株主優待

宝印刷(7921)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説

宝印刷(7921)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説

宝印刷(証券コード:7921)の株主優待は、1,500円〜相当のカタログギフトです。ジュース詰め合わせ等から選べるギフトが、年1回(権利月:5月)もらえます。10万円台程度と比較的小額から投資が行えうえ、利回りが高い点が魅力です。

本ページでは、宝印刷の株主優待について詳しく紹介していきます。優待の内容や配当金・利回り、ビジネスについても解説します。(2018年5月23日のデータを基に作成)

宝印刷など買付金額が20万円以下の株式は、岡三オンライン証券での取引がお得です。1日の取引合計額が20万円以下の場合、手数料無料になります。

宝印刷(7921)の株主優待

宝印刷のビジネスや株主優待内容、利回り等を解説します。

宝印刷とは?企業紹介

宝印刷は、上場企業の情報開示・IRなどの支援サービスを行っている企業です。上場準備から支援を行っており、上場企業のディスクロージャー事業として寡占的に業務を行っている点が強みです。ROE8%を目標に掲げており、目標達成のため増配や自社株買いが期待できるかもしれません。(参考:製品・サービス|宝印刷)

優待内容:カタログギフト

宝印刷の株主優待は、1,500円〜相当のカタログギフトです。果物・野菜飲料やお菓子、ふりかけ等からの中から好きなもの1点が選べます。(優待カタログ)

また、優待は年1回(権利月:5月)で、選べるギフトの種類(金額)は、保有株数や保有期間によって変わります(下表参照)。2,000株以上を3年間継続(同一株主名で4回連続5月の株主名簿に掲載)保有すると最大3,500円相当がもらえます。

宝印刷の株主優待(保有株数別)

保有株数\保有期間 3年未満 3年以上
100株以上 1,500円相当 2,000円相当
2,000株以上 3,000円相当 3,500円相当

株価・優待のデータ
  • 優待時期:年1回(5月末)
  • 優待獲得のための最低必要株数:100株
  • 優待獲得のための最低購入金額:196,300円
  • 購入手数料:証券会社による(詳細)
  • PER:23.09倍
  • PBR:1.53倍

宝印刷の他、5月権利の優待は、以下をご参照ください。

あわせて読みたい
5月株主優待のおすすめは?権利確定日や配当、注目の優待内容を解説
5月株主優待のおすすめは?権利確定日や配当、注目の優待内容を解説5月の株主優待は30銘柄程度と少ないですが、配当・優待利回りの高い銘柄が多い点が特徴です。クォカードなど金券系の優待もあり、意外に質の高...

権利月と権利確定日、到着時期

宝印刷の株主優待は、年1回(権利月:5月)もらえます。5月の権利付き最終日までに株式を購入しましょう。2018年5月の権利付き最終日は5月28日(月)です。また、優待は、8月頃に届く優待案内に従って手続きやギフトの選択を行う流れとなります。(参照)

権利日の解説や各月の権利日は、以下からご確認ください。

あわせて読みたい
2018年(平成30年)権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日一覧【カレンダー】
2018年(平成30年)権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日一覧【カレンダー】株主優待を獲得するには、ある決まった日に、優待銘柄を保有していなくてはいけません。その決まった日というのが権利日と言われるものです。権利...

優待・配当利回り

宝印刷の配当金は、1株あたり50円(会社予想)です。配当利回りは2.55%です。また、優待と合わせた利回りは、100株保有で3.32%と、配当金だけでも高水準ですが、優待とあわせるとお得感が増します。

宝印刷と同様にカタログギフトの優待銘柄や、利回りが高い人気優待は、以下をご参照ください。

あわせて読みたい
カタログギフトがもらえる人気の株主優待は?おすすめ優待銘柄、注目ランキングなど
カタログギフトがもらえる人気の株主優待は?おすすめ優待銘柄、注目ランキングなど カタログギフトがもらえる株主優待は、日用品や食材、お酒、また普段買わないような高級品など生活スタイルや好みに合わせて様々...

おすすめ証券会社は?宝印刷の株式を安く購入する方法

宝印刷株の優待獲得のための最低必要金額は196,300円です。20万円以下の株式を購入する場合、岡三オンライン証券がオススメです。岡三オンライン証券であれば、一日の取引額の合計が20万円以下の場合、取引手数料が無料になります。

株式売買手数料の比較(証券会社毎)

証券会社 \ 約定代金 〜10万円 10〜20万円 〜50万円 〜100万円
岡三オンライン証券 無料 無料 350円 600円
SBI証券 無料 105円 250円 487円
楽天証券 無料 105円 250円 487円
むさし証券トレジャーネット 75円 95円 175円 320円
ライブスター証券 80円 97円 180円 340円
GMOクリック証券 88円 98円 241円 436円
松井証券 無料 300円 500円 1,000円
マネックス証券 100円 180円 450円 1500円
カブドットコム証券 90円 180円 250円 990円
SMBC日興証券 125円 180円 400円 800円

株式売買手数料は、最安値(税抜)表示

SBI証券楽天証券松井証券も1日の取引額が10万円以下の場合、手数料無料になりますが、20万円以下で無料なのは、岡三オンライン証券のみとなっています。手数料は、投資の確実なマイナスリターンとなるので、できるだけ安い証券会社で取引を行いましょう。

また、岡三オンライン証券の手数料に関しては、以下をご参照ください。

あわせて読みたい
岡三オンライン証券の手数料は安い?現物・信用取引、定額プラン等を比較
岡三オンライン証券の手数料を比較!20万円以下の無料枠は超おすすめ!岡三オンライン証券は、2017年の手数料改定で、1日最大40万円の取引まで手数料無料を発表して以降、急速に人気・注目を集めている証券会社...

岡三オンライン証券は、手数料の安さの他にも、100%完全平等抽選のIPOや投資信託、また様々な投資ツールや情報提供番組で人気の証券会社です。情報や番組は、口座開設(無料)を行なえば、誰でも見れるので、この機会に口座開設をしてみても良いかもしれません。

岡三オンライン証券のメリット・特徴

岡三オンライン証券
  • 投信の保有額に応じてお得な特典
  • 100%完全平等抽選のIPO
    ⇒小資金の方でも比較的当選しやすい
  • 口座開設&入金だけで現金がもらえる

また、現在、岡三オンライン証券の口座開設キャンペーンで優待ガイド「株主優待大賞2018年」がもらえるほか、最大3ヶ月間手数料が実質無料になるので、口座開設にかなりお得なタイミングです。

また、岡三オンライン証券の各サービスの詳細は、以下をご参照ください。