日本マクドナルドホールディングス(2702)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説

日本マクドナルドホールディングス(2702)の株主優待は?配当金や優待利回り、到着時期など解説

日本マクドナルドホールディングス(証券コード:2702)の株主優待は、マクドナルドで利用できる無料お食事券です。お食事券は、バーガー類、サイドメニュー、飲み物などに利用できます。優待獲得のための権利月は6月と12月の年2回です。

本ページでは、日本マクドナルドホールディングスの株主優待について詳しく紹介していきます。優待の内容や配当金・利回り、ビジネスについても解説します。
(2019年1月10日のデータを基に作成)

日本マクドナルドホールディングス(2702)の株主優待

日本マクドナルドホールディングスのビジネスや株主優待内容、利回り等を解説します。

日本マクドナルドホールディングスとは?企業紹介

日本マクドナルドホールディングスは、外食国内上位。世界的バーガーチェーン「マクドナルド」を運営する企業です。外食として国内上位を誇りフランチャイズ展開も行っています。

食の安全性などの懸念から一時業績が低迷しましたが、昨今のポケモンGOとの連携などの施策により、売り上げも回復・堅調に推移しています。

優待内容:お食事券

日本マクドナルドホールディングスの株主優待は、マクドナルドで利用できる無料お食事券です。優待獲得の権利日は6月末・12月末の年2回です。

株主優待でもらえる無料お食事券は、バーガー類、サイドメニュー、飲み物の3種類の引き換え券(各6枚ずつ)が1セット(1冊)になっています。

食事券(1冊分)の内訳

また、このお食事引換券は、保有株数に応じて、もらえる数がかわります。100株保有の場合は1冊分の食事券ですが、300株以上の場合は3冊、500株以上の場合は5冊となっています。

日本マクドナルドホールディングスの株主優待(保有株数別)

保有株数お食事券セットの数
100株1冊(×年2回)
300株3冊(×年2回)
500株5冊(×年2回)

300株または500株を購入・保有している場合、100株の場合と優待利回りが変わらないので、複数株保有したい方にも嬉しいですね。

株価・優待のデータ
  • 優待時期:年2回(6月末、12月末)
  • 最低単位元:100株
  • 最低購入金額:301,000円
  • 購入手数料:証券会社による(詳細
  • PER:441.91倍
  • PBR:3.82倍

マクドナルドの他、6月・12月の人気・注目優待は、以下をご参照ください。

権利月と権利確定日、到着時期

日本マクドナルドホールディングスの株主優待は、年2回(権利月:6月・12月)もらえます。本優待が欲しい方は、6月および12月の権利付き最終日までに株式を購入する必要があります。2019年6月の権利付き最終日は6月25日(火)、2019年12月は12月25日(水)です。

また、優待は、6月権利優待が9月末、12月権利優待が翌年の3月末に発送されます。

優待の権利日の詳細・解説や各月の権利日は、以下からご確認ください。

2017年(平成29年)権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日一覧【カレンダー】
2019年(平成31年)権利付き最終日・権利落ち日・権利確定日一覧【カレンダー】株主優待を獲得するには、ある決まった日に、優待銘柄を保有していなくてはいけません。その決まった日というのが権利日と言われるものです。権利...

ヤフオクなどの買取相場は?

ヤフオクや金券ショップなどで優待券を買い取ってもらう場合の相場ですが、アクセスチケットなどのネット金券ショップでは、1冊3240円程度となっています。

また、ヤフオクの落札相場は、優待券セット1冊で3,500円前後となっているようです。

優待・配当利回り

マクドナルドの配当金は、1株あたり30円(会社予想)です。配当利回りは0.62%です。また、株主優待と配当を合わせた利回りは、ヤフオクの落札価格を参考とすると、100株保有で1.36%となっています。

配当金や優待利回りは、そこまで高くありませんが、普段からマクドナルドを利用される方は、生活費の節約に優待と言えるでしょう。

飲食や食事券系の人気優待や利回りが高い銘柄は、以下の記事をご参考ください。

食事券がもらえる人気の株主優待は?おすすめ優待銘柄、注目ランキングなど
食事券がもらえる人気の株主優待は?ランキング形式でオススメ優待銘柄を解説食事券がもらえる株主優待は「食費の節約」や「普段行けないような高価なレストランでの飲食をお得に楽しめる」こと等から、ファミリー層からビジ...

おすすめ証券会社は?日本マクドナルドホールディングスを安く購入する方法

日本マクドナルドホールディングスの優待獲得のための最低必要金額は483,500円です。30万円以上の株式を購入する場合、手数料最安はむさし証券(トレジャーネット)です。

むさし証券 公式ページ

以下の表は、手数料の安いネット証券の株式売買手数料を比較したものです。購入金額が20万円以下の株式を購入する場合、岡三オンライン証券がオススメですが、20万円以上の株式を購入する場合は、むさし証券の手数料が最安となります。

証券会社 \ 約定代金〜10万円10〜20万円〜50万円〜100万円
岡三オンライン証券無料無料350円600円
SBI証券無料191円429円762円
楽天証券無料191円429円858円
むさし証券トレジャーネット75円95円175円320円
ライブスター証券80円97円180円340円
GMOクリック証券88円98円241円436円
松井証券無料300円500円1,000円
マネックス証券95円140円190円355円
カブドットコム証券90円180円250円990円
SMBC日興証券125円180円400円800円

株式売買手数料は、最安値(税抜)表示

私自身は、両方の口座開設を行い、銘柄の値段によって口座を使い分けて手数料を節約しています(20万円以内の場合は「岡三オンライン証券」、20万円以上の場合は「むさし証券(トレジャーネット)」)。

岡三オンライン証券・むさし証券の詳細確認・口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら岡三オンライン証券の口座開設キャンペーンで、最大3ヶ月手数料実質無料になります。

まとめ

日本マクドナルドホールディングス(2702)の株主優待は、優待の内容、利回りともに充実しています。配当+優待利回りが3%を超える水準となっており、普段からマクドナルドを利用する方は節約効果が期待できます。

日本マクドナルドの株主優待
  • 無料お食事券(バーガー類、サイドメニュー、ジュース各6枚)
  • 配当+優待利回りは、最大1.36%
  • 権利月は6月&12月(年2回)
  • 手数料最安はむさし証券(トレジャーネット)