最大「5万円分」プレゼント!

【1489】配当金生活にいくら必要?注意点やリスク、NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信の特徴は?

1489 配当金生活

【日本株・ETFをお得に購入する方法】

日経高配当株50などの日本株やETFは、SBI証券での買付がお得です!

SBI証券での日本株・ETF購入が良い理由
  • 日本株やETFの売買手数料が無料!
  • 米国株/ETFのNISA口座での売買手数料も無料!
  • 米国株/ETFのリアルタイム為替手数料も無料!

日本株や国内ETFだけでなく、米国株や海外ETFも無料で購入できるので、株式やETFの取引はSBI証券一択と言って良いでしょう!

サイト管理人

手数料は、投資家への確実なマイナスリターンとなり投資パフォーマンスを悪化させるので、SBI証券で手数料0円で取引しましょう!

今なら、口座開設キャンペーンで、最大115万円がもらえるので、まだSBI証券の口座をお持ちでない方は、この機会に口座開設を行い、お得に投資信託の運用を行いましょう!

キャンペーン参加はコチラ

*カンタン5分(最短)で口座開設

SBI証券の口座開設で最大135万円

sbi証券

今なら、SBI証券の投資デビューキャンペーンで、最大1,352,400円がもらえます!

口座開設後の株式・FXなどの取引で、最大135万円がもらえるので、かなりお得です。(2/29まで)

▶︎ SBI証券【公式サイト】を確認

(予算の関係上)予告なく終了する場合もあるので、お早めにどうぞ!

目次

【1489】配当金生活/NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信(1489)の特徴は?

1489 配当金生活

NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信(1489)は、日本株の中でも特に高い配当利回りを誇る企業50社の株価動向を指数化した「日経平均高配当株50指数」に連動する投資成果を目指す上場投資信託(ETF)です。

長期投資を行う際の安定したインカムゲイン確保に役立ち、税制面のメリットも期待できる。

NF日経高配当株50ETF(コード:1489)はどんな銘柄?

NF日経高配当株50ETFは、各産業の優良企業から選定された配当利回りが高い50銘柄で構成される指数に基づいたETFです。

このファンドは購入が容易で、小口投資が可能なことから個人投資家にも人気があります。

また、日本株投資におけるリスク分散を意図しており、バランスのとれた投資を行いたい投資家に適しています。

NF日経高配当株50ETF(1489)の配当金・配当利回りは?

NF日経高配当株50ETFは、選定された50銘柄から得られる配当金に基づいて、ファンドとしても配当を実施します。

配当は年2回(6月と12月)に行われることが一般的であり、具体的な配当利回りは市場の動向によって変動しますが、通常、平均よりも高い利回りを目指して運用されています。

投資家は分配金の再投資または受け取りを選ぶことができ、安定的な収入源を求める戦略として考えられます。

NF日経高配当株50ETF(1489)の売買手数料と信託報酬

NF日経高配当株50ETFを購入する際には、取引所を通じての売買となるため、証券会社が定める売買手数料が発生します。

手数料は証券会社によって異なり、かつ投資金額に応じて変わるため、事前に確認が必要です。

一方で、信託報酬は年率で表され、運用資産の一部が運用会社への報酬として支払われる仕組みとなっています。

このETFの信託報酬は低コストであり、コスト効率の良い運用を目指す1つの要因です。

1489での配当金生活にはいくら必要?

1489 配当金生活

配当金生活をめざす人が増えていますが、1489年代の経済状況を考えたとき、実際に必要な資金はどの程度になるのでしょうか。

安定した収入源として注目される配当金ですが、必要な元手とそれを運用する知識が不可欠です。

当時の金融商品や投資環境を踏まえ、配当金だけで生計を立てるためにはどれほどの資産が必要になるのかを考察していきます。

1489で年間120万円の配当金をもらうにはいくら必要?

過去のデータを基に、1489年に年間120万円の配当金を得るためには、いくらの元手が必要かを計算します。

この額は現代の平均的な生活費と比較しても十分な金額であり、当時の市場状況から推測される配当利回り平均を基に算出することが可能です。

また、実際にこの収入を実現するための投資法や、運用のリスク管理についても触れていきたいと思います。

約20%の課税を考慮して計算する!

配当金生活に必要な資産総額を計算する際には、課税の影響を無視することはできません。

1489年代においても、配当金には税金が課されていたことを念頭に置くべきです。

仮に配当金に対する税率が20%だったとすると、税後の手取り額を維持するためにはどれだけ多くの配当金を生み出せる資産が必要かを計算し、その結果を分析します。

税金を含めた総額の試算は、配当金生活を目指す際の重要な判断材料となります。

1489で配当金生活をするには3,000万円必要!?

現代の市場状況と比較しながら、1489年に配当金だけで生活していくためには、おおよそ3,000万円の資産が必要という試算結果が得られた場合、それについての詳細な分析を行います。

3,000万円分の投資をどのような配分で行い、どんな種類の資産に投じることが賢明か、またその資産を維持・増やすためにはどのような運用戦略が有効かを探ります。

投資には市場の変動リスクが伴うため、そのリスクをいかに管理しながら安定した配当を獲得し続けるかがキーポイントになります。

1489で配当金生活の注意点やリスクは?

1489 配当金生活

配当金生活を目指す際には、1489をはじめとする高配当株の選択が鍵となりますが、注意すべきポイントやリスクが存在します。

特に、市場の金利変動や経済動向、個別株のリスクは重要で、長期の資産運用戦略として綿密な計画が求められます。

利回りの魅力だけでなく、安定的な配当を確保するための様々な要因を考慮した上での投資判断が求められるため、ここでは「1489」で、配当金生活を送る際の具体的な留意点を3点に分けて解説します。

1489で配当金生活の注意点①:債券金利の上昇により相対的に高配当株の魅力が落ちるサイクルに注意!

配当金生活を目指す際に投資を行う銘柄選定は極めて重要です。特に1489のような高配当株は、市場の債券金利の変動に強く影響を受けることがあります。

債券金利が上昇すると、リスクフリーの収益率が高まるため、相対的に高配当株の魅力は低下します。

投資家が利回りの面で債券を選好する可能性があり、結果として高配当株に資金が流入しにくくなり、株価の下落を引き起こす可能性があります。

したがって、金利の動きを常に監視し、配当利回りのみならず、価格変動リスクも考慮する必要があるのです。

このサイクルを理解し、債券市場と株式市場の相関関係を考えながら投資戦略を練ることが重要と言えます。

1489で配当金生活の注意点②:NF日経高配当株70(1577)などを利用した分散投資を考える!

1489など特定の高配当株に集中投資することは一見魅力的に思えますが、個別銘柄のリスクを避けるためにも分散投資は必須です。

たとえば、ETNやETFを利用することで手軽に分散投資を行うことができます。

とりわけ、NF日経高配当株70(1577)は日経平均株価に連動し、高配当銘柄で構成されているため、安定した配当を求める投資家には好まれます。

個別株に依存しないよう、広範囲にわたる資産配分を行うことで、経営不振や突発的な市場変動があった場合でも収益性を保護することが可能となります。

賢明な投資戦略は、リスクを分散しながらも配当収入の安定化を求めることに他なりません。

1489で配当金生活の注意点③:景気敏感セクターの銘柄や各業種の動向に注意する!

配当金生活を構築するにあたり、業種ごとの景気敏感度を考慮することが重要です。

特定セクターの銘柄が経済変動に強く影響を受けやすい傾向にあるため、不況時には配当金が減少するリスクがあります。

配当支払いの安定性を重視するならば、公共事業や消費必需品など相対的に景気の変動に左右されにくい業種に注目すると良いでしょう。

また、企業の収益性や財務状況、配当支払いの歴史なども詳細に分析する必要があります。

安定した配当金生活を送るためには、業種の特性と市場の変動を踏まえた緻密な銘柄分析が肝心なのです。

1489で配当金生活をするための資金を準備する手順・方法は?

1489 配当金生活

配当金生活を送るうえで充実した資産運用は重要です。

特に、低リスクで安定的な配当を期待できる商品1489への投資は注目されています。

しかし、効果的な投資を行うには適切な資金準備と戦略が求められます。

次の手順では、1489で配当金生活を実現するための具体的な資金準備の方法を紹介します。

1489で配当金生活をするための準備①:必要な資金・目標金額を決める

配当金生活を実現するためには、まず生活費の算出が欠かせません。

現在の生活費を精査し、将来にわたって安定した配当金収入が得られるよう、必要な投資額を割り出します。

インフレや将来の生活状況の変化も考慮し、過小評価せず余裕をもった金額を目標に設定することが重要です。

配当金の利回りを交えて、どの程度の資金が必要かを計算し、それを目標資金額と定めます。

長期的な計画を立て、着実に目標に近づけるよう投資戦略を策定することが成功への第一歩となります。

1489で配当金生活をするための準備②:節約や生活費を見直す

投資資金を確保するためには、節約と生活費の見直しが有効です。

日々の出費をチェックし、不要な支出を削減します。

高額な契約や使用頻度の低いサービスの見直しなど、月々の固定費を減らすことが投資への回遊資金の元となります。

また、無理のない範囲でコストを削减し、生活の質を維持しつつ、資金を投資にまわすバランスを見極めることが大切です。

こうした行動を通じて、投資資金を効率的に増やすことができれば、配当金生活への道も一層現実味を帯びてきます。

1489で配当金生活をするための準備③:生活防衛資金を確保する

まず、配当金による生活を実現するためには、万一の事態に備えた生活防衛資金の確保が不可欠です。

これは、仕事を失ったり、病気になったりした場合にも安心して生活できるよう、必要な金額を別途確保しておくことを意味します。

一般的には、最低でも6ヶ月から1年分の生活費に相当する金額を目安にします。

生活防衛資金は、いざという時の心の支えとなり、配当金生活に専念する精神的余裕をもたらしてくれるでしょう。

1489で配当金生活をするための準備④:余剰資金で1489の購入・積立を行う

生活費の見直しや節約を行い、生活防衛資金を確保した後は、実際に1489に投資していきます。

利用可能な余剰資金を1489への積立や一時投資に充て、時間をかけて資産を増やしていく戦略が求められます。

積立は毎月一定額を投資し、長期的に資産を増やしていく方法です。

一方、一定額をまとめて投資する際は、市場の状況を見極めつつ機会を見定めて実施します。

配当金を再投資に回すことにより、複利効果を最大限に活用し、より速い資産形成を目指すことができます。

1489の配当金生活【まとめ】いくら必要?注意点・リスクは?

本記事では、NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信(証券コード:1489)の配当金生活にいくら必要か、注意点やリスク、さらには1489の特徴について解説しました。

まず、1489は配当金生活を目指す方にとって魅力的な選択肢となり得ます。配当利回りが3.52%と比較的高く、月10万円の配当金生活を達成することが可能です。

また、1489は、日経平均株価の構成銘柄のうち、予想配当利回りの高い50銘柄で構成されています。

これにより、投資初心者の方にもおすすめの銘柄と言えます。

しかしながら、配当金生活には注意点やリスクも存在します。まず、株価の変動によって配当金の額も変動する可能性がある点に留意する必要があります。

また、【1489】は株式投資信託であるため、市場の株価変動や経済状況の影響を受ける可能性があります。念のため、自身の投資目的やリスク許容度を考慮し、十分な情報収集を行うことが重要です。

【1489】で配当金生活をするためには、まず適切な資金を準備する必要があります。

自身の生活費や将来の目標に応じて、適切な投資金額を計算しましょう。

また、投資を始める前には投資目的やリスク許容度を明確にし、適切なアセットアロケーションを考えることも重要です。

さらに、【1489】を含めた複数の投資商品や資産クラスを組み合わせることで、リスク分散を図ることができます。

最後に、【1489】は日経平均高配当株50指数に連動するETFです。

高配当企業が多く含まれており、安定した配当利回りが期待できます。しかし、投資はリスクを伴うものであることを忘れずに、自身の投資目的やリスク許容度に合った適切な投資を行いましょう。

NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信(1489)を活用した配当金生活を目指しましょう。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

1489 配当金生活

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次