最大「5万円分」プレゼント!

高配当ETF(日本) の比較・おすすめは?メリットやデメリット、選び方は?

高配当 etf 日本 比較
目次

日本の高配当ETFを比較/おすすめは?

高配当 etf 日本 比較

株式市場での投資において、安定した収入を得るためには、高配当株への投資は一つの選択肢となります。

しかしながら、高配当株は成熟した企業が多く、成長性には限りがあるという意見もあります。

そこで、高配当株に投資する際には、高配当ETFが有益な選択肢となります。

高配当ETFは、利回りの高い株式で構成されており、定期的に分配金が支払われる特長があります。

本記事では、高配当ETFのメリットやデメリットについて解説するとともに、高配当ETFの正しい選び方や新たな投資制度である新NISAの活用方法についてもご紹介します。

高配当ETFに投資を考えている方や、新NISAにおける商品選びに悩んでいる方は、是非ご覧ください。

日本の高配当ETF銘柄①:NEXT FUNDS日経平均高配当株50指数連動型上場投信(1489)

日本の高配当ETFの中でもおすすめの一つは、NEXT FUNDS日経平均高配当株50指数連動型上場投信(コード:1489)です。

このETFは、日本の代表的な指数である日経平均株価の中でも、高配当株に特化して選ばれた50銘柄を投資対象としています。

これにより、高い利回りと安定した分配金を期待することができます。

投資家の収益性向上を念頭に置いて運用されているため、高い信頼性があります。

日本の高配当ETF銘柄②:NEXT FUNDS野村日本株高配当70連動型上場投信(1577)

次にご紹介するのは、NEXT FUNDS野村日本株高配当70連動型上場投信(コード:1577)です。

このETFは、野村證券が選定した日本の高配当株を投資対象としており、その中でも特に高配当な株式70銘柄に投資しています。

日本の有力な株式指数に連動することで、安定した収入を得ることができます。

また、信託報酬率も低く設定されているため、投資家にとって魅力的な選択肢となっています。

日本の高配当ETF銘柄③:iシェアーズMSCI ジャパン高配当利回りETF(1478)

最後にご紹介するのは、iシェアーズMSCI ジャパン高配当利回りETF(コード:1478)です。

このETFは、MSCIジャパン高配当利回り指数に連動することで、高配当な日本の株式を選んでいます。

このETFは、日本の大手企業に特化して投資するため、安定した分配金を期待することができます。

また、分配金再投資を選ぶことも可能であり、長期的な資産形成を目指す方におすすめです。

以上、日本の高配当ETFのいくつかをご紹介しました。

高配当ETFは、高い利回りと安定した収入を得ることができる上、分散投資も可能です。

しかし、投資はリスクを伴うものであり、過去の実績や信託報酬率などを考慮して慎重に選ぶことが重要です。

また、投資には十分な知識と情報収集が必要ですので、適切なアドバイスを受けながら行うことをおすすめします。

ご自身の投資目標やリスク許容度に合わせて、最適な高配当ETFを見つけてください。

日本の高配当ETFを比較/メリットは?

高配当 etf 日本 比較

高配当株は、投資家にとって魅力的な収益源となりますが、個々の株式を選ぶことは難しい場合もあります。

そこで注目されるのが、高配当ETFです。本記事では、日本の高配当ETFの比較やおすすめの商品について詳しく解説します。

高配当ETFのメリットやデメリット、選び方についても詳細に解説し、投資家が高配当を追求する上での有力な手段としての高配当ETFについてご紹介します。

投資家の皆様がより適切な投資戦略を立てるための参考情報となることでしょう。

日本の高配当ETFのメリット①:インカムゲイン(分配金)を日本円で受け取れる!

高配当ETFの最大のメリットは、インカムゲイン(分配金)を日本円で受け取れることです。

通常、株式投資をする場合、外国株に投資した場合には、分配金が外国通貨で支払われることが多いです。

しかし、高配当ETFは日本株式を中心に投資しており、分配金を日本円で受け取ることができます。

これにより、外貨リスクを抑えながら、分配金を受け取ることができるため、投資家にとっては非常に魅力的です。

日本の高配当ETFのメリット②:手軽に少額から日本国内の高配当株に分散投資ができる!

高配当株への投資は、一部の大口投資家にとっては可能かもしれませんが、一般の個人投資家にとってはハードルが高い場合もあります。

しかし、高配当ETFを利用することで、手軽に少額から日本国内の高配当株に分散投資ができます。

これは、個別銘柄の選択や購入手続きが一括で行われるため、投資初心者や資金が限られている個人投資家にとっては非常に便利です。

日本の高配当ETFのメリット③:業種やセクターの分散投資でリスクを抑えることができる!

高配当ETFは、複数の銘柄を組み合わせたポートフォリオで構成されています。

そのため、投資家は一つの銘柄に偏らずに、業種やセクターの分散投資を行うことができます。

これにより、投資リスクを抑えつつ、安定した収益を追求することができます。

また、高配当ETFの中には、配当金収入に重きを置いたインデックスを採用しているものもあります。

このようなETFを利用することで、将来的なリターンの向上も期待することができます。

以上が、日本の高配当ETFのメリットについての解説です。しかし、高配当ETFにはデメリットや留意点もあります。

例えば、価格の変動リスクや分配金の変動、所得税の課税などが挙げられます。

これらの点についても投資家は理解し、自身の投資スタイルやリスク許容度と照らし合わせながら、適切な投資先を選択する必要があります。

最後に、いくつかおすすめの日本の高配当ETFをご紹介します。

まずは、グローバルXMSCIスーパーディビィデンド-日本株式ETFやグローバルXMSCIガバナンス・クオリティ-日本株式ETFなどがあります。

さらに、NEXTFUNDS日経平均高配当株50指数連動型上場投信やNEXTFUNDS野村日経中小型高配当株50連動型上場投信などもあります。

これらのETFは、高配当株に重点を置くため、高い配当金を期待することができます。

今回の記事を参考に、投資家の皆様が高配当ETFについてより深く理解し、自身の投資戦略に活かしていただければ幸いです。

高配当ETFは、安定した配当収益を期待する方にとっては魅力的な投資手段ですが、投資はリスクを伴うものですので、慎重に検討されることをお勧めします。

適切な投資先の選択や投資リスクの管理を通じて、より安全かつ効果的な投資を目指してください。

日本の高配当ETFを比較/デメリット・注意点は?

高配当 etf 日本 比較

投資家にとって、高配当ETFは魅力的な商品です。

高配当ETFは、株式市場で配当金の受け取りを重視する投資家にとって非常に魅力的な投資先となっています。

配当金利回りが高いため、安定したキャッシュフローを期待することができます。

ですが、一方で高配当株は成熟した企業が多いため、株価の上昇(キャピタルゲイン)を期待することは難しいと言われています。

そのため、高配当株への投資をおすすめしないという意見もあります。

日本の高配当ETFのデメリット①:高配当株は成熟企業が多いため、成長株のような値上がり益(キャピタルゲイン)は期待できない!

高配当株は、配当金を重視しているため、成熟した企業が多く含まれています。

これは、企業が安定したキャッシュフローを持っていることを示すものですが、一方で成長株への期待は薄いと言えます。

成長株のような株価の上昇(キャピタルゲイン)は期待できないため、資産の成長には限界があります。

日本の高配当ETFのデメリット②:分配金が自動的に再投資されない!

高配当ETFでは、配当金が自動的に再投資される仕組みがありません。

つまり、受け取った配当金を再投資するためには、自分でその手続きを行わなければなりません。

この点に注意が必要です。

もしも、配当金を再投資せずに手元に受け取る場合、受け取った配当金が運用に活かされず、資産の成長に制限が生じてしまいます。

日本の高配当ETFのデメリット③:VYMやSPYDのような米国高配当ETFの方が手数料が安くなる場合も

日本の高配当ETFの中には、米国の高配当ETFと比較して手数料が高いものもあります。

特に、米国の高配当ETFであるVYM(バンガード米国高配当株ETF)やSPYD(スパイダー・S&P高配当ETF)は、手数料が安く、配当金を重視する投資家にとって魅力的な選択肢です。

以上が、高配当ETFのデメリットについての解説です。

高配当ETFに投資を検討されている方は、これらのデメリットを十分に理解した上で、適切な選択を行うことが重要です。

また、新しい個人型確定拠出年金(新NISA)制度を活用する際にも、高配当ETFの選択に迷うかもしれません。

しかし、投資のリスクや利益を正しく把握し、自身に合った戦略を築くことが大切です。

運用目標やリスク許容度に基づいて、高配当ETFを選ぶことが重要です。ぜひ、参考にしてみてください。

日本の高配当ETFを比較/選び方・選ぶポイントは?

高配当 etf 日本 比較

日本の株式市場において、高配当ETF(上場投資信託)は投資家にとって魅力的な選択肢となっています。

しかし、多くの高配当ETFが存在する中、どのETFを選ぶべきか迷ってしまうこともあるでしょう。

本記事では、日本の高配当ETFを比較し、選ぶ際のポイントや銘柄のおすすめを紹介します。

さらに、高配当ETFのメリットやデメリットについても解説します。

高配当ETFに興味を持っている方や、将来の投資戦略に役立てたい方は必見です。

日本の高配当ETFの選び方①:信託報酬などの手数料が安いか?

高配当ETFを選ぶ際には、信託報酬などの手数料が安いかどうかを重要なポイントとして考慮する必要があります。

手数料が高いETFを選んでしまうと、投資利益が減少してしまい、長期的に見てもマイナスになる可能性があります。

そのため、できるだけ手数料の安いETFを選ぶことが重要です。

各証券会社ごとに手数料が異なるため、比較検討することが必要です。

日本の高配当ETFの選び方②:指数・ベンチマークとの乖離率が大きくないか?

高配当ETFは、一定の配当を狙いながら資産を運用するため、その基準となる指数やベンチマークとの乖離率も重要なポイントです。

乖離率が大きいETFは、投資家にとってリスクが高くなる可能性があります。

乖離率が大きいETFは、基準となる指数に対して配当性能が劣っている可能性があるため、注意が必要です。

過去の実績などを参考にしながら、乖離率の傾向を分析することが大切です。

日本の高配当ETFの選び方③:銘柄やセクターの分散が効いているか?

高配当ETFを選ぶ際には、銘柄やセクターの分散も重要な要素です。銘柄やセクターに偏りがあるETFは、投資リスクが高くなります。

特定の業種に集中しているETFは、その業種の動向に大きく左右される可能性があります。

それに対して、銘柄やセクターの分散が効いているETFは、リスクを分散させることができます。

幅広い銘柄やセクターに投資することで、リスク分散を図ることができます。

以上、日本の高配当ETFの比較や選び方、おすすめの銘柄について解説しました。

高配当ETFは、安定した収益を期待する投資家にとって魅力的な選択肢です。

しかし、十分なリサーチを行い、自身の投資戦略に合ったETFを選ぶことが重要です。将来の収益を見据えて、賢い投資を行いましょう。

高配当ETF(日本)の比較【まとめ】おすすめは?

この記事では、日本の高配当ETFについて比較やおすすめのポイントについて解説しました。

高配当ETFは、定期的な分配金の受け取りやリスク低減の観点から投資家にメリットのある商品です。

しかし、高配当株は成熟した企業が多いため、「高配当ETFはおすすめしない」という意見もあります。

高配当ETFのメリットとしては、定期的な分配金の受け取りが挙げられます。

また、高配当ETFは複数の株式から構成されているため、分散投資効果があり、リスクを低減することができます。

一方、高配当ETFのデメリットや注意点としては、高配当が保証されているわけではないことや、価格変動による損失の可能性があることが挙げられます。

さらに、分配金を再投資することができないという特徴もあります。

高配当ETFを選ぶ際のポイントとしては、流動性、取引費用、成長性、指数との乖離率、リスク分散などが重要です。

これらの要素を考慮することで、自分に合った高配当ETFを選ぶことができます。

おすすめの高配当ETFとしては、日経高配当株50ETF、日経高配当株70ETF、SPYD、VYM、HDVがあります。

それぞれのETFには特徴や利回り、リスクなどが異なるため、自分の投資目的やリスク許容度に合わせて選ぶことが重要です。

高配当ETFへの投資を検討中の方や新NISAでの商品選択に迷われている方は、本記事の内容を参考にして、自分に合った高配当ETFを選びましょう。

ただし、投資はリスクが伴うため、自己責任で行うことをおすすめします。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

高配当ETF(日本)の比較「よくある質問」

高配当ETFおすすめしない?

高配当ETFは、多くの投資家にとって魅力的な選択肢である一方で、注意が必要な面もあります。

そこで、以下の関連ページでは、高配当ETFをおすすめしない理由やそのデメリット、リスクについて解説します。

配当利回りの高さや収益性の魅力に惹かれるかもしれませんが、一方でリスクの面も忘れてはなりません。

また、新NISA(少額投資非課税制度)には高配当ETFを活用するメリットも存在するため、その点についても詳しく検証していきます。

高配当ETFについて正しい判断をするために、本記事を参考にしてみてください。

関連ページ:高配当ETFはおすすめしない?デメリットやリスク、新NISAにはメリットは大?

日経高配当株50ETFの評判は?

日経高配当株50ETFは、投資家にとって魅力的な利回りを約束するETFとして注目を集めています。

しかしながら、その一方で手数料の面で疑問や不安を抱える方も少なくありません。

以下の関連ページでは、日経高配当株50ETFの評判について、利回りや手数料などの具体的な情報をまとめて解説します。

さらに、投資家にとってのメリットやデメリット、リスクについても考察していきます。

日経高配当株50ETFの特徴や評判を把握し、投資判断に役立つ情報を提供することを目指します。

関連ページ:日経高配当株50ETFの評判は?利回りや手数料、メリット・デメリットは?

高配当株と投資信託どっち?

株式投資は、将来の資産形成や現金収入の増加を目指す上で有効な手段ですが、その中でも高配当株と投資信託は人気の投資方法です。

高配当株は安定した配当金を得られる可能性があり、魅力的な株主優待も付与されることがありますが、その一方で減配リスクや税金の負担にも注意が必要です。

一方、投資信託は分散投資や少額からの投資が可能で、複利効果なども期待できますが、信託報酬や運用成績に依存する面も考慮しなければなりません。

そこで、以下の関連ページでは、高配当株と投資信託の選び方やインデックスファンドのメリット・デメリット、そして新NISA制度について詳しく解説します。

自分の投資スタイルや目的に合わせた選択をするための参考にしてください。

関連ページ:高配当株と投資信託どっち?選び方やインデックスファンドのメリット・デメリット、新NISAは?

グローバルXのETFはおすすめ?評判は?

ETF(上場投資信託)は、効率的なポートフォリオの構築や、リスクの分散投資に役立つ金融商品として投資家の間で注目されています。

その中でも、グローバルX社のETFは独自のテーマに特化した運用と高い評価を受けています。

グローバルX社は、リチウムをはじめとする幅広いテーマに関連するETFを提供しており、その中でも特に投資家から支持されています。

下記の関連ページでは、グローバルX社のETFの魅力やその評判、人気ランキングに焦点を当て、投資家にとってのメリットとは何かについてご紹介していきます。

自身の投資戦略を見直す際の参考にしていただければ幸いです。

関連ページ:グローバルXのETFはおすすめ?評判や人気ランキング、メリットは?

高配当 etf 日本 比較

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次