外貨入出金のコスト・利便性で選ぶおすすめ証券会社

外貨入出金のサービス・コストで選ぶおすすめ証券会社
外貨入出金のコスト・利便性で選ぶおすすめ証券会社外貨入出金のコスト・利便性で選ぶおすすめ証券会社


外貨の入出金コストは、外国株式や海外ETFなどの外貨建て資産を売買する場合に、売買手数料や為替手数料と同様に、重要なコストです。外貨入出金サービスをうまく利用することで、為替コストを節約することができます。

本ページでは、外貨の入出金ができる証券会社の外貨入出金コスト・サービスを比較、解説します。サービスの良い証券会社を選び、投資コストの削減、また利便性を向上させ、投資パフォーマンスの向上を目指しましょう。

外貨入出金サービスとは?

外貨入出金サービスの重要性、証券会社を選ぶポイントを解説していきます。

外貨入出金サービスは、なぜ必要?

証券会社で、外国株式や海外ETFなどの外国資産を購入する場合、米ドルなどの外貨が必要となります。つまり、日本円を外貨に両替する必要があり、両替の際に両替のための手数料「為替手数料」がかかります。

為替手数料を安くするには、手数料の安いネット銀行などで両替し、その外貨を証券会社に入金する方法があります。実際、証券会社で両替する半分程度のコストで済みます(下表参照)。

為替手数料の例:

金融機関為替手数料
(1米ドルあたり)
証券会社0.25円
住信SBIネット銀行0.07円

ただし、証券会社によっては、外貨の入出金手数料がかかる場合があるため、注意が必要です。そこで、本ページでは、外貨入出金サービスで手数料が無料のSBI証券を解説します。

ここまでのまとめ

  • 外国株式・海外ETFなどを購入する場合、外貨が必要
  • 外貨両替には為替手数料がかかる
  • 為替手数料は、ネット銀行などで両替し、証券会社に入金する方法が割安
  • 外貨入出金サービスが充実している証券会社を選ぶべし!

証券会社を選ぶポイント

外貨入出金サービスで証券会社を選ぶ場合、以下の2点がポイントになります。

  • 入金・出金コストが安いか?
  • 利便性が高いか?

外貨入出金のコストは、投資の初期費用として投資パフォーマンスを悪化させます。そのため、外貨入出金のためのコストの安い(もしくは無料)の証券会社を選ぶことが重要です。

また、利便性も重要です。いざ取引を行いたい時に、24時間いつでも取引ができインターネットなどでスピーディーに取引ができるのか?などがチェックポイントとなります。

以下、各ポイントを中心に各証券会社を比較していきます。

外貨入出金サービスで選ぶオススメ証券会社

外貨入出金のできる証券会社のコスト、および利便性を比較します。

外貨入出金のコスト・利便性の比較

下表は、入出金手数料や取引の方法、また入出金可能な通貨を比較した表です。外貨の入出金には、どの証券会社も手数料がかかりますが、SBI証券は、提携銀行の住信SBIネット銀行を利用することで、外貨の入金・出金がいずれも無料になります。

項目 \ 証券会社SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券
入金手数料無料有料一部無料無料
出金手数料無料有料有料有料
手続き方法インターネット可窓口・コールセンター窓口・コールセンター窓口・コールセンター
取り扱い通貨7通貨5通貨2通貨6通貨

オススメはSBI証券!

上の比較表を見てもわかるように、コスト・利便性、取り扱い通貨の多さ、全ての面で、SBI証券の外貨入出金サービスが、他証券会社よりも良いものとなっています。

ちなみに、為替手数料を安くすることのできる住信SBIネット銀行は、SBI証券の口座開設を行う際に同時に口座開設ができます。2つの口座を一緒に開設できるので、便利です。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券と住信SBIネット銀行は同時に口座開設する方法は、以下をご参照ください。

コストは投資家の確実なマイナスリターンとなるため、外貨の入出金を行う際、手数料無料で行えるSBI証券の入出金サービスは魅力的です。また、利便性も高いため、海外ETFなどの外貨建て資産の購入や将来の出金(資産の取り崩し)を考えたとき、SBI証券を利用するのが、現時点では最善策と考えられます。

私自身も、手数料のことを考え、米国ETFの売買をSBI証券で行っています。SBI証券はNISA口座での海外ETFの買付手数料が無料になる点も、おすすめポイントの1つです。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券のNISA口座の詳細は、以下をご参照ください。

外貨入出金サービスのまとめ

外国株式や海外ETFなどの外貨建て資産を購入する場合、外貨の調達コスト「為替手数料」がかかります。為替手数料は、手数料の安いネット銀行で両替し証券会社へ外貨として入金することで、安く済ませることができます。

この方法を行う場合、SBI証券の外貨入出金サービスは、コスト面・利便性ともに優れたサービスで、他証券会社の同様のサービスと比べて、頭ひとつ抜けた存在です。

SBI証券外貨入出金の特徴・メリット:

  • 入出金手数料が無料
  • インターネットで24時間外貨入出金が可能!

為替手数料などのコストは、投資の初期費用として、投資パフォーマンスを悪化させます。SBI証券の外貨入出金サービスを利用して、確実な投資パフォーマンスの向上を目指しましょう。実際、私も外国株式・海外ETFは、SBI証券で売買しています。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、コチラから行えます。

SBI証券は、外貨サービスの充実の他、投資信託や米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本ブログでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。