株主優待

食事券がもらえる人気の株主優待は?おすすめ優待銘柄、注目ランキングなど

食事券がもらえる人気の株主優待は?おすすめ優待銘柄、注目ランキングなど
食事券がもらえる人気の株主優待は?おすすめ優待銘柄、注目ランキングなど食事券がもらえる人気の株主優待は?おすすめ優待銘柄、注目ランキングなど


食事券がもらえる株主優待は「食費の節約」や「普段行けないような高価なレストランでの飲食をお得に楽しめる」こと等から、ファミリー層からビジネスパーソンまでたくさんの方に人気の高い優待ジャンルです。

本ページでは、食事券系の優待で利回りが高いもの、また人気があるものをピックアップして紹介していきます。皆様の生活スタイルに合った株主優待が見つかると良いです。

自分にピッタリの株主優待がみつかるSBI証券の株主優待検索ツール!

食事券がもらえる人気の株主優待は?

さっそく、株主優待で食事券がもらえる人気の銘柄を紹介していきます。利回りの高い銘柄、メディアでよく取り上げられる銘柄、また個人的に節約効果が高く便利だと思う優待銘柄などを紹介していきます。

優待・配当利回りが高い優待銘柄【5選】

はじめに、お得度の高い(配当と優待を合わせた利回りが高い)優待を紹介しました。下表に利回りの高い食事券系の優待を5つピックアップしました。

優待・配当利回りが高い優待銘柄

銘柄 配当+優待利回り 権利月 必要金額 優待
クリエイト・レストランHD(3387) 7.40% 2月
8月
98,700円 年間6,000円〜相当の食事券
SFPダイニング(3198) 7.10% 2月
8月
149,300円 年間8,000円〜相当の食事券
カッパ・クリエイト(7421) 6.04% 3月
9月
132,500円 年間6,000円〜相当の食事券
アトム(7412) 5.90% 3月
9月
72,100円 年間4,000円〜相当の食事券
ヴィアHD(7918) 4.95% 4月 111,000円 年間5,000円〜相当の優待券

2017/1/31時点のデータ

全国にたくさんのカフェやレストランを展開しているクリエイト・レストランツHDとその子会社「SFPダイニング」の配当+優待利回りが高くなっています。私自身もグループ店舗の「しゃぶ菜」や「きづなすし」等を利用しています。

その他、コロワイドグループのアトムやカッパクリエイトの利回りも高くなっています。どの銘柄も比較的小額から投資ができるため、投資のハードルが低い点も魅力の1つです。

参考 各優待銘柄の詳細は、以下のリンクからご覧いただけます。

注目度の高い優待をピックアップ

次に、優待品の内容が良く、メディア等で取り上げられることが多い注目銘柄を紹介していきます。下表のように、優良企業の優待品が注目を集めています。

銘柄 配当+優待利回り 権利月 必要投資資金 優待
吉野家ホールディングス(9861) 4.94% 2月
8月
162,700円 年間6,000円〜相当の食事券
コロワイド(7616) 4.49% 3月
9月
947,000円 年間4万円〜相当の食事券
すかいらーく(3197) 3.79% 6月
12月
152,900円 年間2,000円〜相当の食事券
日本マクドナルドHD(2702) 6月
12月
296,900円 バーガー類、サイドメニュー、飲物の無料引換券
ゼンショーHD(7550) 1.96% 3月
9月
193,800円 年間2,000円〜相当の食事券
ホットランド(3196) 3.25% 6月
12月
107,600円 年間3,000円〜相当の食事券

吉野家や「すき家」を展開するゼンショーHDなど低コスト牛丼店の他、マクドナルド、すかいらーく、「銀だこ」を運営するホットランドなどチェーン店が人気や注目を集めているようです。

参考 各優待銘柄の詳細は、以下のリンクからご覧頂けます。

まだまだある!注目の食品・飲料系優待

上にあげた高利回り優待や注目優待の他にも、多くの企業が食事券の優待を導入しています。そこで、それらの主な食事券優待を下表にまとめます。優待の詳細は、表中の銘柄名(リンク)をクリックすると見れます。

注目の食事券系優待一覧

銘柄 配当+優待利回り 権利月 必要最低金額 内容
ダスキン(4665) 2.43% 3月
9月
246,600円 年間2,000円〜相当の優待券
ワイズテーブルコーポレーション(2798) 3.52% 2月
8月
284,100円 年間1万円〜相当の優待券
モスフードサービス(8153) 1.32% 3月
9月
333,000円 年間2,000円〜相当の優待券
梅の花(7604) 3月
9月
267,800円 割引カード&優待券
王将フードサービス(9936) 3.19% 3月
9月
439,000円 年間2,000円〜相当の優待券&割引カード
トリドール(3397) 1.85% 9月 246,500円 年間2,000円〜相当の優待券

株主優待のお得なオススメ購入先(証券会社)は?

株主優待向けの証券会社を選ぶ場合、以下の3点がポイントになります。売買手数料の安さは、どの投資においても重要ですが、2番目・3番目は株主優待特有のポイントとなります。

株主優待向けの証券会社を選ぶポイント

  • 売買手数料の安さ
  • 株主優待の検索しやすさ・選びやすさ
  • 一般信用取引銘柄の取り扱い数(クロス取引を行う上級者向け)

それぞれの観点でオススメの証券会社を紹介すると、以下の表にまとめたようになります。

項目 コストの安さ 優待の検索 つなぎ売り
証券会社
特徴 岡三オンライン証券:20万円以下の取引が手数料無料
SBI証券:10万円以下の取引が手数料無料
    SBI証券の優待検索ツールなら、優待の種類、権利月、PERなどの指標から優待銘柄を選ぶことができる
    つなぎ売り・クロス取引を行う場合は、一般信用売りができる銘柄がある証券会社が便利
詳細情報 売買手数料の比較 優待検索ツール 一般信用売りができる証券会社の比較・解説

参考 優待向け証券会社の選び方やオススメ証券会社の詳しい情報は、以下をご参照ください。

どれか一社だけ選ぶとすると、コスト・利便性全てのバランスがとれたSBI証券が最有力です。検索ツールの使い安さはバツグンで、売買手数料も十分割安です。NISAであれば、売買手数料無料で優待株が購入できるので、この点も魅力的です。

参考 SBI証券の詳細確認や口座開設(無料)は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで最大10万円がもらえます(3月31日まで)。

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

SBI証券は、株主優待の他にも、米国株・海外ETFの品揃えが良くコストも業界最安水準です。また、IPOチャレンジポイントPTSなど、様々な独自のメリットがあります。口座開設費・維持費は無料ですので、口座を持っていない方は、この機会に口座を開設してみると良いかもしれません。

SBI証券の特徴

SBI証券
  • 2018年オリコン:ネット証券部門で第1位(3年連続)
  • 投資信託の保有中に高還元ポイントバック!
  • 海外ETF・株式が最安手数料
  • 個人向け国債の購入で現金がもらえる!
  • PTS(夜間取引)など国内株式も充実!
  • 独自のIPO当選システム!(IPOチャレンジポイント)

参考 SBI証券の詳細確認・無料口座開設は、以下の公式ページから行えます。今なら口座開設キャンペーンで、最大10万円がもらえます(3月31日まで)

SBI証券の詳細確認・口座開設(無料)

また、本ブログでのSBI証券の評価・解説は、以下をご参照ください。