。次へをクリック(またはタップ)したら、同意書の確認・入力事項の確認を行い、口座申込みを完了させます。

申込みフォームの入力が終わったら「次へ」申込みフォームの入力が終わったら「次へ」


同意事項・入力内容の確認

上述のように、申込みフォームの入力が終わり「次へ」をクリック(またはタップ)すると、以下のような画面へ移動します。ここでは、同意事項を確認し、チェックボックスにチェックをマークを入れます。

同意事項の確認同意事項の確認


チェックボックス(3カ所)にチェックを入れると、画面の下部(下図参照)に「確認画面へ」が出てきますので、こちらをクリック(またはタップ)して、入力事項の確認を行います。

同意事項の確認が終わったら、入力事項の確認へ同意事項の確認が終わったら、入力事項の確認へ


同意事項の確認が終わったら、名前や住所、特定口座・NISAなど入力・選択事項の確認を行います。確認を行うと、下図のように「名前・ご住所・ご生年月日およびその他の項目を確認して申し込む」ボタンをクリック(またはタップ)して申込みを完了させます。

ちなみに、口座開設方法はオンラインで口座開設が良いでしょう。スピーディーに口座開設が行えます。ただし、オンラインで口座開設する場合、口座開設の通知を本人が受け取る必要(本人限定受取郵便)があります。

入力事項の確認が終わったら申込みへ入力事項の確認が終わったら申込みへ


ここまでで証券口座の申込みが完了しました。お疲れ様でした!次は、SBI証券からの郵送を待ちます。オンライン口座開設を選んだ方は、ID・パスワードの入った本人限定受取郵便が届きます。また、郵便での口座開設を選んだ方には、必要書類が送付されてきます。

ここまで解説してきたように、一見難しそうな口座開設申込ですが、ポイントを抑えることで5分くらい?で申込を完了することができます。

SBI証券の口座開設費・維持費は全て無料ですし、現在、最大10万円がもらえる口座開設キャンペーンでも行っていますので、口座開設を考えている方は、本ページ等を参考に申込みを行ってみると良いでしょう。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(7月31日まで)。

SBI証券 公式ページ

口座開設ができない場合は?

次に、SBI証券の口座開設をする上での注意点を何点か解説していきます。口座開設ができない時や疑問に思った時に、ご参照ください。

本人確認書類との違いに注意

申し込みフォームに記入した氏名や住所が、免許やマイナバーカードなどの本人確認書類の氏名・住所と違う場合、口座開設ができない場合があります。

実際には、電話や封書で本人確認書類との違いを指摘され、後日訂正しなくてはいけません。

わたし自身も、未成年口座を開設する際に、引越ししてすぐの申し込みだったため、免許の住所変更などがお終わっておらず、電話で間違いを指摘され直しました。

間違いであれば、口座開設ができないというわけでなく、訂正するという流れになりますが、口座開設が遅くなってしまうので、本人確認書類と申し込みフォームを統一して記入するように気をつけましょう。

SBI証券 公式ページ

他の金融機関でNISAを開設している場合

SBI証券ではなく、他の金融機関ですでにNISA・つみたてNISAの口座開設をしている場合、SBI証券でNISA口座の開設はできないので、この点もご注意ください。

ログイン・入金など口座開設後の流れ・手順は?

次に、口座開設後の流れ、ログインや入金などはじめに行う操作方法などを解説していきます。口座開設が完了したものの、次にどうすれば良いかわからないという方は、ぜひご参考ください。

ログイン方法(要ID・パスワード)

口座開設が完了したら、まずはログインして見ましょう。マイページへのログインはSBI証券の公式ページから行えます。公式ページに行くと、下図のように、ページ右側にIDとパスワードを入力する所があります。

SBI証券のログイン画面SBI証券のログイン画面

ここで、IDとパスワードを入力し「ログイン」をクリック・タップすると、口座開設者限定のマイページへ移動できます。

入金方法

以下の図は、ログイン後のマイページの画像です。ページ右上に口座開設者の名前が出てきますので、自分の名前となっているかご確認ください。

また、口座で投資を行う際の初めの一歩が「入金」ですが、SBI証券への入出金はページ右上の方の「入出金・振替」から行えます。

SBI証券のログイン画面。入出金ができるSBI証券のログイン画面。入出金ができる

「入出金・振替」をクリックすると、以下のような画面へ移動しますので、お持ちの金融機関を選び入出金を行いましょう。

どの銀行・金融機関から入金するか選ぶどの銀行・金融機関から入金するか選ぶ

また、2回目以降の場合、下図のように、前回の金融機関が記憶されており、振込額と取引パスワードの入力だけで、SBI証券にお金を入金することができます。

SBI証券への入金画面SBI証券への入金画面

ちなみに、私は上図のように、メインバンクとして楽天銀行を利用しています。楽天銀行は楽天証券との連携(マネーブリッジ)で普通預金金利が住信SBIネット銀行の100倍の年率0.1%になるので、かなりオススメです。

楽天証券と楽天銀行は同時に口座開設できる上、キャンペーンで、同時口座開設で1,000円の現金がもらえるので、この機会に口座開設しても良いでしょう。

楽天証券・楽天銀行の口座開設【公式】

子供用の未成年口座の開設もできる

必要であれば、親御さんの口座から未成年口座を作ることもできます。以下の図は、ログイン後のトップページですが、右下の「未成年口座 開設」というボタンをクリック・タップすると、未成年の口座開設ができます。

ログインページから未成年口座の開設ができるログインページから未成年口座の開設ができる

SBI証券で口座開設メリットは?

最後に、SBI証券の特徴やメリットを解説していきます。SBI証券で口座開設するかどうか迷っている方は、ご参考ください。

SBI証券の特徴

SBI証券は、投資信託、国内・海外株式(ETF含む)、FX、CFD、保険や確定拠出年金(DC)など、多くの金融商品を扱っている総合証券です。格安の取引コスト(売買手数料)、取引の利便性、また独自のサービス等から人気の高い証券口座です。

実際、大手ネット証券会社として多くの投資家に使われ続けており、人気のバロメーターとも言える口座開設数(シェア)は、ネット証券でダントツの1位です。

SBI証券 公式ページ

SBI証券のメリットには、以下のようなものがあります。利便性や手数料など様々なメリットがあることがわかります。

SBI証券の主なメリット(一覧)
  • 国内最大証券会社としてのバツグンの安定感と人気
  • 主要商品(株式、投資信託、国内ETF、海外ETFなど)が全て揃う
    ⇒ ネット証券では、SBI証券楽天証券マネックス証券のみ
  • 株式売買手数料が最安で50円(税抜)
  • 1日の約定代金の合計が10万円以下なら手数料0円(無料)
  • 投信マイレージサービスで投資信託をお得に保有!
  • 独自のIPOチャレンジポイントなど、IPOが充実
  • 米国ETFの為替・売買手数料が最安水準!
  • NISA口座なら国内株式の売買手数料が無料
    (海外ETFも買付手数料無料
  • 地方市場の株式が購入できる!
  • 株主優待検索用のツールが充実。優待投資としても人気
  • PTSで夜間取引ができる!
  • 充実の情報ツール
  • 確定拠出年金(DC)にも対応。しかも低コスト!

このように、様々な投資商品で、利便性や手数料の安さなどを兼ね備えており、投資をやる上で必須のネット証券となっています。

SBI証券の口座開設(無料)は、こちらから行えます。

SBI証券の特徴やメリット・デメリットの詳細は、以下をご参照ください。

あわせて読みたい
SBI証券口座開設のポイント(メリット・デメリットなど)
SBI証券を徹底検証!口座開設のメリット・デメリットを解説!SBI証券 は、多くの投資家が利用している老舗の証券会社です。口座開設数はネット証券の中でダントツの1位で、最新のオリコン日本顧客満足度...

お得なキャンペーン特典|口座開設で最大15万円

SBI証券では、本記事で紹介したキャッシュバックキャンペーン以外にも、たくさんのキャンペーンを行なっています。2018年7月現在、以下のようなキャンペーンを行なっています。

最もプレゼント金額が大きいものは、口座開設キャンペーンで、最大15万円の現金がもらえるので、SBI証券の口座開設を考えている方は、利用してみると良いかもしれません。

SBI証券 公式ページ

また、最新のSBI証券のキャンペーン情報は、以下をご参照ください。

あわせて読みたい
SBI証券キャンペーン比較・一覧【2018年7月】最大15万円の現金がもらえる
SBI証券キャンペーン比較・一覧【2018年7月】最大15万円の現金がもらえるSBI証券では、毎月多くのお得なキャンペーンを実施しています。最大15万円がもらえる口座開設キャンペーンの他、現金がもらえるお得なキャン...

また、ご家族やご友人の紹介で最大1万円相当の手数料キャッシュバックが受けられので、ご自身の口座開設が終わったら、他の方にSBI証券を紹介して見るのも良いでしょう。

あわせて読みたい
SBI証券キャンペーンの紹介プログラムで最大1万円キャッシュバック!
SBI証券キャンペーンの紹介プログラムで最大1万円キャッシュバック!SBI証券の紹介キャンペーンでは、紹介者・紹介された方(被紹介者)の両者に、高額の現金キャッシュバックやプレゼントが用意されています。 ...