初心者様向け!株主優待投資の基本・はじめ方

初心者様向け!株主優待・配当の基本(はじめての方へ)
初心者様向け!株主優待投資の基本・はじめ方初心者様向け!株主優待投資の基本・はじめ方


株式投資というと「株式の値上がり益」や「配当金」を目的する投資が一般的ですが、最近では、株主優待を目的とした投資が急速に増えています。

株主優待 は、企業が株主に対して、企業独自の商品やサービスを提供する制度です。現在、1200を超える企業が株主優待を導入しています。普段は買わないような、大手メーカーの化粧品やその他商品、食事券、またQUOカードがもらえるなど、大変おトクな制度です。

本記事では、株主優待投資の特徴や抑えておきたい基本事項、また優待をもらうまでの流れ等を解説していきます。株主優待投資を始める方は、ぜひご覧ください。

株主優待とは?

冒頭でも述べたように、株主優待とは、自社の株式を保有してる株主に、自社製品、お米、金券などの提供を行う優待のことです。企業が株主に感謝の意を込めたプレゼント(お歳暮?)のようなものです。

例えば、マクドナルドHDであれば、バーガー類、サイドメニュー、飲み物の3種類の無料引換券のシートを6枚貰えます。ANAであれば、航空券やグループ・提携ホテルの優待が、イオンの株主優待であれば、優待カードによる値引きで買い物をお得にすることができます。

現在、1,200社を超える企業が優待制度を導入しており、生活費の節約だけでなく、普段は手が届かないような化粧品、高級お食事券などをもらうことができます。

株主優待を取るために知っておくべき基本事項

株主優待や配当金を受け取る条件は、企業の決算日までその株式を保有していることです。以下の用語と意味をしっかりと抑えて、確実に優待を獲得しましょう。

権利付最終日

権利付最終日は、株主優待・配当を獲得するために、最も重要な日です。この日の株式市場の取引終了(大引け)までに、お目当ての株式を保有していれば、株主優待(と配当金)を受けることができます。

例えば、2016年のイオンの権利付き最終日は、2月24日(火)と8月26日(金)です。その日の大引けに株式を保有していれば、イオンの株主優待、および配当金をもらうことができます。

権利落ち日

権利落ち日は、権利付最終日の翌営業日です。この日に株式を購入・買付けしても、その期間の株主優待はもらえません。また、配当金の分だけ株価が目張りしたり、株主優待目的の投資家が株式を売却したりするため株価が下落しやすくなっています。

権利確定日

権利確定日は、権利付最終日から4営業日目の日となっています。この日に、正式に株主名簿に名前が掲載され、正式な株主となります。ちなみに、ほとんどの日本企業が、3月末・9月末に権利確定日を迎えます。年度を一つの区切りとしているためです。

基本事項のまとめ

株主優待・配当金をもらうためには、権利付き最終日の大引けまでに、優待品の欲しい株式を保有している必要があります。極端な話、権利付最終日の取引時間中に購入し、そのまま大引けまで保有しつづけることで、優待をもらうことができます。

購入後、株式を売却しなければ、毎年(もしくは毎期)株主優待をもらうことができます。売却してしまった場合は、また権利付き最終日までに銘柄を購入しておく必要があります。

参考 2016年、2017年の各月の権利日は、以下からご確認ください。

株主優待・配当金をもらうまでの流れ

次に、株主優待を獲得するまでの流れを解説します。優待を受け取るまでの流れは、以下のようになっています。証券口座を開設し、お目当て銘柄を購入するという流れです。

株主優待を獲得するまでの流れ

  1. 証券会社に口座を開設する(詳細)
  2. 権利付き最終日までに株式を購入する
  3. 権利確定日後、2~3ヶ月で手株主優待・配当が届く

株式を購入するためには、証券会社の口座開設が必要です。まだ、お持ちでない方は、口座開設を行いましょう。以下、使い方・利便性や手数料別に、おすすめの証券会社を紹介します。ご参考ください。

株主優待を購入するためのオススメ証券口座

株主優待を行うでの利便性と手数料の安さを基準に、おすすめの証券会社を紹介します。

利便性ならSBI証券

現在、株主優待は1,200社を超える企業(銘柄)が行っています。そのため、自分にあった優待、また良い優待銘柄を探すことは結構大変です。そこで便利なのが、SBI証券の株主優待優待検索ツールです。

以下の図は、SBI証券の株主優待検索ツールです。優待の種類、権利確定月、最低購入価格、優待利回りなどから銘柄を探すことができます。また、こだわり検索で、PER、PBR、自己資本比率などの条件も加えることができます。ぜひ活用してみてください。

SBI証券の株主優待ツールSBI証券の株主優待ツール
参照:SBI証券

私もこの検索ツールを使って、自分の条件にあったピッタリの優待を探しています。株主優待検索ツールは、SBI証券の口座開設を行っている方であれば誰でも無料で利用することができます。SBI証券の口座開設費・維持費は、がいずれも無料なので、検索ツール目的で口座開設を行っておいても良いでしょう。

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(3月31日まで)。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、SBI証券の株主優待銘柄検索の利便性や手数料の詳細は、以下をご参照ください。

実質売買手数料無料のGMOクリック証券

投資コスト(売買手数料)は、投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させます。そのため、株式の売買手数料が安い証券会社を利用することが重要です。

GMOクリック証券は、GMOインターネット(9449)GMOクリックHD(7177)の株主優待で、売買手数料を実質無料とすることができます。

株主優待の検索を、上述のSBI証券の検索ツールを使い、株式の購入をGMOクリック証券で行うと、手数料の節約になるのでオススメです。

参考 GMOクリック証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。

GMOクリック証券の詳細確認・無料口座開設(公式ページへ)

また、GMOクリック証券の売買手数料を実質無料にする方法は、以下をご参照ください。

このように、こちらで紹介した証券会社を証券会社を利用することで、簡単に自分にあった優待を見る蹴ることができる上に、手数料を節約して株主優待の投資を始めることができます。いずれも口座開設費・維持費は無料なので、ぜひ試してみてください。

参考 本記事で紹介した証券会社は、以下から口座開設(無料)を行えます。

また、株主優待投資の証券会社を選ぶポイントやオススメは、以下をご参照ください。