つみたてNISA

つみたて(積立)NISAのオススメ金融機関・証券会社は?【2018年版】

積立NISA(つみたてニーサ)のオススメ金融機関・証券会社は?【2017年版】

2018年により新たな小額投資非課税制度として「積立NISA(つみたてニーサ)」がスタートします。非課税枠は現行のNISAより低いものの、非課税期間が4倍の20年になる制度、長期の資産形成に向いた制度です。

本ページでは、その積立NISAを行なう金融機関(銀行・証券会社など)の選び方やオススメを解説していきます。証券会社によっては、長期の資産形成において、資産形成を加速できるものもあるので、しっかり選んでいきましょう。

つみたてNISAとは?

はじめに、つみたてNISAについて簡単に解説します。どのような制度か理解しておくことで、金融機関の選び方も変わってきますので、復習しておきましょう。すでに、ご存知の方は、読み飛ばしていただいて構いません。

つみたてNISAとは、2018年からスタートする新たな小額投資非課税制度です。現行のNISA同様、金融商品の値上がり益や分配金など投資益が非課税になる制度です。

日本在住の20歳以上の方が対象で、年間の利用限度額(投資上限)は40万円となっています。現行NISAの年間限度額120万円よりも小額ですが、その分、非課税期間が20年間と長期で非課税メリットを受けられる点が特徴です。

つみたてNISAの概要
  • 対象者:20歳以上(日本在住)
  • 利用限度額:40万円
  • 非課税期間:20年
    ⇒累計非課税限度額:800万円(=40万円×20年)

現行NISAとの違い・比較

現行NISAとの大きな違いは「非課税期間」と「年間の非課税枠(投資限度額)」です。

非課税期間は、現行NISAが5年であるのに対し、積立NISAは20年間も非課税メリットを受けられます。その分、積立NISAの年間の非課税枠は40万円と少なくなる点が両者n違いです。

項目 積立NISA 現行NISA
対象者 20歳以上(日本人) 20歳以上(日本人)
利用限度額 年間40万円 年間120万円
非課税期間 20年 5年
運用できる商品 金融庁が認める投資信託・ETF 国内外の個別株・ETF・REIT、および投資信託

また、利用できる金融商品にも違いがあります。現行NISAは、ほとんどの金融商品が利用可能でしたが、積立NISAは、金融庁が認めた投資信託ETFのみが対象商品となっています。

積立NISAは運用期間が20年と長期になるため、利用できる金融商品も金融庁のチェックが入り、認められた商品のみが対象となるようです。「」で詳しく説明しますが、手数料の安いインデックスファンドアクティブファンドが対象となっている点が特徴です。

つみたてNISAの概要・他制度との比較・詳細は、以下をご参照ください。

あわせて読みたい
積立NISA(つみたてニーサ)とは?他との比較、メリット・デメリットは?
積立(つみたて)NISAとは?手数料や利回り、おすすめ商品・証券口座など徹底解説つみたてNISAとは、2018年1月から始まった新たな小額投資非課税制度(NISA)です。現行NISAの非課税期間が5年間であるのに対し...

つみたてNISAのオススメ金融機関・証券会社は?

つみたてNISA用の金融機関を選ぶポイントは、ずばり「コスト・手数料」です。コストは、投資家の確実なマイナスリターンとなるので、少しでも安い、またはお得な金融機関(ほとんどの場合ネット証券)で、運用を行なうことが重要です。

ポイント制度がお得な「SBI証券」がオススメ

積立NISAの場合、対象商品が購入手数料無料なので、どの金融機関で商品を購入しても同じです。しかし、SBI証券楽天証券では、ポイント制度により、お得に投資信託を保有できるので、積立NISAは、いずれかのネット証券がオススメです。

ポイント制度とは、投資信託の保有残高に合わせてポイントが還元されるサービスです。SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券の4社が導入しています。ポイントは、現金や電子マネーなどに交換できるため、ポイント還元率の高いネット証券で積立NISAを行なうことが重要です。

以下の表は、ネット証券のポイントプログラムの比較を行ったものです。結論から言うと、SBI証券の投信マイレージが還元率が良く利便性が高いと言えます。

証券会社 還元率 特徴
SBI証券 年率0.1%
(最大:年率0.24%)
楽天証券 残高10万円毎に月4ポイント
(最大:年率0.048%)
  • ポイント除外ファンドが少ない
  • 還元率は少ない
マネックス証券 月平均保有額の年率0.08%
(最大:年率0.08%)
  • 低コストのインデックスファンドはポイント除外
カブドットコム証券 月平均保有額100万円につき1ポイント
(最大:年率0.24%)

投資信託の保有でポイントが貯まるネット証券の比較

つみたてNISAの金融商品の場合、カブドットコム証券とマネックス証券はほぼ全ての商品がポイント付与対象外となるので候補から外れます。また、楽天証券は還元率が最大0.048%と低いので、SBI証券(ポイント還元率:0.05%〜0.24%)での購入・保有がお得になります。

積立NISAは、運用期間が最大20年間と長期投資が可能です。この長い投資期間に、ポイント還元率が高いSBI証券を利用する場合と他の金融機関を利用するので、運用効率が大きく変わってきます。SBI証券の口座開設費・維持費は無料なので、これから積立NISAをはじめようと思っている方は、利用すると良いでしょう。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンでさらに最大10万円がもらえます(6月30日まで)。

>>> SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券では、お得なつみたてNISAキャンペーンも開催中です。

https://money-laboratory-ryoma.net/sbi-tnisa-campaign-201710/

IPOや信用取引するなら「岡三オンライン証券」もアリ

基本的に、SBI証券を選べば良いと思いますが、つみたてNISAの他に、現在(または将来)、IPO(新規公開株)や国内株式の投資を行いたいと思っている方は、岡三オンライン証券という選択肢もあります。

岡三オンライン証券では、投資信託の保有額が1,000万円以上になると、IPOの当選確率が大幅にアップしたり、国内株式の信用取引の手数料が最大無料になるなど、お得なサービスを行なっています。

1,000万円以上なので、ハードルが高いかもしれませんが、将来的に狙っている方は、岡三オンライン証券で積立を行なうのも選択肢の1つになりそうです。

岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設は、以下の公式ページから行なえます。

岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、岡三オンライン証券の投資信託サービスに関する詳細は、以下をご参照ください。

あわせて読みたい
岡三オンライン証券で投資信託を購入するメリット・デメリットは?
岡三オンライン証券で投資信託を購入するメリットは?手数料など解説岡三オンライン証券は、購入手数料無料(ノーロード)の投資信託が充実しており、保有額に応じて、株式の売買手数料が無料になったり、IPOの当...

まとめ・ランキング

ここまで解説してきたように、つみたてNISAのオススメNo.1は、ポイント分投資信託の保有がお得になるSBI証券でした。

つみたてNISAおすすめランキング【まとめ】:

    【1位】SBI証券:ポイント還元がお得
    【2位】岡三オンライン証券:保有額による優待制度でIPOが当たりやすい。信用取引手数料も0円に
    【3位】楽天証券:ポイント還元があるが、SBI証券と比べて還元率が低い

将来的に、IPO投資または信用取引を考えている方は、岡三オンライン証券もなかなか良いと思います。IPOの当選確率が飛躍的にアップするのは、美味しいですもんね。ちなみに、私自身は、SBI証券をメインに岡三オンライン証券をサブ口座として使っています。

本記事で紹介した証券会社は、以下の公式ページから、詳細確認・口座開設(無料)が行なえます。今ならSBI証券の口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(6月30日まで)

SBI証券は、お得な投資信託の他にも、米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンでさらに最大10万円がもらえます(6月30日まで)。

>>> SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

SBI証券の口座開設方法やキャンペーンの詳細は、以下の記事をご参照ください。