6月株主優待のおすすめは?権利確定日や配当、注目の優待内容を解説

6月の株主優待は比較的優待が多く、マクドナルドやすかいらーく等、個人投資家に人気の優待銘柄が多い点が特徴です。

サイト管理人のアイコン画像サイト管理人

マクドナルドやカゴメ、すかいらーく等、人気の優待銘柄が多い月です!

そこで、本記事では、6月のおトクな優待やおすすめ銘柄を解説して行きます。また、権利確定日や配当の確認も行って行きますので、本記事を参考に、皆様のお好きな優待をみつけて頂ければ幸いです。

目次

6月の優待権利日は?いつまでに優待を購入すれば良い?

優待銘柄の紹介の前に、6月の権利日について確認します。

2020年6月の株主優待を獲得するには、6月末の権利付き最終日「6月26日(金)」までに、お目当ての株式を購入する必要があります。

権利日権利付き最終日
6月末6月26日(金)
6月20日6月17日(水)
6月末の権利日と権利付き最終日

ただし、キングジム等の「6月20日」が権利確定日の場合、6月17日(水)までに、購入する必要があります。

権利日の解説や各月の権利日は、以下からご確認ください。

6月株主優待のおすすめ・注目銘柄【厳選10選】

6月の注目優待銘柄には、下表のようなものがあります。どの銘柄も優待内容が充実しており、また優待や配当の利回りが高い、お得感の銘柄と言えます。

銘柄名
(証券コード)
優待+配当
利回り
権利日優待内容
すかいらーくHD
(3197)
4.01%6月末、
12月末
年間6,000円〜相当の食事券
ホットランド
(3196)
2.94%6月末、
12月末
年間3,000円〜相当の買い物など
ペッパーフード
サービス(3059)
2.59%6月末、
12月末
年間2,000円相当〜の食事券など
ブロンコビリー
(3091)
2.36%6月末、
12月末
年間4,000円〜分の食事券
ニッケ2.25%6月末、
12月末
株主優待券
カゴメ
(2811)
2.08%6月末2,000円相当の自社製品
ロイヤルホールディングス
(8179)
1.49%6月末、
12月末
年間1,000円〜相当の食事券
サーティワンアイスクリーム
1.25%6月末、
12月末
年間2,000円〜相当の自社製品引換券
日本マクドナルドHD
(2702)
0.55%6月末、
12月末
株主優待食事券
三光マーケティングフード0.00%
6月末、
12月末
年間1,000円〜相当の食事券
6月の人気・注目の株主優待

以下、6月の注目株主優待銘柄を紹介していきます。

カゴメ(2811)

カゴメ(2811)の株主優待はお得?配当金や優待利回り、到着時期など解説

カゴメの株主優待は、2,000円相当〜の自社商品詰め合わせセットです。

優待獲得の権利日は6月末の年1回で、下表のように、保有株数に応じて優待品のグレードが変わります。

保有株数優待内容
100株以上2,000円相当の
自社商品セット
1,000株以上6,000円相当の
自社商品セット
カゴメの優待(保有株数別)

自社製品は、下図のように、保有株数(金額)によって量や質が変わります。

カゴメの株主優待特典(100株以上〜1,000株未満)
カゴメの優待内容(1,000株以上)
引用元:株主優待制度|KAGOME

1000株保有する場合、年間6,000円相当の優待品が贈呈されます。ただし、優待利回りは、100株保有で年間2,000円の優待品をもらう方が高くなっています。

半年以上の継続保有者のみ「優待」が貰える!

本優待の進呈条件に「半年以上の継続保有」が必要である点に注意が必要です。

半年以上継続保有とは、優待の権利日(6月末日)とその前年の12月末日に、同じ株主番号で連続して株主名簿に記載されることです。

半年以上の継続保有が必要|カゴメ株主優待
半年以上の継続保有が必要|カゴメ株主優待

つまり、6月権利日に優待権利を獲得したい方は、半年前の12月権利日前から、100株以上保有し続ける事が、優待獲得の条件になります。

優待・株式データ
  • 優待時期:年1回(6月末)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:270,900円
  • 配当+優待利回り:2.03%

口コミ・評判

カゴメの株主優待の口コミ・評判をピックアップして行きます。

##twitter

サイト管理人のアイコン画像サイト管理人

年1回になった事を惜しむ声も多いですが、人気優待として、かなり高評価のようです!

カゴメの優待権利日や利回り、企業詳細は、以下をご参照ください。

ホットランド(3196)

ホットランド(3196)の株主優待はお得?配当金や優待利回り、到着時期など解説

ホットランド(証券コード:3196)の株主優待は、年間3,000円〜相当の優待券です。

お馴染みの「築地銀だこ」や「銀のあん」等の系列店舗で利用可能な食事券が、年2回(権利日:6月末・12月末)、1,500円〜ずつ贈呈されます。

ホットランドの株主優待券
引用元:株主優待情報|株式会社ホットランド

優待の金額

ホットランドの株主優待は、1,500円〜の優待券が、年2回(権利日:6月・12月)贈呈されます(年間3,000円〜分)。

「1,500円〜」とあるように、進呈される優待食事券の金額が保有株数によって変動します。1,000株以上保有の場合、年間3万円分の優待券が貰えます。

保有株数優待券の金額
100株以上1,500円相当×年2回
(年間3,000円相当)
500株以上7,500円相当×年2回
(年間15,000円相当)
1,000株以上15,000円相当×年2回
(年間30,000円相当)
ホットランドの株主優待(保有株数別)

500株・1,000株保有でも、100株保有の時と優待利回りが変わらない点が特徴です。

利用可能な店舗

ホットランドの場合、銀だこ・銀のあん等が有名ですが、他にも以下のような店舗(カフェ・バー・飲食店など)で利用可能です。

優待券の利用可能な店舗
  • 築地銀だこ
  • 銀だこハイボール酒場
  • 銀だこ大衆酒場
  • 創業以来たこ一筋大釜屋
  • 天ぷら専門店日本橋からり
  • 薄皮たい焼き銀のあん
  • クロワッサンたい焼き
  • コールド・ストーンクリーマリー
  • コーヒービーン&ティーリーフ
  • TOSHI STYLE
  • La Quiche
  • ごっつい

参考:店舗検索はこちら|株式会社ホットランド

居酒屋や天ぷら、コールドストーン等、多様な店舗で優待券が使えます。

株価・優待データ
  • 優待時期:年2回(6月末・12月末)
  • 最低単位元:100株
  • 優待獲得のための最低購入金額:127,000円
  • PER:36.39倍
  • PBR:6.16倍

ホットランドの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

ホットランドの優待内容・企業の詳細を確認

テスト

すかいらーくHD(3197)

すかいらーくの株主優待では、すかいらーく系列の店舗で利用可能な優待お食事券が、年2回(権利日:6月末・12月末)進呈されます。

進呈される食事券の金額は、下表のように保有株数に応じて変わります。

[jin-fusen3 text=”すかいらーくの優待(保有株数別)”]

保有株数6月12月
100株以上3,000円相当3,000円相当
300株以上11,000円相当9,000円相当
500株以上18,000円相当15,000円相当
1,000株以上36,000円相当33,000円相当

300株以上保有している場合、12月権利の優待の方が少し多めに優待お食事券がもらえます。また、一般的な優待は100株保有で最も優待利回りが高くなりますが、本優待では、多く株式を保有したほうが優待利回りが上がります(1,000株保有が最高利回り)

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]
保有株が300株・1,000株と多くなれば、その分、優待利回りがアップします!
[/chat]

また、本優待はすかいらーくの店舗だけでなく、しゃぶ葉を展開する「ニラックス株式会社」の店舗、じゅうじゅうカルビを展開する「トマトアンドアソシエイツ」店舗でも利用できます。(一部店舗は対象外:使用可能店舗

ただし、優待カードの割引は、税込価格から「500円単位で割引」である点にご注意ください。カードの残高は、レシート
や専用WEBサイト等で確認可能です。

[box05 title=”優待・株式データ”]

  • 優待時期:年2回(6月末・12月末)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:165,400円
  • 配当+優待利回り:4.53%
  • 購入手数料:証券会社毎に違う(スマートプラスなら無料!0円

[/box05]

すかいらーくの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/december/#skylark-holdings-3197

日本マクドナルドホールディングス(2702)

日本マクドナルドホールディングスの株主優待は、マクドナルドで利用できる無料お食事券です。優待獲得の権利日は6月末・12月末の年2回です。

株主優待でもらえる無料お食事券は、バーガー類、サイドメニュー、飲み物の3種類の引き換え券(各6枚ずつ)が1セット(1冊)になっています。

[box04 title=”食事券(1冊分)の内訳”]

    • バーガー類引換券:6枚
    • サイドメニュー引換券:6枚
    • ドリンク・飲み物引換券:6枚

参考:株主優待情報|マクドナルドHD公式ページ

[/box04]

また、このお食事引換券は、保有株数に応じて、もらえる数がかわります。100株保有の場合は1冊分の食事券ですが、300株以上の場合は3冊、500株以上の場合は5冊となっています。

[jin-fusen3 text=”日本マクドナルドホールディングスの株主優待(保有株数別)”]

保有株数お食事券セットの数
100株1冊(×年2回)
300株3冊(×年2回)
500株5冊(×年2回)

300株または500株を購入・保有している場合、100株の場合と優待利回りが変わらないので、複数株保有したい方にも嬉しいですね。

[box05 title=”優待・株式データ”]

  • 優待時期:年2回(6月末・12月末)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:165,400円
  • 配当+優待利回り:4.53%
  • 購入手数料:証券会社毎に違う(スマートプラスなら無料!0円

[/box05]

日本マクドナルドHDの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/yutai-december/#mcd-hodings-2702

ホットランド(3196)

優待の金額

ホットランドの株主優待は、1,500円〜の優待券が、年2回(権利日:6月・12月)贈呈されます(年間3,000円〜分)。

「1,500円〜」とあるように、進呈される優待食事券の金額が保有株数によって変動します。1,000株以上保有の場合、年間3万円分の優待券が貰えます。

[jin-fusen2 text=”ホットランドの株主優待(保有株数別)”]

保有株数優待券の金額
100株以上1,500円相当×年2回
(年間3,000円相当)
500株以上7,500円相当×年2回
(年間15,000円相当)
1,000株以上15,000円相当×年2回
(年間30,000円相当)

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]
500株・1,000株保有でも、100株保有の時と優待利回りが変わらない点が特徴です。
[/chat]

利用可能な店舗

ホットランドの場合、銀だこ・銀のあん等が有名ですが、他にも以下のような店舗(カフェ・バー・飲食店など)で利用可能です。

[box06 title=”優待券の利用可能店舗”]

  • 築地銀だこ
  • 銀だこハイボール酒場
  • 銀だこ大衆酒場
  • 創業以来たこ一筋大釜屋
  • 天ぷら専門店日本橋からり
  • 薄皮たい焼き銀のあん
  • クロワッサンたい焼き
  • コールド・ストーンクリーマリー
  • コーヒービーン&ティーリーフ
  • TOSHI STYLE
  • La Quiche
  • ごっつい

参考:店舗検索はこちら|株式会社ホットランド
[/box06]

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]
居酒屋や天ぷら、コールドストーン等、多様な店舗で優待券が使えますね!
[/chat]

[box05 title=”優待・株式データ”]

  • 優待時期:年2回(6月末・12月末)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:127,000円
  • 配当+優待利回り:2.75%

[/box05]

ホットランドの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/yutai-december/#hotland-3196

ペッパーフードサービス(3053)

ペッパーフードの株主優待では、ペッパーランチやいきなりステーキなど自社店舗で利用できる食事券が、年2回(権利日:6月末・12月末)贈呈されます。

食事券は1枚で500円分の価値で、進呈される食事券の枚数は、下表のように保有株数によって変わります。

[jin-fusen2 text=”ペッパーフードの優待(保有株数別)”]

銘柄
(コード)
長期保有の
要件・条件
優待内容
(特典)
権利日
基準日
オートバックス
(9832)
  • 1年以上:優待獲得
  • 3年以上:利回りUP
年間2,000円〜相当の
自社グループギフトカード
3月末
9月末
カゴメ
(2811)
6ヶ月以上の継続保有2,000円〜相当の
自社製品詰め合わせ
6月末
12月末
オリックス
(8591)
  • 3年未満:5,000円分
  • 3年以上:1万円分
5,000円〜相当の
カタログギフト
3月末
9月末
グッドコムアセット
(3474)
6ヶ月以上の継続保有年間4,000円〜相当の
優待ポイント
4月末
10月末
タマホーム
(1419)
  • 3年未満:年間1,000円分
  • 3年以上:年間2,000円分
クオカード5月末
11月末
フジ・コーポレーション
(7605)
1年以上の継続保有5,000円〜分の
三菱UFJニコスギフトカード
4月末
ビックカメラ
AGS
リコーリース
ステップ
BRホールディングス
メディアスHD
明光ネット

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]
300株以上保有している方は、ハンバーグ・ペッパーライス等の自社商品セットも選べます!
[/chat]

通常、保有株数が多くなると「優待利回り」が低くなる銘柄が多いですが、本優待は100株と300株で優待利回りが同じです。また、300株保有の場合は、食事券でなく「自社商品(ハンバーグ等)」が選べます。

[box05 title=”優待・株式データ”]

  • 優待時期:年2回(6月末・12月末)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:135,000円
  • 配当+優待利回り:2.59%

[/box05]

ペッパーフードサービスの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/yutai-december/#pepper-fs-3053

ブロンコビリー(3091)

ブロンコビリーの株主優待では、年2回(権利日:6月末・12月末)、年間4,000円〜相当の優待食事券、または魚沼産コシヒカリが進呈されます。

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]
ブロンコビリーの展開するお店は、高価格帯のステーキ店が多いですが、優待を利用することで、おトクに利用できます。
[/chat]

貰える食事券の金額(またはお米の量)は、下表のように保有株数によって変わります。最大で年間3万円相当のお食事券がもらえます。

[jin-fusen2 text=”ブロンコビリーの優待内容(保有株数別)”]

保有株数お食事券コシヒカリ
100株2,000円×年2回
(年間4,000円分)
-
200株3,000円×年2回
(年間6,000円分)
2kg(×年2回)
500株5,000円×年2回
(年間1万円分)
4kg(×年2回)
1,000株8,000円×年2回
(年間16,000円分)
5kg(×年2回)
2,000株15,000円×年2回
(年間3万円分)
10kg(×年2回)

[box05 title=”優待・株式データ”]

  • 優待時期:年2回(6月末・12月末)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:274,300円
  • 配当+優待利回り:2.33%

[/box05]

ブロンコビリーの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/yutai-december/#bronco-3091

ロイヤルホールディングス(8179)

ロイヤルホールディングスの株主優待は、年間1,000円〜相当の優待券です。

優待券は、グループの飲食店舗(ロイホ・てんや・シェイキーズ・ロイヤルガーデンカフェなど)で利用できるほか、リッチモンドホテルでも利用できます。

優待の権利月は年2回(6月・12月)で、下表のように保有株数に応じて、優待券の金額が変わります。最も優待利回りが高くなるのは、1000株保有の時です。年間24,000円分の優待券がもらえます。

[jin-fusen3 text=”贈呈される食事券の金額(保有株数別)”]

※下表は横にスクロール(→)可能
保有株数優待券(1枚:500円分)配当・優待
利回り
100株以上1枚(×年2回)1.43
500株以上10枚(×年2回)1.80%
1000株以上24枚(×年2回)1.95%

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]
100株保有よりも、1,000株保有の方が「2.4倍」お得です!
[/chat]

[box05 title=”優待・株式データ”]

  • 優待時期:年2回(6月末・12月末)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:272,300円
  • 配当+優待利回り:最大1.95%
  • 購入手数料:証券会社毎に違う(スマートプラスなら無料!0円

[/box05]

ロイヤルHDの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/yutai-december/#royal-holdings-8179

カゴメ(2811)

カゴメの株主優待は、2,000円相当〜の自社商品詰め合わせセットです。

優待獲得の権利日は6月末の年1回で、下表のように、保有株数に応じて優待品のグレードが変わります。

[jin-fusen2 text=”カゴメの優待(保有株数別)”]

保有株数優待内容
100株以上2,000円相当の
自社商品セット
1,000株以上6,000円相当の
自社商品セット

自社製品は、下図のように、保有株数(金額)によって量や質が変わります。

1000株保有する場合、年間6,000円相当の優待品が贈呈されます。ただし、優待利回りは、100株保有で年間2,000円の優待品をもらう方が高くなっています。

半年以上の継続保有者のみ「優待」が貰える!

また、本優待の進呈条件に「半年以上の継続保有」が必要である点に注意が必要です。半年以上継続保有とは、優待の権利日(6月末日)とその前年の12月末日に、同じ株主番号で連続して株主名簿に記載されることです。

半年以上の継続保有が必要|カゴメ株主優待

半年以上の継続保有が必要|カゴメ株主優待

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]
つまり、6月権利日に優待権利を獲得したい方は、半年前の12月権利日前から、100株以上保有し続ける事が、優待獲得の条件になります。
[/chat]

[box05 title=”優待・株式データ”]

  • 優待時期:年1回(6月末)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:270,900円
  • 配当+優待利回り:2.03%

[/box05]

カゴメの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/yutai/june/#2811

6月の高利回りクオカード優待

次に、株主優待の中で、人気が高いクオカードが貰える高利回り優待銘柄をピックアップしていきます。

[jin-fusen3 text=”クオカード優待一覧【6月権利】”]

※下表は横にスクロール(→)可能
銘柄(証券コード)優待利回り
(配当+優待)
クオカードの
金額(年間)
優待獲得のための
最低必要金額
ツカダ・グローバルHD
(2418)
1.64%
(3.24%)
年間1,000円〜60,900円
ユニバーサル園芸社1.57%
(2.61%)
年間3,000円191,600円
ムゲンエステート1.45%
(5.80%)
1,000円69,000円
メディアスホールディングス1.24%
(2.97%)
1,000円〜80,800円
ウイルプラスホールディングス
1.2%
(2.88%)
1,000円83,100円
岡部1.06%
(3.57%)
年間1,000円〜94,400円
カナレ電気1.04%
(3.55%)
年間2,000円〜191,400円
AOI TYOホールディングス(3975)0.9%
(3.89%)
3,000円〜334,000円
カワニシホールディングス0.71%
(3.57%)
500円〜109,100円
立川ブラインド工業0.67%
(2.38%)
1,000円149,400円
ビジネスエンジニアリング0.59%
(1.72%)
300円〜337,000円

クオカードの金額だけで見た場合、優待利回りは高くても1%程度ですが、配当金と合わせた場合、3%以上の利回りの銘柄も多く存在します。

ムゲンエステート(3299)等は、配当+優待の総合利回りが5%以上とクオカード優待としては、かなりの高利回りとなっています。

以下、各クオカード優待について詳しく解説していきます。

ツカダ・グローバルHD(2418)

引用元:SBI証券

ツカダ・グローバルHDの株主優待は、年間1,000円〜分のクオカード、およびグループ会社運営の飲食・宿泊の割引券(1枚)です。

「優待券」は、100株以上保有されている株主の方であれば、一律年2枚(=1枚×年2回)ですが、クオカードは、下表のように保有株数によって、貰える金額が変動します。

[jin-fusen2 text=”優待内容(保有株数別)”]

保有株数クオカード優待券
100株500円×年2回
(=年間1,000円相当)
1枚×年2回
200株1,000円×年2回
(=年間2,000円相当)
1枚×年2回

クオカード

クオカードは、ファミレスやコンビニ、ドラッグストアなど様々な店舗で、ほぼ現金同様に利用できるので、株主優待として人気のジャンルです。

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]
7万円台以下と比較的少額から、年2回クオカードが貰えるのはお得ですね!

200株保有の場合も利回りが下がらないので、投資資金に余裕がある方は、200株保有で年間2,000円分のクオカードを狙っても良いかもです!
[/chat]

飲食・宿泊優待券

グループ店舗の割引券では、ホテルや飲食レストランの利用が20%や30%割引になったり、優待価格で宿泊が可能になります。

高級レストランやホテルをお得に満喫できるので、クオカードと合わせて、かなりのお得感があります。

利用可能店舗や割引率は、こちらをご参照ください。

[box05 title=”優待・株式データ”]

  • 優待時期:年2回(6月末・12月末)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:63,200円
  • 配当+優待利回り:最大3.13%

[/box05]

ツカダ・グローバルHDの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/yutai-december/#tsukada-global-holdings-2418

20万円以下で買える優待銘柄

株主優待の多い6月は、20万円以下と比較的少額から購入可能な銘柄も数多くありますので、その中から人気・注目度の高い銘柄をピックアップしていきます。

ピックアップ銘柄

6月権利の株主優待の中で、20万円以下で購入できる銘柄は、全部で50銘柄あります。以下の表に、それらの銘柄の中から、注目度や利回りが高い銘柄をピックアップしました。

20万円以下で購入できる優待銘柄一覧

※下表は横にスクロール(→)可能
[table “130” not found /]

すかいらーくやホットランドなど知名度の高い飲食系優待の他にも、クオカード系の優待に注目が集まっているようです。

おすすめ優待は?

6月の株主優待は、なんと言ってもすかいらーくHD(3197)の株主優待です。利回りの高さや利便性(使える店舗の多い)、いずれも他の優待と比べて飛び抜けています。配当金と合わせた優待利回りは5.96%(6/7現在)とかなりお得感があります。

すかいらーくに負けない利回りを誇る銘柄がイデアインターナショナルです。RIZAPグループの企業のため、優待品のカタログギフトが豪華で、利回りは7%を超える高水準となっています。

企業価値・株価が上昇し、RIZAPグループ本体の優待利回りは低下していますが、イデアであれば同様のカタログギフトが7%を超える利回りでゲットできます。

[jin-iconbox10]カタログギフトが貰える人気の株主優待[/jin-iconbox10]

また、個人的には、サニーサイドアップの優待が好きです。ハワイや銀座、横浜赤レンガ倉庫店、お台場店、原宿表参道店などにある人気店「bills」で食事ができるので、優雅な気分でゆっくりと食事を味わいたい方にオススメです。

このように、20万円以内の資金でも、6月の優待銘柄を十分楽しめることができます。

[box05 title=”20万円以下で買える6月の優待【まとめ】”]

  • すかいらーく:利回りが高く、使える店舗も多い
  • イデアインターナショナル:利回り7%超のカタログギフト
  • サニーサイドアップ:billsのお食事券・ドリンク券2枚ずつ

[/box05]

最後に、株主優待や日本株を安く(無料)で購入する方法などを解説して行きます。手数料は投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させるので、手数料の安い証券会社を利用しましょう。

株主優待投資に「必須」の証券会社【5選】

最後に、株主優待投資に必須の証券会社を「手数料の安さ」「優待の探しやすさ」「優待クロス(つなぎ売り)」の3つの観点から紹介して行きます。

特に、手数料は投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスや優待・配当利回りを悪化させるので、手数料の安い(無料)の証券会社を利用しましょう

[jin-fusen3 text=”株式投資に必須の証券会社【用途別】”]

参考:株主優待に必須・おすすめの証券会社【厳選3選+α】

株主優待向けのおすすめ証券会社や比較ポイントは、以下の記事をご参考ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/yutai/securities/

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる