2月株主優待のおすすめは?権利確定日や配当、注目の優待内容を解説

2月の株主優待はイオンやコメダ、吉野家など人気の優待銘柄が多い月です。飲食や小売り系の優良優待が多いため、優待を活用することで生活費の節約が期待できます。

サイト管理人のアイコン画像サイト管理人

人気の飲食店や小売店の優待で、生活費の節約ができますね!

そこで、本記事では、2月のおトクな優待やおすすめ銘柄を解説して行きます。また、権利確定日や配当の確認も行って行きますので、本記事を参考に、皆様のお好きな優待をみつけて頂ければ幸いです。

目次

2月の優待権利日は?いつまでに優待を購入すれば良い?

優待銘柄の紹介の前に、2月の権利日について確認します。

2021年2月の株主優待を獲得するには、2月末の権利付き最終日「2月24日(水)」までに、お目当ての株式を購入する必要があります。

ただし、西松屋チェーンやニトリホールディングス等の「2月20日」が権利確定日の場合、2月17日(水)までに、購入する必要があります。

権利日権利付き最終日
2月20日
*西松屋・ニトリなど
2月17日(水)
2月末
*ほぼ全ての銘柄
2月24日(水)
2月の優待権利確定日と権利付最終日

権利日の解説や各月の権利日は、以下からご確認ください。

2月株主優待おすすめ・注目銘柄【厳選10選】

2月の注目優待銘柄には、下表のようなものがあります。どの銘柄も優待内容が充実しており、また優待や配当の利回りが高い、お得感の銘柄と言えます。

銘柄名
(証券コード)
優待+配当
利回り
権利日優待・内容
北の達人コーポレーション
(2930)
8.44%2月末4,864円相当の自社製品
SFPホールディングス
(3198)
4.76%2月末
8月末
年間8,000円〜相当の食事券
ビックカメラ
(3048)
4.23%2月末
8月末
年間2,000円〜相当の買い物券
イオン
(8267)
2月末
8月末
株主優待カード、
また買物ギフト券
イオンモール
(8905)
4.05%2月末3,000円〜相当のイオンギフトカード
クリエイト・レストランツHD
(3387)
3.91%2月末
8月末
年間6,000円〜相当の食事券
コメダHD
(3543)
3.42%2月末
8月末
年間2,000円〜相当のポイント
吉野家ホールディングス
(9861)
3.17%2月末
8月末
年間6,000円〜相当の食事券
ドトール・日レスHD
(3087)
2.05%2月末1,000円相当〜のポイント
高島屋
(8233)
1.89%2月末
8月末
10%割引株主優待カード
リンガーハット
(8200)
1.40%2月末
8月末
年間2,200円〜相当の食事券
2月の人気・注目の株主優待

以下、2月の注目株主優待銘柄を紹介していきます。

イオン(8267)

イオン(8267)の株主優待は?優待利回り、到着時期、イオンカードと合わせた節約法など解説

イオンの株主優待は、株主優待カード、またギフト券(長期保有者)です。

株主優待「イオンオーナーズカード」は、イオンやイオンモール内の専門で利用できる割引カードです。保有株数によって、下表のような割引(キャッシュバック)が受けられます。

保有株数優待内容
100株以上3%のキャッシュバック
500株以上4%のキャッシュバック
1,000株以上5%のキャッシュバック
3,000株以上7%のキャッシュバック
イオンオーナーズカードの割引(保有株数別)

年間200万円までの買物金額に対してキャッシュバックされます。また、優待カードでイオンやイオンモールに併設されているイオンラウンジの利用、お客様感謝デー(毎月20・30日) での5%割引などがあります。

オーナーズカードの特徴
  • キャッシュバック上限:年間200万円
  • イオンラウンジの利用が可能に
  • お客様感謝デー(毎月20・30日) での5%割引

イオンラウンジでは、コーヒー・ジュースなどの飲み物、お菓子、新聞などがあります。ラウンジを利用することで、買い物時の喫茶店やカフェ代を節約することができるので、株主には嬉しい特典です。

イオンの長期保有者特別優待

上述の優待カードに加えて、長期保有(3年以上の継続保有)をされている方には、保有株数に応じてイオンで利用できるギフトカードが贈呈されます。

保有株数優待内容
1,000株以上2,000円分のギフト券
2,000株以上4,000円分のギフト券
3,000株以上6,000円分のギフト券
5,000株以上7,000円分のギフト券
イオンの長期保有特典(保有株数別)

イオンの配当金は、1株あたり36円(会社予想)で、配当利回りは1.9%です。

優待は、買い物額に応じて優待額が変わるため利回りは計算できませんが、100株あたりの上限額(3万円)を使いきった場合、優待利回りは17%程度となります。

配当利回りだけでもそれなりの水準となっており、優待もイオンの買物がお得にできるなど、お得度の高い優待と言えます。2月・8月の優待としては、知名度・人気ともに外せない優待と言えます。

優待・株式データ
  • 優待時期:年2回(2月末・8月末)
  • 最低単位元:100株
  • 優待獲得のための最低購入金額:189,750円
  • 配当利回り:1.9%

イオンの優待権利日や企業詳細などは、以下をご参考ください。

SFPホールディングス(3198)

SFPホールディングスの株主優待は、年間8,000円〜相当の食事券です。優待獲得のための権利月は2月と8月の年2回で、下表のように保有株数によって、食事券の金額が変わってきます。

保有株数食事券の金額
100株以上4,000円分×年2回
(年間8,000円分)
500株以上10,000円相当×年2回
(年間20,000円分)
1,000株以上20,000円相当×年2回
(年間40,000円分)
SFPホールディングスの株主優待(保有株数別)
優待・株式データ
  • 優待時期:年2回(2月末・8月末)
  • 最低単位元:100株
  • 優待獲得のための最低購入金額:148,700円
  • 優待+配当利回り:4.76%

SFPホールディングスの優待権利日や利回り、企業詳細などは以下をご参考ください。

リンガーハット(8200)

リンガーハットの株主優待は、年間2,160円〜相当の優待券です。優待は年2回(権利月:2月・8月)もらえます。また、もらえる優待券の枚数は、保有株数によって変わります。

保有株数食事券の枚数(金額)
*1枚550円分
100株以上3枚×年2回(=年間3,300円)
300株以上7枚×年2回(=年間7,700円)
500株以上12枚×年2回(=年間13,200円)
1,000株以上25枚×年2回(=年間27,500円)
2,000株以上50枚×年2回(=年間55,000円)
リンガーハットの株主優待(保有株数別)

優待券は、1枚で1000円分の支払いに利用できます。

さらに、3年以上の長期保有者は追加で優待券がもらえます。

優待・株式データ
  • 優待時期:年2回(2月末、8月末)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:206,700円
  • 優待+配当利回り:1.48%

リンガーハットの優待権利日や利回り、企業詳細は以下をご参考ください。

テスト

2月の高利回りクオカード優待

次に、株主優待の中で、人気が高いクオカードが貰える高利回り優待銘柄をピックアップしていきます。

[jin-fusen3 text=”クオカード優待一覧【2月権利】”]

※下表は横にスクロール(→)可能
銘柄(証券コード)優待利回り
(配当+優待)
クオカードの
金額(年間)
優待獲得のための
最低必要金額
アークコア2.13%
(2.13%)
1,000円〜47,000円
ジュンテンドー1.85%
(3.70%)
1,000円54,000円
きょくとう1.72%
(3.61%)
1,000円〜58,200円
トライステージ1.64%
(3.94%)
年間2,000円〜121,600円
パレモ・ホールディングス1.11%
(5.11%)
1,000円〜90,000円
わらべや日洋ホールディングス(0.53%
(2.63%)
1,000円〜190,300円
ディップ0.33%
(2.07%)
年間1,000円〜304,500円
セントラル警備保障0.16%
(0.81%)
年間1,000円〜613,000円
インターライフHD0.40%
(2.02%)
1,000円〜247,000円
エストラスト1.21%
(2.91%)
1,000円〜82,400円

1年以上の継続保有がクオカード贈呈の条件となっている銘柄もありますが、10万円以下の少額から購入できる優待銘柄が多数あります。

また、アークコアのように300株保有する事で、優待利回りがアップする銘柄がある点も注目です。

以下、各クオカード優待について詳しく解説していきます。

最後に、株主優待や日本株を安く(無料)で購入する方法などを解説して行きます。手数料は投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させるので、手数料の安い証券会社を利用しましょう。

株主優待投資に「必須」の証券会社【5選】

最後に、株主優待投資に必須の証券会社を「手数料の安さ」「優待の探しやすさ」「優待クロス(つなぎ売り)」の3つの観点から紹介して行きます。

特に、手数料は投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスや優待・配当利回りを悪化させるので、手数料の安い(無料)の証券会社を利用しましょう

[jin-fusen3 text=”株式投資に必須の証券会社【用途別】”]

参考:株主優待に必須・おすすめの証券会社【厳選3選+α】

株主優待向けのおすすめ証券会社や比較ポイントは、以下の記事をご参考ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/yutai/securities/

</p”>

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる