SBI証券カストック申込&海外ETF買付キャンペーンでウィズダムツリーロゴ入りノートが当たる!

SBI証券カストック申込&海外ETF買付キャンペーンでウィズダムツリーロゴ入りノートが当たる!
SBI証券カストック申込&海外ETF買付キャンペーンでウィズダムツリーロゴ入りノートが当たる!SBI証券カストック申込&海外ETF買付キャンペーンでウィズダムツリーロゴ入りノートが当たる!


SBI証券が、お得なキャンペーンを開始しました。カストック申込&海外ETF買付した方の中から、抽選で30名の方にウィズダムツリーロゴ入りノートがプレゼントされます。

本ページでは、本キャンペーンの詳細や内容、また、SBI証券で米国株・ETFを売買するメリット等を解説します。

参考 SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンでさらに最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

SBI証券で海外ETFを売買するメリット

はじめに、SBI証券の特徴を踏まえ、海外ETFを取引するメリット等について解説します。すでにご存知の方は、読み飛ばしていただいて構いません。

SBI証券とは?

SBI証券は、本ページで紹介する投資信託だけでなく、国内・海外株式(ETF含む)、FX、CFD、保険や確定拠出年金(DC)など、多くの金融商品を扱っている総合証券です。格安の取引コスト(売買手数料)、取引の利便性、また独自のサービス等から人気の高い証券口座です。

実際、大手ネット証券会社として多くの投資家に使われ続けており、人気のバロメーターとも言える口座開設数(シェア)は、ネット証券でダントツの1位です。

SBI証券公式ページ

SBI証券の海外ETF取引のメリット

SBI証券で海外株式・ETFを購入するメリットは、主に以下のようなものがあります。コスト・利便性いずれをとっても魅力的な特徴を兼ね備えています。

  • 全9カ国の外国株式が購入可能
  • 海外株式も特定口座対応
  • 売買手数料が業界最安水準
  • NISAなら海外ETFの買付手数料無料
    米国ETFランキング
  • 米国株は貸株にも対応
  • 充実のキャンペーンでおトク!

特に、投資パフォーマンスを悪化させる投資コスト(手数料)は、SBI証券が国内最安水準となっています。以下の表は、米国株式・ETFの取り扱いを行っているネット証券の売買手数料・為替手数料を比較したものです。

証券会社売買手数料為替手数料
(1ドル両替あたり)
SBI証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
住信SBIネット銀行で0.04円
マネックス証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
楽天証券25ドル0.25円

海外ETFのおすすめ証券会社(口座)は?選び方やメリット、比較ランキング

売買手数料は、SBI証券とマネックス証券が同水準の安さですが、為替手数料はSBI証券の方が安いことがわかります。そのため、取引にかかるトータルコスト(売買手数料+為替手数料)は、SBI証券が最も安くなります。

海外へ投資する際の手数料(コスト)は国内株式と比べて、かなり高いので、SBI証券でコストを抑えて投資することが重要です。

参考 SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンでさらに最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券で海外ETFを取引するメリット等の詳細は、以下をご参照ください。

SBI証券カストック申込&海外ETF買付キャンペーン

次に、本キャンペーンについて解説していきます。キャンペーンの概要や期間、内容などについて紹介・解説していきます。

キャンペーン概要

はじめに、キャンペーンの大まかな概要を説明します。キャンペーンの概要は、下表にまとめた内容となっています。期間中に、カストック申込と海外ETFの買付を行った方の中から抽選で30名の方に、ウィズダムツリーロゴ入りノートが当たります。

項目内容
期間2017/2/27(月)~2017/3/27(月)
*現地約定日ベース
対象者上記のキャンペーン対象期間中に、以下の2つの条件を満たした方

  1. カストックで貸出を開始
  2. 海外ETFを買付
プレゼントウィズダムツリーロゴ入りノート(抽選で30名)
プレゼント予定日2017年4月下旬頃から順次発送

SBI証券公式ページ

キャンペーン期間・対象者

本キャンペーンの締め切りは3/27(月)です。締め切り日までに、カストックの申込み(12:00まで)、また海外ETFの買付を行った方が、本キャンペーンの対象者になります。

プレゼント内容

本キャンペーン対象者の中から抽選で30名の方に、ウィズダムツリーロゴ入りノートがプレゼントされます。プレゼントの発送は、2017年4月下旬となっています。ちなみに、ウィスダムツリーが運用するETFは、下表の28銘柄があります。全世界の株式市場などにスマートベータ型の投資が行えます。

投資対象銘柄(ティッカーコード)経費率
日本株ウィズダムツリー日本小型株配当ファンド(DFJ)0.58%
ウィズダムツリー日本株米ドルヘッジ付ファンド(DXJ)0.48%
ウィズダムツリー日本株資本財セクター米ドルヘッジ付ファンド(DXJC)0.48%
ウィズダムツリー日本株金融セクター米ドルヘッジ付ファンド(DXJF)0.48%
ウィズダムツリー日本株ヘルスケアセクター米ドルヘッジ付ファンド(DXJH)0.48%
ウィズダムツリー日本株不動産セクター米ドルヘッジ付ファンド(DXJR)0.48%
ウィズダムツリー日本小型株米ドルヘッジ付ファンド(DXJS)0.58%
グローバル株ウィズダムツリー世界株 高配当ファンド(DEW)0.58%
米国株ウィズダムツリー米国小型株配当ファンド(DES)0.38%
ウィズダムツリー米国小型株クオリティ配当成長ファンド(DGRS)0.38%
ウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長ファンド(DGRW)0.28%
ウィズダムツリー米国株高配当ファンド(DHS)0.63%
ウィズダムツリー米国大型株配当ファンド(DLN)0.28%
ウィズダムツリー米国中型株配当ファンド(DON)0.38%
欧州株ウィズダムツリー欧州小型株配当ファンド(DFE)0.58%
ウィズダムツリー欧州株クオリティ配当成長ファンド(EUDG)0.58%
ウィズダムツリー欧州株米ドルヘッジ付ファンド(HEDG)0.58%
新興国株ウィズダムツリー新興国株高配当ファンド(DEM)0.63%
ウィズダムツリー新興国株クオリティ配当成長ファンド(DGRE)0.63%
ウィズダムツリー新興国小型株配当ファンド(DGS)0.63%
ウィズダムツリーインド株収益ファンド(EPI)0.84%
ウィズダムツリー中東株配当ファンド(GULF)0.88%
債券ウィズダムツリー米国債券ファンド利回り強化型(AGGY)0.12%
ウィズダムツリー米国ハイイールド社債ファンド金利ヘッジ型(HYZD)0.43%
ウィズダムツリー米国ハイイールド社債ファンド金利ベア型(HYND)0.48%
ウィズダムツリー新興国現地通貨建債券ファンド(ELD)
オルタナティブウィズダムツリー米国株ダイナミックベアファンド(DYB)0.48%
ウィズダムツリー米国株ダイナミックロングショートファンド(DYLS)0.48%

参考 マネックス証券ではウィスダムツリーETFが実質手数料無料で売買できます。詳しくは、以下のウェブページをご参照ください。

注意点

キャンペーン参加の際は、以下の注意点に気をつけてご参加ください。

  • 本キャンペーンは自動エントリー
  • ダイレクト、IFA、対面コースの方は対象外。インターネットコースのみ対象
  • NISA口座、ジュニアNISA口座での買付は対象外
  • 証券総合口座を閉鎖されている場合は、対象外

SBI証券公式ページ

このように、本キャンペーンを利用することで、カストックや海外ETFの買付がお得に行えます。SBI証券は、海外ETFの取引手数料が安い等のメリットがあるので、海外ETFの取引に興味がある方は、SBI証券の口座開設を行っておくと良いかもしれません。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

SBI証券は、本ページで紹介した海外ETFの他、投資信託の品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTS投信マイレージなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本ブログでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。