株主優待

ヴィアホールディングス(7918)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説

ヴィアホールディングス(7918)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説
ヴィアホールディングス(7918)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説ヴィアホールディングス(7918)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説


ヴィアホールディングス(証券コード:7918)の株主優待は、年間5,000円〜相当の食事券です。自社飲食店の他、焼き鳥テイクアウトや女性人気の「パステル」をお得に利用することができます。また、プレミアムビールなどカタログ商品との交換も可能なので、近くに店舗が無い方でも安心です。

本ページでは、ヴィアホールディングスの株主優待について詳しく紹介していきます。優待の内容や配当金・利回り、ビジネスについても解説します。(2016年11月29日のデータを基に作成)

自分にピッタリの株主優待がみつかるSBI証券の株主優待検索ツール!

ヴィアホールディングス(7918)の株主優待

ヴィアホールディングスのビジネスや株主優待内容、利回り等を解説します。

ヴィアホールディングスとは?企業紹介

ヴィアホールディングスは、焼き鳥居酒屋やお好み焼き屋など外食事業を展開する企業です。もともと首都圏中心でしたが、M&Aを期に積極展開しています。また、選択と集中を行い、印刷事業からは撤退、そして外食に集中しています。

居酒屋の他には、焼き鳥のテイクアウトができる「紅とん」や女性の方にプリンが人気の「パステル」などを運営しています。昨今は、これらのカジュアルダイニングなどが好調に推移しています。

優待内容:食事券

ヴィアホールディングスの株主優待は、年間5,000円〜相当の食事券です。食事券は1枚500円相当の価値があります。優待獲得のための権利月は3月・9月の年2回で、下表のように保有株数によって、優待券の枚数(金額)が変わります。

ヴィアホールディングスの株主優待(保有株数別):

保有株数 優待券の枚数(金額)
100株以上 5枚(2,500円相当) ×年2回
200株以上 10枚(5,000円相当) ×年2回
300株以上 15枚(7,500円相当) ×年2回
400株以上 20枚(10,000円相当) ×年2回
500株以上 25枚(12,500円相当) ×年2回
600株以上 30枚(15,000円相当) ×年2回
700株以上 35枚(17,500円相当) ×年2回
800株以上 40枚(20,000円相当) ×年2回
900株以上 45枚(22,500円相当) ×年2回
1000株以上 50枚(25,000円相当) ×年2回

優待券は、ヴィアホールディングスの全国の店舗で利用できますが、お近くに店舗が無い方は、カタログギフトから商品をもらうことができます。

カタログギフト|ヴィアホールディングス

株価・優待のデータ:

  • 優待時期:年2回(3月末、9月末)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:90,800円
  • 購入手数料:証券会社による(詳細)
  • PER:94.58倍
  • PBR:4.29倍

権利月と権利確定日、到着時期

ヴィアホールディングスの株主優待は、年2回(権利月:3月・9月)もらえます。本優待が欲しい方は、3月および9月の権利付き最終日までに株式を購入する必要があります。2017年3月の権利付き最終日は3月28日(火)、2017年9月の権利付き最終日は9月26日(火)です。

また、優待券の到着時期は、3月分が7月上旬頃、9月分が11下旬頃の予定です(詳細)。

参考 権利日の解説や各月の権利日は、以下からご確認ください。

優待・配当利回り

ヴィアホールディングスの配当金は、1株あたり5円(会社予想)です。配当利回りは0.55%ですが、優待と配当を合わせた利回りは、100株保有で6.06%となっています。配当利回りはそこまで高くありませんが、優待利回りが非常に高くお得感があります。

参考 本優待以外の、3月・9月の注目優待は、以下をご参照ください。

おすすめ証券会社は?ヴィアホールディングスを安く購入する方法

ヴィアホールディングスの優待獲得のための最低必要金額は90,800円です。10万円以下の株式を購入する場合、手数料最安は松井証券です。一日の取引額の合計が10万円以下であれば、手数料無料で株式を購入できます。

株式売買手数料の比較(証券会社毎)

証券会社 \ 約定代金 〜10万円 10〜20万円 〜50万円 〜100万円
岡三オンライン証券 無料 無料 350円 600円
SBI証券 無料 105円 250円 487円
楽天証券 無料 105円 250円 487円
むさし証券トレジャーネット 75円 95円 175円 320円
ライブスター証券 80円 97円 180円 340円
GMOクリック証券 88円 98円 241円 436円
松井証券 無料 300円 500円 1,000円
マネックス証券 100円 180円 450円 1500円
カブドットコム証券 90円 180円 250円 990円
SMBC日興証券 125円 180円 400円 800円

株式売買手数料は、最安値(税抜)表示

参考 証券会社の手数料の比較は、以下をご参照ください。

ただし、GMOインターネットGMOクリックHDの株主優待を使うと、GMOクリック証券での売買手数料が実質無料になるので、個人的にはGMOクリック証券がオススメです。ちなみに、私はメイン口座としてGMOクリック証券を利用しています。

株主優待でGMOクリック証券の売買手数料を実質無料(0円)にする方法

参考 GMOクリック証券・ライブスター証券の詳細確認・無料口座開設は、以下からの公式ページから行えます。ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。

また、株主優待の検索や売買向けの証券会社の比較・解説は、以下をご参照ください。

まとめ

ヴィアホールディングス(7918)の株主優待は、優待利回りが高くお得な優待券です。優待券は、豪華なカタログ商品との交換も可能なので、お近くに店舗が無い方でも安心して利用することができる点もプラス材料です。

ヴィアホールディングスの株主優待

  • 年間5,000円〜分の食事券
  • 権利日は3月末・9月末(年2回)
  • 配当+優待利回りは、最大6.06%
  • 手数料最安は松井証券、ただし、優待を利用すればGMOクリック証券で手数料実質無料

参考 本記事で紹介した証券口座は、以下から無料で口座開設が行えます。投資コスト削減のため、ご興味をもたれた方は、ぜひご覧ください。