RIZAP(2928)やゴルフドゥ(3032)など続々と株主優待が到着!

RIZAP(2928)やゴルフドゥ(3032)など続々と株主優待が届く!
RIZAP(2928)やゴルフドゥ(3032)など続々と株主優待が届く!RIZAP(2928)やゴルフドゥ(3032)など続々と株主優待が届く!


この季節になると、3月決算企業の株主総会や株主優待、また配当金の振込など、株主には待ちに待った季節となりました。今年も、様々な企業から配当や優待を多数いただきました。

今回は、本日(7/1)までに届いた優待や配当金の中から、いくつの企業の内容をピックアップしていきたいと思います。

豪華な株主優待は?

企業の本決算は3月に集中するため、権利月が3月の株主優待は1年のうちで最多です。そのため、私の保有銘柄でもいくつかの企業から優待を頂きました。

参考 3月の注目株主優待などの詳細は、以下をご参照ください。

以下、私がいただいた優待の中から、お気に入りの優待をいくつか紹介します。

ゴルフドゥ(3032)

2017年のゴルフドゥの株主優待2017年のゴルフドゥの株主優待


ゴルフドゥ(3032)の株主優待は、2017年1月に大幅拡充されました。これまでは、ゴルフドゥの割引券のみでしたが、新規事業としてスタートしたウェルネス事業「ルアンルアン」のスキンケア用品ももらえるようになりました。

優待拡充後の利回りは、2018年3月期から始まる配当金(1株あたり10円:会社予想)とルアンルアンの優待品(3456円×年2回)を合わせて、15.73%(2017/6/29現在)と驚異的な利回りとなっています。ゴルフ用品を優待券で購入すれば、さらに利回りがアップするお得な優待となっています。

私自身、現時点でゴルフはやりませんが、父がゴルフ好きなので、色々とプレゼントなどに利用できます。また、スキンケア用品は妻が喜ぶので、大満足の優待です。

参考 ゴルフドゥの株主優待の詳細は、以下をご参照ください。

RIZAPグループ(2928)

RIZAPグループのカタログギフトRIZAPグループのカタログギフト


5月の決算発表、そして株主総会を経て株価が冒頭しているRIZAPグループ(2928)ですが、株価だけでなく株主優待もかなり魅力的です。

RIZAPグループ(2928)の株主優待は、グループ会社の商品を扱うカタログギフトです。プライベートジム「RIZAP」の割引券やプロテインはもちろんのこと、健康食品やサプリメント、美容品、生活雑貨、書籍など、グループ企業で扱う様々な商品の中から好きな商品が選べます。

私自身、ライザップのプロテインや健康食品、美容品などを選んでいますが、特に今年はグループ企業が大変多くなり、選ぶ商品を迷いそうです。

参考 RIZAPグループの株主優待の詳細は、以下をご参照ください。

オリジナルデザインのクオカード

日進工具のオリジナルクオカード日進工具のオリジナルクオカード


3月は、たくさんの銘柄からクオカードが届く時期でもあります。たくさんのクオカードをもらいますが、個人的にはオリジナルデザインのクオカードに愛着を持ちます。今回は、日進工具(6157)のオリジナルデザインのクオカードがお初でした!

また、前期中に株数に応じてクオカードの金額がかわるようになったオカダアイヨン(6294)の買い増し時期を模索中です。米国インフラ系の銘柄ですし、中経に向けて一時ふるわなかったものの、上向いてきた印象です。

参考 3月のクオカード優待銘柄の詳細は、以下をご参照ください。

ちなみに、私自身のクオカード利用法は、ほとんどの場合ドラッグストアです。あまり、コンビニやファミレスに行かないのもありますが、ドラッグストアは、元々の商品の価格が低いので、生活費の節約になるうえ、クオカードで払えるので、節約効果は高いと思っています。

参考 クオカードの利用可能店舗など、お得な利用方法は、以下をご参照ください。

利回りの高い配当金も嬉しい!

株主優待も嬉しいですが、株主にとって「リアルマネー」である配当金も3月はガッツリもらえて嬉しいですよね。まだまだ、投資金が少ないので、配当金も全体数十万円程度ですが、将来的には配当金で年収超えるくらいになりたいですね。(汗)

アグレ都市デザイン(3467)

前期の配当金は、アグレ都市デザイン(3467)から一番多くもらったと思います。アグレ都市デザインは、業績が良く、東証2部(将来的に1部?)などポジティブな要素が多いものの、クオター毎の業績や四季報などで乱高下することがあるので、そこで買いまいしているうちに、比率がかなり多くなりました。。。

配当利回りも4%近く、ほとんどNISA口座で保有しているため、かなりの配当金がゲットできました。四季報では、利益率が悪くなりそうな文章も見受けられますが、今後どうなるか?注目しています。

NISA口座の配当金はさらに嬉しい!

上でも書きましたが、やはりNISA口座での保有銘柄から配当金が入ると、かなりお得感がありますね。通常だと20%程度が税金で持っていかれてしまう分が、

ちなみに、私自身は、SBI証券でNISA口座を開設しています。NISA口座内の取引手数料が無料になることやPTS取引や地方市場の取引など利便性もネット証券として、個人的に一番良いと感じているので、SBI証券でNISA口座を使い続けています。

NISA口座内の取引手数料が無料というのは、GMOクリック証券楽天証券などでも行っていますが、SBI証券の場合、地方市場(名古屋や札幌、福岡など)の銘柄が購入できる点が、個人的には最大の魅力となっています。地方市場の取引ができないと、RIZAPグループやゴルフドゥなども取引できなかったわけなので。。

参考 SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(11月30日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

SBI証券は、本ページで紹介した米国株の他、投資信託や海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(11月30日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本ブログでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。