最大「5万円分」プレゼント!

iDeCoでVTI(ETF)は購入できる?SBI証券や楽天証券のiDeCoで積立投資できる全米株式インデックスファンドは?

iDeCo VTI

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、自身の老後資金を運用するための制度であり、多くの人々が利用しています。

しかし、iDeCoの商品ラインナップには、国内外の投資信託に限定されており、直接的にVTI(ETF)などの外国株式に投資することはできません。

本記事では、iDeCoでVTI(ETF)を購入する方法や、SBI証券や楽天証券のiDeCoで利用できる積立投資対象の全米株式インデックスファンドについて詳しく解説します。

iDeCoを活用して国際市場の動向に連動する投資を行いたい方にとって、本記事は参考になるでしょう。

目次

iDeCoでVTI(ETF)に投資できる?

iDeCo VTI

iDeCo(個人型確定拠出年金)は老後資金を自ら運用するための制度です。

多くの投資家が注目するアメリカ株式市場を代表するETFの一つにVTIがありますが、iDeCoを利用した直接的なVTI投資は実はできません。

この理由として、iDeCoの商品ラインナップが国内外の投資信託に限られるためです。

iDeCoではVTIなどのETFは購入・買付できない!

投資家がVTIを含むETFに注目する理由として、低コストで分散された投資が可能な点が挙げられます。

しかし、残念ながらiDeCoのシステム上、ETF自体の直接購入はできません。

iDeCoの商品ラインナップは、主に国内外の投資信託に限定されており、海外ETFは含まれていないためです。

これは、日本の金融機関が提供する各種の国内投資信託と異なり、ETFが外国籍である点や流動性の高さを考慮し、iDeCoの制度として取り扱いを見送っているためです。

投資信託とETFの最大の違いは、取引時間内いつでも売買できる点にあり、ETFはリアルタイムで価格が変動し、投資信託は基準価格に基づき、日に一度の決算となる点です。

さらに、iDeCoの資産は基本的に非課税運用されますが、海外ETFを含む外国籍の金融商品で発生した利益については、日本国内の税務上で非課税の適用外となります。

従って、iDeCoでの運用商品は、国内での税務処理が容易な投資信託に限定されているわけです。

投資信託(楽天VTI)ならiDeCoで買える!

投資家がETFに見出した魅力は、手数料の低さと、大きな市場を広くカバーする点です。

楽天証券が提供する「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は、VTIの特徴を踏襲しつつ、投資信託として設計されており、iDeCo口座での購入が可能です。

この投資信託はVTIが追跡する市場指数、すなわち全米株式市場に連動した投資成果を目指しています。

手数料の低さもVTIに迫るほどであり、iDeCoを通じても効率的な資産形成が見込まれるため、VTIに興味を持つ投資家にとって有力な選択肢となり得ます。

このように、iDeCo制度内で直接ETFを購入できないものの、同様の市場インデックスに連動を目指す投資信託を選択することで、投資家はiDeCo口座を利用して、間接的ながらもVTIと似た投資スタイルを実現できます。

特に楽天・全米株式インデックス・ファンドは、その手軽さと効率性から注目されているのです。

iDeCoで投資できる楽天・全米株式インデックス・ファンドとは?特徴・メリット

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」とは、VTIと同様全米株式市場に幅広く分散投資する投資信託ですが、その利用できる環境がiDeCo口座である点が特色です。

フィーズが低く設定されていることも多くの投資家からの関心を集めています。

このファンドの利点は、市場全体の動きを捉えながらも、個別広範な銘柄分析や選定の手間を省くことができる点です。

したがって、個人投資家が一つ一つの企業を調査することなく、アメリカ経済の成長を投資成果に結び付けることが期待できるわけです。

さらに、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」をiDeCo口座で保有することは、長期的に資産を増やしつつ、非課税で運用ができるというメリットもあります。

結婚や子育て、住宅購入など、人生の大きなイベントに向けて安定した資産形成を目指す方にとって非常に魅力的な選択です。

特に、投資信託は基準価格が日に一度設定されるため、市場の変動リスクを日単位で平準化できます。

これにより、投資家はETFよりも穏やかな資産の増減を期待できるという安心感があります。

未来を見据えた長期運用を目指す投資家には、この特性が有利に働くでしょう。

以上のように、iDeCoではETFの直接購入はできませんが、投資信託を通じた投資戦略により、ETFに近い投資体験を得ることが可能です。

具体的に「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を選ぶメリットとしては、低コストで広範な市場へのアクセス、非課税の運用環境が挙げられ、個々の生活設計に合わせた資産形成が期待できるでしょう。

iDeCoでVTI(ETF)に投資できない理由と対策

iDeCo VTI

個人型確定拠出年金(iDeCo)での投資選択肢は限られており、特にVTIなどのETF(上場投資信託)はラインナップに含まれていません。

しかし、運用の多様化やコスト削減を図りたい投資家の間でETFは人気を集めています。

そこで、iDeCoを通じてできる投資とその理由、またETFに近い条件で投資するための対策について解説します。

iDeCoで購入できるのは「投資信託・定期預金・保険商品」のみ

iDeCoは税制面の優遇を受けながら長期的な資産形成を行うための制度ですが、その運用商品の選択肢は限られています。

具体的には、投資信託、定期預金、保険商品から選ぶことが可能で、直接株式やETFに投資することはできません。

これはiDeCoの制度設計が元々安定した運用を前提としたものであり、個々の投資商品への直接的な投資リスクを抑えるためです。

また、確定拠出年金制度の管理・運用コストを低く抑えるため、取り扱い商品を絞り込むことも理由の一つとされています。

VTIなどのETF(上場投資信託)には投資できないのでiDeCoではインデックスファンドを使う!

VTIをはじめとするETFに直接投資することはできないiDeCoでは、代替策としてインデックスファンドが推奨されます。

インデックスファンドは特定の株価指数に連動するように設計されており、ETFと同様に広範な市場に分散投資を行いつつ低コストで運用が可能です。

たとえばS&P500や日経225など、人気のある指数に連動するインデックスファンドは多数存在し、これらを利用することでETFに近い運用を目指せます。

ただし、ETFとは違い、証券取引所でのリアルタイムな売買はできず、基準価額に基づいて換金が行われる点に留意する必要があります。

インデックスファンドとETFの違いを比較

インデックスファンドとETFは共に指数連動型の投資商品であり、低コスト、分散投資、パッシブ運用が特徴ですが、幾つかの重要な違いがあります。

まず、取引についてですが、インデックスファンドは基本的に証券会社や銀行を通じて購入・換金します。

一方、ETFは株式と同様に証券取引所で売買され、その価格は市場の需給によってリアルタイムで変動します。

次に、運用コストの面では、一般的にETFの方が低コストな傾向にありますが、iDeCoで選ばれる投資信託も手数料の低い商品が揃っています。

また、ETFは投資するための証券口座が必要となり、売買による税金の発生がありますが、iDeCo口座を通じた投資信託の運用は課税イベントが起こらないというメリットがあります。

以上の点を踏まえて、自身の運用戦略に合わせた最適な商品選択を行うことが求められます。

SBI証券のiDeCoでVTIに投資するには?

iDeCo VTI

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、自分自身で運用商品を選べる確定拠出年金制度です。

SBI証券を利用してiDeCo口座を開設することで、将来に向けた資産形成を行うことが可能です。

しかし、多くの投資家が関心を持つVTI(Vanguard Total Stock Market ETF)には、残念ながら直接投資することができません。

それではSBI証券のiDeCoを活用し、VTIと同じような市場の動きに連動する投資をするためにはどのような方法があるのでしょうか。

SBI証券のiDeCoではVTIなどのETFも楽天VTIも買付できない!

SBI証券のiDeCoプランでは、VTIとよく比較される楽天VTIを含め、ETFへの直接投資はできません。

VTIは米国の株式に広く分散投資を行うETFですが、iDeCoの制度上、外国籍のETFは取り扱いが認められていないためです。

日本のiDeCoでは選べる運用商品が限定されており、特定のETFに直接投資する代わりに、同様の市場に投資する投資信託の選択が求められます。

したがって、SBI証券のiDeCo口座でもVTIに直接投資することは不可能というわけです。

SBI・V・全米株式インデックスファンドもSBI証券のiDeCoでは購入できない!

多くの投資家が代替として考えるかもしれない「SBI・V・全米株式インデックスファンド」ですが、これもSBI証券のiDeCoでは取り扱っていません。

このファンドは米国株式市場に広く分散投資を行うことを目的としており、VTIと同じくらいのパフォーマンスを期待できる商品です。

しかし、同ファンドはiDeCoの商品ラインナップには含まれていないため、SBI証券のiDeCo口座でこのファンドを購入することはできないのです。

iDeCoを利用したポートフォリオ管理では、利用可能な運用商品の中から適切なものを選ぶ必要があります。

SBI証券iDeCo(セレクトプラン)で買付可能なのはSBI・V・S&P500インデックスのみ!

SBI証券のiDeCoにおいて、セレクトプランを選択した場合、米国株式に投資できるファンドの選択肢の1つとして「SBI・V・S&P500インデックス」が挙げられます。

このファンドはS&P500指数に連動する投資成果を目指しており、VTIの投資目的に近いものと言えます。

ただし、S&P500指数は大型株中心の500銘柄で構成されているため、VTIがカバーする全米株式市場とは範囲に違いがあります。

それでも、SBI証券のiDeCoを通じて米国株式市場へ投資を行いたい場合、これが唯一の選択肢となるでしょう。

投資家は自身の投資目的に照らし合わせ、長期的な視点から運用商品を選定することが重要です。

iDeCoでVTI(全米株式)はオススメできる?

iDeCo VTI

iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)は、多くの人々から支持を受ける積立型の年金制度です。

しかし、iDeCoでは投資対象が制限されており、ETF(上場投資信託)への直接投資はできません。

そこで、投資信託を通じて実質的にVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)に投資することが可能です。

SBI証券や楽天証券などの金融機関では、iDeCo口座を活用してVTIに投資するための商品が提供されています。

このパートでは、iDeCoを活用したVTI(全米株式)への購入方法について詳しく解説します。

積立投資を通じて将来の資産形成を目指す方にとって、iDeCoでのVTIの購入はオススメできる一手となるかもしれません。

iDeCoで積立する投資商品の選び方

まず、iDeCoで積立する投資商品の選び方について考えてみましょう。

iDeCoでは、投資対象として投資信託や定期預金、保険商品が選べますが、ETFへの直接投資は制度上できません。

しかし、投資信託を通じて、実質的にVTIに投資することができます。

iDeCo口座を開設する金融機関では、iDeCoに適した投資信託商品が提供されています。

投資信託を利用することで、簡単にVTIに投資することができます。

投資信託は複数の企業や産業に広く投資しているため、リスクの分散が図れます。

投資信託の運用方針や経費率、運用実績などを比較検討し、自分のリスク許容度や投資目的に合った商品を選ぶことが大切です。

また、iDeCoの特典や税制優遇措置を考慮することも重要です。

iDeCoでVTIに間接的に投資できるのは「楽天・全米株式インデックス・ファンド (楽天VTI)」のみ

iDeCoでVTIに間接的に投資するための商品として、楽天証券では「楽天・全米株式インデックス・ファンド (楽天VTI)」を提供しています。

楽天VTIは、バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)に連動する投資信託です。

つまり、楽天VTIに投資することで、実質的にVTIに投資することができます。

楽天VTIは、低コストでの運用が可能であり、リスクの分散効果も期待できます。

また、楽天証券ではiDeCo口座でも手数料が無料となるなど、iDeCo利用者にとって魅力的な商品となっています。

新NISA(つみたて投資枠)ならSBI・V・全米株式インデックスの積立も可能!

iDeCo以外の制度として、新NISA(つみたて投資枠)もVTIへの投資を考える上で利用することができます。

新NISAでは、5年間の非課税期間があり、積立投資を行うことで将来の資産形成を目指すことができます。

SBI証券では、「SBI・V・全米株式インデックス」をはじめとする、バンガード系の投資信託を新NISAで積立することができます。

SBI・V・全米株式インデックスは、VTIに連動する投資信託であり、低コストでの運用が可能です。

新NISAを活用することで、特典や税制優遇措置をうまく活かしながら、VTIへの投資をスムーズに進めることができます。

iDeCoでは直接的にVTIへの投資はできませんが、投資信託を通じて間接的にVTIに投資することが可能です。

楽天証券やSBI証券などの金融機関では、iDeCo口座や新NISAを活用してVTIへの投資を行うための商品が提供されています。

投資信託を選ぶ際は、運用方針や経費率、運用実績などを比較検討し、自分の投資目的やリスク許容度に合った商品を選ぶことが重要です。

また、iDeCoや新NISAの特典や税制優遇措置を活かしながら、資産形成を進めることが大切です。

将来の資産形成を考える上で、iDeCoでのVTIへの投資は一つのオススメの方法となるでしょう。

自分の目的や状況に合わせて、適切な投資商品を選び、資産形成を進めていきましょう。

iDeCoでのVTI積立【まとめ】SBI証券では全米株式に投資できない!

以上の情報から、iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)では直接的にVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)に投資することはできません。

しかし、投資信託を使用することで間接的にVTIに投資することが可能です。

具体的には、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」が該当する投資信託となります。

この投資信託は、マザーファンドを通じて実質的な投資対象をVTIとしています。

したがって、VTIと連動する値動きを追求することができると言えます。

また、この投資信託の運用管理費用も0.162%と低い水準であるため、コスト面でも魅力的です。

ただし、iDeCoの商品選びには信託報酬コストや騰落率などを比較してランキングを選定することが重要です。

信託報酬が低い商品や騰落率の安定性を考慮しながら、自身の投資目標やリスク許容度に合った商品を選ぶことが求められます。

また、金融機関の選択も重要な要素です。

信頼性の高い金融機関や充実した情報提供など、投資に対するサポート体制も考慮する必要があります。

iDeCoは将来の老後資金を確保するための重要な制度です。

投資対象を選ぶ際には、リスクとリターンのバランスや自身の投資スタイルに合った商品を選ぶことが大切です。

VTIに投資する場合は、間接的に投資する投資信託を利用することが一つの方法ですが、自身の目標を考慮しながら慎重に選択することをおすすめします。

最後に、iDeCoでの投資は将来の資産形成に向けた重要な一歩です。

投資にはリスクが伴いますので、自身の資金状況や投資目標に合わせて慎重に判断することが必要です。

十分な情報収集や専門家のアドバイスを活用しながら、賢い投資を行っていきましょう。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

iDeCoでVTI「よくある質問」

iDeCoでS&P500一本は?

iDeCo(個人型確定拠出年金)における適切な投資先の選択は、将来の資産形成にとって非常に重要です。

一方で、S&P500指数を一本で選択することが良い戦略と考える人もいますが、果たしてそれが最善の選択なのでしょうか。

以下の関連ページでは、iDeCoにおける投資先としてのS&P500の一本一点張りの戦略について考察します。

さらに、全世界株式や全米株式への投資も視野に入れ、SBI証券や楽天証券などの証券会社の視点からも比較検討していきます。

将来の資産形成に向けた戦略立てに役立つ情報を提供します。

関連ページ:iDeCoはS&P500は一本でいい?全世界株式や全米株式は?楽天証券やSBI証券ならどっち?

iDeCoで外国株式のみ

iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)において、外国株式のみへの投資を検討している方にとって、注意点やデメリットは何でしょうか?

さらに、米国株式のみやインデックスファンドを選択する場合にはどのようなポイントに留意すべきでしょうか?

下記の関連ページでは、iDeCoにおける外国株式投資の特徴やリスクについて詳しく解説します。

自身の投資スタイルに合わせた選択肢を考える上で、重要な情報となるでしょう。

iDeCo投資の戦略を見直す際には、ぜひご参考ください。

関連ページ:iDeCoで外国株式のみはあり?注意点やデメリット、米国株式のみ・インデックスファンドの場合は?

iDeCoでナスダックは?

iDeCo(個人型確定拠出年金)を活用した資産形成の手段として、ナスダック市場への投資が一部の投資家にとって魅力的な選択肢となっています。

しかし、注意すべきポイントも存在し、十分な情報収集が欠かせません。

以下の関連ページでは、iDeCoでのナスダック投資における注意点やリスク、さらにはおすすめの証券会社についても解説しています。

iDeCoを活用し、効果的な資産形成を目指すために、投資家が知っておくべきポイントをまとめました。

ナスダック市場への投資に興味のある方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

関連ページ: iDeCoでナスダックに投資できる?注意点やおすすめの証券会社は?

楽天証券iDeCoのおすすめ商品は?

「楽天証券iDeCoのおすすめ商品・ポイントは?」老後の資金を節約・運用するためのiDeCoは、多くの方々にとって重要な投資手段となっています。

しかしこの中でも利回りやリスクなど様々な要素が絡んでくるため、具体的な商品選びやポートフォリオの組み立て方には悩まれることもあるでしょう。

以下の関連ページでは、楽天証券iDeCoのおすすめ商品とポイントに焦点を当て、年代別のポートフォリオや堅実な投資戦略について具体的にアドバイスします。

自分に最適な商品を選び、老後の安心な資金を築くためのヒントを得ることができるでしょう。

関連ページ:楽天証券iDeCoのおすすめ商品・ポイントは?年代別のポートフォリオや堅実にいくなら?

楽天証券iDeCoの引き落とし口座でおすすめは?

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、将来の安定した老後資金を築くための手段として、多くの人々に選ばれています。

その中でも、楽天証券のiDeCoは、その特長的な運用方法と楽天経済圏の利点から、注目を浴びています。

iDeCoを始める際には、引き落とし口座として楽天銀行を選ぶことが一般的ですが、なぜそのような選択がおすすめなのでしょうか。

この関連ページでは、楽天証券iDeCoの引き落とし口座について詳しく検討していきます。

楽天銀行以外の選択肢や注意点、さらには楽天証券iDeCoの利点やメリットについてもブレながらご紹介していきます。

関連ページ:楽天証券iDeCoの引き落とし口座でおすすめは?楽天銀行以外や注意点、メリットは?

SBI証券のiDeCoでeMAXIS Slimは選べない?

SBI証券のiDeCoをご利用の方で、オールカントリーへの投資をお考えの方に重要なお知らせです。

SBI証券のiDeCoでは、eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)の購入は行うことができません。

しかしながら、お楽しみいただける代替案があります。

SBI全世界株式インデックスファンド(愛称:雪だるま全世界株式)の購入が可能ですので、ご安心ください。

以下の関連ページでは、なぜSBI証券のiDeCoにはeMAXIS Slimがないのか、雪だるま全世界株式の特徴やメリットについて詳しくご説明します。

また、他の証券会社でのオールカントリー投資の方法についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

関連ページ:SBI証券iDeCoにオールカントリーない?雪だるまのみ?eMAXIS Slimは選べない?

iDeCo VTI

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次