20万円以下で買える4月のおすすめ株主優待銘柄は?

20万円以下で買える4月のおすすめ株主優待銘柄は?
20万円以下で買える4月のおすすめ株主優待銘柄は?20万円以下で買える4月のおすすめ株主優待銘柄は?


本記事では、4月の株主優待の中から20万円未満で購入可能なもの、そして人気・注目を集めている銘柄をピックアップして行きます。

4月は、飲食系やお食事、レジャーなど質の高い優待、またクオカードの高利回り優待などが多くありますが、比較的小資金でも購入できる株式でも、そのような優待を堪能することができます。

参考 投資額が20万円以下の株式は、岡三オンライン証券がお得です。1日の取引額が20万円以下の場合、手数料が無料になります。

株主優待野村証券のキャンペーン・まとめ【2018年5月】口座開設や個人国債、NISAなど投資に岡三オンライン証券が良い理由は?20万円以下なら手数料が無料
株主優待投資に岡三オンライン証券が良い理由は?20万円以下なら手数料が無料 2017年の新成長戦略から快進撃を続ける「岡三オンライン証券」では、優待投資においても、お得で利便性の高いサービスを行っ...

20万円以下で購入できる4月の株主優待

4月権利の株主優待の中で、20万円以下で購入できるものは、以下の10銘柄があります(4月17日現在)。アイケイケイや日本ビューホテルなど、人気の優待銘柄も20万円未満で購入できます。

20万円以下で購入できる優待銘柄一覧

銘柄名(証券コード)特徴
ファースト住建
  • クオカード、自社製品
  • 年2回(4月末・10月末)
  • 優待+配当利回り:3.59%
アイケイケイ(2198)
  • 1,500円〜相当の自社製品、または食事券
  • 年1回(4月末)
  • 優待+配当利回り:3.42%
トーシン(9444)
  • 直営店舗やゴルフ場で利用できる株主優待カード
  • 年2回(4月末・10月末)
  • 優待+配当利回り:3.04%
日本ビューホテル(6097)
  • 年間4,000円〜相当の優待券
  • 年2回(4月末・10月末)
  • 優待+配当利回り:4.05%
東和フードサービス(3329)
  • 年間2,000円分〜の食事券、または自社製品
  • 年2回(4月末・10月末)
  • 優待+配当利回り:1.63%
グッドコムアセット(3475)
  • 年間4,000円相当のクオカード
  • 年2回(4月末・10月末)
  • 優待+配当利回り:3.92%
ビジョナリーHD(9263)
  • 年間4万円相当の仕立て券と30%優待券
  • 年2回(4月末・10月末)
  • 優待+配当利回り:–%
フルスピード(2159)
  • 自社サービス(事務手数料・利用料金)の割引
  • 年1回(4月末)
  • 優待+配当利回り:最大8.98%
Hamee(3134)
  • 年間3,000円相当のクーポン券など
  • 年2回(4月末・10月末)
  • 優待+配当利回り:最大2.34%
アスカネット(2438)
  • 1,000円〜相当の自社サービス利用券
  • 年1回(4月末)
  • 優待+配当利回り:最大1.14%

参考 金額に関わらず、優待銘柄をお探しの方は、以下をご参照ください。

4月株主優待のおすすめは?権利確定日や配当、注目の優待内容を解説
4月株主優待のおすすめは?権利確定日や配当、注目の優待内容を解説 4月は、テンポスホールディングスやくらコーポレーションなどの飲食系優待、また伊藤園などの食品・飲料系優待などがあり、数は...

おすすめ優待は?

まず、利便性がよく利回りが高い銘柄としてあげられるのが「グッドコムアセット(3475)」です。年2回ずつ2,000円分(年間4,000円分)のクオカードがもらえる上、配当金もそれなりにもらえます。

クオカードは、コンビニやファミレス、ドラッグストアで、ほぼ現金として利用できるため、汎用性の高い優待です。これでいて、配当+優待利回りが4%に近い水準は、お得な部類です。

参考 4月のクオカード優待に関しては、以下をご参照ください。

クオカード優待の利回りランキング【4月権利の株主優待】
クオカード優待の利回りランキング【4月権利の株主優待】 クオカードは、コンビニやファミレス等でほぼ現金同様に利用できるため、株主優待として人気の優待品です。そのため、多数の企業...

美味しいスィーツや高級レストランで利用できる優待券をもらえる「アイケイケイ(2198)」も根強い人気があります。また、全国のビューホテルや那須のリゾート地を利用される方は「日本ビューホテル(6097)」の優待も利回りが非常に高く、オススメです。

4月のおすすめ優待【20万円以下】

このように、20万円以下の投資資金でも、4月の人気優待銘柄を購入することができます。また、以下解説するように、20万円以下の株式は、岡三オンライン証券で手数料無料で購入できるので、さらにお得に優待をゲットすることができます。

お得な購入先(証券会社)は?

投資にかかる手数料(コスト)は、確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスや優待などの利回りを悪化させます。そのため、手数料がなるべく安い証券会社で取引を行うことが重要です。

そこで、以下では、取引手数料が安い(無料にもなる)証券会社を紹介して行きます。

岡三オンライン証券では20万円以下の取引手数料がナント無料

結論から言うと、20万円以下の株式を購入する場合、岡三オンライン証券がオススメです。岡三オンライン証券であれば、一日の取引額の合計が20万円以下の場合、取引手数料が無料になります。

株式売買手数料の比較(証券会社毎)

証券会社 \ 約定代金〜10万円10〜20万円〜50万円〜100万円
岡三オンライン証券無料無料350円600円
SBI証券無料105円250円487円
楽天証券無料105円250円487円
むさし証券トレジャーネット75円95円175円320円
ライブスター証券80円97円180円340円
GMOクリック証券88円98円241円436円
松井証券無料300円500円1,000円
マネックス証券95円140円190円355円
カブドットコム証券90円180円250円990円
SMBC日興証券125円180円400円800円

株式売買手数料は、最安値(税抜)表示

証券会社の株式売買手数料比較の詳細

SBI証券楽天証券松井証券も1日の取引額が10万円以下の場合、手数料無料になります。しかし、20万円以下で無料なのは、岡三オンライン証券のみとなっています。手数料は、投資の確実なマイナスリターンとなるので、できるだけ安い証券会社で取引を行いましょう。

参考 岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設は、以下の公式ページから行なえます。

岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、岡三オンライン証券の手数料に関しては、以下をご参照ください。

岡三オンライン証券は、手数料の安さの他にも、100%完全平等抽選のIPOや投資信託、また様々な投資ツールや情報提供番組で人気の証券会社です。情報や番組は、口座開設(無料)を行なえば、誰でも見れるので、この機会に口座開設をしてみても良いかもしれません。

岡三オンライン証券のメリット・特徴

岡三オンライン証券
  • 投信の保有額に応じてお得な特典
  • 100%完全平等抽選のIPO
    ⇒小資金の方でも比較的当選しやすい
  • 口座開設&入金だけで現金がもらえる

参考 岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設は、以下の公式ページから行なえます。

岡三オンライン証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、岡三オンライン証券の各サービスの詳細は、以下をご参照ください。