バンガード米国高配当株式ETF(VYM)はSBI証券での売買がおトク!?

バンガード米国高配当株式ETF(VYM)はSBI証券での売買がおトク!?

バンガード米国高配当株式ETF(VYM)は、アメリカの株式市場への投資を目的としたETFです。経費率(信託報酬)0.08%と超低コストで、米国の高配当利回り銘柄に分散投資が行える点が特徴です。

この超低コストETFですが、実はSBI証券であれば、米国ETFでネックとなる取引手数料(売買手数料、および為替手数料)を抑えて投資を行うことができます。そこで、本ページでは、SBI証券の手数料がお得な理由を解説していきます。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます。(7月31日まで)

>>> SBI証券公式ページ

バンガード米国高配当株式ETF(VYM)とは?

はじめに、バンガード米国高配当株式ETF(VYM)について、簡単に紹介・解説をします。すでにご存知の方は、読み飛ばしていただいて構いません、

バンガード米国高配当株式ETF(VYM)は、米国株式市場への投資を目的としたETFで、マイクロソフトジョンソン&ジョンソンAT&T等の高配当銘柄から構成されています。バンガードETFの1つで、手数料の安さが魅力です。

ETF保有時にかかる手数料「信託報酬(経費率)」が年率0.08%と、バンガード・S&P500ETF(VOO)iシェアーズS&P500ETF(IVV)等と比べると若干高めですが、高配当株を投資対象としてETFとしては、最安水準となっています。

バンガード米国高配当株式ETF(VYM)の詳細は、以下をご参照ください。

バンガード米国高配当株式ETF(VYM)とは?配当金(分配金)利回りなど解説
バンガード米国高配当株式ETF(VYM)とは?配当金(分配金)利回りなど解説 バンガード米国高配当株式ETF(VYM)は、アメリカの株式市場への投資を目的としたETFです。経費率(信託報酬)0.08...

なぜSBI証券での取引がお得なのか?

なぜ、バンガード米国高配当株式ETF(VYM)をSBI証券で取引するのがお得なのか?その理由を解説していきます。SBI証券の手数料体系やNISA口座のサービス等、コスト面を中心に解説していきます。

SBI証券とは?海外(米国)ETF取引のメリットは?

SBI証券は、投資信託、国内・海外株式(ETF含む)、FX、CFD、保険や確定拠出年金(DC)など、多くの金融商品を扱っている総合証券です。格安の取引コスト(売買手数料)、取引の利便性、また独自のサービス等から人気の高い証券口座です。

実際、大手ネット証券会社として多くの投資家に使われ続けており、人気のバロメーターとも言える口座開設数(シェア)は、ネット証券でダントツの1位です。

SBI証券公式ページ

SBI証券でバンガードETFなど米国ETFを取引するメリットは、主に以下のようなものがあります。米国株・ETFなど海外ETFのサービスも充実しており、海外ETFの取引コストや利便性、いずれをとっても魅力的な内容です。

  • 全9カ国の外国株式が購入可能
  • 海外株式も特定口座対応
  • 売買手数料が業界最安水準
  • NISAなら海外ETFの買付手数料無料
  • 米国株は貸株にも対応
  • 充実のキャンペーンでおトク!

外国株は、米国の株式・ETFだけでなく、全9カ国の株式が購入可能となっており、業界で最多水準となっています。また、海外株式・ETFが特定口座に対応しているので、利便性は申し分ありませんし、以下解説するように、取引手数料も業界最安水準となっています。

SBI証券公式ページ

米国ETFの取引手数料(トータルコスト)が最安

SBI証券の最大の魅力は手数料の安さです。以下、手数料の安いネット証券との取引手数料を比較していきます。

ネット証券では、SBI証券楽天証券マネックス証券の3社で米国ETFの取引が行えますが、最も手数料が安いSBI証券がオススメです。

米国ETFを取引する場合、ETFの売買時に係る手数料「売買手数料」、また日本円を米ドルに両替するための「為替手数料」の2種類の手数料(コスト)がかかります。米国ETFは米ドルで売買しなくてはいけないので、売買手数料の他に為替手数料がかかります。

米国ETFの取引にかかる手数料
  • 売買手数料:米国ETFを売買する際にかかる手数料
  • 為替手数料:日本円を米ドルに両替する手数料

以下の表は、米国ETFの取り扱いを行っているネット証券の売買手数料・為替手数料を比較したものです。売買手数料は、SBI証券とマネックス証券が同水準の安さですが、為替手数料はSBI証券の方が安いことがわかります。そのため、取引にかかるトータルコスト(売買手数料+為替手数料)は、SBI証券が最も安くなります。

証券会社売買手数料為替手数料
(1ドル両替あたり)
SBI証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
住信SBIネット銀行で0.04円
マネックス証券約定額の0.45%
(最低5ドル、最大20ドル)
0.25円
楽天証券25ドル0.25円

為替手数料が安くなる住信SBIネット銀行は、SBI証券の口座開設時に、カンタンに同時口座開設ができます。サービスも連携していて使いやすくなっています。また、SBI証券のNISA口座であれば、買付手数料が無料になる点も大きなメリットです。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大15万円がもらえます。(7月31日まで)

SBI証券公式ページ

また、住信SBIネット銀行の同時口座開設の方法などは、以下の記事をご参照ください。

SBI証券と住信SBIネット銀行の同時口座開設の方法
SBI証券と住信SBIネット銀行の口座を同時に開設する方法SBI証券・住信SBIネット銀行は、いずれもトップクラスの人気を誇る金融機関です。二つの金融機関を連携して利用することで、便利かつ超低コ...

NISAなら積立でも買付手数料無料

海外ETFは、手数料がインデックスファンドや国内ETFと比べて割高であるため、小額積立はもったいないと思うかもしれません。実際、私もそう考えていました。しかし、NISA口座を利用すれば手数料無料で買付・積立ができるようになりました。

SBI証券・楽天証券・マネックス証券のどのNISA口座でも海外ETFの買付手数料が無料になります。そのため、小額積立を行いたい方は、これらのネット証券を選ぶと良いでしょう。

私自身は、元々の手数料が安く済むSBI証券を利用しています。NISA枠(年間120万円の上限)をはみ出たとしても割安な手数料でバンガードなどの米国ETFが購入できます。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大15万円がもらえます。(7月31日まで)

SBI証券公式ページ

SBI証券のNISA口座の特徴は、以下の記事をご参照ください。

SBI証券NISA口座の特徴は?手数料・キャンペーン・口座開設(住民票代行サービス)など解説!
SBI証券NISA口座の特徴は?手数料・キャンペーン・口座開設(住民票代行サービス)など解説! SBI証券は、業界トップクラスの金融商品の品揃えや手数料の安さから、高い人気を誇る証券会社です。NISA口座においてもコ...

今ならSBI証券の口座開設で最大10万円がもらえる

米国株・ETFなどの海外ETFがお得に取引できるSBI証券では、現在おトクな口座開設キャンペーンを行っています。口座開設および各種取引で最大10万円がもらえます。口座開設費や維持費は無料なので、この機会に口座開設をすると良いでしょう。

SBI証券 キャンペーン【公式】

SBI証券の口座開設キャンペーンで現金15万円ゲットするお得な方法とは?
SBI証券の口座開設キャンペーンで現金15万円ゲットするお得な方法とは?SBI証券では、これから口座開設する方に、おトクなキャンペーンを行っています。新規口座開設やNISA口座開設、また各種取引で最大15万円...

SBI証券は、海外ETFだけでなく、投資信託や米国株の品揃えが良く、コストも業界最安水準です。また、投信マイレージIPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

SBI証券 キャンペーン【公式】

SBI証券口座開設のポイント(メリット・デメリットなど)
SBI証券を徹底検証!口座開設のメリット・デメリットを解説!SBI証券 は、多くの投資家が利用している老舗の証券会社です。口座開設数はネット証券の中でダントツの1位で、最新のオリコン日本顧客満足度...