最大「5万円分」プレゼント!

iシェアーズS&P500米国株ETFの評判・利回りは?手数料や新NISA、悪い口コミは?

iシェアーズ s&p 500 米国株 etf 評判
目次

iシェアーズS&P500米国株ETFの評判/利回り・手数料は?

iシェアーズ s&p 500 米国株 etf 評判

投資家の間で注目を集めているiシェアーズS&P500米国株ETF(1655)の評判とはどのようなものでしょうか。

この記事では、iシェアーズS&P500米国株ETFの特徴や利回りについて詳しく解説しています。

また、手数料や新NISAの適用など、投資家にとって重要な情報も取り上げます。

さらに、悪い口コミについても紹介し、投資を検討している方々の参考になるように情報をまとめています。

iシェアーズS&P500米国株ETFについて詳しく知りたい方は、ぜひこの記事をご覧ください。

iシェアーズS&P500米国株ETFの投資対象は米国の株式市場の8割をカバーする「S&P500」

iシェアーズS&P500米国株ETFは、米国の株式市場に上場する代表的な500銘柄に分散投資ができる国内ETFです。

このETFの投資対象は「S&P500」と呼ばれる指数であり、米国の主要な銘柄500社をカバーしています。

S&P500は、米国株式市場全体の約80%を占める大型企業の株式から成り立っています。

iシェアーズS&P500米国株ETFの分配金利回りは?

分配金利回りは、投資家にとって重要なポイントの一つです。

iシェアーズS&P500米国株ETFの分配金利回りは、運用状況によって変動します。

ただし、一般的には米国の株式市場の動向に連動するため、米国株式市場全体の成績に依存します。

歴史的なデータから見ると、長期的にはS&P500指数の成長率と比較的近い利回りを実現している傾向があります。

iシェアーズS&P500米国株ETFの手数料は?

iシェアーズS&P500米国株ETFの手数料は、年0.077%です。

この手数料は、投資家がETFを保有するために支払うものであり、管理会社によって運用や運営にかかる費用に充てられます。

手数料は比較的低い部類に属し、長期的な投資に向いています。

iシェアーズS&P500米国株ETFは、投資家の間で人気があり、多くの投資家が利用しています。

その理由は、米国の大型企業に分散投資することができ、市場のボラティリティに対するバランスの良いポートフォリオ構築が可能であるからです。

また、手数料が比較的低いため、長期的な積立投資に適していると評価されています。

一方で、悪い口コミとしては、市場全体の成績に依存しているため、個別銘柄の成績に比べてリターンがやや低いと感じる投資家もいます。

また、為替リスクが存在することも考慮すべき点です。

iシェアーズS&P500米国株ETFは、米国株式市場に分散投資ができる国内ETFであり、多くの投資家に利用されています。

投資対象は、「S&P500」と呼ばれる指数であり、米国の主要な銘柄500社をカバーしています。

分配金利回りは米国株式市場の成績に連動し、手数料も比較的低い水準です。

ただし、市場全体の成績に依存するためリターンには個別銘柄との差があるかもしれません。

為替リスクについても注意が必要です。

投資を検討している方は、自身の投資目標やリスク許容度を考慮した上で、専門家のアドバイスを受けながら判断することをおすすめします。

以上、iシェアーズS&P500米国株ETFの評判と利回り・手数料についての情報でした。

iシェアーズS&P500米国株ETFのリアルな評判・口コミは?

iシェアーズ s&p 500 米国株 etf 評判

iシェアーズS&P500米国株ETFは、米国株式市場に上場する代表的な500銘柄に分散投資ができる国内ETFです。

世界最大規模の資産運用会社であるブラックロックの日本法人が管理しており、その信頼性と実績は高く評価されています。

しかし、投資商品の選択には慎重さが求められますし、実際の利回りや手数料などの評価も重要な要素です。

本パートでは、iシェアーズS&P500米国株ETFの評判や利回り、手数料について、リアルな口コミをご紹介します。

投資に関心をお持ちの方にとって、参考になる情報を提供することを目指しています。

iシェアーズS&P500米国株ETFの良い評判・口コミ①:信託報酬の2度の引き下げで手数料が安い!

iシェアーズS&P500米国株ETFは、信託報酬が非常にリーズナブルであると好評です。

最近では、2度の引き下げが行われ、手数料がより一層安くなりました。

これにより、投資家は低コストで長期的に運用することができます。手数料の削減は、投資家にとって非常にうれしいポイントとなっています。

iシェアーズS&P500米国株ETFの良い評判・口コミ②:定期的な分配金が嬉しい!ありがたい!

iシェアーズS&P500米国株ETFは、定期的に分配金が行われるため、投資家にとってありがたい存在です。

https://twitter.com/kakka7070/status/1557934920957571073

分配金は、運用成果や利益に応じて行われるため、投資家にとっては収益の一部を定期的に受け取ることができる点が魅力です。

この分配金は、投資家の収入源となるだけでなく、リターンを確認する手助けにもなります。

iシェアーズS&P500米国株ETFの悪い評判・口コミ①:株式分割しても売買単位が増えたので、あまり変わらない!特に買いやすくなったわけではない!

一部の投資家からは、iシェアーズS&P500米国株ETFの売買単位が株式分割によって増えたことに関する不満の声もあります。

https://twitter.com/otoku_cashless/status/1481067653720846338

株式分割によって、投資家は少額での売買が可能になると期待されていましたが、実際にはあまり変わらないと感じている人もいます。

特に買いやすくなったとは言えない状況です。

iシェアーズS&P500米国株ETFの悪い評判・口コミ②:円高など為替リスクを取りたくないなら「iシェアーズS&P500米国株ETF(為替ヘッジあり)2563」の方がおすすめ

iシェアーズS&P500米国株ETFには、円高などの為替リスクが存在します。

為替リスクを取りたくない投資家にとっては、為替ヘッジが施された「iシェアーズS&P500米国株ETF(為替ヘッジあり)2563」がおすすめです。為替ヘッジにより、為替変動の影響を受けずに投資を行うことができます。

投資家のニーズに合わせた選択肢を提供している点が評価されています。

iシェアーズS&P500米国株ETFの評判・口コミ【まとめ】

以上が、iシェアーズS&P500米国株ETFの評判・口コミの一部です。

項目内容
良い評判
・口コミ
信託報酬の2度の引き下げで手数料が安い!
定期的な分配金が嬉しい!ありがたい!
悪い評判
・口コミ
株式分割しても売買単位が増えたので、あまり変わらない!
特に買いやすくなったわけではない!
円高など為替リスクを取りたくないなら「為替ヘッジあり」の方が良い!
iシェアーズS&P500米国株ETFの評判・口コミ【まとめ】

信託報酬の引き下げや定期的な分配金など、多くの投資家からは好評価されていますが、株式分割による売買単位の増加や為替リスクなどに対する悪い口コミも存在します。

投資を検討される際は、自身の投資目的やリスク許容度に合わせて慎重に選択することが大切です。

iシェアーズS&P500米国株ETFの良い評判・特徴は?

iシェアーズ s&p 500 米国株 etf 評判

iシェアーズS&P500米国株ETFは、今注目を浴びている投資商品の一つです。

このETFは、米国株式市場の代表的な500銘柄に分散投資することができ、多くの投資家にとって魅力的な利回りをもたらすとされています。

また、手数料の面でも競争力があり、投資家からの支持も高まっています。

iシェアーズS&P500米国株ETFの特徴①:東証に上場するS&P500連動型ETFの中で信託報酬が低い

iシェアーズS&P500米国株ETFは、東証に上場するS&P500連動型ETFの中でも信託報酬が非常に低いことが特徴です。

低い信託報酬は投資家にとって非常に魅力的であり、投資の収益性を高めることができます。

この点がiシェアーズS&P500米国株ETFの良い評判にも繋がっています。

iシェアーズS&P500米国株ETFの特徴②:外国税額控除(二重課税調整制度)の対象銘柄

さらに、iシェアーズS&P500米国株ETFは、外国税額控除(二重課税調整制度)の対象銘柄となっています。

つまり、投資家は配当金や売却益に対して外国税額の控除を受けることができます。

これにより、税金負担が軽減され、実質的な投資収益が増加することが期待できます。

iシェアーズS&P500米国株ETFの特徴③:マーケットメイク制度の対象銘柄

さらに、iシェアーズS&P500米国株ETFは、東証のマーケットメイク制度の対象銘柄となっています。

これは、銘柄取引の流動性を高めるために市場側が積極的に売買を行う制度であり、投資家にとっては高い取引の柔軟性をもたらします。

この点もiシェアーズS&P500米国株ETFの魅力の一つです。

以上、iシェアーズS&P500米国株ETFの良い評判と特徴について解説してきました。

低い信託報酬、外国税額控除の対象、そしてマーケットメイク制度の対象銘柄という要素が、多くの投資家に支持されている理由です。

これらの特徴を持つiシェアーズS&P500米国株ETFは、米国株式市場への分散投資を考える際に、選択肢の一つとして注目されています。

新たに導入された新NISA制度を活用して、投資家が賢い選択をするためにも、このETFについて詳しく調べてみることをおすすめします。

iシェアーズS&P500米国株ETFの悪い評判・デメリットは?新NISAは?

iシェアーズ s&p 500 米国株 etf 評判

iシェアーズS&P500米国株ETFは、国内で最も人気のあるETF(上場投資信託)の一つですが、その評判や利回りは一体どのようなものなのでしょうか。

このパートでは、iシェアーズS&P500米国株ETFに関する様々な情報を提供していきます。

その中には、手数料や新NISA制度などの投資を考える上で重要な要素も含まれています。

さらに、悪い評判やデメリットについても本音で掘り下げ、投資家としての視点から全体的な評価を行っていきます。

iシェアーズS&P500米国株ETFに興味のある方や資産運用に関心のある方にとって、有益な情報が詰まった記事となっています。

悪い評判・デメリット①:新NISA(つみたて投資枠)では積立できない!

iシェアーズS&P500米国株ETFを購入する際に、新NISA(つみたて投資枠)を利用したい方にとっては注意が必要です。

残念ながら、iシェアーズS&P500米国株ETFは新NISAの積立投資枠の対象外となっています。

つみたて投資として定期的な積立を行いたい方には不便な点と言えるでしょう。

悪い評判・デメリット②:ただし新NISA(成長投資枠)ではスポット購入できる!

一方で、新NISAの成長投資枠を利用することで、iシェアーズS&P500米国株ETFをスポット購入することは可能です。

成長投資枠では、一定の期間内に一度きりの購入が可能です。

これは、一定の金額を一度に投資することができるため、手軽に資産運用を始めたい方にとっては適しています。

ただし、定期的な積立投資を行いたい方には利用することができませんので、注意が必要です。

悪い評判・デメリット③:為替リスクの影響を受ける可能性がある!

iシェアーズS&P500米国株ETFは、米国株式市場に連動しています。

そのため、為替レートの変動によって受ける為替リスクの影響も注意が必要です。

米ドルが円に対して強くなれば、投資元本が減少する可能性があります。

逆に、米ドルが円に対して弱まれば、投資元本が増加する可能性があります。

為替リスクに対しては、投資家自身が市場の動向を見極め、リスクヘッジ策を考える必要があります。

以上が、iシェアーズS&P500米国株ETFの悪い評判やデメリットについての説明です。

投資を考える際には、これらの要素を十分に理解した上で、自身の投資目的やリスク許容度に合わせて判断することが重要です。

iシェアーズS&P500米国株ETFは、国内で広く知られたETFですが、デメリットもあるため、慎重に選択するようにしましょう。

また、投資に関する詳細な情報は信頼できる証券会社や専門家に相談することもおすすめです。

新NISA制度の活用方法や他のETFとの比較検討も合わせて行い、自身に合った最適な投資方法を見つけましょう。

iシェアーズS&P500米国株ETFの評判【まとめ】デメリットは?

本稿では、iシェアーズ S&P500 米国株 ETF(1655)の評判、利回り、手数料などについて検討しました。

まず、評判に関しては、一般的にiシェアーズ S&P500 米国株 ETFは、多くの投資家から高い評価を受けています。

その理由として、iシェアーズはブラックロックという世界最大規模の資産運用会社が管理しており、信頼性が高いとされています。

また、S&P500指数に連動しており、世界的に有名な500銘柄に分散投資が可能という点も評価されています。

利回りについては、iシェアーズ S&P500 米国株 ETFは、長期的な視点で見ると一定の成果を上げているとされています。

ただし、市場の状況や個別の銘柄の動向によって変動するため、リスクもあります。

投資の際には、自身のリスク許容度や投資目的に合わせて考慮する必要があります。

手数料に関しては、iシェアーズ S&P500 米国株 ETFは、他の国内ETFと比較しても比較的低い水準となっています。

ただし、他の投資信託と比べると、MAXIS米国株式(S&P500)上場投信(2558)の方がさらに低い手数料であることも指摘されています。

また、悪い評判やデメリットについても一部存在します。

例えば、iシェアーズ S&P500 米国株 ETFは、日本市場での取引時間に限られているため、米国市場の動向に遅れが生じる可能性があります。

また、為替リスクや市場の変動による価格変動も懸念される要素です。

最後に、新NISAにおけるiシェアーズ S&P500 米国株 ETFの取り扱いについては、各証券会社により異なる場合があります。

新NISAを活用する際には、各証券会社の取り扱いや条件を確認することが重要です。

以上を総合すると、iシェアーズ S&P500 米国株 ETFは、多くの投資家から高い評価を得ている一方で、潜在的なリスクやデメリットも存在することにも注意して投資を行いましょう。

関連ページ:SBI新生銀行と住信SBIネット銀行の違いは?どっち?SBI証券NISA(つみたて)なら?

iシェアーズS&P500の米国株ETFの評判「よくある質問」

S&P500はETFと投資信託どっち?

S&P500への投資は、市場の指標として広く知られており、多くの投資家にとって魅力的な選択肢となっています。

しかし、S&P500に投資する方法としては、ETF(上場投資信託)と投資信託の2つの選択肢があり、どちらがよりおすすめなのか迷うこともあるでしょう。

下記の関連ページでは、S&P500の投資に際して注目すべきポイントや、ETFと投資信託のそれぞれの特徴を比較して紹介します。

手数料や使いやすさ、リスクなど、投資家の皆さんが重要視する要素について徹底的に検証し、一つひとつの長所と短所を明らかにしていきます。

投資信託とETFの選択に迷っている方にとって、有益な情報が得られることでしょう。

関連ページ:S&P500はETFと投資信託どっちがおすすめ?手数料や使いやすさを比較

国内ETFおすすめしない?

国内ETFはリスク分散や投資の初心者にも手軽な投資商品として注目されていますが、一方でおすすめしないと言われる理由も存在します。

以下の関連ページでは、国内ETFのメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

国内ETFの特徴や投資信託や海外ETFとの違いについても触れ、どのような人に国内ETFがおすすめできるのかについても考察していきます。

国内ETFを検討している方や投資初心者の方々にとって、国内ETFの選び方や活用法を理解するための情報を提供いたします。

関連ページ:国内ETFおすすめしない?メリットやデメリット、どんな人はおすすめ?

1655の配当は少ない?

S&P500ETF(日本・東証上場ETF)である1655の配当金の少なさが注目されています。

投資家の皆様にとって配当金は重要な収益の一部ですので、その要因や背景について理解することは必要不可欠です。

下の関連ページでは、1655の配当金の実績を詳しく解説し、その少なさの理由を明らかにします。

また、配当金の増加に向けてどのような戦略が取られるべきかについても考察します。

投資家の皆様がより的確な判断をするために役立つ情報を提供します。

関連ページ:1655の配当は少ない?S&P500ETF(日本・東証上場)の分配金をブログ解説!

東証上場の米国ETFでおすすめは?

投資信託の一形態であるS&P500ETFは、米国株式市場に連動することで、投資家に幅広いリターンをもたらす可能性があります。

特に国内・東証上場のS&P500ETFは、日本の投資家にとって利便性が高く、人気の投資商品となっています。

しかし、その中から最適なS&P500ETFを選ぶためには、いくつかの要素を考慮する必要があります。

下記の関連ページでは、S&P500ETFの国内・東証上場のおすすめや選び方、注意点について詳しく解説します。

投資を検討している方にとって、有益な情報が得られることでしょう。

関連ページ:S&P500ETFのおすすめは?国内・東証上場の米国ETFの選び方・注意点は?

iシェアーズ s&p 500 米国株 etf 評判

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

橘 龍馬のアバター 橘 龍馬 サイト管理人

投資歴7年、30代3児の父。理学博士。
投資・節約の専門メディア「マネーの研究室」のサイト管理人。
インスタ・Twitterも更新!

【サイト利用時の注意点・免責事項】

 

掲載の情報は、信頼するに足ると信じる情報に基づいて作成したものですが、当サイトのデータの正確性は保証されていませんので、ご注意下さい。

本サイトの情報等を用いて行う行為に関して、その責任は全て利用者自身に帰属します。万一、利用者が何らかの損害を被った場合、その損害に関して当サイト管理者および情報を提供している第三者は一切の責任を負うものではありません。

本サイトは投資家・金融サービス利用者への情報提供を目的としており、証券・FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。

また、当ブログに記載の仮想通貨は暗号資産のことを指します。

目次