8月株主優待のおすすめは?権利確定日や配当、注目の優待内容を解説

8月株主優待のおすすめは?権利確定日や配当、注目の優待内容を解説

8月の株主優待はコメダや吉野家、ビックカメラなど人気の優待銘柄が多い月です。飲食や小売り系の優良優待が多いため、優待を活用することで生活費の節約が期待できます。

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]
飲食・小売チェーンの優待券で、生活費の節約ができます!
[/chat]

そこで、本記事では、8月のおトクな優待やおすすめ銘柄を解説して行きます。また、権利確定日や配当の確認も行って行きますので、本記事を参考に、皆様のお好きな優待をみつけて頂ければ幸いです。

目次

いつまでに優待を購入すれば良いか?権利日は?

優待銘柄の紹介の前に、8月の権利日について確認します。

2020年8月の株主優待を獲得するには、8月末の権利付き最終日「8月27日(火)」までに、お目当ての株式を購入する必要があります。

ただし、西松屋チェーン等の「8月20日」が権利確定日の場合、8月18日(火)までに、購入する必要があります。

権利日の解説や各月の権利日は、以下からご確認ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/yutai-calendar/

8月株主優待の注目銘柄【厳選10選】

8月の注目優待銘柄には、下表のようなものがあります。どの銘柄も優待内容が充実しており、また優待や配当の利回りが高い、お得感の銘柄と言えます。

[jin-fusen3 text=”8月の人気・注目の株主優待”]

※下表は横にスクロール(→)可能
銘柄名(証券コード)優待+配当
利回り
優待内容・権利日
ジェイホールディングス6.02%
  • 年間4,000円相当〜の食事券
  • 年2回(2月末・8月末)
SFPホールディングス4.76%
  • 年間8,000円〜相当の食事券
  • 年2回(2月末・8月末)
西松屋チェーン4.27%
  • 年間2,000円〜相当の優待カード
  • 年2回(2月20日・8月20日)
ビックカメラ4.23%
  • 年間2,000円〜相当の買い物券
  • 年2回(2月末・8月末)
クリエイト・レストランツHD
3.91%
  • 年間6,000円〜相当の食事券
  • 年2回(2月末・8月末)
コメダHD3.42%
  • 年間2,000円〜相当のポイント
  • 年2回(2月末・8月末)
吉野家3.17%
  • 年間6,000円〜相当の食事券
  • 年2回(2月末・8月末)
高島屋1.89%
  • 10%割引株主優待カード
  • 年2回(2月末・8月末)
サイゼリヤ1.56%
  • 2,000円〜相当の食事券
  • 年1回(8月末)
リンガーハット1.40%
  • 年間2,200円〜相当の食事券
  • 年2回(2月末・8月末)

以下、8月の注目株主優待銘柄を紹介していきます。

8月の高利回りクオカード優待

次に、株主優待の中で、人気が高いクオカードが貰える高利回り優待銘柄をピックアップしていきます。

[jin-fusen3 text=”クオカード優待一覧【8月権利】”]

※下表は横にスクロール(→)可能
銘柄(証券コード)優待利回り
(配当+優待)
クオカードの
金額(年間)
優待獲得のための
最低必要金額
トライステージ1.64%
(3.94%)
年間2,000円〜121,600円
黒谷1.08%
(4.33%)
500円〜46,200円
明光ネットワークジャパン1.01%
(4.05%)
1,000円〜98,600円
キャリアリンク0.86%
(2.59%)
500円〜57,900円
ソーバル0.43%
(3.02%)
500円〜115,800円
ディップ0.33%
(2.07%)
年間1,000円〜304,500円
セントラル警備保障0.16%
(0.81%)
年間1,000円〜613,000円
フロイント産業1.34%
(4.01%)
1,000円〜74,900円
マニー0.34%
(1.09%)
3,000円877,500円

5万円以下・10万円以下の少額から購入できるお得なクオカード優待が多数あります。

例えば、10万円以下の資金で取引可能な「明光ネッとワークジャパン(4668)」は、3年以上の長期保有で、贈呈されるクオカードが3倍(100株保有の場合)にアップします。

以下、各クオカード優待について詳しく解説していきます。

最後に、株主優待や日本株を安く(無料)で購入する方法などを解説して行きます。手数料は投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させるので、手数料の安い証券会社を利用しましょう。

株主優待投資に「必須」の証券会社【5選】

最後に、株主優待投資に必須の証券会社を「手数料の安さ」「優待の探しやすさ」「優待クロス(つなぎ売り)」の3つの観点から紹介して行きます。

特に、手数料は投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスや優待・配当利回りを悪化させるので、手数料の安い(無料)の証券会社を利用しましょう

[jin-fusen3 text=”株式投資に必須の証券会社【用途別】”]

参考:株主優待に必須・おすすめの証券会社【厳選3選+α】

株主優待向けのおすすめ証券会社や比較ポイントは、以下の記事をご参考ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/yutai/securities/

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる