MS-JAPAN(6539)が株主優待の新設を発表!アンジェスも順調に上昇

MS-JAPAN(6539)が株主優待の新設を発表!アンジェスも順調に上昇
MS-JAPAN(6539)が株主優待の新設を発表!アンジェスも順調に上昇MS-JAPAN(6539)が株主優待の新設を発表!アンジェスも順調に上昇


昨日のグッドコムアセット(3475)に続き、東証1部昇格期待の銘柄として注目されているMS-JAPAN(6539)が株主優待の新設を発表しました。

そこで、優待の内容や東証1部へ向けての条件面の確認などしていきたいと思います。また、保有中の銘柄についてもいくつかチェックしていきます。

MS-JAPAN(6539)株主優待の新設で東証1部へ足固め

MS-JAPANは、IPO以来、度々インタビューなどで社長が東証1部への意欲を表明しており、優待の新設などが待たれていました。以下、今回新設された優待の内容、また東証1部昇格へ向けての条件面などをチェックしていきます。

優待内容

MS-JAPANの株主優待は、食品、電化製品、ギフト、旅行・体験などに交換できる株主優待ポイントです。下表のように、保有株数によってもらえる優待ポイント数が変わってきます。

保有株数優待ポイント(年間)
200株以上8,000pt
300株以上12,000pt
400株以上18,000pt
500株以上25,000pt
600株以上35,000pt
700株以上45,000pt
800株以上50,000pt
2,000株以上60,000pt
4,000株以上80,000pt
1万株以上100,000pt

優待獲得のための最低単位株が200株ですが、株数が増えるにつれて小刻みにもらえるポイント数が増える点が特徴です。また、優待獲得の権利月は3月と9月の年2回です。

東証1部昇格へ向けて

これまで、MS-JAPANは各種メディアやインタビューなどで東証マザーズから東証1部への市場変更の意欲を示しています。今回の株主優待で、東証1部の条件である株主数2,200人以上を安定的に確保すると思われます。

しかし、流動比率の条件は満たしておらず、東証1部市場変更時にそれなりに大きめの売り出しの可能性もあるので、希薄化には注意が必要かもしれません。

アンジェスは増担解除でどうなるか?

昨日のブログ記事で取り上げた、アンジェスですが7/12も上昇しました。5日線が上向きになり、そこから陽線が飛び出る教科書的には利用の形だったので注目していましたが、教科書通りの続伸でした。

ただし、増し担解除の期待感で上昇した可能性もあるかもしれないので、今日の動きは要チェックですね。理想では、窓を開けて始らないものの引けに向けて上昇しする形ですが、前回の777円引けのような値動きだと、明後日以降の本格上昇が期待できるかもですね(あくまで期待からの妄想です)。

参考 昨日の記事は、以下をご参照ください。

昨日のブログのメインテーマだったグッドコムアセット(3475)は本日も強そうですね。もちろん、PTS上昇ランキングでも1位となっています。一昨日のPTSで1400円台で買えた人は、本当にラッキーだったと思います(私は買えてません)。おめでとうございます。