NISA

SBI証券NISA口座の特徴は?手数料・キャンペーン・口座開設(住民票代行サービス)など解説!

SBI証券NISA口座の特徴は?手数料・キャンペーン・口座開設(住民票代行サービス)など解説!
SBI証券NISA口座の特徴は?手数料・キャンペーン・口座開設(住民票代行サービス)など解説!SBI証券NISA口座の特徴は?手数料・キャンペーン・口座開設(住民票代行サービス)など解説!


SBI証券は、業界トップクラスの金融商品の品揃えや手数料の安さから、高い人気を誇る証券会社です。NISA口座においてもコスト・利便性ともに、たくさんのメリットがあります。

本記事では、SBI証券のNISA口座の特徴を解説します。口座開設するメリットやデメリット、また独自の便利なサービスや手数料などを解説していきます。

SBI証券とは?評判・人気など

SBI証券は、国内・海外株式(ETF含む)、投資信託、FX、CFD、保険や確定拠出年金(DC)など、多くの金融商品を扱っている総合証券です。格安の取引コスト(売買手数料)、取引の利便性、また独自のサービス等から人気の高い証券口座です。

実際、大手ネット証券会社として多くの投資家に使われ続けいており、人気のバロメーターとも言える口座開設数(シェア)は、ネット証券でダントツの1位となっています。

ネット証券の口座開設者数(上位5社):

順位証券会社開設口座数
(万以下切り上げ)
1位SBI証券420万口座
2位楽天証券225万口座
3位マネックス証券146万口座
4位松井証券109万口座
5位カブドットコム証券105万口座

SBI証券の決算データ(2016年3月末時点)参照。SBI証券がダントツの1位、シェア4割程度。

また、最新(2015年)のオリコン顧客満足度口座総合ランキングでも第1位となっており、利用者の満足度・口コミによる評価も高いことがわかります。投資を行う上で外せない証券会社で、実際、私もメイン口座としてSBI証券を利用しています。

NISA口座においても、商品の品揃えや手数料の割安性などから人気があります。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

SBI証券でのNISA口座の開設は、利便性・コストいずれの面でもたくさんのメリットがあります。以下、それらのメリットやデメリットを中心に特徴を解説してきます。

SBI証券のNISA口座の特徴

SBI証券でNISA口座を開設・運用するメリットには、主に以下のようなものがあります。コスト・利便性いずれをとっても大変魅力的な内容となっています。

  • NISAなら売買手数料無料
  • 住民票代行サービスで口座開設が楽チン!
  • 投資信託・IPOなどもNISAで取り扱い可能
  • 充実のキャンペーンでおトク!

以下、それぞれの項目について解説していきます。

NISA口座なら売買手数料無料!

SBI証券のNISA口座での最大のメリットが、NISA口座内での国内株式売買手数料が無料になる点です。国内株式だけでなく、海外ETFの買付手数料も無料になります。

SBI証券の手数料は、主要ネット証券の中では最安水準であるものの、GMOクリック証券などの新興ネット証券と比べると若干高めです。しかし、NISA口座で売買すれば、このデメリットを解消することができます。

投資コストは、確実なマイナスリターンとなり投資パフォーマンスを悪化させます。NISA口座を利用して売買手数料を抑えることで、確実なパフォーマンス向上を行いましょう。

参考 一般的なSBI証券の株式売買手数料に関しては、以下をご参照ください。

投資信託・IPOなどもNISA取り扱い可能

SBI証券のNISA口座では、多くの投資信託やIPO(新規公開株)などの取り扱いが可能です。その取り扱い数は業界最高水準となっています。投資信託やIPOをNISAで売買したい方にもオススメです。

参考 SBI証券の投資信託・IPOの特徴は、以下をご参照ください。

住民票代行サービスで口座開設が楽チン!

NISA口座の開設には、住民票の提出が必要です。しかし、平日昼間働いているビジネスパーソンが、市役所に出向くのは厳しいものがあります。郵送で住民票を獲得できる場合もありますが、手間と時間がかかります。

SBI証券では、NISA口座のための住民票の取得を代行してくれるサービスがあります。手数料無料で、住民票のことは全て任せてNISA口座の開設ができます。手間を省けるので、かなりオススメです。

実際、私もこのサービスを利用してNISA口座を開設しました。他の証券会社でのNISA口座開設も考えたのですが、結局住民票の取得が面倒だったので、SBI証券を選びました。

充実のキャンペーンでおトク!

SBI証券では、常時おトクなキャンペーンを行っています。現在行っている口座開設キャンペーンでは、NISA口座の開設で500円の現金がもらえます。口座を開設すれば、もれなく現金がもらえるので、大変おトクです。

他の口座開設キャンペーンと合わせるとナント最大10万円がもらえる大盤振る舞いです。口座開設キャンペーンは9月30日までなので、SBI証券の口座開設を行っていない方は、この機会に口座開設を行ってみると良いでしょう。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

参考 SBI証券の口座開設キャンペーンの詳細は、以下をご参照ください。

まとめ

ここまで紹介していきたように、SBI証券でのNISA口座の開設は、たくさんのメリットがあり、オススメです。以下にあげるような特徴やサービスにより、コスト・利便性の両面で魅力的です。

SBI証券NISA口座の特徴・まとめ:

  • NISAなら売買手数料無料
  • 住民票代行サービスで口座開設が楽チン!
  • 投資信託・IPOなどもNISAで取り扱い可能
  • 充実のキャンペーンでおトク!

実際、私もNISA口座の開設は、毎年SBI証券で行っています。口座開設時の利便性や売買コストを抑えるため、みなさんも活用を考えてみてください。

参考 SBI証券の詳細確認や無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円の現金がもらえます(1月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

SBI証券は、投資信託や米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOやPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(1月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

また、本ブログでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。