SBI証券でSBIポイントを貯める方法とおトクな使い方(交換方法)

SBI証券でSBIポイントを貯める方法とおトクな使い方(交換方法)
SBI証券でSBIポイントを貯める方法とおトクな使い方(交換方法)SBI証券でSBIポイントを貯める方法とおトクな使い方(交換方法)


SBIポイントは、高還元率のサービスとして人気のポイントプログラムです。SBI証券の株式の売買や投資信託の購入・保有でもポイント貯めることができるため、お得に投資・資産運用を行うことができます。

本記事では、SBI証券で貯めることができるSBIポイントの貯め方や使い方を解説していきます。SBI証券をさらにお得に利用するため、SBIポイントの活用法をマスターしましょう。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円もらえます(10月31日まで)。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

SBI証券とは?評判・人気など

はじめに、SBIポイントを利用してお得に株式や投資信託の取引ができるSBI証券に関して、カンタンに解説します。すでにご存知の方は、読み飛ばしていただいて構いません。

SBI証券は、国内・海外株式(ETF含む)、FX、投資信託、CFD、保険や確定拠出年金(DC)まで多くの金融商品を扱っている総合証券です。格安の取引コスト(売買手数料)、取引の利便性、また独自のサービスから人気の高い証券口座です。

実際、大手ネット証券会社として多くの投資家に使われ続けいており、人気のバロメーターとも言える口座開設数(シェア)は、ネット証券でダントツの1位となっています。

ネット証券の口座開設者数(上位5社):

順位証券会社開設口座数
(万以下切り上げ)
1位SBI証券420万口座
2位楽天証券225万口座
3位マネックス証券146万口座
4位松井証券109万口座
5位カブドットコム証券105万口座

SBI証券の決算データ(2016年3月末時点)参照。SBI証券がダントツの1位、シェア4割程度。

また、最新(2015年)のオリコン顧客満足度口座総合ランキングでも第1位となっており、利用者の満足度・口コミによる評価も高いことがわかります。投資を行う上で外せない証券会社で、実際、私もメイン口座としてSBI証券を利用しています。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円もらえます(10月31日まで)。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本ブログでのSBI証券の解説・評価は、以下をご参照ください。

SBIポイントとは?

次に、SBIポイントについて解説していきます。

SBIポイントの特徴

SBIポイントとは、インターネットを基盤として金融グループ「SBIグループ」のポイントプログラムです。SBIポイントモールでの買物の他、SBIグループが提供する投資・クレジットカード・保険、住宅ローンサービスを利用することで、ポイントを貯めることができます。

SBIポイントの特徴は、高い還元率と多様な使い方(利用方法)ができる点です。以下、SBIポイントのおトクな貯め方や使い方などを解説していきます。

SBIポイントの付与タイミングと獲得日

SBI証券の取引によってもらえるSBIポイントは、前月のSBI証券での取引実績に応じて計算され、当月の15日(夜間)に付与されます。休日の場合は翌営業日にポイントが付与されます。(ただし、国内株式分は、10日に付与)

SBI証券でのSBIポイントの貯め方

SBIポイントは、SBI証券での国内株式取引、また投資信託の保有によって、ポイントが付与されます。特に、投資信託の保有時のポイント還元は、他証券会社と比べておトクになっており、投資信託を利用して投資をする方に人気があります。

以下、それぞれのポイント付与に関して、詳しく解説していきます。

国内株式売買に応じてポイント付与

SBI証券では、国内株式の売買手数料に応じて、SBIポイントが付与されます。還元率は1.1%で、インターネットでの株式(現物)取引がポイント付与対象となります。PTS(夜間取引)、REIT、ETF、ETNなども含まれます

参考 SBI証券の株式売買手数料に関しての詳細は、以下をご参照ください。

投信の保有でポイント還元される「投信マイレージ」

SBI証券では投信マイレージといわれる投資信託のためのポイント還元サービスがあります。投資信託の月間保有平均額に応じても年率0.1~0.2%のポイントをもらうことができます。

ポイント還元率は、下表のように、投資信託の保有額によって変わります。例えば、1000万円の投信を保有している場合、毎年20,000円相当がもらえることになります。

月間平均保有額還元率
1,000万円以上0.2%
1,000万円未満0.1%

同様のサービスは、楽天証券マネックス証券カブドットコム証券でも行っていますが、還元率が高さ、最大還元率を得るためのハードルの低さを考えると、SBI証券の投信マイレージのポイント還元サービスが利用価値が高そうです。

証券会社還元率特徴
SBI証券年率0.1%
(最大:年率0.24%)
SMBC日興証券キャンペーンでANAマイルやdポイント
楽天証券残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
  • ポイント除外ファンドが少ない
  • 還元率は少ない
マネックス証券月平均保有額の年率0.08%
(最大:年率0.08%)
  • 低コストのインデックスファンドはポイント除外
カブドットコム証券月平均保有額100万円につき1ポイント
(最大:年率0.24%)

参考 各証券会社のポイントプログラムの比較は、以下をご参照ください。

このように、SBI証券を利用して投資信託の保有をすることがで、おトクにSBIポイントを貯めることができます。SBIポイントは現金や各種電子マネーに交換できるので(詳細後述)、投資信託の運用コストを実質的に下げて投資を行うことができるので、オススメです。

参考 SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円もらえます(10月31日まで)。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券で投資信託を取引するメリット等に関しての詳細は、以下をご参照ください。

SBIポイントのおトクな使い方・交換方法

最後に、SBI証券で貯めたSBIポイントのお得な使い方(現金や電子マネーなどへの交換方法)を解説します。SBIポイントは、以下の3つの使い方があります。

SBIポイントの利用方法:

  • 商品に交換する
  • 電子マネー・ポイントに交換する
  • 現金に交換する ← 個人的にお気に入り

個人の生活スタイルや普段使っている電子マネーなどによって利用方法は変わると思いますが、私個人的には、現金への交換が最も良いと感じています。以下、それぞれの使い方・方法について解説していきます。

商品に交換できる

貯まったSBIポイントは、SBIポイントパークで、商品にも交換することもできます。必要ポイント数や交換できる商品に関しては、以下のページをご参照ください。

SBIポイントパーク

その他電子マネーへの交換

Tポイント・Suica(スイカ)ポイント・マイル・nanaco(ナナコ)ポイントなど各種電子マネーに交換できます。各ポイントへの交換レートは、下表のようになっています。Suicaポイント、Tポイント、nanacoポイントの還元率が高くなっています。

ポイント名交換レート
Tポイント500ポイント→500Tポイント
nanacoポイント500ポイント→500nanacoポイント
Suicaポイント500ポイント→500Suicaポイント
ANAマイル700ポイント→200マイル
JALマイル900ポイント→300JALマイル
JTBトラベルポイント500ポイント→400JTBとラベルポイント
PeXポイント500ポイント→400PeXポイント
ポイントオンのポイント500ポイント→1000ポイントオンのポイント

現金への交換

私のお気に入りが、SBIポイントを現金に交換する方法です。なぜ、現金に交換するかというと、条件が揃えば、各種電子マネーやポイントと交換するよりも還元率が高くおトクになるためです。また、現金であれば、どんなサービスでも利用できます。

電子マネーへの交換は還元率1倍が最高ですが、現金交換の場合は最大1.2倍となります。最大1.2倍の還元率にするためには、以下の3つの条件が必要です。

1.2倍の還元率で現金にするための条件:

  1. SBIカード(SBIのクレジットカード)の所有
  2. 住信SBIネット銀行の口座開設(現金の着金先)
  3. 1万ポイント分の交換

少なくとも住信SBIネット銀行口座とSBIカードの所有が条件となっています。全ての条件が揃わなくても、1つの条件などで還元率が優遇されます。下表は、各条件での還元率をまとめたものです。

出金先交換レート
住信SBIネット銀行
(SBIカード保有)
10000ポイント→12000円
(交換レート:1.2倍)
5000ポイント→5000円
(交換レート:1倍)
住信SBIネット銀行500ポイント→425円
(交換レート:0.85倍)
他金融機関500ポイント→400円
(交換レート:0.8倍)

住信SBIネット銀行を利用するだけでも、還元率がアップします。住信SBIネット銀行は、口座開設費・維持費全て無料なので、SBIポイントを現金に交換する方は、口座開設をしておくことをオススメします。

参考 住信SBIネット銀行は、SBI証券と同時に口座開設を行うことができます。この方法であれば、カンタンに口座開設が行えます。

まとめ

ここまで紹介してきたように、SBI証券を利用して投資を行うことでSBIポイントをおトクに獲得することができます。高還元率で現金に交換できるなど、お得で利便性も高いと言えます。

SBIポイントを活用することで、実質の投資コストを下げて、投資・資産運用を行うことができますので、国内株式の売買やインデックスファンドなどの投資信託を利用した投資を行う場合、SBI証券を利用するのが良いでしょう。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

SBI証券は、投資信託の他、米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(10月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本ブログでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。