9月株主優待のおすすめは?権利確定日や配当、注目の優待内容を解説

9月株主優待のおすすめは?権利確定日や配当、注目の優待内容を解説

9月は1年のうちで2番目に優待銘柄の多い月です。優待の王様「コロワイド」や傘下の「アトム」、すき家などを手掛ける「ゼンショー」など多くの人気の飲食優待があります。SDエンターテイメントやノエビアなど健康・化粧品関連の優待も充実しています。

本記事では、それら9月の株主優待銘柄を紹介していきます。おトクな優待やおすすめ銘柄、権利確定日や配当の確認も行って行きます。本ページを参考に、皆様のお好きな優待をみつけて、おトクな優待ライフを満喫していきましょう。

目次

いつまでに優待を購入すれば良いか?権利日は?

優待銘柄の紹介の前に、9月の権利日について確認します。

9月の株主優待を獲得するには、9月末の権利付き最終日「9月26日(木)までに、お目当ての株式を購入する必要があります。ただし、9月20日が権利確定日の場合、9月18日(水)までに、購入する必要があります。

権利日の解説や各月の権利日は、以下からご確認ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/yutai-calendar/

9月株主優待の注目銘柄は?

9月の注目優待銘柄には、下表のようなものがあります。どの銘柄も優待内容が充実しており、また優待や配当の利回りが高い、お得感の銘柄と言えます。

[jin-fusen3 text=”9月の注目優待”]
[table “12” not found /]

以下、9月の注目株主優待銘柄を紹介していきます。

オリックス(8591)

オリックスの株主優待では、「カタログギフト」と「株主優待カード」が貰えます。

必要株数内容権利月
100株以上ふるさと優待
(カタログギフト)
年1回
(3月)
株主優待カード年2回
(3月・9月)

優待1:カタログギフト(ふるさと優待品)

カタログギフト(ふるさと優待品)は、全国各地域の取引先企業が製造・販売する食品・飲料(合計10品程度)の中からカタログに掲載された1品を選択することができます。優待獲得のための権利月は3月(年1回)です。

また、3年以上株式を継続保有した長期保有者には、カタログの内容がグレードアップし、1万円相当の品物から選択できるようになります。

カタログギフト(ふるさと優待)は、

  • 年1回(権利日:3月末)
  • カタログの中から1点好きな物を選択
  • 3年以上の長期保有でグレードアップ

優待2:優待カード

優待カードは、3月末および9月末の権利日に年2回もらうことができます。優待カードを提示することで、以下のように、オリックスグループの様々な特典を受けることができます。

[box05 title=”優待カード特典”]

  • 京都水族館、すみだ水族館、新江ノ島水族館の入場料金10%オフ
  • オリックスレンタカー 基本料金割引、中古車販売割引など
  • ふく料理「春帆楼」1ドリンクサービス
  • 全国40ヶ所以上のゴルフ場で、ドリンク1杯無料
  • オリックス・バファローズ公式戦ホームゲーム優待

[/box05]

観光やレジャー、お食事など様々な面で優待を利用することができます。私自身、旅行先のレンタカーの調達などに利用することがあります。

[box05 title=”株価・優待のデータ”]

  • 優待時期:年2回(3月末、9月末)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:178,050円
  • PER:8.42倍
  • PBR:0.99倍
  • 売買手数料:証券会社毎に違う
    スマートプラスなら株式売買手数料「完全無料」)

[/box05]

オリックスの株主優待の詳細は、以下をご参考ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/yutai/orix-8591-yutai/

オリエンタルランド(4661)

オリエンタルランドの株主優待では、「東京ディズニーランド」または「東京ディズニーシー」の1デーパスポートが年1〜2回(権利月:3月・9月)貰えます。

貰えるパスポートの枚数は、下表のように保有株数によって変わります。

[jin-fusen3 text=”オリエンタルランドの株主優待(保有株数別)”]

保有株数3月9月年間合計
100株1枚×1枚
400株1枚1枚2枚
800株2枚2枚4枚
1,200株以上3枚3枚6枚
1,600株以上4枚4枚8枚
2,000株以上5枚5枚10枚
2,400株以上6枚6枚12枚

100株のみ保有の場合は3月のみ1デーパスポートが1枚もらえます。400株以上の保有になると3月・9月の年2回パスポートが貰えることになります。ただし、利回りが最も高いのは100株のみ保有した場合です。

[box05 title=”株価・優待のデータ”]

  • 優待時期:年2回(3月末、9月末)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:1,563,000円
  • PER:63.43倍
  • PBR:6.4倍

[/box05]

オリエンタルランドの株主優待の詳細は、以下をご参照ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/yutai-leisure/#4661

コロワイド(7616)

コロワイドの株主優待は、年間4万円相当の優待ポイントです。優待ポイントは、1ポイント1円として利用できるうえ、コロワイドグループの全店舗で利用可能です。「牛角」「ステーキ宮」「甘太郎」などの居酒屋・飲食店・焼き肉・寿司店で利用できます。

[box05 title=”優待・株式データ”]

  • 優待頻度・時期:年2回(3月、9月)
  • 最低単位元:500株
  • 最低購入金額:961,000円
  • 配当+優待利回り:4.43%
  • 売買手数料:証券会社毎に違う
    スマートプラスなら株式売買手数料「完全無料」)

[/box05]

コロワイドの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

アトム(7412)

アトムの株主優待は、年間4,000円相当〜の優待ポイントです。優待ポイントは、1ポイント1円として利用できます。利用可能店舗は、アトムを含むコロワイドグループの全店舗です。「牛角」「ステーキ宮」「甘太郎」などの居酒屋・飲食店・焼き肉・寿司店で利用できます。

コロワイドグループの店舗

優待獲得のためめの権利日は3月末と9月末の年2回となっています。また、下表のように保有株数に応じて、優待ポイントの金額が変わります。

[jin-fusen3 text=”贈呈される優待ポイント数(保有株数別)”]

保有株数優待内容
100株以上2,000円分の優待ポイント(×年2回)
500株以上10,000円分の優待ポイント(×年2回)
1,000株以上20,000円の優待ポイント(×年2回)

優待利回りは、100株・500株・1000株いずれの保有でも利回りは変わらない点が魅力的です。優待ポイントも1円刻みでほぼ現金同様に使えるので、利回り・利便性ともに良い優待と言えます。

また、優待ポイントは、株主専用サイトで、下図のような優待品にも交換可能です。

引用元:IR情報|ATOM


[box05 title=”優待・株式データ]

  • 優待頻度・時期:年2回(3月、9月)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:69,400円
  • 配当+優待利回り:6.05%
  • 売買手数料:証券会社毎に違う
    スマートプラスなら株式売買手数料「完全無料」)

[/box05]

アトムの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/yutai/atom-7412-yutai/

ANAホールディングス(9202)

ANAホールディングスの株主優待は、株主優待番号ご案内書、およびANAグループ優待券です。株主優待番号ご案内書は、片道一区間を普通運賃の50%割引にできるなど、ANA便を使う上でおトクで便利なサービスを受けられます。

また、優待券では、以下のような様々なサービスが利用できます。

[box06 title=”ANAホールディングス優待券の特典”]

  • IHG・ANA・ホテルグループジャパン:宿泊、飲食、会議、婚礼などの割引
  • 国内・海外パッケージツアー:国内旅行・海外旅行などが割引
  • お買物優待:空港内売店や免税点での割引、および株主優待アイテム
  • ゴルフプレー料金:武蔵の杜・ANAダイヤモンドゴルフクラブのプレー優待券
  • 株主専用サイトの拡充:工場見学や旅行品、カレンダーの提供
  • 等々…..

[/box06]

[box05 title=”優待・株式データ”]

  • 優待頻度・時期:年2回(3月、9月)
  • 最低単位元:1,000株
  • 最低購入金額:290,000円
  • 配当利回り:2.07%
  • 売買手数料:証券会社毎に違う
    スマートプラスなら株式売買手数料「完全無料」)

[/box05]

ANA HDの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

ゼンショーホールディングス(7550)

[jin-img shadow=”on” radius=”off” border=”on”]
ゼンショーHDの株主優待お食事券
[/jin-img]

ゼンショーホールディングスの株主優待は、年間2,000円〜相当の食事券です。優待獲得のための権利日は3月末と9月末の年2回で、下表のように保有株数に応じて、もらえる食事券の金額が変わります。

[jin-fusen2 text=”ゼンショーHDの優待食事券の金額(保有株数毎)”]

保有株数食事券の金額
100株以上食事券500円分×2枚
×年2回(年間2,000円
300株以上食事券500円分×6枚
×年2回(年間6,000円
500株以上食事券500円分×12枚
×年2回(年間12,000円
1,000株以上食事券500円分×24枚
×年2回(年間24,000円
5,000株以上食事券500円分×60枚
×年2回(年間6万円

500株・1,000株・5,000株を保有した場合が最も利回りが高い点が特徴です。利用可能な店舗も多く、以下のように、ファミレスやお寿司、ファストフード店など様々な店舗で利用可能です。

[box05 title=”利用可能な店舗”]

  • すき家
  • ココス
  • 焼肉レストラン「宝島」
  • エルトリート
  • しゃぶしゃぶ「牛庵」
  • 焼肉倶楽部「いちばん」
  • ビッグボーイ
  • ヴィクトリアステーション
  • 自家製うどん「久兵衛屋」
  • 丼ぶりと京風うどん「なか卯」
  • 回転寿司「はま寿司」
  • ジョリーパスタ
  • 華屋与兵衛

[/box05]

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]
利用できる店舗が多い点も本優待の魅力の一つです!
[/chat]

また、300株以上保有の場合、優待券の返送で自社商品(チェーン店の食品類)と交換もできます。お近くに店舗が無い方などへの配慮もあります。

引用元:ZENSHO

[box05 title=”主な交換品リスト”]

  • すき家牛丼の具
  • 「なか卯親子丼の具
  • トロナピッツァ

[/box05]

全国にたくさんあるゼンショーホールディングスの外食チェーンで利用できるので、ご家族やビジネスパーソンの食費節約に一役買ってくれる優待と言えます。

[chat face=”t_ryoma1985.jpg” name=”サイト管理人” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]
株主総会で高価なお土産が贈呈される点も人気の秘密です!
[/chat]

[box05 title=”優待・株式データ”]

  • 優待頻度・時期:年2回(3月、9月)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:244,600円
  • 配当+優待利回り:1.80%

[/box05]

ゼンショーHDの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/yutai/zensho-7550/

トリドール(3397)

トリドールの株主優待は、年間8,000円〜相当の飲食割引券です。割引券は、1枚100円相当の価値があり、下表のように保有株数によって貰える金額が変わります。

[jin-fusen3 text=”トリドールの株主優待(保有株数別)”]

※下表は横にスクロール(→)可能
保有株数割引券の枚数
(1枚100円相当)
長期保有特典
(1年以上継続)
100株以上40枚 × 年2回
(年間8,000円相当)
200株以上を
1年以上継続保有で
+3,000円×年2回
(年間+6,000円)
500株以上100枚 × 年2回
(年間2万円相当)
1,000株以上150枚 × 年2回
(年間3万円相当)

割引券は、1枚100円分なので小刻みに使える点が便利です。利用枚数に制限もなく、丸亀製麺などトリドールが運営する各店舗で利用できます。

また、2019年8月14日の決算発表時に「長期保有特典」も導入し、200株以上を1年以上継続保有で、毎年6,000円相当の食事券が追加で貰えます。

[box05 title=”株価・優待のデータ”]

  • 優待時期:年2回(3月・9月)
  • 優待獲得のための最低必要株数:100株
  • 優待獲得のための最低購入金額:239,400円
  • PER:39.38倍
  • PBR:3.0倍
  • 購入手数料:証券会社毎に違う(スマートプラスなら無料!0円

[/box05]

トリドールの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

ノエビア(4928)

ノエビアの株主優待は、年間4,000円〜相当の自社商品セットです。優待の権利日は3月末・9月末の年2回で、下表のように保有株数によって、もらえる商品の種類や金額が変わります。

[jin-fusen3 text=”ノエビアの株主優待(保有株数別)”]

保有株数優待内容
100株以上自社グループ商品セット(2,160円相当)× 年2回
1,000株以上以下いずれかを選択(22,000円相当)× 年2回
  • 自社グループ商品セット
  • ノエビア商品フリーチョイス(一部対象除外品あり)

優待品は、石鹸やローション、ハンドクリーム、薬用クレンジングなどから選べます。配当利回りも高く、配当金をもらいつつ、ノエビアの質の高い商品がもらえるため、お得度の高い優待と言えます。

[box05 title=”優待・株式データ”]

  • 優待頻度・時期:年2回(3月、9月)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:325,500円
  • 配当+優待利回り:4.33%
  • 購入手数料:証券会社毎に違う(スマートプラスなら無料!0円

[/box05]

ノエビアの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

SDエンターテイメント(4650)

SDエンターテイメントの株主優待は、年間6,000円〜相当のカタログギフトです。RIZAPの健康・美容品やレジャー関連の商品から好きな商品をもらうことができます。優待の権利日は3月末と9月末の年2回で、保有株数によって、選べる商品の金額や数が変わります。

[jin-fusen3 text=”SDエンターテイメントの株主優待(保有株数別)”]

保有株数優待内容
100株以上3,000円相当(×年2回)
200株以上6,000円相当(×年2回)
400株以上12,000円相当(×年2回)
600株以上15,000円相当(×年2回)
1,000株以上18,000円相当(×年2回)

RIZAPグループの優待は年1回(3月)の銘柄がほとんどですが、SDエンターテイメントの優待なら年2回、カタログギフトから好きな商品を選ぶことができます。また、最低必要金額も少ない利回りが高い点が魅力です。

[box05 title=”優待・株式データ”]

  • 優待頻度・時期:年2回(3月・9月)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:64,300円
  • 配当+優待利回り:10.24%
  • 購入手数料:証券会社毎に違う(スマートプラスなら無料!0円

[/box05]

SDエンターテイメントの株主優待や企業の詳細は、以下をご参照ください。

9月のクオカード優待

次に、9月の株主優待の中で、人気が高いクオカードが貰える高利回り優待銘柄をピックアップしていきます。

[jin-fusen2 text=”【9月】高利回りクオカード優待銘柄”]

※下表は横にスクロール(→)可能
銘柄(証券コード)優待利回り
(配当+優待)
クオカードの
金額(年間)
優待獲得のための
最低必要金額
プロパティーA(3464)2.58%
(4.55%)
3,000円〜116,500円
城南進学研究社(4720)2.43%
(4.86%)
年間1,000円41,200円
成学社(2179)2.22%
(3.44%)
年間2,000円90,100円
Eストアー(4304)2.20%
(5.39%)
年間2,000円90,900円
セントケア1.96%
(4.90%)
1,000円51,000円
中広(2139)3.64%1,000円55,000円
川西倉庫1.81%
(2.89%)
年間2,000円〜110,700円
さくらインターネット1.56%
(1.95%)
1,000円64,200円
ETSホールディングス1.39%
(2.08%)
1,000円72,100円
日本プラスト(7291)1.38%
(4.13%)
1,000円〜72,700円

クオカードの金額だけでも「2%」を超える優待銘柄が多数あり、配当金と合わせた総合利回りは「4%」を超える銘柄もあります。

プロパティーA(3464)やEストアー(4304)は、総合利回りが4%を超え、クオカードだけでも2%を超える利回りとなっており、他の銘柄と比較しても、かなりお得感があります。

また、城南進学研究社(4720)は、総合利回り4%以上、クオカード利回り2%以上で、さらに5万円以下の小資金で優待権利が得られるため、9月のクオカード優待としては要注目です。

以下、各銘柄について詳しく解説して行きます。

5万円以下で購入できる9月の株主優待

9月権利の株主優待の中から、注目度が高い5万円以下で買える銘柄をピックアップしていきます。また、その中でも利回りが高いオススメ銘柄を数銘柄解説していきます。

主な銘柄一覧

9月権利の株主優待の中で、5万円以下で購入できるものは、25銘柄程度あります(4月20日現在)。その中でも、注目度が高い銘柄が下表にまとめたものです。

[jin-fusen2 text=”5万円以下で買える優待銘柄一覧”]

※下表は横にスクロール(→)可能
銘柄名(証券コード)優待・配当
総合利回り
特徴
ビーアールホールディングス(1726)3.86%
  • クオカード(*長期優遇有)
  • 年2回(3月末・9月末)
マルコ(9980)13.6%
  • 自社割引券&2,000円〜相当のカタログギフト
  • 年2回(3月末・9月末)
はせがわ(8230)4.64%
  • 1,500円相当のカタログギフト(1年以上の保有者のみ)
  • 年1回(9月末)
日本ギア工業(6356)5.05%
  • 年間2,000円相当のクオカード
  • 年2回(3月末・9月末)
秀英予備校(4678)4.64%
  • 年間1,000円分のクオカード
  • 年2回(3月末・9月末)
山喜(3598)9.26%
  • 年間2,000円〜相当の買物券
  • 年2回(3月末・9月末)
関門海(3372)4.45%
  • 年間2,000円〜相当の優待券
  • 年2回(3月末・9月末)
テンアライド(8207)4.24%
  • 年間2,000円〜相当の優待飲食券
  • 年2回(3月末・9月末)

配当・優待利回りが高利回りのクオカード優待やカタログギフト、また飲食系の優待など、5万円以下の投資資金でも、お得な優待がたくさんあります。

おすすめ優待は?

まず、利便性がよく利回りが高い銘柄としてあげられるのが「日本ギア工業(6356)」です。年2回ずつ1,000円分(年間2,000円分)のクオカードがもらえる上、配当金も多く、かなりの高い利回りです。

クオカードは、コンビニやファミレス、ドラッグストアで、ほぼ現金として利用できるため、汎用性の高い優待です。これでいて、配当+優待利回りが4%に近い水準は、お得な部類です。

クオカード優待としては、ビーアールホールディングス(1726)や秀英予備校(4678)も日本ギア工業に及ばないものの、十分高い利回りとなっています。

[jin_icon_arrowdouble] 9月のクオカード優待

また、山喜(3598)も利回りが高く、シャツなどの実用品が購入できるので、男性の方に人気・注目を集めています。飲食系では、関門海(3372)がフグ料理を食べたい方にオススメです。

[box05 title=”9月のおすすめ優待【5万円以下】”]

  • 日本ギア工業:クオカードがもらえる上、利回りが高い
  • 山喜:買物券がもらえる。利回り9%程度とかなり高い
  • 関門海:フグ料理が割引価格で食べれる。利回りも高い

[/box05]

このように、5万円以下の投資資金でも、9月の人気優待銘柄を購入することができます。

最後に、株主優待や日本株を安く(無料)で購入する方法などを解説して行きます。手数料は投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスを悪化させるので、手数料の安い証券会社を利用しましょう。

株主優待・株式投資に「必須」の証券会社【5選】

最後に、株主優待投資に必須の証券会社を「手数料の安さ」「優待の探しやすさ」「優待クロス(つなぎ売り)」の3つの観点から紹介して行きます。

特に、手数料は投資家への確実なマイナスリターンとなり、投資パフォーマンスや優待・配当利回りを悪化させるので、手数料の安い(無料)の証券会社を利用しましょう

[jin-fusen3 text=”株式投資に必須の証券会社【用途別】”]

参考:株主優待に必須・おすすめの証券会社【厳選3選+α】

株主優待向けのおすすめ証券会社や比較ポイントは、以下の記事をご参考ください。

https://money-laboratory-ryoma.net/yutai/securities/

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる